PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

アーモンドオイルは、主に肌や髪に栄養を与える成分として、さまざまな化粧品に使われています。一方で、アーモンドオイルは家庭料理にも使えます。自分好みのアーモンドオイルが欲しいというみなさんは、少しの根気があれば、ブレンダーを使ってアーモンドオイルを自作できます。また、奮発して搾油機を購入すれば、さらに良質なアーモンドオイルを作ることができます。

材料

ブレンダーを使う場合

  • 生のアーモンド2カップ
  • オリーブオイル小さじ1~2杯

搾油機を使う場合

  • ローストアーモンド2カップ

パート 1
パート 1 の 3:
ブレンダーを使ってアーモンドオイルを作る

  1. 1
    アーモンドをブレンダーに入れる 新鮮で乾燥したアーモンドを用意します。ブレンダーが汚れていないか、きちんと作動するかを確認します。[1]
  2. 2
    最初は低速でブレンダーにかける 最初はブレンダーの回転速度を低く設定し、アーモンドを少しずつ、じっくり粉砕していきます。最初から回転速度を速くすると、アーモンドは粉砕しにくくなります。
  3. 3
    ブレンダーを一度止め、まわりについた破片を落とす アーモンドをブレンダーにかけるとボール状にまとまる一方で、ブレンダーの内側に破片が飛び散ります。ブレンダーを一度止めて飛び散った破片をこそぎ落し、中に寄せ集めます。根気強く、この作業を何度か繰り返します。[2]
  4. 4
    ブレンダーの回転速度を早める アーモンドが細かくなってきたら、ブレンダーの回転速度を中速から高速に設定します。こうして、アーモンドをさらに細かくしていきます。[3]
  5. 5
    アーモンドが十分に細かくなったら、オリーブオイルを加える アーモンドがクリーム状のしっとりとしたペーストになったら、オリーブオイル小さじ1杯を加えて、高速のブレンダーにかけます。ペーストの滑らかさが足りない場合は、さらにオリーブオイル小さじ1杯を加えます。
  6. 6
    ペーストにしたアーモンドを保管する アーモンドがペースト状になったら、ガラス瓶やタッパーなどの容器に移し、2週間ほど室温で保管します。この間に、アーモンドのペーストがオイルと固形物に分離していきます。
  7. 7
    オイルを抽出する 容器を傾けてオイルを別の容器に移します。ざるや濾し器を使ってオイルと絞り粕を分けてもよいでしょう。
  8. 8
    オイルを使う アロマセラピーとして、アーモンドオイルを肌や髪の手入れに使います。絞り粕も捨てずに再利用しましょう。例えば、キャノーラ油と塩を少し加えてトーストに塗るなど、料理にも使うことができます。[4]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
搾油機を使う

  1. 1
    搾油機の投入口にローストアーモンドを入れる 搾油機はブレンダーよりも高価ですが、純度の高い油を抽出できます。こだわりのある人は、奮発しても損はありません。搾油機を頑丈なテーブルまたは作業台に乗せます。[5]
  2. 2
    搾油機のハンドルを回す 搾油機のハンドルをゆっくり回し、アーモンドを絞って油を抽出します。ブレンダーの場合とは違い、アーモンドの絞り粕が飛び散る心配はありません。
  3. 3
    容器にオイルを溜める 容器をアーモンドの下に置いて、オイルが溜まるのを待つだけです。何度か使っているうちに、ハンドルを回すコツが掴めるでしょう。
  4. 4
    オイルを使う ブレンダーを使うとオイルと固形分が分離するまで数週間待たなければいけませんが、搾油機で抽出したアーモンドオイルはすぐに使用できます。少し濁って見えるかもしれませんが、オイルの効能に問題はありません。気になる場合は、容器に入れて1日置くと、ナッツの粒子が沈殿し、澄んだ見た目になります。[6]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
アーモンドオイルを使う

  1. 1
    アーモンドオイルを使って顔を保湿する 毎日の保湿にアーモンドオイルを使いましょう。アーモンドオイルには、乾燥して荒れた肌を柔らかくする効果があり、肌の保護にも役立ちます。アーモンドオイルで肌を手入れすれば、化学物質を含んだ保湿液を一切使わずに済みます。アーモンドオイルで保湿するには、ぬるま湯で手を濡らし、小さじ半分ほどのアーモンドオイルで顔をマッサージします。[7]
    • オイルを洗い流す必要はありません。天然保湿液を使う時と同じように、オイルを肌に浸透させます。
  2. 2
    アーモンドオイルでフェイシャルマスクを作る アーモンドオイルのもうひとつの使い道として、フェイシャルマスクを自作して肌を手入れすることができます。小さな容器で材料を混ぜ合わせてフェイシャルマスクを作り、指を使って顔全体に塗りましょう。朝にフェイシャルマスクを顔に塗り、30分間そのままにした後、ぬるま湯で洗い流します。フェイシャルマスクは以下の身近な材料で作成できます。[8]
    • アーモンドオイル大さじ1杯
    • はちみつ大さじ1杯
    • レモン汁大さじ1杯
  3. 3
    アーモンドオイルを使ったフェイシャルスクラブ フェイシャルスクラブは、古い角質を取り除き、汚れやくすみを落として肌をきれいにする洗顔方法です。アーモンドオイル小さじ1杯につき砂糖と塩を小さじ1杯ずつ混ぜ合わせ、固めのペーストを作ります。ペーストを顔全体に広げ、やさしく(転がすように)指でこすります。その後、ぬるま湯で洗い流します。[9]
    • やさしくスクラブしましょう。顔をこすりすぎると、肌が少しヒリヒリすることがあります。
  4. 4
    アーモンドオイルのコンディショナー アーモンドオイルをコンディショナーとして使う時は、濡らした髪にアーモンドオイル小さじ1杯を馴染ませます。しっかりと櫛で髪をとかし、オイルが髪全体に馴染んだら髪をタオルで巻きます。効果が出るまで30分待ちます。その後、髪をシャンプーで洗い、オイルを落とします。
    • 週1回程度のトリートメントで、髪がたちまちツヤツヤになります。
  5. 5
    乾いた髪にアーモンドオイルを使う 普段使っているヘアオイルの代わりに、アーモンドオイルを使うこともできます。小さじ半分のアーモンドオイルを手のひらに乗せ、髪に揉み込むように馴染ませて櫛でとかします。アーモンドオイルは、枝毛を抑えて毛先をまとめるスタイリング剤としても使うことができます。
    • 髪が油っぽくならないように、アーモンドオイルを塗る頻度は週に1、2回までにしましょう。
  6. 6
    アーモンドオイルのリップクリーム 唇の手入れにもアーモンドオイルを使いたい場合は、家庭にある身近な材料でリップクリームを自作しましょう。まずは材料をとろ火にかけて溶かします。完全に溶けたのを確認して火から外します。リップクリーム用の容器に溶かした材料を流し込み、24時間そのままにしましょう。リップクリームの材料は以下の通りです。[10]
    • シアバター大さじ1杯
    • ココナッツオイル大さじ1杯
    • アーモンドオイル大さじ1.5杯
    • 蜜蝋(ビーズワックス)大さじ1杯
    • 容量4.5ml のリップクリーム用容器
    広告

ポイント

  • 15分以上かけて煮立て、15分間冷却しましょう。
  • アーモンドは細かくなるまでブレンダーにかけましょう。
  • 香り付けにエッセンシャルオイルを少量加えてみましょう。
広告

注意事項

  • 煮立てすぎに注意しましょう。
  • エッセンシャルオイルを入れすぎてはいけません。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
シチューにとろみをつける
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
生アーモンドをローストする
ソースにとろみをつけるソースにとろみをつける
ソーセージを調理する
乾燥パスタの量をはかる
ご飯を温め直すご飯を温め直す
牛乳からバターミルクを作る
チョコレートを作る
クラフト・マカロニ・アンド・チーズを作るクラフト・マカロニ・アンド・チーズを作る
ポークチョップを焼く
広告

このwikiHow記事について

Barbie Ritzman
共著者 ::
美容・スキンケアスペシャリスト
この記事の共著者 : Barbie Ritzman. 美容スペシャリストのバービー・リッツマンは、「Barbie's Beauty Bits」の経営者です。家庭でできるスキンケアとエステティックの指導を専門とし、ABC、NBC、Vogue誌、Allure誌など数多くのメディアで紹介されています。USA Today紙の「美容インフルエンサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 この記事は3,622回アクセスされました。
このページは 3,622 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告