エアーベッドがしぼんでしまったら、決して快眠は得られません。しかし、エアーベッドから空気が漏れていても、捨てる必要はありません。家庭にある物や安価な修理キットを使い、簡単に空気が漏れている箇所を特定し、穴を塞ぐことができます。

方法 1 の 3:
空気漏れを探す

  1. 1
    エアーベッド内の空気は自然に減少します。ベッドカバーを外して穴を探す前に、ベッド内の空気は少しずつ減っていくことを覚えておきましょう。空気漏れをしていようがいまいが、いずれは空気を入れなおす必要があります。
    • 冷たい空気はエアーベッドを収縮させます。夜に室内の温度が低下するにつれ、ベッドが多少しぼむ場合があります。小型ヒーターをベッド付近に置くと、この問題を解消できます。[1]
    • 購入直後のエアーベッドは、「伸びる」必要があります。最初の数回は、空気を入れた直後に柔らかく感じても心配はいりません。すぐに正常の硬さになります。
  2. 2
    エアーベッドに空気を充満させて漏れを調べます。空気を満たした数分後に著しく空気が抜ける場合は、空気漏れの可能性があります。空気を入れた後、ベッドの上に座ってみます。体重がかかっても、空気漏れがなければ3~5 cm以上沈むことはありません。
    • それでも空気漏れの確信が持てない場合は、ベッドに厚い本などを乗せて重みを加え、一晩様子を見ましょう。翌朝、空気がかなり抜けているようであれば、空気漏れが発生しています。[2]
    • エアーベッドに空気を入れたまま漏れを探しましょう。ベッドが柔らかくなってきたと感じたら、再度漏れを探す前にベッドに空気を入れます。ベッド内の空気圧が高いほど、空気漏れの勢いが増すため、見つけやすくなります。[3]
  3. 3
    バルブからの空気漏れを調べます。バルブに手をかざし、空気が漏れていないかを確認します。プラグのような形をしたバルブは、通常エアーポンプの横にあり、バルブを外すと素早くベッドの空気を抜くことができます。あいにく、バルブは家庭での修理が難しい部品です。
    • バルブが壊れていたり、バルブから空気が漏れている場合は、メーカーに問い合わせて新しいバルブを注文しましょう。
  4. 4
    静かな広い部屋でエアーベッドを立て掛け、空気漏れを調べます。大抵の場合、ベッドの下に誤って物を置いてしまい、エアーベッドの裏面に穴が空いて空気漏れが発生します。ベッドに空気を十分に入れ、ベッドを立て掛けて裏面を調べます。空気漏れを調べるために、ベッドをひっくり返したり、回転させたりする十分な広さが必要です。
  5. 5
    耳をベッドから5~8 cmほど離し、空気が抜ける音を確かめます。空気漏れの音を聞き逃さないようにベッドに耳を近づけて、耳を全体にゆっくりと動かします。空気が漏れている箇所から、シューシューといった音が聞こえるはずです。
    • ベッドの裏面から調べ、漏れが見つからなければ、側面と表面を調べましょう。
  6. 6
    何も見つからなければ、手の甲を水で濡らし、上記の手順を繰り返します。ベッドから漏れた空気が手についた水を素早く蒸発させるため、手が冷たく感じます。濡らした手をベッドから5~8 cmほど離し、ベッド全体に手をかざして空気漏れを調べましょう。
    • 唇を舐めて空気漏れを調べる手もあります。唇は体のなかで最も敏感な部分のひとつです。[4]
  7. 7
    それでも空気漏れが見つからない場合は、洗剤液の泡を使って調べます。エアーベッドのメーカーは、カビの原因となるためこの方法を推奨しない場合がありますが、洗剤液を使うと空気漏れを効果的に見つけることができます。この方法は、シャボン玉の原理と同じで、ベッドが薄く塗った洗剤液を穴から「吹く」ことで、漏れの箇所を特定できます。[5]以下の要領で調べましょう。
    • 小さなバケツに水を満たし、液体食器用洗剤を数滴(小さじ1杯)加えます。
    • 洗剤液を含ませたスポンジで、ベッドの表面をゆっくり拭います。
    • バルブの周辺、継ぎ目、裏面、表面の順に調べましょう。
    • 泡が立っていたら、そこから空気が漏れています。[6]
    • 調べ終わったら、清潔なスポンジで洗剤液を拭き取りましょう。
  8. 8
    空気漏れの箇所にペンで印をつけます。ベッドに空気が入っていない状態では、漏れを見つけるのはほとんど不可能です。簡単に修理ができるように、漏れている箇所に印をつけておきましょう。
    • 洗剤液を使って調べた場合は、空気漏れの箇所をタオルで拭いて素早く乾かし、印をつけましょう。
  9. 9
    ベッドから空気を抜いて完全に乾かします。空気漏れの箇所を特定して印をつけたら、ベッドから空気を完全に抜きます。洗剤液を使って空気漏れを調べた場合は、ベッドをタオルで拭いた後、日光に当てて最低1~2時間乾かし、次の作業に進みます。
    広告

方法 2 の 3:
修理キットを使う

  1. 1
    修理キットを購入します。アウトドアショップのキャンプ用品売り場やインターネットで、修理キットを購入できます。安価で小型の修理キットには、接着剤、サンドペーパー、パッチが含まれており、テント、自転車のタイヤ、エアーベッドなどの修理に使えます。差し迫った状況で穴が小さい場合は、自転車のタイヤチューブの修理に使うパッチを使う手もあります。
    • サーマレスト リペアキット(Thermarest Repair Kit)や、ティアエイド(Tear-Aid)などのエアーベッド用の修理キットも、インターネットで販売されています。
    • 修理キットがプラスチックやビニールに適しているかを確認しましょう。[7]
  2. 2
    ベッドの空気を完全に抜きます。パッチの下に空気が入り、接着剤を無駄にしないように、ベッドの空気をすべて抜いてから作業を始めましょう。
  3. 3
    穴の近くの柔らかいフェルト部分を、サンドペーパーで擦り取ります。穴がベッドの表面にある場合は、パッチをしっかりと接着させるために、フェルト部分を除去する必要があります。ワイヤーブラシまたはサンドペーパーで軽く擦ってフェルトを取り除き、穴の周りのビニール部分を露出させます。
    • エアーベッドのメーカーはこの柔らかい起毛加工を、「フロック加工」と呼んでいます。
  4. 4
    空気漏れの穴付近を掃除して乾かします。洗剤液または少量のイソプロピルアルコールを使い、穴付近のホコリや汚れを拭き取ります。完全に乾かしてから次の作業に進みましょう。[8]
  5. 5
    穴の約1.5倍の大きさのパッチを切り取ります。穴を塞ぐのに十分な大きさにするために、穴より1 cm以上大きい周囲でパッチを切り取ります。パッチが予めカットされている場合は、穴の周囲より1~2 cm大きいパッチを使いましょう。
  6. 6
    メーカーの取扱説明書に従ってパッチを貼ります。パッチはステッカーの要領で貼るか、特別な接着剤を使って貼り付けます。どちらにしても、説明書に従ってパッチの表面がなめらかになるように貼りましょう。やり直そうとしてパッチを剥がしてはいけません。穴が完全に塞がっていれば問題ありません。パッチを剥がして再び貼ると、粘着力が弱まります。
  7. 7
    パッチを均等な力でしっかりと押さえつけます。パッチを貼ったら、30秒以上押さえてしっかりと接着させます。手のひらの付け根部分を使い、パッチを押しましょう。または、麺棒を使ってパッチをベッドに密着させてもよいでしょう。
  8. 8
    2~3時間おいて接着剤を乾燥させます。パッチの上に平らで重い物体を載せ、圧力をかけると効果的です。接着剤が乾燥するまで、ベッドに空気を入れてはいけません。
  9. 9
    ベッドに空気を入れて漏れを確認します。パッチに耳を近づけ、空気漏れの音がしないかを確かめましょう。ベッドをすぐに使わない場合は、空気を入れたまま一晩おき、翌朝に空気が漏れていないかを確認しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
修理キットを使わずに空気漏れを補修する

  1. 1
    独自に修理をした場合は、メーカーの保証が無効になる場合があります。修理キットを使うか、そうでなければメーカーに送り返して修理を依頼することを求めるメーカーもあります。独自の修理も効果的ですが、ベッドの保証を失う場合もあるため注意が必要です。
    • ガムテープで一時的な補修ができます。短時間であればガムテープで空気漏れを防ぐことができますが、ガムテープはビニールには長時間接着しません。ガムテ―プはやがて乾燥して剥がれてしまいます。
    • 穴の補修にホットグルーを使ってはいけません。ホットグルーは大抵の場合、エア―ベッドを溶かし、穴がさらに拡大します。
  2. 2
    穴がベッドの表面にある場合は、柔らかいフェルト部分をサンドペーパーで擦り取ります。起毛加工は心地の良いものですが、パッチが穴を完全に塞ぐのを妨げるため、そのままではパッチを貼ってもすぐに剥がれてしまいます。ワイヤーブラシまたはサンドペーパーで軽く擦り、穴の周りのビニール部分が現れるまでフェルトを擦り取りましょう。[9]
  3. 3
    シャワーカーテンなどの薄く柔軟なビニールを四角く切り取ります。市販のパッチが手元にない場合は、家庭にある物でパッチを代用できます。タープやシャワーカーテンが適しており、簡単に好みの大きさに切り取ることができます。[10]
    • 穴を覆うのに十分な大きさに切り取りましょう。穴より周囲が最低1 cm大きなパッチが必要です。
  4. 4
    手作りパッチを強力な接着剤で貼り付けます。パッチの大きさに合わせて、たっぷりの接着剤で穴を覆います。ここで、子供が使うクラフト用の接着剤を使ってはいけません。パッチを接着させるには、確かな接着力のあるアロンアルファやゴリラグルーなどの強力接着剤が必要です。[11]
  5. 5
    パッチを接着剤に押し当てます。強く均等な力でパッチを接着剤に押さえつけます。パッチを指で均一にならし、パッチからはみ出た余分な接着剤をやさしく拭き取ります。
  6. 6
    パッチの上に重い物体を載せ、6~8時間おきます。数冊の重い本やウエイトなどの重量のある物体をパッチの上に載せ、圧力をかけながら乾燥させます。6~8時間で、パッチはしっかりとベッドに接着されているはずです。
    広告

ポイント

  • ベッドの継ぎ目、膨らんでいる部分、ポンプ付近の裂けたビニールなど、空気漏れが発生しやすい箇所から調べましょう。
  • この修理方法は、継ぎ目付近の補修にも使えますが、通常パッチをぴったりと当てるのは平面部分に比べると困難です。形に合うようにパッチを切り取り、十分な量の接着剤を使いましょう。

広告

必要なもの

  • スプレーボトル
  • 洗剤および水
  • マーカーペン
  • 修理キット
  • サンドペーパー

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

カタツムリを駆除する

How to

台所のアリを駆除する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒューズをチェックする

How to

ツタを取り除く

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

池の藻を除去する

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

切り株を除去する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は64,204回アクセスされました。
このページは 64,204 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告