イボから出血があっても慌てないようにしましょう。吸収性のある清潔な布でイボのある部分を圧迫し、心臓より高い位置に上げておけば数分で出血が止まるはずです。イボが硬いものに擦れたり、イボを引っかいたりすると大量に出血するのは当然のことであるため、出血が多くてもあまり心配する必要はありません。ただし、イボが出血しやすい場合や出血の頻度が高い場合は治療について医師に相談するのが良いでしょう。

方法 1
方法 1 の 2:
出血しているイボを手当てする

  1. 1
    出血のあるイボを圧迫しましょう。イボからの出血を止めるには、他の切り傷やすり傷と同じように手当てをします。圧迫する時にはタオルやハンカチなど、清潔で乾いた状態の、吸水性を持つ布を使います。数分間もしくは出血が止まるまで圧迫を続けましょう。[1]
    • 圧迫する時には傷口を確認したい気持ちを抑えましょう。少しの間でも力をゆるめると出血が長引きます。
  2. 2
    イボを心臓より高い位置に上げ、血流を抑えましょう。イボが手に出来ている場合は手を頭の上に上げます。イボが足にある場合は、横になって足をできるだけ高く上げます。顔にイボがある場合は、座ったままもしくは立ったままの体勢を保ちましょう。[2]
    • イボがこれ以外の場所にある場合は、心臓より高い位置になる体勢を取りましょう。
  3. 3
    傷口を水で洗い、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。出血が止まったら、まず傷口を水道水で綺麗にします。この時使う水は飲めるほどの水質であることを確認しましょう。傷をしっかり洗ったら清潔なタオルで軽く叩くように水気を拭き取ります。[3]
    • 肌を傷めてしまうかもしれないため、消毒液の使用は避けましょう。
    • 水気を拭き取る際には、傷口が開かないように注意しましょう。
  4. 4
    傷口が乾いたら救急絆創膏を貼りましょう。パッドが傷口の上に来るようにして絆創膏を貼ります。血液がパッドに染み込んだ場合や汚れたり濡れたりした場合は貼り換えましょう。[4]
    • 絆創膏は数日間、もしくはかさぶたができるまで貼っておきます。
    • 傷の治りを速めるには、イボの周りにワセリンを薄く塗りましょう。
    • 傷口周りに腫れ、赤み、痛みがある、体温が38℃を超えるなど感染の兆候が見られる場合には医師に診てもらいましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
イボからの出血を防ぐ

  1. 1
    出血しやすいイボがある場合は医師の診察を受けましょう。ほとんどのイボの場合は心配する必要はありませんが、イボが出血しやすい場合は医師に相談することが医療専門家によって推奨されています。医師は正確な診断を行い、最適な治療方法を提案してくれるでしょう。また、以下の場合にも病院に行く必要があります。[5]
    • 頻繁に出血がある、繰り返し出血する場合
    • 色や大きさ、形が変わった場合
    • 他の部位に広がった場合
    • 痛みや不快感(身体的あるいは精神的に)がある場合
  2. 2
    イボをこすったり、ほじったり、引っかいたりするのは止めましょう。イボを触らないようにするのは難しいかもしれませんが、触ると出血してしまう可能性があります。また、イボの感染にもつながります。[6]
    • また、イボの原因となったウイルスが他の部位に広がるリスクが高まります。
  3. 3
    イボを切り取る行為は控えましょう。イボを切り取ろうとすると大量に出血してしまいます。また、傷跡が残る原因にもなります。イボによって痛みや恥ずかしさを大きく感じる場合、また市販薬では治らない場合は、クライオセラピー(凍結療法)などのイボを除去するための治療法について医師に尋ねましょう。[7]
    • イボ用の市販薬には通常サリチル酸の有効成分が含まれており、ジェル、クリーム、医療用絆創膏などの形で販売されています。
    • クライオセラピーではイボに液体窒素を塗ります。液体窒素はイボを凍らせることで肌細胞を破壊するものです。これは簡単な治療で、通常は5〜15分しかかかりません。しかし、痛みを伴うことがあります。イボのほとんどはクライオセラピーを受けた7〜10日後に水ぶくれになり、かさぶたが出来た後に剥がれ落ちます。
    広告

ポイント

  • 出血のリスクを最小限に抑えるため、イボをこすったり、引っかいたり、ほじったりするのは止めましょう。
  • イボを除去したい時にはサリチル酸を含む市販薬を使用するか、その他の治療法を望む場合は病院に行きましょう。
広告

注意事項

  • イボから出血があった後は感染の兆候(傷口周りの腫れ、赤み、痛みおよび38℃以上の発熱)に注意しましょう。
広告

関連記事

お酒の酔いを早く覚ますお酒の酔いを早く覚ます
爪が割れたときの対処
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
勃起を抑える勃起を抑える
吐き気を止める
声を低くする声を低くする
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
生理をはやく終わらせる生理をはやく終わらせる
2週間でお腹周りの脂肪を落とす2週間でお腹周りの脂肪を落とす
二重関節かどうか見分ける二重関節かどうか見分ける
自分が酔っているかどうかを知る自分が酔っているかどうかを知る
胸骨をポキッと鳴らす胸骨をポキッと鳴らす
体温計を使わずに熱があるか知る体温計を使わずに熱があるか知る
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者 ::
治験審査委員
この記事の共著者 : Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。
カテゴリ: 健康
このページは 371 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告