理由はなんであれ、自分のイメージを変えたいことがあるでしょう。今の自分が不満でイメチェンをしたい方は、この記事を読んで新しい自分を手に入れましょう。

パート 1 の 3:
清潔感

  1. 1
    清潔感を保つ お風呂に入っていなくて臭ったり、歯の間に食べ物の欠片が挟まっていたりしたら、見た目をどんなに磨いても台無しです。歯磨き、フロス、入浴を欠かさず、清潔感を保ちましょう。
    • 歯磨きは少なくとも一日2回します。口臭を防ぐために舌も磨きましょう。フロスは毎晩行います。
    • 一日おきに髪を洗いコンディショナーもします。髪によい油分が体から分泌されているので、毎日洗う必要はありません。しかし、油っぽくなるのは困るので、肌や髪が脂性の人は週に6回を目安に髪を洗いましょう。
  2. 2
    肌の手入れをする 肌も大切な部分です。優しく、丁寧に手入れをすれば輝く肌になります。
    • 朝晩、顔を洗います。ニキビがある、またはできそうな時は、寝る前に弱めの軟膏を塗りましょう。
    • 週に一度、フェイスマスクをしましょう。フェイスマスクが高価で買えなくても、あきらめる必要はありません。潰したバナナを半分とティーツリーオイルを使えばフェイスマスク代を節約できます。
    • こまめにハンドクリームを塗って、潤いを保ちましょう。洗顔や入浴のたびに保湿をします。
    • 爪をやすりできれいに磨き、マニキュアを塗りましょう。上手に塗る自信がなければ、ネイルサロンでしてもらいましょう。
    広告

パート 2 の 3:
化粧と髪型

  1. 1
    新しい髪型にする 髪型を変えるのはイメージチェンジの第一歩です。怖がってはいけません。美容室に行く前に雑誌をじっくりと見て、どんな髪型にしたいか決めます。できれば写真を持って行きましょう。そうすれば、ほぼ確実に好みの髪型に仕上げてもらえます。 
    • ハイライト、レイヤー、前下がりボブ、ショートカット、流し前髪はとても素敵です。通説とは異なり、ワンレングスは決して退屈ではありませんが、誰にでも似合う髪型ではないのも確かです。
    • エモ/パンク風を目指すなら、ショートカットにレイヤーを入れ、前髪を作って一部をピンクや紫に染めましょう。
    • カリフォルニア/サーファーガールを目指すなら、軽くウエーブのかかったロングヘアーに明るいハイライトをいれましょう。
    • クラシック/プレッピースタイルを目指すなら、前髪を横に流し、高い位置でお団子にしたり、低めでシニヨンにまとめたりできるくらいのストレートロングがよいでしょう。
  2. 2
    新しい髪型を綺麗に保つ せっかく素敵な髪型にしたのですから、それをアピールしましょう。毎朝、髪を整えます。カールやストレートアイロンの使用頻度、ヘアケア製品には常に気を配りましょう。髪をいじりすぎると傷み、枝毛、抜け毛の原因になります。
    • 朝シャワーを浴びたら、少しだけヘアケア製品を使用して自然に整えます。ナチュラルヘアーには優しくて可愛らしい印象があり、親しみやすさも増します。
    • ヘアバンドが流行っています。黒、茶色、白のヘアバンドはどんな洋服とも合います。ワイヤー入りのものやジュエリー風のヘアバンドもいろいろな商品が出回っています。
    • 急いでいるなら束ねましょう。まとめ髪はお洒落にもなります。ポニーテールやラフなお団子は手軽にできて、三つ編みも再流行中です。
  3. 3
    化粧を変える 化粧は必ずしも必要ではありませんが、すると印象が変わります。グロスを直接または口紅の上にほんの少し重ねるだけで、唇がふっくらとします。コンシーラも、禁止されているのでなければ、少量使って目立つ吹き出物を隠しましょう。化粧ができなければ、念入りに肌の手入れをしましょう。そうすれば、吹き出物がそれほどできなくなります。
    • 化粧品は可愛いポーチに入れて、必要なものと一緒にいつでも持ち歩きましょう。行先によって、学校の鞄やバッグに忘れずに入れましょう。
    • 自然なチークを入れます。上手にチークを入れると「付けている」のではなく、頬に自然な赤みがさしているように見えます。
    • できればビューラーを手に入れましょう。まつ毛をカールさせると、マスカラが使えなくても、カールしたまつ毛が目を際立たせて、目を大きく明るく見せます。
  4. 4
    スタイルによって化粧を変える 目指すスタイルによって化粧の仕方も違います。こちらが、それぞれのスタイルに合わせた化粧のアドバイスです。
    • エモ/パンク風は、濃いアイライナーとマスカラに、口元を強調する赤い口紅にします。白っぽいファンデーションを選んではいけません。青白い顔にするのは間違いです。エモだからといって生気がない、というわけではありません。
    • カリフォルニア/サーファーガールは化粧を最小限にして、自然な印象にします。ブロンザーを少々入れ、マスカラを薄く付けて濃い色のアイライナーを控えめに引きます。目指すのは、太陽の光を浴びている海が似合う女の子です。
    • クラシック/プレッピーな雰囲気にするには、赤かヌードカラーの口紅を選び、マスカラを付け、白のペンシルライナーで目頭を縁取り、3色のアイシャドーをしっかりと馴染ませて濃淡をつけます。とても上品な印象です。
    • 練習あるのみです!友人と一緒に練習しましょう。写真を撮ってどれが似合ってどれが似合わないか研究します。化粧を少しするだけで、雰囲気は随分違ってきます。
    広告

パート 3 の 3:
服とアクセサリー

  1. 1
    手持ちの服を見直す イメチェンをするには買い物に行く必要があるかもしれません。しかし、焦ってはいけません。服を買う時には着回しを考えましょう。ひとつのアイテムを、様々に着回すことができればいいのです。イメチェンのために、服を新しく山のように買う必要はありません。着こなしを変えればいいのです。
    • 体形に合ったかっこいいジーンズが何本か必要です。フレアデニムは流行っていないのでやめましょう。レギンスをデニム風にアレンジしたデニンスは履き心地が楽で、なおかつお洒落です。
      • エモ/パンク風は濃い色のデニムを選びましょう。手持ちのデニムをダメージ・クラッシュ加工します。
      • サーファー風は明るめのデニムを選び、これをユーズド加工してもいいでしょう。麻のパンツ、カプリパンツもサーファースタイルらしいアイテムです。
      • クラシックな雰囲気にするなら、濃紺か黒のスキニー(冒険してみたければ、洒落た格子縞のジーンズ)を加工をせずにきれいに履きます。
  2. 2
    シャツで差をつける シャツなどのトップスは、どんなスタイルにとっても極めて重要です。自分が目指す雰囲気に合わせたトップスを選びます。予算が厳しく限られていても、新しいアイテムを何枚か加えるだけで、雰囲気をがらりと変えられます。
    • タンクトップや体にピッタリしたTシャツを着るだけでイメージは大きく変わり、サーファーやプレッピーな雰囲気になります。タンクトップを数枚揃えましょう。また、レースをあしらったタンクトップも活躍します。あまりぱっとしないTシャツでも、タンクトップに重ねると、裾からレースが見えて可愛くなります。他にも重ね着を試しましょう。
      • プレッピースタイルを目指すなら、襟の付いたシャツがぴったりです。プレッピーらしいスキニージーンズに、すこしゆったり目のボタンダウン(格子縞かデニム)を合わせると、上品な可愛さを演出できます。
    • エモ/パンク/インディー風を目指すなら、バンドのシャツです。年代を感じさせるような、洗いざらして、少しくたびれたシャツを探しましょう。大きめではなく、体の線がでるものを選びましょう。
  3. 3
    古着屋で服を買う 安くても良い服はあります。しかし、どの古着屋も同じというわけではありません。古着を買う際には、ほつれ、色落ち、その他の不具合に細心の注意を払いましょう。
    • 数回使われただけのブランド商品を探しましょう。一度も袖を通されたことがないジャケットやブラウスが、大幅に値引きされている、という掘り出し物もあります。
    • クリスマスやバレンタインデーなどのプレゼントシーズン明けに古着屋に行きましょう。恋人や親戚からプレゼントを貰ったものの、あまり気に入らずに古着屋に持ち込む人が少なからずいます。この時期が絶好のタイミングです。
  4. 4
    アクセサリーをつける アクセサリーはとても大切です。たくさんつける必要はありませんが、よいものをいくつかつけて、スタイルを仕上げましょう。あくまでもシンプルを心がけます。
    • フェイクストーンが付いた丸いペンダントや、フープイヤリングをしましょう。スタッドがついたアクセサリーはグランジロックのスタイルによく合います。
    • シルバーは最高です。お洒落で、それほど高価ではなく、何とでも合います。
    • プレッピーな雰囲気にするなら、品のいい腕時計を1、2個揃えておきましょう。黒や多色使いのラバーブレスレットはエモ/パンクの雰囲気になります。
  5. 5
    足元を仕上げる 靴も重要です。靴は最強のアクセサリーであり、靴次第で全体の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。足元に何を持ってくるかに神経を使いましょう。
    • プレッピー/クラシックに仕上げるには、可愛らしいフラットシューズか、ハイヒール、またはランニングシューズを履きます。冬には毛のついたロングブーツがいいでしょう。
    • サーファー/カリフォルニアは、Keds、Uggs(もちろん、冬だけです)、フラットシューズ、ビーチサンダルを合わせましょう。
    • エモ/パンクはVans のハイカット、黒のコンバース、またはブーツを選びましょう。
    広告

ポイント

  • 自分らしく、自信を持って振る舞います。自分ではない誰かを演じようとしたり、神経質になったりしていると、周りも気づきます。
  • 自分が目指すスタイルのお手本になる人を思い描いて、しばらくは真似をしながら装い方を覚えましょう。それが完全に身に付いたら、そこに自分らしさを加えます。
  • 本物のシルバーかゴールドのネックレスを奮発しましょう。肌身離さず付けられて、あなたのトレードマークになるでしょう。
  • あなたが服を着るのであって、服に着られてはいけません。
  • 服を慎重に選びましょう。
  • 自分らしくありつつ、最新の流行に後れないようにします。
  • 控えめな香水は効果があります。
  • 自分の服装に自信を持ちましょう。
  • ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用し、にっこり笑いましょう。堂々としていることが大切です。
  • 健康に気を付けて、必要な薬は必ず飲みましょう。

広告

注意事項

  • 髪に熱を加え過ぎると、枝毛ができたり髪の毛が傷んだりするので気を付けましょう。熱を加える場合は、髪を熱から守るスタイリング剤を購入しましょう。
  • 寝る前に必ず化粧を全て落としましょう。
  • 寝る前にリップクリームを塗り、唇のひび割れや出血を防ぎましょう。
  • 化粧が濃くなり過ぎないように注意しましょう。
広告

必要なもの

  • 質の良いヘアブラシ
  • 髪に良いシャンプー
  • いい匂いのボディシャンプー
  • デオドラント
  • シェーバー
  • 似合う香水(いくつか試して、自分に合う香りを探しましょう。フルーティな甘い香りを好む人もいれば、清涼感や樹木系の香りを好む人もいます)。自分の嗅覚を信じましょう。
  • ボディローション
  • ハンドクリーム
  • リップクリーム
  • 口紅
  • 毛抜き
  • 可愛いアクセサリー(つけ過ぎに注意)
  • マニキュア
  • 化粧品(アイシャドー、チーク、口紅、マスカラなど)
  • ヘアークリップ、ヘアーゴム、ホットカーラー

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

生理を早める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

タトゥーシールをはがす

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

速くヒゲを生やす

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

布地からマニキュアを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む63人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,032回アクセスされました。
このページは 1,032 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告