PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

コスプレ用のウサギ耳を自分の好きな形や大きさで作りましょう。仮装パーティーにうってつけなばかりか、ちょっとウサギ耳をつけたいときにも使えます。ウサギ耳を一番簡単に作るには、紙を使います。丈夫で長持ちするものがよければ、フェルトなどの布を使います。最低限必要なのは、耳を作る材料と頭につけるための材料です。

方法 1 の 4:
紙でウサギ耳を作る

  1. 1
    紙で頭囲を測りましょう。紙でウサギ耳の被り物を作るには、まず頭につける輪になる紙を用意します。頭の好きな位置(高さ)でA4またはA3サイズの紙を巻きましょう。[1] 額の真ん中が適切でしょう。
    • 紙の位置が高すぎると被り物が脱げやすくなり、低すぎると目の上にずり落ちることがあります。
    • 位置が決まったら、額の前で紙の両端が重なる位置にペンまたは鉛筆で印をつけましょう。
  2. 2
    頭にぴったり合うように、紙を切りましょう。印より2、3センチほど長めに切るとよいでしょう。紙を端から端まで切ったら、再度頭に巻いて寸法を確認しましょう。その寸法でよければ、紙を横に切って輪の幅を狭くしましょう。次に、紙の両端を接着剤やテープで貼り合わせます。
    • 輪が頭にぴったり合うよう貼るとき、誰かに手伝ってもらうとよいでしょう。
    • 輪の幅が狭いと目立ちませんが、破れやすくなります。
  3. 3
    ウサギ耳を2個切り抜きましょう。輪ができたら、次はウサギ耳が必要です。同じ大きさの耳を2個切り抜きましょう。型紙を使うか、紙を2枚重ねて一緒に切り抜きます。
    • 耳の寸法が決まったら、好きなように色を塗ったり、飾りをつけたりしましょう。
    • 典型的なウサギの耳は、外側が白く、中央がピンク色になっています。
  4. 4
    モールをウサギ耳と同じ長さに切りましょう。耳の裏面にモールを貼れば、形をつけられます。例えば、耳をまっすぐ立てて、てっぺんで少し曲げることもできます。モール2本をウサギ耳とほぼ同じ長さに切り、片耳に1本ずつつけましょう。[2]
    • モールは耳の裏面にテープや接着剤で固定します。
  5. 5
    輪に耳を貼りつけましょう。ウサギ耳を輪に貼りつけたら、完成です。耳を輪の表面でも裏面でも、好きな面に貼りつけましょう。接着剤、テープ、ホッチキスなどで固定します。
    • 輪の裏面に耳を貼ると、耳の一番下の部分が見えなくなります。
    • 接着剤を使用する場合は、よく乾燥させてから被りましょう。
    広告

方法 2 の 4:
カチューシャでウサギ耳を作る

  1. 1
    カチューシャを準備しましょう。紙の輪より少し丈夫なウサギ耳を作るには、普通のカチューシャやヘアバンドを使います。不要なカチューシャやヘアバンドを探しましょう。
  2. 2
    ウサギ耳の絵を描きましょう。A4サイズの紙2枚を用意します。1枚が耳1個分です。1枚を横半分に折りましょう。次に、折り目からウサギの耳を1個描きます。もう1枚も同様にします。必ず、折り目が耳の生え際になるように描きましょう。
    • 耳に飾りをつけたり、色を塗ったりしてもよいでしょう。
    • グリッターや接着剤を使用する場合は、よく乾燥させてから、次のステップに移りましょう。
    • 耳を大きくしたければ、A3サイズの紙を使いましょう。
  3. 3
    ウサギ耳を切り抜きましょう。次に、耳を切り抜きましょう。紙を半分に折ったまま、耳の絵に沿って、気をつけて切り抜きましょう。紙の下側の折り目を切り離さないようにします。切り離すと表と裏がバラバラになってしまいます。
    • 耳を切り抜くと、紙が2枚重なっているはずです。
    • 普通のウサギ耳の形が上向きに2枚、折り目でつながった状態です。
  4. 4
    ウサギ耳をカチューシャにつけましょう。耳でカチューシャを挟み、折り目をカチューシャの裏面に合わせましょう。こうすると、紙が折り目を挟んで耳の表と裏になります。ウサギ耳の表裏を接着剤で貼り合わせ、カチューシャに固定しましょう。
    • 耳の下側をカチューシャに貼りつければ、さらにしっかり固定できます。
    広告

方法 3 の 4:
紙皿でウサギ耳を作る

  1. 1
    紙皿を持ちましょう。紙皿1枚、ペン数本、はさみだけで、とても簡単にウサギ耳の被り物を作ることができます。最初に紙皿を探しましょう。台所にあるかもしれませんし、なければ店で容易に手に入ります。
  2. 2
    ウサギ耳の絵を描きましょう。紙皿の裏面を上にして置きます。皿のギザギザした縁の内側からペンで耳を2個描きましょう。紙皿の中央に描きます。耳の長さは、反対側の縁の内側約2センチまでにしましょう。[3]
    • 耳の絵が描けたら、飾りをつけたり、色を塗ったりしてもよいでしょう。
    • 耳の内側に線を描いてピンク色に塗ってみましょう。
  3. 3
    耳を切り抜きましょう。耳の絵に沿って、気をつけて切り抜きましょう。耳の生え際と紙皿の縁がつながっている部分を切り離さないようにしましょう。次に、皿のギザギザの縁に沿って切ります。こうすると、耳だけが皿の縁についている状態になります。[4]
    • ウサギ耳を上向きに折りましょう。
    • さあ、ウサギ耳の被り物を頭にかぶりましょう。
    広告

方法 4 の 4:
曲がるウサギ耳をフェルトで作る

  1. 1
    丈夫なカチューシャを準備しましょう。紙製より頑丈なウサギ耳を作りたければ、フェルトなどの布を使いましょう。このためには、耳をつける丈夫なカチューシャまたはヘアバンドが必要です。幅が広いものがよいでしょう。
  2. 2
    フェルトなどの布にウサギ耳の絵を描きましょう。カチューシャをフェルトの上に合わせて、直接フェルトに耳の絵を描きます。好きな形や色を選びましょう。
  3. 3
    工作用ワイヤーを捩じって形を作りましょう。太さ約1ミリのワイヤーの一方の端をカチューシャに取りつけ、今描いた耳の形に曲げましょう。ワイヤーは耳より約2センチ長くして、その部分に接着剤をつけます。ワイヤーを耳の形に曲げたら、端を切ってカチューシャに巻きつけましょう。[5]
    • もう一方の耳も同様にします。
    • ワイヤーで作った2個のウサギ耳の土台がカチューシャについた状態になります。
  4. 4
    ウサギ耳を切り抜きましょう。フェルトなどの布に描いた耳の絵に沿って、気をつけて切り抜きましょう。耳の表と裏が必要なので、1枚切ったものを型紙にして、もう1枚切り抜きましょう。[6]
    • 全部で4枚(2組)できるはずです。
    • 別の色の布を小さく切り抜いて、耳の内側に貼りつけてもよいでしょう。
    • それ以外のデザインでも、好きなように耳を飾りましょう。
  5. 5
    ワイヤーの耳を布で隠しましょう。布の耳の1枚を台に置き、上にワイヤーの耳を重ねましょう。形がぴったり合うはずですが、合わなければワイヤーを曲げて微調整しましょう。次に、下側の耳に接着剤をつけて、ワイヤーの上からもう1枚の耳を貼れば、ワイヤーが隠れます。[7]
    • 最初にワイヤーの内側に接着剤をつけて、貼るとよいでしょう。
    • 次に、布の縁に接着剤をつけて固定しましょう。
    • 接着剤が乾くまで待ちましょう。これで、好きな形に曲げられるウサギ耳の完成です。
    広告

必要なもの

  • ペン
  • はさみ
  • 接着剤またはテープ
  • フェルトなどの布
  • カチューシャまたはヘアバンド

関連記事

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
風船ガムを膨らませる
風船を膨らませる
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
アルミ風船を膨らませる
紙でじょうごや円錐を作る
息を長く止める息を長く止める
数独の問題を解く数独の問題を解く
プラスチックに塗装する
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
本革を柔らかくする本革を柔らかくする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,792回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 6,792 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告