アーティチョークをオーブンで焼く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

家にあるものを使って、アーティチョークをおいしく調理することができます。アーティチョークは、焼くと新鮮でパリッとした食感があり、下味をつけたりソースを加えると風味が増します。好みで、ガーリックバター、レモン汁、刻んだハーブをまぶして焼く方法もあります。残ったアーティチョークは冷蔵庫で1週間ほど保存できます。

パート 1 の 3:
下ごしらえ

  1. 1
    オーブンを220℃で予熱 します。アーティチョークを均一に加熱できるように、オーブンの温度を適切に設定します。通常オーブンの予熱には10~15分かかるので、下ごしらえを始める時にオーブンの予熱を始めましょう。[1]
    • オーブンを予熱しないと、アーティチョークが生焼けになります。
  2. 2
    アーティチョークを洗ってから切ります。アーティチョークを洗って汚れや農薬などを落とし、茎を切ります。茎を完全に切り落とすと、倒れずに立てておくことができます。[2]
    • 怪我をしないように、よく切れる包丁を使いましょう。
  3. 3
    切った茎の部分を下にしてボウルに入れます。手で、アーティチョークのガクを開きます。ガクを折らないように気を付けながら、できるだけ外側に広げます。ガクとガクの間にレモンを絞って、酸味を加えます。[3]
    • 好みで、レモン汁の代わりにガーリックバターをガクの間に塗ります。
    • 刻んだタイム、ローズマリー、オレガノ、バジル、パセリなどのハーブをガクの間に入れて香りをつけることができます。[4]
  4. 4
    アーティチョークの上に海塩とオリーブオイルをかけます。アーティチョークの上にオリーブオイルをかけます。また、レモンを上から絞ってさらに酸味を足すこともできます。塩一つまみを振ってから焼きましょう。[5]
    広告

パート 2 の 3:
オーブンで蒸し焼きにする

  1. 1
    アルミホイルでアーティチョークを包みます。好みの調味料で味付けしたら、1つずつアルミホイルで包みます。厚手のホイルは1枚、薄いホイルは2枚重ねて使います。焼き汁が漏れないように、端をつまんでしっかり封をします。ベーキングトレイにホイルで包んだアーティチョークを並べ、余熱が完了したオーブンに入れます。[6]
  2. 2
    オーブンで1時間焼きます。オーブンのタイマーをセットして、適切な焼き時間を管理します。焼きすぎると焦げたり風味が弱くなります。[7]
  3. 3
    アーティチョークを焼く間に、ディップソースを作ります。オリーブオイル50mlとレモン1個分の絞り汁で、ディップソースを作りましょう。ボウルにオリーブオイルとレモン汁を入れ、泡立て器でよく混ぜ好みで塩一つまみを加えます。[8]
    • この手順は任意です。レモンの酸味が苦手な場合は、この手順を省略しましょう。
  4. 4
    フォークでつついて、焼け具合を確認します。鍋つかみや乾いた布でアーティチョークのホイルを開きます。アーティチョークのガクを1枚そっと引っ張りましょう。しっかり焼けていると、簡単にガクを外せます。[9]
    • 確認した後は、ホイルの端をつまんでしっかり封をします。
    広告

パート 3 の 3:
焼いたアーティチョークの盛り付けと保存

  1. 1
    オーブンから取り出します。金網などの上に5分置いて粗熱を取ります。5分経ったらホイルを外して、アーティチョークを皿に1個ずつ盛り付けましょう。[10]
  2. 2
    包丁や歯でガクをそぎ落とします。ガクのとがった先端を指で持ち、包丁や歯でガクの根元をそいで、中心部分から取ります。繰り返してガクを全て取り、芯の部分だけを残します。[11]
    • ガクの根元は食べられますが、あまりおいしくありません。
  3. 3
    芯の上部をそぎ落とします。芯の上部には繊毛があり、この部分は食べられません。注意しながら包丁で繊毛を全てそぎ落とします。繊毛を取り除いた芯の部分をスプーンで取り出し、皿の上に盛ります。[12]
    • 芯以外の部分は廃棄します。
    • ガーリックソースや、焼いている間に用意したディッピングソースを添えて盛り付けます。[13]
  4. 4
    残ったアーティチョークを冷蔵庫で保存します。焼いたアーティチョークが残ったら、ボウルに入れてホイルやラップで覆い冷蔵庫で保存します。焼いたアーティチョークの芯は、しおれたり腐敗することなく、冷蔵庫で1週間保存できます。1週間以内に温めて食べれば、食材を無駄にすることがありません。
    • 電子レンジで温めるとアーティチョークが水っぽくなりがちです。オーブンを使うと、ドロッとすることなく温められます。
    広告

ポイント

  • アーティチョークを冷凍するのはやめましょう。冷凍すると、脆くなり変色します。
  • オーブンの代わりにバーベキューコンロで焼くと、サクサクの食感や燻した香りをより楽しめます。

広告

必要なもの

  • アーティチョーク
  • 包丁
  • レモンの絞り汁
  • オリーブオイル
  • アルミホイル
  • ベーキングトレイ
  • ガーリックバター(任意)
  • 刻んだハーブ類(任意)

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


_

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 野菜と果物
記事のサマリーX

アーティチョークをオーブンで調理する前に、オーブンを220℃弱で予熱します。次に、アーティチョークをよく洗い、茎を切り落とします。次に、折らないように気をつけながら、ガクの間隔をあけていきます。好みでレモン、オリーブオイル、ガーリックバター、刻んだハーブなどで味付けをしましょう。ひとつずつアルミホイルに包み、1時間焼きます。1時間後に、鍋つかみか乾いた布巾で、アルミホイルをひとつだけ開けてみましょう。中心からガクが簡単に剥がれれば、火が通っているので完成です。おいしくいただきましょう! アーティチョークからガクを剥がす方法など、役立つヒントをさらに知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 193 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告