ウォッカを飲む方法

この記事には:ストレートで飲むカクテルで楽しむキャンディーと楽しむ

ウォッカの母国ロシアでは、ウォッカは生活の最大の楽しみの一つです。ウォッカは味にクセがなく汎用性の高いアルコールで、ストレートで飲んだり、主要な風味をいくつか加えて楽しむことができます。ウォッカの飲み方を紹介します。

1
ストレートで飲む

  1. 1
    ウォッカを選びます。ウォッカの熱烈な愛好家の多くは、ウォッカの本来の楽しみ方は、純粋な形でそのまま飲むことだと言っています。[1]
    • ウォッカは一般的に穀物又は野菜を発酵して作られます。[2] 原料が穀物のウォッカは口当たりがなめらかで果実香があります。一方、原料が野菜のウォッカは、えぐ味や薬くささがあります。[3]
    • ウォッカの愛好家の中には、良いウォッカはクリーミーでなめらかな味わいがあるという人もいます。穀物の風味があり、凍るととろみが出ます。質の悪いウォッカは、えぐ味や苦みがあり、水っぽく、薬くささがあります。飲んで口の中がピリッと焼けつくものは、質の悪いウォッカかもしれません。
    • ウォッカの選択に迷ったら人気のある銘柄を選びましょう。多くの人が好む銘柄は、グレイグース、アブソルート、スミノフ、ケテルワン、ストリチナヤなどです。[4]
    • ピュアウォッカは、風味がきつすぎると感じる場合は、グリーンアップルやバニラなど風味つきのフレーバーウォッカを選びましょう。糖度が加わり口当たりよく感じるでしょう。
  2. 2
    ウォッカのボトルを冷凍庫に入れ、数時間冷やします。ワインではないので、できる限り「冷たく」冷やして飲みましょう。[5]
    • ウォッカが凍る心配はありません。アルコールは水より凝固点が低いため、家庭の冷凍庫で凍ることはありません。
  3. 3
    小さなグラスにウォッカを注ぎます。ほんの数口分で十分です。カクテルとは違って、ピュアウォッカは早く酔いが回ります。
    • 無色透明のウォッカには、習慣的に小さなグラスを使います。グラスの縁から3~5㎜くらいまで、ウォッカを注ぎます。
    • 小さなグラスの代わりにショットグラスを使っても構いません。
  4. 4
    ウォッカを少しづつ飲みます。一気飲みはやめましょう。酔うために飲むのではなく、じっくり味わいながら楽しみます。
    • グラスを回してウォッカの香りを楽しみます。一口すすって、数秒間口の中で風味を味わいましょう。鼻から息を吐いて、穀物の香りを十分に満喫します。最後に、飲み込んでから後味を楽しみましょう。
    • ウォッカは、そもそも食事中酒として楽しまれてきました。ワインと同じで、少しづつ飲むお酒です。[6]
  5. 5
    一口飲むたびにつまみましょう。口に残るピュアウォッカの味を消し、ウォッカの強さを中和します。
    • ロシアの愛飲家は、つまみを「ザクースキ」と呼び、一口飲むごとに食べるのが伝統です。[7]
    • 一般的なザクースキとして、キッシュ、魚の燻製、スパイシーソーセージ、オリーブ、きゅうりなどがあります。

2
カクテルで楽しむ

  1. 1
    スクリュードライバーを作ります。ウォッカ15~30mlにオレンジジュース180mlを加えます。[8] 氷を数個入れ、スプーンで混ぜます。
    • もう少しおしゃれな、ミモザスクリュードライバーを作りましょう。オレンジのフレーバーウォッカ30mlと絞ったオレンジ120mlを混ぜます。オレンジビターズ少量とエクストラドライのシャンパン少量を加えます。[9]
    • スクリュードライバーは午前中に楽しまれるカクテルで、ブランチによく合います。[10]
  2. 2
    コスモポリタンを作ります。材料は、ウォッカ、クランベリージュース、コアントロー(オレンジの香りのするリキュール)、ライムジュースです。
    • ウォッカ30mlにその他の材料30mlずつを加えます。砕いた氷と一緒によく振って混ぜます。[11]
    • グラスの縁に砂糖をまぶして、ライムの皮を添えると華やかです。
    • オレンジビターズを少量加えると風味が増します。
  3. 3
    ブラッディマリーを作ります。濃厚でぴりっとしたカクテルで、妙味と香辛料が舌を刺激します。
    • ウォッカ30ml、トマトジュース90ml、レモンのしぼり汁15ml、ウスターソース少量、塩コショウ少々、ホットソース(唐辛子を原料としたソース)少量を混ぜます。氷を入れ、そっとかき混ぜます。
    • セロリ1本を添えて飾ります。
  4. 4
    セックスオンザビーチを飲みます。 これぞカクテル!といったお酒です。抽出した様々な果実の風味でウォッカの強い香りを隠した口当たりの良いカクテルです。
    • ウォッカ15~30ml、オレンジジュース60ml、クランベリージュース60ml、ピーチシュナップス15mlを混ぜます。
    • 氷を入れ、グラスの縁に薄く切ったオレンジを飾ります。
  5. 5
    シーブリーズを作ります。その名の通り、さわやかな味のカクテルです。簡単に作れて、飲むのはもっと簡単です。
    • ウォッカ15~30ml、クランベリージュース15~30ml、グレープフルーツジュース120mlを混ぜます。
    • グラス一杯に氷を入れます。よく混ぜて、くし形に切ったライムを添えます。
  6. 6
    ウォッカマティーニを作ります。マティーニは代表的なカクテルの1つです。また、ジェームズ・ボンドの「ステアせずシェイクして」のセリフで有名な007シリーズ定番のカクテルです。
    • 材料はシンプルで、ウォッカ60~90ml、ドライ・ベルモット30mlです。カクテルシェーカーに材料と氷を半分まで入れます。よく振って、マティーニグラスに注ぎます。串にオリーブを3個刺して添えましょう。[12]
    • ねじったレモンの皮をグラスの縁に添えると風味が増します。

3
キャンディーと楽しむ

  1. 1
    ウォッカをスキットルズで味付けします。スターバーストキャンディを抽出したウォッカと同様に、このキャンディカクテルは、幼少期の懐かしい味を楽しめるお酒です。
    • スキットルズを味ごとに分けます。スターバーストキャンディとは異なり、味を分けたほうがおいしく楽しめます。各味ごとにスキットルズ60個が必要です。
    • 空のペットボトルにスキットルズを入れます。ウォッカ180mlを漏斗でペットボトルに注ぎます。ウォッカにスキットルズの色が移るまで振りましょう。
    • スキットルズが溶けてウォッカに混ざるまで数時間そのままにします。コーヒーフィルターで濾して、蓋つきのガラスボトルに入れます。数時間冷凍庫で冷やすと、スキットルズウォッカの完成です。[13]
  2. 2
    ウォッカを抽出したグミベアを作ります。飲み物ではありませんが、アルコールを含んだフルーティーな菓子で、酒のつまみにも最適です。
    • タッパーウェアにグミベアを好みの分量入れます。グミが浸るようにウォッカを注ぎます。タッパーウェアの蓋をして、冷蔵庫で少なくとも3日間保存します。
    • 2日経ったら味見して、アルコール濃度を確認します。好みに応じてウォッカを足したり、容器からウォッカを取り除いたりして調節します。
    • グミベアの代わりにグミワームを使うことができます。ただし、レッドフィッシュやスウィーディッシュフィッシュグミを使うのはやめましょう。ウォッカが浸み込みにくく、変にべたつくことがあります。[14]
  3. 3
    スターバーストキャンディを抽出したウォッカを作ります。スターバーストキャンディのそれぞれの風味を楽しめる、フルーティな即席キャンディカクテルを作りましょう。
    • 好みでスターバーストキャンディを味ごとに分けるか、すべてを混ぜて使います。ペットボトルに包装紙を取ったスターバーストキャンディを10個入れます。
    • 漏斗でウォッカ210mlをペットボトルに注ぎます。 スターバーストキャンディの色がウォッカに移るまで振ります。キャンディーが溶けウォッカに混ざるように一晩そのままにします。[15]
    • コーヒーフィルターで漉します。キャンディーの塊がなくなり、口当たりがなめらかになります。
    • 冷凍できる容器に入れます。蓋つきのガラス容器が最適です。数時間冷凍庫で冷やして楽しみましょう。

ポイント

  • ウォッカのボトルが空になったら、床に置くかすぐに捨てましょう。テーブルの上に空のウォッカボトルがあると縁起が悪いと言われています。
  • 乾杯の挨拶に困ったら、友人の健康を祈る伝統的な口上「ズダローヴィエ」を試しましょう。
  • 乾杯の挨拶をする人がいたら、必ず飲むのが慣例です。
  • 一人で勝手に飲んだり、乾杯しないのはマナー違反です。
  • 乾杯の挨拶があったら飲むのがマナーですが、ウォッカを飲む必要はなく、別の飲み物やお酒ではない物を飲んでも構いません。

注意事項

  • 妊娠中の飲酒は胎児の出生異常を起こす恐れがあります。
  • 飲酒により、乗り物または機械の運転操作能力が低下します。
  • アルコールと併せて服用してはいけない薬もあります。薬を服用してアルコールを摂取する場合は、事前に医師に確認しましょう。
  • 正規に作られて封のあるウォッカを飲む又は購入します。潜在的に害になる材料やその影響を避けましょう。
  • お酒の飲みすぎは、健康を害する恐れがあります。
  • アルコールの取り扱いは、法律や規則を守って行いましょう。

記事の情報

カテゴリ: 飲み物

他言語版:

English: Drink Vodka, Español: beber vodka, Deutsch: Wodka trinken, Português: Beber Vodka, Italiano: Bere Vodka, Русский: пить водку, Français: boire de la vodka, 中文: 喝伏特加, Bahasa Indonesia: Meminum Vodka, Nederlands: Wodka drinken, 한국어: 보드카 마시는 방법, ไทย: ดื่มวอดก้า

このページは 113 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?