PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

イタリアンパセリ(以下パセリ)は育てるのが簡単で、収穫するのはもっと簡単です。とはいえ、風味豊かなパセリを多く収穫するためには注意すべき点がいくつかあります。また、1年目はパセリの葉を収穫しますが、一般的に2年目は種を採取する目的で栽培します。

パート 1
パート 1 の 2:
パセリの葉を収穫する

  1. 1
    若いパセリを選びます。若いパセリには強い風味があります。1年過ぎても葉を収穫することができますが、1年目は葉も多く育ちます。できれば1年目に葉を収穫しましょう。
  2. 2
    茎が3本に分かれるまで待ちます。茎を確認しましょう。茎に葉の房が3個以上あれば、成長が十分で葉を収穫できます。葉の房が茎に1~2個しかなければもう少し待ちましょう。
    • ほとんどのパセリは種を植えてから70~90日で葉を収穫できます。[1]
  3. 3
    茎の付け根から切ります。パセリを収穫する際は、葉の付け根ではなく茎の付け根から切りましょう。
    • 茎の根元から切るとさらに多くの茎の成長が促され、全体的に葉が多く茂り収穫量も増えます。
  4. 4
    外側の葉を切ります。パセリをすぐに使うために少量収穫する場合は、内側の葉ではなく外側の葉を切りましょう。
    • たとえ茎数本を根元近くから収穫する場合でも、内側ではなく外側の茎を切りましょう。内側の茎はより長く成長します。
    • 外側から収穫すると、生えてから時間のたった葉を収穫することになります。成長した葉から収穫し、葉が枯れたり古くなるのを防ぎましょう。
    • 先に成長した葉から収穫すると、植物のエネルギーが新しい葉の成長に集中することができ、パセリ全体が健康に育ちます。
  5. 5
    まめに収穫します。葉を収穫してもパセリは成長を続け、新しい葉が生え続けます。そのため、常に収穫することができるのでまとめて収穫する必要はありません。
    • 屋外で育てたパセリは秋の終わりまたは冬の始めごろまで鮮やかな緑色を保ちます。色がくすみ始めると驚くほど風味が落ちます。葉が鮮やかな緑色をしている間は、必要な時に風味豊かなパセリを収穫することができます。
  6. 6
    季節の終わりにまとめて収穫します。屋外で育てているパセリはそのまま置くと冬には枯れてしまいます。その前に残っている葉をすべて収穫しましょう。そうすると、次の年も育つ可能性があります。
    • 暖かい室内で育てるとパセリは冬でも成長を続けます。日がよく当たる窓辺に置いて、毎日日光が多く当たる場所で育てましょう。[2]
    • パセリを室内で育てている場合は、冬の前にまとめて収穫する必要はありません。必要な時に必要な分を収穫しましょう。
  7. 7
    生のパセリを好みの方法で使いましょう。パセリは生で使うのが一番です。必要に応じて数か月保存することもできますが、乾燥すると香りが薄くなるでしょう。
    • 1度に少量のパセリを収穫したらすぐに使います。1回で使い切れない量を収穫した場合は、濡らしたキッチンペーパーで包み冷蔵庫で2日間保存できます。[3]
    • 1度に茎数本分を収穫した場合は、茎全体を水に浸け冷蔵庫で7日間保存できます。
  8. 8
    パセリを長期間保存する場合は冷凍します。パセリを茎のまま冷凍すると長期間保存できます。解凍後生のパセリと同じように使います。[4]
    • 冷凍保存の方法は様々ですが、最も簡単な方法の1つは、パセリの葉を小さく切って製氷皿に入れ、水を足して凍らせます。パセリ入りの氷を1つずつ取り出し水を切って使います。パセリを凍らせると風味を保つことができますが、歯ごたえはなくなります。
  9. 9
    パセリを乾燥して長期間保存します。パセリを乾燥すると長期間保存でき、好みの方法で使えます。室内の風通しが良く、暗く、暖かい場所に茎全体を逆さに吊るして乾燥します。1~2週間で乾燥するので、葉を砕き密封容器に入れて保存します。
    • 食品乾燥機でパセリを乾燥する方法もあります。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
パセリの種を採取する

  1. 1
    2年目まで待ちます。パセリは1年目には種を作りません。パセリから種を採取するには、2年目まで待って成長を見守りましょう。
    • パセリは2年草です。2年草は通常2年目に花を咲かせ種を作りその後枯れます。
    • 1年目の終わりに傷んだり弱ったりした茎を取り除くと、種の収穫量を増やすことができます。弱い茎を取り除くことで、健康な茎に栄養がいきわたり良い種ができます。
    • 種を採取し保存する際は、早い時期に採取した種と、後から採取した種を分けましょう。後から採取した種より早い時期に採取した種を優先します。
  2. 2
    色が黒くなったら種を収穫します。大部分の種が濃い茶色に変わってから、種の房全体を切ります。成熟していない種を採取すると後日発芽しません。
    • パセリの種は3つの過程を経て成熟します。花が枯れるとすぐに薄緑または鮮やかな緑色の種ができます。いずれ種は薄い黄褐色に変わり、その後茶色または暗い色に変わって成熟します。
  3. 3
    種の房全体を切ります。親指と人差し指で房のすぐ下をつまみます。指でつまんだ箇所の下の茎を切りましょう。
    • 慎重に種の房を採取します。種の房を採取する際はできるだけ揺らさないように気を付けましょう。房を切る際に揺すると種が散らばってしまいます。パセリの種は非常に小さいので散らばると見つけるのが難しいでしょう。
  4. 4
    軽く揺すります。種の房全体を紙袋の中でそっと揺すって種を外します。成熟した種を早く簡単に取る方法です。
    • また、目の細かい布地やビニールシートの上で軽く揺すったり、種を引っ張って外すこともできます。
    • 種の房を穏やかに揺するまたは引っ張ります。力を入れすぎると様々な方向へ種が飛び散ってしまいます。
  5. 5
    種の成熟を待ちます。未成熟で外れない種があれば、数日間房ごと日に当てて熟成します。
    • より多くの種を熟成するには、種のついた茎ごとビニールシートや目の細かい布地に広げて、室内の直射日光が当たる場所におきます。重ならないように広げて乾燥しましょう。
    • 2日くらいで種が成熟します。
    • 室内で種を乾燥します。屋外に種を置くと鳥や小動物が食べてしまう恐れがあります。
  6. 6
    種を1つずつ採取します。[5] 数個の種だけがその他の種より早く成熟した場合は、人差し指と親指でつまんでその種だけを採取します。
    • パセリの種はそれぞれが異なる速さで成熟します。同じ株から生えていても他の種より3週間も早く成熟する種もあります。
    • 慎重に種を採取します。種を引っ張る力の反動で茎が揺れ、他の成熟した種が飛び散る危険があります。そのため、成熟した種を1つずつ採取するのは、種の大部分が未成熟な場合に限りましょう。
  7. 7
    種を乾燥します。保存する前に10~14日間種を乾燥する必要があります。
    • 浅い天板などに種を重ならないように広げ、暖かく乾いた場所に置いて乾燥します。
    • 均等に乾燥するように、毎日種をひっくり返したり混ぜたりしましょう。
    • 種が完全に乾燥してから保存します。
    • 乾燥した種は、ジッパー付き食品袋や密封容器に入れて保存します。種を植える時期まで涼しく暗い乾燥した場所に保存しましょう。
    • 時期がきたらこれらの種を植えてパセリを栽培します。種を食べないようにしましょう。
    広告

必要なもの

パセリの葉を収穫する

  • キッチンバサミ
  • キッチンペーパー(任意)
  • 水を入れる器(任意)
  • 製氷皿(任意)
  • 麻紐(任意)
  • ジッパー付き食品袋や密封容器(任意)

パセリの種を採取する

  • キッチンバサミ
  • 紙袋やビニールシートまたは目の細かい布地
  • 浅い天板
  • ジッパー付き食品袋や密封容器

関連記事

きのこを駆除する
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
鉢植えのアリを駆除する鉢植えのアリを駆除する
レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
水をやり過ぎた植物を復活させる水をやり過ぎた植物を復活させる
ツタを取り除くツタを取り除く - wikiHow専門家からのアドバイス
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
デーツの種を発芽させるデーツの種を発芽させる
ミリオンバンブーを増やすミリオンバンブーを増やす
つる植物を駆除するつる植物を駆除する
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる最高の方法
バラを種から育てるバラを種から育てる
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者 ::
園芸家
この記事の共著者 : Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。 この記事は3,993回アクセスされました。
このページは 3,993 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告