インディカ米をモチモチにする方法

この記事には:インディカ米をモチモチにする寿司飯の作り方マンゴーライスの作り方

ジャポニカ米には独特の食感と風味があります。日本料理やタイ料理に多く使われていますが、残念ながら、海外では手に入らないこともあります。しかし、ジャポニカ米ではないインディカ米を、いくらか粘り気を出して炊く方法があります。この記事では、インディカ米をモチモチさせる炊き方のコツをいくつかご紹介します。また、インディカ米を使って作る、人気のジャポニカ米料理のレシピも2つご紹介します。

材料

インディカ米をモチモチさせるために必要な材料

  • インディカ米:200グラムから300グラム
  • 水:450ミリリットル
  • 大さじ数杯の水

寿司飯の材料[1]

  • インディカ米:200グラムから300グラム
  • 水:450ミリリットル
  • 米酢:大さじ4杯
  • 砂糖:大さじ2杯
  • 塩:小さじ1杯

マンゴーライスの材料[2]

「4人分」

  • インディカ米:200グラムから300グラム
  • 水:450ミリリットル
  • ココナッツミルク:350ミリリットル
  • 砂糖:225グラム
  • 塩:小さじ1/2杯

「ソース」

  • ココナッツミルク:120ミリリットル
  • 白砂糖:大さじ1杯
  • 塩:小さじ4分の1杯
  • タピオカでん粉:大さじ1杯
  • マンゴー:3個(皮をむいてスライスした状態で)
  • 炒ったゴマ:大さじ1杯(お好みで)

ステップ

  1. 1
    このレシピの目指すところを理解します。ジャポニカ米は、例えば「玄米」のようなお米の種類で、「チャーハン」のような料理ではないので、完全にジャポニカ米の代わりになるものはありません。これからご紹介するレシピは、インディカ米を使う場合は風味や食感が変わります。また、インディカ米を柔らかくしたり多少べたつくように炊いたりしても、握り寿司を作るご飯のようにはならないかもしれません。
  2. 2
    代用品を検討します。お店にジャポニカ米やもち米が無いため、インディカ米を使おうと思っているのでしょうか?海外に滞在しているなどでもち米(sticky rice)が見つからない場合は、「sweet rice」か「glutinous rice」を探してみましょう。どちらももち米です。[3]
    • 他の短粒米やリゾット用の米を試してみましょう。どちらも、中粒米や長粒米に比べると、炊いた後の食感がややモチモチしています。[4] 短粒米は、他の種類よりもでん粉が多いため、炊いた後に粘り気が出ます。[5]

1
インディカ米をモチモチにする

  1. 1
    炊く前に、米を洗ってはいけません。ほとんどの人は、衛生面から、またでん粉の粉を落とすために米を洗います。でん粉は、米の粘着性を高くし、お互いにくっつく要因となるものです。米を洗わずに食べるのがどうしても嫌な場合は、1回か2回すすぐのは良いですが、水が透明になるほど洗ってはいけません。多少のでん粉が残るようにします。
  2. 2
    炊く前に、米を水に浸します。米を水に浸すことで、ご飯の粘着性を高めるのに役立つと気がつく人もいます。30分から4時間水に浸してみましょう。米が水を吸ったら、水を切ります。
  3. 3
    450ミリリットルの水を大きな鍋に入れ、大さじ2〜3杯の水を追加します。通常の分量よりも多めに水を入れると、ご飯がモチモチしてくっつきやすくなります。[6]
    • 塩を少々入れてみましょう。ご飯に風味を加え、美味しくなります。
  4. 4
    300グラムの短粒米か、200グラムの中粒米もしくは長粒米を加えます。できれば、短粒米を使用します。短粒米は、中粒米や長粒米よりもでん粉の含有量が多く、多少粘り気が出ます。
    • ジャスミン米とバスマティ米は、どちらも中粒米と考えられています。
  5. 5
    強火で沸騰させます。鍋の蓋はしません。
  6. 6
    沸騰したら火を弱め、とろ火で10分煮ます。この時、鍋の蓋は閉じておきます。
  7. 7
    水が無くなったら火を止めます。炊きあがったご飯の表面には、蒸気でできた穴ができることもあります。[7]
  8. 8
    蓋を閉じたまま、コンロの上にさらに10分置いておきます。[8] ご飯は、時間が経つほど粘り気が出ます。1日か2日前にご飯を炊くと、食べる時にはよりモチモチしているでしょう。それほど長く置いておく予定が無くても、ご飯は蓋をして冷蔵庫で保存すると乾燥したり腐ったりするのを防ぐことができます。
  9. 9
    ご飯をよそいます。ご飯を、食器に移します。必要であれば、フォークを使い塊をほぐしてフワッとさせることもできます。

2
寿司飯の作り方

  1. 1
    仕上がりについて知っておきます。適切な調味料によって、インディカ米で寿司飯のようなご飯を作ることができます。しかし、インディカ米を寿司飯と同じ粘度にするのは難しいことです。この作り方で炊いたご飯で海鮮丼やお弁当、のり巻きを作るのは良いかもしれませんが、握り寿司を作るには難しいかもしれません。
  2. 2
    大きな鍋で450ミリリットルの水を沸かします。
  3. 3
    沸騰したお湯に300グラムの短粒米または200グラムの中粒米を入れます。できれば、短粒米を使用します。短粒米は、中粒米や長粒米よりもでん粉の含有量が多く、多少粘り気が出ます。
    • ジャスミン米とバスマティ米は、どちらも中粒米と考えられています。
  4. 4
    鍋に蓋をして、15分間煮ます。米を入れると、水は数秒間沸騰が止まります。再び沸騰するまで待ち、火を弱くしてピッタリと閉まる蓋をします。水が無くなるまで煮ます。
  5. 5
    小さめの鍋に、米酢大さじ4杯、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1杯を入れます。スプーンでよく混ぜます。これが寿司飯の調味料になります。また、ご飯同士がくっつきやすくなるかもしれません。
  6. 6
    寿司飯の調味料を中火で沸騰させます。砂糖が溶けるまで、フォークや小さな泡立て器で調味料をかき混ぜます。
  7. 7
    調味料をコンロから降ろします。邪魔にならない場所に置き、冷まします。
  8. 8
    ガラスのボウルに炊き上がったご飯を移します。ここからの手順では、金属製のものを使わないようにしましょう。酢に金気が移るおそれがあります。
  9. 9
    ご飯に調味料を混ぜます。ご飯が熱いうちに調味料を入れます。濃い味が好みではない場合、調味料をすべて使う必要はありません。
  10. 10
    ご飯と調味料をヘラで混ぜます。フライ返しを使用しても構いませんが、金属製ではないことを確認します。
    • 扇風機の前で作業するか、誰かにうちわなどで扇いでもらうとご飯を素早く冷ますことができます。
  11. 11
    ご飯が温かいうちに提供します。このご飯は熱すぎず、温かいうちが一番おいしく食べられます。

3
マンゴーライスの作り方

  1. 1
    大きな鍋に450ミリリットルの水を入れ、沸騰させます。
  2. 2
    沸騰したお湯に300グラムの短粒米または200グラムの中粒米を入れます。一番良いのは、短粒米を使うことです。[9] 短粒米は、元々中粒米や長粒米よりもでん粉の含有量が多いため、より美味しくできる可能性があります。
    • 人気のある中粒米には、ジャスミン米やバスマティ米があります。
  3. 3
    鍋に蓋をして、15~20分煮ます。火を中火にします。吹きこぼれないように注意します。
  4. 4
    別の鍋に、ココナッツミルク350ミリリットル、白砂糖225グラム、塩小さじ1/2杯を入れます。スプーンでよく混ぜ合わせます。これを使用してご飯に味付けします。
    • 時間を有効に使うために、ご飯が調理されている間に調味料を合わせておきましょう。
  5. 5
    ココナッツミルクの調味液を中火にかけます。焦げないように、時々かき混ぜます。
  6. 6
    ご飯が炊きあがったら、ココナツミルクの調味液をかけて混ぜます。ご飯が炊きあがったら、コンロから降ろして蓋を開けます。ご飯にココナッツミルクの調味液を入れ、フォークやヘラで混ぜます。
  7. 7
    味付けをしたご飯を1時間置いておきます。鍋に蓋をして、ジャマにならない場所に置いておきます。こうすると、ココナッツミルクの風味がご飯に良くなじみます。
  8. 8
    ココナッツミルク120ミリリットル、砂糖大さじ1杯、塩小さじ1/4杯、タピオカでん粉大さじ1杯を小鍋に入れ、スプーンでよく混ぜ合わせます。これがソースになります。タピオカでん粉が無い場合は、コーンスターチや葛粉でも代用できます。[10]
  9. 9
    ソースを沸騰させます。焦げたりダマになったりしないように、時々ソースをかき混ぜます。
  10. 10
    マンゴーの準備をします。まず、マンゴーの皮をむきます。十分に熟したマンゴーは、ナイフで切れ目を入れてから引っ張って剥がすことができます。皮がむけたら、半分に切って種を出し、スライスします。他の2つのマンゴーも同じようにします。
  11. 11
    ご飯を4つのお皿によそいます。4つ以上のお皿に分けても良いですが、1つ当たりの分量が少なくなります。
  12. 12
    マンゴースライスを飾ります。マンゴーはご飯の横に並べるか、ご飯の上に盛り付けても良いでしょう。ご飯の上にマンゴーを盛り付ける場合は、重ねて扇子のような形にします。
  13. 13
    マンゴーとご飯の上に、ソースをかけます。お好みでソースの上からゴマを振りかけても良いでしょう。
    • もち米を使用していないため、食感は伝統的な料理と全く同じではない可能性があることに注意しましょう。

ポイント

  • 短粒米はもち米と同じではありません。ただし、インディカ米よりもでん粉の含有量が高くなっています。これは、中粒や長粒など、他の米と比較して、短粒米は一度調理するとべとつきやすいということです。
  • 米を30分から4時間水に浸すと、早くご飯を炊くことができます。
  • もち米と寿司用の米は別の物です。もち米はタイのデザート料理によく使われます。寿司用の米は、巻き寿司を作る際に使用されます。両方のタイプの米は、炊き上がるとモチモチした食感になるため、この記事では両方のタイプの作り方を説明します。
  • 海外でレシピにもち米を使いたいけれど手に入らない場合、アジアンマーケットを探してみましょう。すべてのスーパーでもち米を扱っているわけではありません。
  • 多くの料理人が水の量を測る際に使う方法は、指を米の上に置くことです。水が第一関節のすぐ下にあれば、正しい水分量です。
  • 英語では、もち米は「Sticky rice」の他に「sweet rice」や「glutinous rice」と表示されることもあります。[11]

注意事項

  • もち米には完全な代用品はありません。インディカ米をよりモチモチにしたり柔らかく調理することはできますが、もち米の特徴である独特の風味や食感に欠けます。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: レシピ

他言語版:

English: Make Sticky Rice Using Regular Rice, Español: hacer arroz glutinoso usando arroz normal, Русский: приготовить клейкий рис из обычного, Deutsch: Aus normalem Reis Klebreis machen, Français: faire du riz gluant avec du riz normal, Bahasa Indonesia: Membuat Ketan Menggunakan Beras Biasa, Nederlands: Kleefrijst maken met gewone rijst, العربية: تحضير الأرز اللزج باستخدام الأرز العادي, Tiếng Việt: Nấu xôi bằng gạo thường, ไทย: หุงข้าวเหนียวโดยใช้ข้าวธรรมดา, 中文: 用普通大米替代糯米, हिन्दी: रेगुलर राइस का यूज करके स्टिकी राइस (Sticky Rice) बनाएँ, 한국어: 일반 쌀로 찹쌀밥 만드는 법

このページは 105 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?