小さくて愛らしい動物といえば、ウサギです。以下に、ウサギの描き方をご紹介します。

方法 1 の 2:
リアルなウサギを描く

  1. 1
    丸を2個重なるように描きます。さらに、下側の丸の外側に大きな楕円形を描きます。
  2. 2
    上側の丸の側面に曲線で鼻を描きます。目や鼻、口の位置を決める目安として、顔にアタリを取りましょう。
  3. 3
    耳として、頭の上にアーモンド型を2個描きます。前足には、縦長の曲線を描きます。後足は太いので、丸と楕円形でアタリを取りましょう。また、尻尾の半円をお尻につけます。
  4. 4
    目とひげを加えます。顔と耳は、細かい斜線をつなげて描くと毛がフワフワして見えます。
  5. 5
    体の下描きにも同じく「フワフワ」テクニックを使いましょう。
  6. 6
    色を塗りましょう。
    広告

方法 2 の 2:
漫画調のウサギ

  1. 1
    小さな丸を描いて頭にします。これに大きな丸をつなげて体にします。目や鼻、口の位置を決める目安として、顔の中心で交わる線を縦横に引いてアタリを取りましょう。
  2. 2
    頭の下半分に小さな楕円形を2個描いて、頬にします。耳は、頭の左右に楕円形を2個突き出すように描きます。
  3. 3
    前足と後足のアタリを取ります。
  4. 4
    目に小さな丸を描き、鼻に逆三角形を描き、口と歯を加えます。
  5. 5
    ウサギの体の下描きを清書します。
  6. 6
    ひげを描き加え、四肢に2本ずつ線を入れます。
  7. 7
    色を塗りましょう。
    広告

必要なもの

  • 鉛筆
  • 鉛筆削り
  • 消しゴム
  • 色鉛筆、クレヨン、カラーマーカー、水彩絵の具

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む26人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,644回アクセスされました。
カテゴリ: 絵画・描画
このページは 3,644 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告