PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ウサギは消化器系が特有で、下痢などの不調を起こしがちです。ウサギの糞には硬便と盲腸便の2種類があります。大人のウサギではあまり起こりませんが、両方が軟便になったら本当の下痢ということなので、すぐに獣医に診てもらう必要があります。下痢と間違えやすいのが、柔らかい盲腸便です。これは食事を変えるだけで簡単に対処できます。どちらの場合も、快復するまでの間、汚れていたら洗ってあげたり、清潔で静かな、ストレスの無い環境を作ってあげたりして、普段以上に世話をしてあげましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
初期対応をする

  1. 1
    本当の下痢と柔らかい盲腸便とを見分けます。ウサギは複雑な消化器系をしていて、便が2種類あります。本当の下痢は両方の便が水っぽく軟便となった場合を指します。軟便の他に通常の硬便も出している場合は、柔らかい盲腸便が問題だということです。[1]
    • 大人のウサギの場合、本当の下痢は滅多にしませんが、若いウサギ、特にうまく離乳できなかった赤ちゃんの場合は時々起こります。どの年代のウサギでも、本当の下痢は命に係わる緊急事態です。
    • 通常の盲腸便は、小さなブドウの房のような見た目で、ウサギは栄養源としてそれらを食べます。下痢と間違えやすく、大人のウサギにより起こりやすいのが柔らかい盲腸便です。通常、これは食事を変えるだけで治ります。
    • 柔らかい盲腸便というのは、硬めのプリンや柔らかい塊のような粘度で、ウサギの体や周囲に付着します。また、腐敗臭がする場合も多くあります。
  2. 2
    ウサギが本当の下痢をしている場合、すぐに動物病院で診てもらいましょう。全ての糞が軟便の場合、かかりつけの獣医に電話し、飼っているウサギが下痢をしているのですぐに向かうと伝えましょう。下痢の場合、特に赤ちゃんウサギでは、すぐに獣医による治療が必要です。[2]
    • 本当の下痢は命に係わることがよくあるので、非常に深刻にとらえる必要があります。通常、盲腸内(発酵を行うウサギの消化管の1つ)の微生物の変化が原因です。[3]
    • ウサギの治療に慣れた獣医を知らない場合、ネットで調べましょう。
  3. 3
    2種類の便のサンプルを獣医に渡します。獣医は症状を正しく診断するため、便内の菌を培養させ、顕微鏡で調べる必要があります。可能であれば、硬便と盲腸便の両方のサンプルを採取し、動物病院まで持って行きましょう。[4]
    • サンプルを持って行けない場合、糞の写真を撮って獣医に見せられるようにしましょう。
    • サンプルは少量で構いません。ブドウ2、3粒分で十分です。ゴム手袋やジップロックに入れて持って行くと、動物病院の手間が減ります。
  4. 4
    水分補給を絶やさないようにします。脱水症状が大きな懸念事項なので、きれいな真水を常に絶やさないようにしましょう。水を拒んだり飲めない場合、乳酸リンゲル液を皮下注射して、脱水症状を防ぐ必要があります。[5] 動物病院の医師や看護師に注射してもらうのが一番です。
  5. 5
    必要な場合は自分で注射します。獣医の予約が取れず、道具が手元にある場合、針と注射液のキャップを消毒し、液を1、2mg吸い取ります。優しく皮膚を持ち上げてテント状にし、針を45°の角度で刺します。皮膚は非常に薄いので、引っ張った裏側まで針が突き抜けないように気をつけましょう。[6]
    • 注射液を注入する前にピストン棒を引いておき、血を吸い取らないようにします。吸い取ってしまった場合、血管か筋肉に針を刺してしまったということなので、別の場所に刺し直す必要があります。注射液を注入したら、優しく速やかに、真っすぐ針を抜きましょう。[7]
    • 皮下点滴療法後、ウサギの背中が少し丸く出るのは珍しいことではありません。すぐに吸収されて体内に広がり、無くなるので心配する必要はありません。
    • 首筋と脇腹が皮下注射を打つのに適しています。24時間で合計10mgを注射します。組織損傷を軽減するため、場所を変えて打ちましょう。[8]
  6. 6
    獣医の指示に従って薬を与えます。診断結果に従い、獣医は抗生物質を処方してくれるでしょう。[9] また、他にもたくさん薬を処方される可能性があります。[10]
    • イモジウムまたはその他の下痢止め
    • 細菌や寄生虫によって作られた毒素を解毒するコレスチラミン
    • 鎮痛剤
    • 赤ちゃんウサギの免疫を上げるための初乳
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
食事を見直す

  1. 1
    牧乾草以外の食べ物を与えないようにします。飼っているウサギが牧乾草を食べ慣れている場合、それ以外の食事は与えないようにしましょう。ケージ内のあちこちに複数の容器を入れて、ウサギが干し草を食べるように促します。アルファルファのようなマメ科の干し草は炭水化物やプロテインが豊富すぎるので、牧乾草を使うようにしましょう。[11]
    • 高繊維の牧乾草がウサギの食事には最も重要で、消化機能を整えるのに必要不可欠です。盲腸の常在菌と消化機能を正常で安定した状態に戻します。普通の便に戻るまでは、牧乾草と水だけを摂取させましょう。
    • 牧乾草が新鮮で、カビが生えていないことを確認します。新鮮な干し草は良い匂いがします。干し草が乾燥しきっていたりカビっぽかったりすると、ウサギは食べません。
  2. 2
    飼っているウサギがペレットしか食べない場合、徐々に牧乾草に変えましょう。飼っているウサギが普段干し草を食べない場合、他の食べ物を全て無くすと飢えてしまいます。ペレットの原材料を見て、牧乾草からできていることを確認しましょう。牧乾草由来のペレットであれば、それを1日に2回あげて、牧乾草はケージ内に常に入れておきます。そして干し草を食べるか、観察します。[12]
    • 干し草を食べることが分かったら、1、2週間かけて徐々にペレットの量を減らし、最終的には完全に無くします。
    • 干し草を食べない場合、ペレットをフードプロセッサーで砕き、干し草を水で湿らせて、ペレットの粉末を上にふりかけます。
  3. 3
    必要に応じて、原料が種やナッツのペレットから牧乾草のペレットに変えます。ペレットに牧乾草が含まれていない場合、含まれているものを購入しましょう。古いペレットと新しいペレットを半々に混ぜて与えます。1、2週間かけて徐々に古いペレットの量を減らし、最終的には全て新しいペレットに変えます。[13]
    • 完全に牧乾草のペレットに変えられたら、本物の牧乾草を与えましょう。そして、徐々にケージ内に入れておくペレットの量を減らします。
  4. 4
    ウサギにおやつを与えるのを止めます。おやつを全くあげないとウサギは不機嫌になるかもしれませんが、あげたくなる気持ちを押さえましょう。ウサギは完全な草食動物で、特有の消化管をしています。そのため、果物でさえ問題を起こすことがあります。また、おやつをあげると、快復のために必要である干し草をあまり食べなくなってしまいます。[14]
  5. 5
    通常の便が1週間続いたら、食事に青野菜を加えます。硬便と盲腸便が通常に戻るには2週間から3か月かかることもあります。通常の便に戻ってから1週間経ったら、青野菜を少量あげましょう。これにより、必要な栄養素を完全に補うことができます。[15]
    • 青野菜の例として、バジル、ブロッコリー、レタス、ケール、スイスチャードなどがあります。ケールのように色の濃い葉の方が、玉レタスのような薄い緑のものよりも高栄養価です。
    • どれか1種類の野菜を最大1カップ(約150g)あげて、盲腸便が軟便にならないか、48時間様子を見ます。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
快復期間の世話をする

  1. 1
    ウサギの体を綺麗にします。毛に乾いた糞が付いていたら、コーンスターチのベビーパウダーを汚れた部分にかけます。指や目の細かい櫛で、糞を取り除きます。パウダーを優しくはたき落とします。ただし、ウサギの顔の近くで粉が舞わないようにしましょう。[16]
    • コーンスターチのベビーパウダーを使いましょう。タルカンパウダーやノミ取り粉は使ってはいけません。
    • 快復期間は特に頻繁に体を清潔にする必要があります。清拭の方がお湯で洗うよりもウサギの負担が小さいので、より良い方法です。
  2. 2
    必要に応じてお湯で洗います。糞がとても水っぽくて臭い場合、お湯で洗う必要があります。お湯を洗面台に溜めて、低アレルギー性の非薬用シャンプー(できればウサギ専用のもの)を大匙1加えます。ウサギが逃げたり自分を傷つけたりしないよう、優しく、しっかりと抱え、汚れた部分がお湯につかるまで下ろします。[17]
    • 汚れた部分をせっけんの泡で洗い、一度お湯を流します。洗面台にお湯だけを溜めて、せっけんを完全に洗い流します。
    • 手ぬぐいやスポンジでウサギを洗う方法もあります。お湯の中に入れるより、ウサギの負担は小さくなります。
    • 洗い流したらタオルドライします。ドライヤーの冷風で乾かしても問題ありません。
  3. 3
    きちんと食べたり飲んだりしていることを確認します。快復が薬によるものでも食事の変化によるものでも、ウサギの食事の量と飲む水の量を観察しましょう。餌や水を与えた頻度を記録し、ウサギがどれだけ食べたかも確認しましょう。[18]
    • できる限りウサギを観察し(必要であれば距離を取って)、安定して食べたり飲んだりしていることを確認します。また、定期的にケージ内の糞の見た目をチェックしましょう。
    • 獣医から電話で近況を確認されたり、経過観察のため再受診をするように言われたりするかもしれません。獣医にとってこれらの情報が重要となるので、手元に書き留めておくと有益です。
  4. 4
    静か、清潔、そしてストレスの無い環境を維持します。ウサギは小心者で、大きな音などのストレス要因で健康を害します。清潔でストレスの無い環境を維持することが、快復のための鍵となります。[19]
    • ケージを家の中の静かで人が通らない場所に置きましょう。小さい子供、他のペット、来訪者が近寄らないようにします。
    • 汚いケージもストレス要因となるので、常に清潔に保ちましょう。
    広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
鶏の性別を見分ける鶏の性別を見分ける
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
広告

このwikiHow記事について

Ryan Corrigan, LVT, VTS-EVN
共著者 ::
動物看護師
この記事の共著者 : Ryan Corrigan, LVT, VTS-EVN. ライアン・コリガンはカリフォルニア州に住む認定動物看護師です。2010年にパデュー大学にて獣医看護学の学士号を修得しています。2011年より馬科動物看護士学会の会員です。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 544 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告