エプソム塩を下剤として服用する方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:エプソム塩を便秘薬として服用するエプソム塩が適さない状況を理解する便秘を理解する13 出典

便秘になると不快で気分も優れません。便秘は誰もが経験しますが、たいていの場合、短期間で深刻ではありません。エプソム塩等を下剤として扱い便秘と戦うという方法もあります。エプソム塩は様々な塩が混ぜ合わさって構成されていて、その中でもマグネシウムと硫酸縁が主要な成分となっています。米国の食品医薬品局(FDA)は不定期の便秘に対してエプソム塩を経口服用することを承認しています。[1]

パート 1
エプソム塩を便秘薬として服用する

  1. 1
    適したエプソム塩を購入する エプソム塩には様々な種類があります。必ずマグネシウムと硫酸塩が主要成分として含まれているタイプの製品を購入するようにしましょう。それ以外の主要成分で構成されているものは買わないようにしましょう。誤った種類のエプソム塩を使用すると体に有害です。
    • Epsoakブランド等を試してみましょう。[2]
  2. 2
    水を温める まず240ミリリットル程度の水を鍋に注ぎ、中火にかけましょう。沸騰させる必要はありません。室温程度に温めましょう。
    • 数分かかるでしょう。[3]
  3. 3
    塩を加える 成人の場合は小さじすりきり2~4杯分のエプソム塩を温めた水の中に加えましょう。弱火にかけた状態で、塩が完全に溶けるまでかき混ぜます。塩の味が気になる場合は、レモン果汁を少量加えて味を改善しましょう。[4]
    • 電子レンジで温めた水にエプソム塩を加えても良いでしょう。
  4. 4
    液体を飲む 鍋を火からおろし、マグカップやコップに注いで飲みやすい温度に下がるまで待ちましょう。温かさが残りつつも飲める温度になったら、コップ1杯を基準に飲み干します。[5]
  5. 5
    1日2回飲む 混合液は1日2回まで飲用することができます。1回につきコップ1杯の量を少なくとも4時間の間隔を空けて飲みましょう。最大4日間までは続けても良いでしょう。それでも症状に改善が見られず、依然として便秘に悩まされている場合は医師に相談しましょう。
    • 一般的に、エプソム塩の下剤としての効果は飲用後30分から6時間で現れます。予期せぬ事態にならないよう、この間はトイレに簡単に行けるような状態を確保しておきましょう。
    • 12歳未満の子供にエプソム塩を飲ませる場合、混ぜ合わせる量を小さじすりきり1~2杯に減らした方が良いかもしれません。[6][7] この混合液を6歳未満の子供に与えてはいけません。下剤としてエプソム塩を安全かどうか、この年齢層ではまだ確認がされていません。[8]
  6. 6
    たっぷりと水分を摂る エプソム塩を下剤として飲用した際は、いつも以上の水分補給を行いましょう。混合液が水分不足の状態を引き起こす可能性もあるので、摂取する水分を増やして健康的な状態を維持しましょう。
    • 水分量を増やすことで腸の動きが活性化することもあり、複数のメリットを期待することができます。 [9]

パート 2
エプソム塩が適さない状況を理解する

  1. 1
    特定の症状がみられるときはエプソム塩は使わない 便秘は他の何らかの事情によって引き起こされていることもあります。便秘以外の症状も出ていている時はエプソム塩に限らず、便秘薬全般のの服用を避け、医師の診断を受けましょう。
    • 深刻な腹痛、吐き気、嘔吐が起きている、2週間以上続いていた排便習慣が突然変化した、あるいは直腸出血や、排泄物の色が濃くタール状になったといった症状がみられる場合は、絶対にエプソム塩を下剤として飲用しないようにしましょう。
  2. 2
    特定の薬を服用している時はエプソム塩を使わない エプソム塩と併用ができない薬があります。例えば、トブラマイシン、ゲンタマイシン、カナマイシン、ネオマイシン、アミカシンといった抗生物質を服用している人はエプソム塩の下剤としての服用はやめておきましょう。
    • コルチコステロイド、血圧を調整する薬、利尿薬、鎮痛剤、制酸剤、抗うつ剤を現在服用している人は、エプソム塩を下剤として飲用する前に医師に相談しましょう。
  3. 3
    特定の持病を抱えている場合は医師に相談する エプソム塩を引用すると症状が悪化する疾病もあります。たとえば腎臓の病気、糖尿病、高血圧、心臓不整脈、または摂食障害を抱えている人は、事前に医師に相談しましょう。
    • 妊娠中あるいは授乳中の人もエプソム塩を使用する前に医師に相談しましょう。
    • また、エプソム塩以外の下剤を過去2週間継続して試し何も効果がみられなかったという場合も医師の診断を受けましょう。[10]

パート 3
便秘を理解する

  1. 1
    便秘の症状を認識する 便秘とは排便が困難だったり不快になっている状態を意味しています。排便回数や量の低下、排泄がスムーズでない、腹部に痛みや膨張感があるといった症状が特に一般的です。
    • 便秘が慢性的あるいは長期間続いている場合は、事態は深刻かもしれないので医師の診断を受けるようにしましょう。[11]
  2. 2
    便秘の原因を探る 最も一般的な便秘の原因に、食生活で食物繊維や水分摂取量が足りないという点が挙げられます。また運動不足や医薬品の副作用ということも考えられます。副作用として便秘が生じる薬の例として制酸剤、利尿薬、麻薬性鎮痛剤、筋弛緩剤があります。また、骨盤の異常や、過敏性腸症候群(下痢と便秘の両方が起きる)によって引き起こされている場合もあります。
    • 糖尿病、甲状腺機能の低下、炎症性大腸炎、神経障害を含むその他の様々な深刻な疾病の症状として便秘が起きている可能性もあるということを忘れないようにしましょう。
    • その他にも、旅行中、腸を活性化させるための時間が確保できなくなった、といった日常習慣の変化によって便秘が起こることもあります。これは毎日多忙な人、パートナーや恋人、子供、高齢となった家族の世話に追われている人に特に多くみられます。[12]
  3. 3
    排便の習慣に注意する 排便回数に決まりは基本的にありません。毎日排便ができていれば特に何も心配しないという考えが最も一般的でしょう。ただし「普通」の排泄活動の意味には個人差もあります。1日に2~3回排便をするという人もいても、自然な排泄活動の範囲内です。1日おきというペースの人もいます。その人にとっては、これが普通の状態です。
    • 1週間で4~8回が正常な排便とされています。重要なのは食事と心地よさです。排便が活発な人ほど食物繊維が豊富に含まれた食事を心がけていて、ベジタリアン(菜食主義)やヴィーガン(絶対菜食主義)である傾向があります。排便回数が低い人ほど、肉の多い食生活を送っています。[13]

注意事項

  • 浣腸剤としてエプソム塩を絶対に使わないようにしましょう。このような方法でエプソム塩を投与するのは危険です。

記事の情報

この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州在住の内科医です。マツコ医師は2007年にテンプル大学医学部から医学博士号を授与されています。

他言語版:

English: Use Epsom Salt as a Laxative, Español: utilizar la sal de Epsom como laxante, Deutsch: Bittersalz als Abführmittel nutzen, Italiano: Usare il Sale Inglese come Lassativo, Русский: пользоваться английской солью в качестве слабительного, Português: Usar Sal Epsom Como um Laxante, Français: utiliser le sel d'Epsom comme laxatif, Bahasa Indonesia: Menggunakan Garam Epsom sebagai Laksatif, Tiếng Việt: Dùng Muối Epsom làm Thuốc nhuận tràng, ไทย: ใช้ดีเกลือเป็นยาระบาย, العربية: استخدام الملح الانجليزي كمُلَيّن, 한국어: 엡솜염을 완하제로 사용하는 법, 中文: 用泻盐治疗便秘, Nederlands: Epsomzout als laxeermiddel gebruiken

このページは 50 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?