イシュラークの祈り(ドゥーハとも呼ばれる)は、イスラム教徒が日の出と共に行う祈りの儀式です。本来は罪を償うために行うものですが、多くの人はイシュラークが意味する善行のために祈ると言われています。イシュラークの祈りの儀式は他の祈りと同じように簡単にできます。実践することで精神的な幸福を得ることができるでしょう。

パート 1 の 2:
祈りを捧げる準備をする

  1. 1
    夜明けのファジュルの祈りの時間に目覚ましをセットして起床し、その後イシュラークの祈りの時間まで座ってズィクル(神の名を唱える)をする イシュラークの祈りは、太陽が昇ってから約15〜20分後に捧げる祈り(サラート)の1つです。寝る前に、自分の住んでいる地域の翌日の日の出の時間を調べ、その時間に目覚ましをセットしておくとよいでしょう。[1]
    • 日の出の時間がわからない場合は、地平線上の太陽の位置をチェックしましょう。太陽が完全に昇って、地平線に触れている部分のない状態になったら、祈り始めます。
  2. 2
    気が散るようなものを部屋から持ち出しておく 祈りを捧げる間はしっかりと集中し、目の前のこと以外を考えてはいけません。スマートフォンは自分の部屋の以外の場所に置いておき、テレビは消します。完全な静寂の時間を作って、心を落ち着かせましょう。[2]
    • 扇風機を回しておかなくてはいけないなど、どうしても完全に周囲の音を消せない場合はそのままでも構いません。ただし、祈りを捧げる間は、雑音を遮断するように心がけましょう。
  3. 3
    サラートの前の準備としてウドゥ(清めの儀式)を行う イスラム教では、祈りの前にはまっさらな状態にならなければなりません。イシュラークの祈りを捧げるために起床したら、祈りの前に体を清めましょう。ウドゥでは、手・口・顔・腕・髪・足をそれぞれ3回ずつ洗って清めます。[3]
    • ウドゥは決まった順番で行わなければいけない儀式です。手からスタートし、口・顔・前腕・髪・足の順に清めていきましょう。
    • 髪は、額から後頭部にかけて1度だけ清めます。
  4. 4
    体をキブラの方角に向ける イスラム教では、参拝者はメッカにある神聖なモスクの方角に向けて祈りを捧げます。これは世界中のイスラム教徒にとって非常に特別な礼拝所であり、重要な聖殿であるカーバ(カアバ神殿)のある方角です。[4]
    • どちらの方向を向いてよいかわからない場合は、スマートフォンに「キブラコンパス」というアプリをダウンロードしましょう。これは、神聖なモスクの方向を指し示す目的で作られたコンパスです。
    • アメリカ国内では、どの方向を向くかについての意見が割れていますが、北米のイスラム教徒の多くは北東を向いて祈りを捧げています。
    広告

パート 2 の 2:
イシュラークの祈りを捧げる

  1. 1
    イシュラークの祈りを捧げる意味を考える あなた自身が、自分が祈りを捧げる理由を理解しておくことが大切です。ラカート(1回の立礼と2回の座礼からなる礼拝単位)の回数と、祈る理由を併せて考えましょう。[5]
    • 「カーバ(カアバ神殿)の方角に向かって、アッラーに、2ラカートのイシュラークの祈りを捧げる」などのパターンがあります。
    • 罪を犯したという理由でイシュラークの祈りを捧げる人もいれば、1日を前向きにスタートさせたいという理由で祈る人もいます。
    • 「今日は祝日なので、アッラーの名のもとに世界中の善行を奨励するために、イシュラークの祈りを捧げます」という理由の人もいるでしょう。
    • あるいは、「昨日は罪を犯した最悪の一日でした。その償いのためにイシュラークの祈りを捧げます」というパターンもあるかもしれません。
  2. 2
    祈り始める コーランの最初のスーラ(アル=ファーティハ)と、もう一つのスーラの祈りを唱えましょう。頭を下げてルク(立礼)、ひれ伏してサジダ(座礼)を行います。[6]
    • スーラはコーランに書かれている祈りなので、必ずアラビア語で唱えましょう。個人的な祈りは、自分の母国語で唱えて構いません。[7]
  3. 3
    再びラカートを行う 2度目のラカートを行うためにまっすぐに立ち、再びコーランの最初のスーラ(アル=ファーティハ)を唱えます。別のスーラも再び唱え、続けてラカートを行いましょう。[8]
  4. 4
    必要な回数のラカートを行う イシュラークの祈りではラカートは2度行えば十分ですが、必要に応じてもっとラカートを行って構いません。多くのイスラム教徒の間で、イシュラークは非常に強力な祈りであると信じられています。より多くラカートを行うことで、祈りを成就させる力を得られるでしょう。[9]
    • 必要以上の回数になってしまう場合でも、イシュラークの祈りの際には、偶数回ラカートを行うのが一般的です。
    広告

ポイント

  • 自分の声だけが聞こえる程度に、小さな声で祈りましょう。
  • 祈っている間は、サジダ(座礼)の際に額が地面に触れる位置に目線を固定しましょう。
広告

注意事項

  • 女性は自宅でイシュラークの祈りを捧げましょう。女性はモスクでイシュラークの祈りを捧げることはできません。
広告

関連記事

イスラム教徒に挨拶をするイスラム教徒に挨拶をする
第三の目を開く第三の目を開く
神に奇跡を願う神に奇跡を願う
ウドゥをするウドゥをする
自らの生涯にイエスを受け入れる自らの生涯にイエスを受け入れる
悔い改める悔い改める
カルト宗教を辞めるカルト宗教を辞める
神に語りかける神に語りかける
イスラム法に基づいて結婚(ニカ―)をするイスラム法に基づいて結婚(ニカ―)をする
聖書に倣って妻を愛する聖書に倣って妻を愛する
ムスリムになるムスリムになる
グスルをするグスルをする
カルト宗教から脱会するカルト宗教から脱会する
生理後にイスラム式沐浴のグスルを行う生理後にイスラム式沐浴のグスルを行う
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 宗教
このページは 299 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告