初夏をほうふつとさせるイチゴの味わいを季節が過ぎても楽しみたいと思ったときは、熟したイチゴを冷凍してみましょう。イチゴはトレイに並べたり冷凍庫対応のプラスチック容器に入れて冷凍保存することができます。この際、イチゴを薄切りにして砂糖やシンプルなシロップをまぶして保存すると、通常よりも日持ちします。イチゴの冷凍には様々な方法があり、保存できる期間も異なります。そのため、下準備を開始する前に自分の好みなどを良く考えましょう。

材料

  • イチゴ(お好みの量):固すぎず、柔らかすぎずの熟れ具合を目安としましょう。変色や傷のある粒、カビっぽくなっている粒は避けましょう。
  • 水、シロップ、精糖、レモネードのいずれか:作り方次第で適している材料も異なります。量は下記の手順を参考にしましょう。
  • バニラアイスクリーム(必要に応じて)

ステップ

  1. 1
    特定の方法を選択する前に、イチゴを冷凍することの意味を理解する どの方法を選ぶにせよ、冷凍することによってイチゴが殺菌されるわけではないということを理解しておきましょう。そのため、最良ののみを使用すること、ていねいに洗い、水気が乾いた状態であることが大切です。さらに、冷凍することでイチゴがさらに美味しくなるということはありません。解凍後のイチゴは自然な状態のイチゴよりも柔らかく、時に潰れたような状態になることもあります。色味も黒ずみがちです。また、新鮮なイチゴとは食感も異なります。こうした違いを理解し、解凍後の状態に適した使用方法を考えておきましょう。
  2. 2
    イチゴに水気がついたまま冷凍すると、水分ごと凍り食べにくくなるので乾かしておく
  3. 3
    ベリー系の果物をを長期間冷凍保存する場合、フリーザーパック等の内部に極力空気を残さないよう気をつけ、しっかりと密閉する こうすることで食品の冷凍焼けを防ぎ、ベリーも新鮮な状態を維持できます。
    • イチゴを食べやすい一口サイズにカットしたい場合、冷凍する前に処理を行うと、凍るまで時間が短縮できます。あるいは、既に一旦冷凍されたものをカットしても良いでしょう。
    広告

方法 1 の 7:
イチゴを丸ごと冷凍する

  1. 1
    痛ませないよう気をつけながら洗ってヘタを取る お好みで、緑色のヘタの部分をカットする際、実の頭の部分も少々切り取っても良いでしょう。こうすることで、平らになった上部を下に向け、イチゴを立てて並べることができるようになります。
  2. 2
    二つの異なる方法でイチゴを丸ごと凍らせてみる 
    • まず、イチゴをプラスチック容器やパックに詰める方法があります。ただ、イチゴ同士がくっついた状態で凍ってしまうかもしれません。
    • 平らなトレイを使い凍らせる方法もあります。この方法であれば、イチゴがくっついてしまうことなく冷凍保存ができます。
      • 天板などにワックスペーパーやキッチンペーパーを敷きましょう。頭を下にしてイチゴを並べていきます。この際、隣のイチゴから少し距離を空けましょう。
      • イチゴを冷凍庫に入れます。
      • 凍るまで待ちましょう。凍ったら、天板から密閉式の冷凍保存バッグにイチゴを移し、保管しましょう。
  3. 3
    2か月以内にイチゴを使い切る 
    広告

方法 2 の 7:
砂糖漬けにして冷凍保存する[1]

  1. 1
    イチゴを半分あるいはスライス状にカットし、ボウルに入れる
  2. 2
    950グラム弱のイチゴに対し1/2カップの砂糖をまぶしかける 
  3. 3
    砂糖が溶けるまでゆっくりと混ぜる この際イチゴを痛ませないよう気をつけましょう。
  4. 4
    冷凍保存用の容器にイチゴを詰める 容器をしっかりと密閉し冷凍させましょう。
    広告

方法 3 の 7:
シロップ方式

  1. 1
    水と砂糖を4:1の割合で混ぜ合わせ、沸騰させる 
  2. 2
    洗ってヘタを取り、乾かしたイチゴをプラスチック容器の中に入れ、上から出来上がったシロップを流し入れる 
  3. 3
    この方法で冷凍したイチゴは、そのまま冷凍庫で最大6か月間、保存可能 
    広告

方法 4 の 7:
砂糖をまぶして冷凍する

  1. 1
    イチゴは洗ってヘタを取り、乾かす 
  2. 2
    精糖(上白糖など)をイチゴに振りかけ、プラスチック容器やフリーザーパックに詰める 
  3. 3
    この方法で冷凍したイチゴは、そのまま冷凍庫で最大6か月間、保存可能 
    広告

方法 5 の 7:
ピューレ状冷凍イチゴ

  1. 1
    イチゴは洗ってヘタを取る 
  2. 2
    ブレンダー等の器具ですりつぶし、ピューレ状にする 
  3. 3
    出来上がったピューレをプラスチック容器や製氷皿に流しいれる 
  4. 4
    この方法で冷凍したイチゴは、そのまま冷凍庫で最大6か月間、保存可能
    広告

方法 6 の 7:
「イチゴ氷」方式

  1. 1
    イチゴは洗ってヘタを取る この方法を選んだ場合、製氷皿の仕切られたスペースに収まるサイズのイチゴを使うようにしましょう。暑い日の飲み物などに最適です。
  2. 2
    製氷皿の一つ一つの仕切られたスペースにイチゴを一つずつ並べ、水をそそぐ
    • 水の代わりに市販のレモネードを使用すると、パーティーなどで小さなお子さんのおやつになります。レモネードは成長中の歯にあまり良くないため、日常的なおやつとして用いることは避けましょう。応用レシピとして、ピューレ状のイチゴとバナナをアイスキャンディーの型やスティック状の製氷皿に入れて凍らせると、ヘルシーなアイスクリームが出来上がります。
  3. 3
    この方法で冷凍したイチゴは、そのまま冷凍庫で最大2か月間、保存可能
  4. 4
    完成!
    広告

方法 7 の 7:
ドライアイス方式

  1. 1
    イチゴは洗ってヘタを取る 
  2. 2
    ドライアイスの塊を砕く 
  3. 3
    金属製のボウルでドライアイスとイチゴを混ぜ合わせる 
  4. 4
    クーラーボックス中にイチゴをボウルごと置き、空気が逃げられるよう少しのすき間を開けて蓋をする そのまま20分待ちましょう。クーラーボックスを守るためにボウルの下に畳んだタオルを敷いておいても良いでしょう。ドライアイスによってプラスチックが傷み、クーラーボックスが破損する恐れがあります。
  5. 5
    使用済みの冷凍保存用パックなどにイチゴを詰め、冷凍庫で保存する 
  6. 6
    この方法で冷凍したイチゴは、そのまま冷凍庫で最大6か月間保存でき、解凍しても柔らかくなっていない (一般的に急速バラ凍結といわれる方法です。)
    広告

ポイント

  • イチゴを冷凍する際は、容器の中身と冷凍した日を明記し、上記の賞味期限を超えて保管しないようにしましょう。
  • 冷凍イチゴはスムージーによく合います。
  • 解凍したイチゴは柔らかくなっています。このような場合、ジャム作り、フルーツサラダのトッピング、あるいはデザート用のソースに使うと良いでしょう。その他にも、ケーキ作り、チーズケーキ、シャーベット、アイスクリームなどにも適しています。場合によっては解凍する必要がないかもしれません。(レシピに書かれた指示に従いましょう。)
  • 冷凍から出したイチゴをそのまま使ったり、途中まで解凍した状態で使うことも可能です。途中まで解凍したイチゴは、暑い日の冷たいデザートに最適です。
  • 一般的な方法ではありませんが、液体窒素を用いて冷凍イチゴを作ることも可能です。食べる前に必ず通常の冷凍庫で凍らせた時と同じ温度に戻すようにしましょう。マイナス196度は食べられる食品温度ではありません!

広告

注意事項

  • イチゴは傷みやすいので、洗う際は、水切り用ざるにいれて静かに水につけるか、水圧の弱い蛇口や洗浄機を使うなどして、優しく扱いましょう。
  • 保存する前にお酢を混ぜた水でフルーツや野菜を洗うと、冷蔵庫で保存している間、より長く新鮮な状態を保つことができます。
  • お酢を混ぜた水を用いる方法はイチゴでも活用できます。これによって殺菌効果が高まります。水切り用ざるにイチゴを入れましょう。950ミリリットル弱の水につき大さじ1杯のお酢を清潔なシンクやボウルの中で合わせます。このお酢入りの水にイチゴをざるごと浸しまましょう。優しくイチゴを揺らし、イチゴのすべての表面がお酢入りの水に触れるようにします。ざるを引き上げ、水道水でイチゴを洗いましょう。冷凍や冷蔵保存をする前に、後で柔らかくなってしまわないよう、水気をふき取りましょう。
  • フルーツや野菜を洗う際、プレーンなホワイトビネガーやアップルサイダービネガーが最も一般的に使われています。
広告

必要なもの

  • 冷凍庫
  • プラスチック容器あるいはフリーザーパック
  • イチゴのヘタ取り器
  • イチゴを洗うための目の細かい水切り用ざる
  • 製氷皿
  • 天板
  • ワックスペーパー又はペーパータオル

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ご飯を温め直す

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

圧力鍋を使う

How to

ロブスターテールを茹でる

How to

自家製ワインを造る

How to

スペアリブを温め直す

How to

ソーセージを調理する

How to

フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む44人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,498回アクセスされました。
カテゴリ: 野菜と果物 | 調理法
このページは 1,498 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告