ウサギの性別を判定する方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:ウサギを検査する準備をする性別を識別する13 出典

様々な理由から、飼っているウサギの性別を知っておくことは大切です。性別に合った名前を付けることができるだけでなく、何匹かの集団でウサギを飼う場合に、望まない妊娠を防げるでしょう。また雌のウサギであれば、子宮がんにかかる可能性もありますが、卵巣を除去すればそれも防げます。[1] いくつかの簡単なステップに従えば、ウサギの性別を判別できます。

パート 1
ウサギを検査する準備をする

  1. 1
    ウサギの年齢を判定する 同時期に生まれた幼いウサギを複数匹飼っている場合には、最速で12週間後には繁殖し始めるということを覚えておきましょう。つまり生後3か月後のウサギであれば、同じ性別同士で分けておく方が賢明です。[2]
    • 生後数日しか経過していないウサギの性別を判別するのは困難です。まだ幼い段階で判別を試みることもできますが、性別を確実に知りたいのであれば、少なくとも生後4週間が経過するまで待つ必要があります。
  2. 2
    大人のウサギでまず判別をしてみる ウサギの性別を判定することに慣れていないのであれば、大人のウサギから始めてみましょう。ウサギの子供たちの両親を飼っているのであれば、ウサギの両親の体を見てみましょう。こうすれば完全に成長したウサギがどういうものであるかを見ることができます。
    • それでも自信がなければ、獣医に相談してみましょう。必要であればウサギを近隣の獣医に連れて行きましょう。[3]
  3. 3
    助けを借りてウサギを押さえる 判別するウサギを選びましょう。大半の哺乳類と同様に、ウサギの生殖器は後ろ足の間にあります。この部分を見るためには、ウサギを仰向けにする必要があります。両手を空いた状態にするために、誰かにウサギを押さえてもらいましょう。相手に椅子に座ってもらい、膝にタオルを敷きます。こうすれば万が一ウサギが排尿しても問題はありません。
    • 片方の手でウサギの首筋を掴み、もう片方の手でお尻をすくうように指示します。その後、ウサギを持ち上げて仰向け状態にします。ウサギの頭が相手の腹部部分に当たり、尻尾部分が膝の端の方に向くようにしてみましょう。こうすれば生殖器部分が見やすくなります。[4]
    • ウサギの生殖器部分に触れるので、手袋を着用しておきましょう。こうすれば衛生的で安全です。さもないと、意図せずにウサギに病気を移してしまうだけでなく、その他のウサギたちにも病気が感染してしまう恐れがあります。[5]
  4. 4
    自分一人でウサギを押さえる 自分一人でウサギを判別する場合には、まずウサギを仰向けにします。このために、人差し指をウサギの耳の間に置き、親指と別の三本の指で頭部の付根から掴みます。そしてもう片方の手でお尻を抱いて持ち上げましょう。
    • ウサギをひっくり返したら、頭部を支えている腕と自分の体の間にはさみ、お尻から手を離します。ウサギは片方の腕に収まるでしょう。
    • ウサギを座卓に寝かすことも可能です。優しくしっかりと押さえましょう。適度に低いテーブルを使用します。こうすれば万が一ウサギがテーブルから飛び降りて逃げようとしても、怪我を防げます。[6]

パート 2
性別を識別する

  1. 1
    生殖器部分を探す ウサギの性別を識別するためには、ウサギの外性器を探します。仰向けの状態で、脚の間の毛皮をかき分けます。自分で押さえるか、誰かに優しく押さえつけてもらっている間に、手で毛皮をかき分けます。
    • 激しく身をよじり始めるようであれば、話しかけたり撫でてみて、ウサギを落ち着かせましょう。作業中に怪我をさせないように注意します。[7]
  2. 2
    睾丸を探す 雄のウサギであれば睾丸があります。睾丸は体の外部に視認できます。睾丸は後ろ足の鼠径部の間に位置します。丸いボール状である犬の睾丸と比べて、ウサギの睾丸は長細い形状を持っています。 皮膚の下の各側面にて、魚雷のような形をした2つの膨らみを探してみましょう。その部分の毛は一般的に薄く、紫色をしています。
    • 陰嚢は毛皮に覆われている場合もあるので、この毛皮部分を水で湿らせてみれば、睾丸がはっきりと見えるでしょう。
    • 一般的に生後10週間が経過した後であれば、睾丸が見えるでしょう。これ以前の段階であれば、睾丸は非常に小さいため、はっきりと視認するのが困難です。しかし、ウサギの年齢に関係なく、陰茎よりは簡単に見つかります。
    • 十分に成熟した雄のウサギであれば、睾丸を見つけるのが非常に容易であるため、性別がすぐに判定できます。[8]
    • すぐに睾丸を見つけないと、ウサギは恐怖心から睾丸を腹部の間に引き込んでしまうため、目で見ることができなくなります。ウサギに話しかけたり、脇腹を撫でることで、リラックスさせましょう。その後もう一度挑戦してみます。もし見つけることができなければ、性別を判定する上で決定的な証拠にはなりません。その代わりに生殖口を探してみるとよいでしょう。[9]
  3. 3
    生殖口を探す ウサギに外陰部か陰茎があるかを確認する必要があります。これらを探すためには、後ろ足の間の毛皮を優しくかき分けて、小さく隆起した部分を探します。この開口部には、肛門や生殖口があります。もっとはっきりと見るために、いずれかの側にそっと力を入れてみます。そうすればこの部分が開き、見やすくなるでしょう。
    • 生殖口は尻尾から最も離れている部分です。指と親指で開口部のいずれかの側に軽く力を入れてみます。ウサギが雌であれば、I字形のスリット状構造が見えます。ウサギが雄であれば、一般的にO字形の丸みを帯びた構造が見えるはずです。
    • 尻尾に最も近い開口部は肛門です。これは雄雌双方に共通しています。注意深く見れば、肛門輪にて筋肉が痙攣しているので、それが肛門であることを確認できます。[10][11]
  4. 4
    再確認する 確実な証拠が欲しいような場合や、IOの区別がつかないような時には、再確認してみましょう。開口部の基部にそっと力をかけながら、ウサギの背中に向けて優しく押してみます。
    • 陰茎があれば、突出する場合もあります。陰茎は管状の構造であるため性別が明白になります。
    • 外陰部があれば、唇部分が花びらのような形でめくれる傾向があります。[12]
  5. 5
    身体的特徴だけを頼りにしない 身体的特徴だけでウサギの性別を区別できると言う人がいます。大人の雄ウサギはメスウサギよりも頭が大きいとは言え、これだけではウサギの性別を確実に判定できるとは言えません。残念なことに、大きさや形状といった外部的な身体的特徴は、性別間でそれほど異ならないため、ウサギの性別を判定する上であまり役立ちません。
    • ウサギの性別を確実に判別するには、必ず生殖器を確認しましょう。[13]
  6. 6
    確認のためにウサギを獣医に見せる ウサギの性別は一般的に自宅で確認できます。繁殖や別の目的のために、ウサギの性別をはっきりと知りたい時には、確認のためにウサギを動物病院に連れて行ってもよいでしょう。獣医師はウサギの性別を確実に判別できます。
    • ウサギを複数飼っているのであれば、同時に連れて行ってもよいでしょう。

出典

  1. Harcourt-Brown, Frances. Textbook of Rabbit Medicine. Butterworth-Heinemann, 2001.
  2. Harcourt-Brown, Frances. Textbook of Rabbit Medicine. Butterworth-Heinemann, 2001.
  3. Harcourt-Brown, Frances. Textbook of Rabbit Medicine. Butterworth-Heinemann, 2001.
  4. Harcourt-Brown, Frances. Textbook of Rabbit Medicine. Butterworth-Heinemann, 2001.
  5. http://www.pet-informed-veterinary-advice-online.com/sexing-rabbits.html
  6. http://www.pet-informed-veterinary-advice-online.com/sexing-rabbits.html
  7. http://www.pet-informed-veterinary-advice-online.com/sexing-rabbits.html
  8. Harcourt-Brown, Frances. Textbook of Rabbit Medicine. Butterworth-Heinemann, 2001.
  9. http://www.pet-informed-veterinary-advice-online.com/sexing-rabbits.html
続きを 表示する… (4)

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 (JA) Dr. Elliott is a veterinarian with over thirty years of experience. She graduated from the University of Glasgow in 1987, and worked as a veterinary surgeon for 7 years. Afterward, Dr. Elliott worked as a veterinarian at an animal clinic for over a decade.

カテゴリ: ペット

他言語版:

English: Determine the Sex of a Rabbit, Español: determinar el género de tu conejo, Italiano: Determinare il Sesso di un Coniglio, Português: Descobrir o Sexo de um Coelho, Русский: определить пол кролика, Deutsch: Das Geschlecht eines Kaninchens bestimmen, Français: déterminer le sexe d'un lapin, Bahasa Indonesia: Memastikan Jenis Kelamin Kelinci, Nederlands: Het geslacht van een konijn bepalen, العربية: تحديد جنس الأرنب, Tiếng Việt: Xác định giới tính của thỏ, ไทย: ดูเพศกระต่าย

このページは 22 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?