インク汚れを落とすのはやっかいですが、衣類からシミを落とす方法があります。家庭にある製品を利用してシミを落とすことができますが、方法は使用する製品によって異なります。シミをが付いたらできるだけ早く処置すると成功する確率が高くなります。シミを落として、お気に入りのシャツをすぐに着ることができるでしょう。

方法 1 の 3:
ついたばかりのインクのシミを吸い取る

  1. 1
    シミの裏側に布を敷きます。シミが付いた直後なら、できるだけ多くシミを吸い取りましょう。作業を始める前に、シミの裏側に白い布や雑巾を敷きます。こうすると、衣類の裏側にシミが広がるのを防げます。[1]
    • 裏側に敷く布は、布の色が衣類に付くのを防ぐため白いものを使います。
  2. 2
    シミを吸い取る雑巾も白いものを使います。裏に敷く布とは別に、白い雑巾などを用意してシミを吸い取ります。こするのではなく、軽く叩きつけましょう。こすると、汚れが衣類の繊維の奥に浸み込んでしまいます。インクが雑巾につかなくなるまで、叩いて吸い取ります。[2]
  3. 3
    シミの裏側を吸い取ります。衣類を裏返し、新しくきれいな布を下に敷きます。同じ要領でシミの裏側を吸い取ります。インクが雑巾につかなくなるまで叩いて吸い取りましょう。[3]
    広告

方法 2 の 3:
アルコールベースのヘアスプレーを使う

  1. 1
    アルコールベースのヘアスプレーを用意します。意外にも、ヘアスプレーにはシミを落とす効果があるので、インクのシミにも使用できます。アルコールがシミを分解するので、アルコールベースのヘアスプレーを使いましょう。[4]
    • 準備がまだなら、衣類を広げてシミの裏側に布を当てましょう。
  2. 2
    衣類の目立たない部分で試します。ヘアスプレーに限らず他の洗浄剤も同様ですが、使用する前に衣類の目立たない場所で少量試して、洗浄剤が衣類にシミを付けないことを確認すると安心です。衣類の目立たない部分にヘアスプレーを少量つけて、30秒待ってから拭き取ります。試した箇所が、少し湿っている以外に変化がなければ、ヘアスプレーを使用できます。[5]
    • ヘアスプレーによってシミができたり衣類の色が変わったら、使用するのはやめましょう。
    • ヘアスプレーは、特に、ポリエステル素材の衣類に効果的です。革製品の染み落としにヘアスプレーを使うのはやめましょう。アルコールベースの製品は、皮革素材を傷つける恐れがあります。
  3. 3
    ヘアスプレーをシミにかけます。衣類を広げたら、30cmくらい離れたところから、シミにスプレーします。まんべんなく、たっぷりとスプレーしましょう。[6]
  4. 4
    ヘアスプレーが定着するのを待ちます。スプレーした後、ヘアスプレーが定着するまで1分ほど待ちます。この間に、ヘアスプレーに含まれるアルコール成分がインクのシミを分解します。ただし、スプレーした後長時間放っておくと、ヘアスプレーが衣類に浸み込み、乾いてしまうので気を付けましょう。[7]
  5. 5
    きれいな布でシミを吸い取ります。スプレーした後1分ほど待ってヘアスプレーが定着したら、きれいな白い布やコットンパッドでシミを吸い取ります。インクのシミが浮き上がり、落としやすくなります。インクが布に付かなくなるまで叩いてシミを吸い取りましょう。[8]
    • シミを完全に落とせたら、普段通りに洗濯します。
    広告

方法 3 の 3:
他の洗浄剤で叩いてシミを落とす

  1. 1
    消毒用エタノールを使います。きれいな白い布やスポンジを消毒用エタノールで濡らします。シミを軽く叩くようにして、インクを吸い取ります。シミを落としたら、普段通りに洗濯します。[9]
    • アセテート、シルク、ウール、レーヨン素材の衣類に消毒用アルコールを使用するのは避けましょう。
    • 消毒用エタノールは、水性ペンやボールペンをはじめ様々な種類のインクのシミに効果があります。ヘアスプレーで落とせなかった頑固なシミに使用するのに適しています。
  2. 2
    グリセリンや食器用洗剤を使います。ボウルに大さじ1杯のグリセリンと小さじ1杯の食器用液体洗剤を混ぜます。白い布に浸し、シミを軽く叩きます。布にインクがつかなくなるまで叩いたら、衣類を裏返してシミの裏側も同じ要領で行います。[10]
    • 軽く叩いた後、5分ほど待ちましょう。その後、グリセリンを指でシミに塗ります。衣類を水ですすいで、グリセリンや洗剤を落とします。
    • グリセリンは、浸み込んでから時間が経ったシミに効果があります。グリセリンが衣類に浸み込んでインクを浮き上がらせ、食器洗剤が浮き出たインクを洗い流します。どんな素材の衣類にも使用できます。
  3. 3
    重曹と水を使います。小さめのボウルに重曹と水を2対1の割合で混ぜ、柔らかいペーストを作ります。コットンパッドでペーストをシミにつけて、軽く叩くようにインクを落とします。シミが落ちて、コットンパッドにインクがつかなくなったら、新しいコットンパッドやペーパータオルでペーストを拭き取ります。[11]
    • 重曹はどんな素材にも安心して使えます。
  4. 4
    ホワイトビネガーを使います。どんな方法でもシミを落とせなかったら、水とホワイトビネガーを同量ずつ混ぜた溶剤に、衣類全体を30分間浸けましょう。衣類を浸けている間、10分に1回くらいの頻度で、スポンジや布でシミを軽く叩きます。その後、普段通りに洗濯します。[12]
    • お湯を使うとシミが定着してしまうので気を付けましょう。
    • ホワイトビネガーはどんな素材にも安心して使えます。
  5. 5
    ドライクリーニング用の洗剤を使います。市販のシミ落とし洗剤やドライクリーニング用の液体洗剤を使ってシミを落とすことができます。添付の使用方法に従って、きれいな布でシミに塗りましょう。[13]
    • 衣類の洗濯表示を確認して、衣類を傷める恐れのある洗剤を使用しないように気を付けましょう。
    広告

ポイント

  • シミのついた衣類に洗浄剤がどのように影響するか不明な場合は、使用する前に衣類の目立たない箇所で少量試して確認しましょう。
  • 衣類をこすらず、軽く叩きます。こするとシミが広がり、衣類の繊維を傷つける恐れがあります。
  • シミが完全に落ちるまで、衣類の洗濯や乾燥機の使用を控えましょう。乾燥機の熱でシミが定着してしまいます。

広告

必要なもの

  • きれいな白い布
  • コットンパッド
  • ヘアスプレー
  • 消毒用エタノール
  • 重曹
  • ドライクリーニング用の液体洗剤またはシミ落とし洗剤
  • 食器用洗剤
  • グリセリン
  • ホワイトビネガー

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

カタツムリを駆除する

How to

トマトの剪定

How to

マンゴーを熟成させる

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

池の藻を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

ヒューズをチェックする

How to

家庭でのノミ駆除
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は250,258回アクセスされました。
このページは 250,258 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告