エアマットレスを膨らませる方法

この記事には:ポンプで空気を入れるポンプなしで膨らませるマットレスの空気を抜く出典

キャンプのときや友人が泊まりに来た時、また単にくつろぎたいとき、エアマットレスが活躍します。簡易エアマットレスがあればどこでも心地よく眠れて、普段は小さく圧縮してあるため持ち運びしやすくて重宝します。マットレス対応のエアポンプ、または手元にある道具、どちらを使用するにしてもエアマットレスを膨らますには、単にマットレスに空気を入れればいいのです(そして、空気が逆流してくるのを防ぐのも忘れてはいけません)。

1
ポンプで空気を入れる

  1. 1
    バルブカバーを開ける ほとんどのエアマットレスにはワンウェイエアバルブ(簡単に空気をマットレスに送り込むことができ、空気が逆流しない)、もしくはシンプルなエアホールがマットレスの側面に付いています。まずは、それを探して保護キャップを外しましょう。キャップを外さないと、空気を入れることができません。
    • 最近のマットレスには、側面にポンプが装備されていているものがあります。ポンプの電源がコンセントもしくは電池なら、スイッチをオンにすればマットレスに空気が入り始めます。
  2. 2
    ポンプを差し込む 電気式、手動式どちらにしても次のステップは同じです。ポンプのノズルを穴もしくはバルブの開口部に挿入しましょう。ポンプ先端はバルブ周囲の素材と密着するようにします。密着させないとポンプから空気が漏れて、マットレスを完全に膨らませるのが困難になります。
    • ポンプの挿入部を密着できないときは(持っているマットレス専用ではないポンプを使用している等)、ポンプの先端にダクトテープを巻いて密着するようにしても良いでしょう。ただし、ポンプがかなり緩い場合は、この方法は効果がありません。別の選択肢として、ポンプの周りのプラスチックを溶かして厚くして密着させる方法がありますが、修理の初心者には困難でしょう。[1]
  3. 3
    自動のポンプの場合は、電源をオンにしましょう。最新式のマットレスは自動のエアポンプがすでに装備されているものがほとんどです。このタイプの場合、電源がコンセントを繋ぐのか電池なのかを確認してから電源を入れましょう。すぐにマットレスが膨らむはずです。
    • 電気式のポンプは音がうるさい場合が多いため、周りに寝ている人がいるときは十分注意しましょう。
  4. 4
    手動式ポンプで空気を入れる 古いエアマットレスを使用していたり、電気式ポンプを紛失して新しく買う必要がある場合、使用できるのは手動式しかないときもあるでしょう。電気式ほど時間や労力をかけずに空気を入れられるわけではありませんが、手動式ポンプはそれだけで独立して使用できるため、なかなか便利です。マットレスを膨らませる手動ポンプには主に下記の2種類があります。
    • ハンドポンプ:サイズは大きめが多く、スタンド式で上下運動により作動させます。ただし、手で押し出すタイプの自転車用のポンプも時々あります。
    • フットポンプ:フットペダルにホースとノズルが繋がっている形が多く、ペダルを繰り返し踏んでマットレスに空気を送り込みます。
  5. 5
    栓を閉める マットレスが完全に膨らんで、触ると固くなってきたら、ポンプを外してバルブ、もしくはエアホールのキャップを閉めて空気を閉じ込めます。これで準備完了です。シーツや毛布、枕を用意してくつろぎましょう。
    • ワンウェイバルブ付きのエアマットレスは自動で空気を中に閉じ込めますが、キャップを閉めて、2重構造で空気漏れを防ぐとさらに良いでしょう。一方、シンプルなエアホール(バルブがついていない)のマットレスは、ポンプを抜くとすぐに空気が出てくるため、素早くキャップを締めましょう。

2
ポンプなしで膨らませる

  1. 1
    ポンプがないときはヘアドライヤーを使用する マットレスを膨らませるポンプがなくても心配いりません。家庭にある道具を使用してうまく対処可能です。例えば、ヘアドライヤーをオンにしてバルブの開口部に押し当て、マットレスを膨らませることができます。ヘアドライヤーはマットレスの穴にぴったりとフィットしないため、ポンプと比べて膨らますのに時間がかかります。
    • 切り替えができる場合、熱風ではなく必ず冷風を使用しましょう。ほとんどのエアマットレスはプラスチックやビニールでできているため、熱で溶けたり変形したりすることがあります。
  2. 2
    掃除機を使用する 空気を吹き出す機能のある機械があれば、楽にエアマットレスを膨らませることができます。例えば、通常の吸い込み機能に加えて空気を吹き出すエアブロー機能を搭載した掃除機が役立ちます。他にも、スノーブロワーやリーフブロワー等の空気を吹き出すように設計されている機械も使用できるでしょう。こういった道具を使用する際は、ノズルやブロワーをエアホールやバルブに押し当ててマットレスを膨らませましょう。
    • 普通の家庭用掃除機を改造して、吸い込み機能を吹き出し機能にすることも可能です。ごみパックを外して、細長い掃除機のノズルを元々ごみパックが付いていた穴に繋ぎます。こうすると、空気がノズルから吹き出すため、マットレスの空気入れとして使用できます。[2]
  3. 3
    自転車用や自動車用ポンプを使用する 自転車や車で出かけた先でエアマットレスを使用する場合、手元にポンプがあっても、あることさえ気付いていないこともあります。自転車用や自動車用空気入れはエアマットレスを膨らませるのにも役立ちます。ただし、空気入れのノズルは密着させるのが難しいことがあり、適切なアダプターノズルを使用したり、何かを挟んでポンプのノズルを大きくしてエアマットレスにフィットさせる必要があるでしょう。
  4. 4
    ゴミ袋を使用する よくあるビニールのゴミ袋でエアマットレスを膨らませることができると知っている人は少ないでしょう。袋の口を開けて上下に振り回し、空気をたっぷり入れて口を閉めて中に空気を閉じ込めます。これをエアマットレスのエアホールに押し当てます。袋を絞って空気を押し出し、マットレスに入れます(袋を寝かせてゆっくりとのしかかるようにするとうまくいくでしょう)。これを必要に応じて繰り返しましょう。
    • 弱い袋は体重をかけると破れやすいため、手元にある場合は頑丈なゴミ袋を使用してこの方法を試すと良いでしょう。
  5. 5
    他がすべてダメなら息で膨らませる 上記の道具が何もない場合は、息を深く吸って昔ながらの方法でエアマットレスを膨らませましょう。せっけんや消毒剤でマットレスのエアホールをきれいにしたら、口を付けて息を吐きます。マットレスが硬く膨らむまで繰り返します。息を吹き込むこの方法は、時間がかかるでしょう。
    • ワンウェイバルブがないタイプのマットレスの場合、エアホールから口を離さずに、また息継ぎの間に空気が逃げないように喉を閉める必要があります。口からではなく鼻から空気を吸い込んで肺を膨らませると良いでしょう。

3
マットレスの空気を抜く

  1. 1
    バルブカバーを開ける エアマットレスを使った後に仕舞いたいときは、まずエアホールカバーを外します。バルブなしのマットレスの場合、すぐに空気が抜け始めるでしょう。ただし、より複雑なモデルには少し手間が必要です。マットレスからすぐに空気が抜けだしてこないときは、下記を試してみましょう。[3]
    • 排気スイッチがないか探す
    • バルブの排気機構を回して空気を逃がす
    • マットレスからバルブ自体を外す
  2. 2
    マットレスを折ったり巻いたりして空気を押し出す 空気が抜けていくと、最終的にほとんど出きった状態で止まります。空気を全て出すには、エアホールの反対側からマットレスを折ったり巻いたりして、前方に進んでいきます。こうすると、空気が完全に抜けたときにマットレスが最小のサイズになります。
    • マットレスから完全に空気を出し切るには、歯磨き粉をチューブから出すときのように、小さくしっかりときつく畳んだり巻いたりしましょう。
  3. 3
    掃除機を使用して素早く済ませる 空気を抜く工程を早く終わらせたいときは、掃除機を使用して中の空気を素早く抜きましょう。普通の家庭用掃除機や吸い込む機能を備えた機械を使用します。エアホールを開けて、空気が抜け始めるのを待ち、掃除機のホースやノズルをエアホールに当てて空気を抜く作業をスピードアップさせましょう。

ポイント

  • ヘアドライヤーやブロワーを使用する際は、繫ぎ目を手で覆って空気が入らないようにすると上手くいくでしょう。

注意事項

  • 自力でマットレスを膨らませる場合は、気絶しないように注意しましょう。目がちかちかしたり、クラクラしてきたら息を吹き込むのを少し止めて、体制を立て直しましょう。
  • ヘアドライヤーで熱風を使用するとエアマットレスが溶けたり歪んだりする場合があります。可能なら冷風を使用しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む22人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Inflate an Air Mattress, Español: inflar un colchón de aire, Italiano: Gonfiare un Materasso ad Aria, Русский: надуть матрас, Português: Encher um Colchão de Ar, Deutsch: Pumpe eine Luftmatratze auf, Bahasa Indonesia: Meniup Kasur Angin, Nederlands: Een luchtbed oppompen, Français: gonfler un matelas pneumatique, العربية: نفخ مرتبة هوائية, हिन्दी: एक एयर मेट्रेस (air mattress) में हवा भरें

このページは 78 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?