PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

オオカミは強く危険な捕食動物です。人間に対して攻撃的になることは一般的にはないものの、オオカミの縄張りで万が一遭遇してしまった時を想定して備えをしていても損をすることはないでしょう。また、オオカミに襲われても逃げてはいけません。目を合わせ、自分を大きく見せ、大きな音を発して威嚇しましょう。そして、できる限り急いで安全な場所に避難しましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
襲撃から逃れる

  1. 1
    オオカミが目撃された場所には行かない オオカミに見つからないようにしましょう。オオカミよりも先に自分が気づいたときは、静かにその場を去りましょう。油断は禁物です。1匹いれば、周辺にさらに複数のオオカミがいるはずです。1匹で行動することもありますが、ほとんどの場合、群れで狩りをしています。
  2. 2
    オオカミに見つかった時は、ゆっくりと後ずさる 目は逸らさず、背中を向けないことが鉄則です。逃げる時は、オオカミに背を向けないようにしましょう。背中を見せるとオオカミの捕食動物としての本能が刺激されます。ゆっくりと後ずさりながら距離を広げていきましょう。
  3. 3
    走らない 森の中では特に、オオカミのほうがが速いので走らないようにしましょう。また、走ることでオオカミも捕食者として本能的に動きます。その時まで追いかけられていなかったとしても、あなたが走り出すことで追い始めるる可能性も高いでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
襲撃に反応する

  1. 1
    オオカミが近づいてきた時は大きな音をたてながら攻撃的に反応する オオカミに近づき、大きな音を出し、叫び、手をたたきましょう。ゆっくりと後ずさります。攻撃的に行動し、常に音を出し続けましょう。視線を逸らせず、背中を向けないようにしましょう。[1]
    • オオカミと戦うのは他に手だてがない時の最後の手段です。オオカミは強く賢い動物で、顎の力が強く、殺人本能も発達しています。1匹だけが相手なのであれば生存できる可能性もありますが、複数のオオカミに1人で対峙するのは、かなり危険でしょう。[2]
    • 深く呼吸し落ち着きましょう。オオカミは相手の恐怖を感じとります。あなたがパニックに陥って体が動かなくなったり、逆に走って逃げようとすると、戦って生き延びることが難しくなります。
  2. 2
    反撃する オオカミの襲撃を受けた時は、枝、石、クマ撃退スプレー、空気警報器といった手元にある道具を武器にして身を守りましょう。[3] 身を守りやすい姿勢になりましょう。例えば、太い木の幹や大きな岩を背にして立てば、敵に背後を取られることがありません。
    • 周辺の景色にとけこむ方法や胎位の姿勢になる方法はとらないようにしましょう。オオカミの襲撃を止めることはできません。威嚇し、太刀打ちできないような脅威だということを示さなければ、攻撃を仕掛けているオオカミを追い払うことはできないでしょう。
  3. 3
    警戒を怠らない オオカミを追い払うことができたとしても、落ち着いて迅速に安全な場所へ避難することが大切です。木や岩といった高所に昇りましょう。近くに車や建物があれば中に入りましょう。[4]
    • まだ気を抜いてはいけません。オオカミが周辺(あるいはキャンプ地の近く)に隠れて機会をうかがっているいる可能性もあります。かなり腹を空かせているオオカミならば、もう一度攻撃を仕掛けてくるかもしれません。
  4. 4
    集団になる 団体で行動していた時にオオカミの襲撃を受けた時は、子供や怪我人を中心に囲うようにして守りましょう。群れになった獲物を攻撃する時、オオカミは弱点(子供、年寄り、病人など)を狙います。何があっても集団のまま行動しましょう。隙をつかれることがないよう、必ずすべての方角に見張りをつけましょう。
    • 獲物の集団を見つけたオオカミは弱点を見つけて狙おうとします。集団に含まれる全員を獲物とみなして観察します。子供は最も小さく、最も弱いので特に狙われやすいでしょう。オオカミが人間を襲う時、かなり高い頻度で子供が狙われます。[5]
    • これはホッキョクオオカミが雄牛を狩る時に用いる方法です。遠くから群れを観察し、大人の雄牛が気をそらし群れに隙が生まれるのを待ちます。その瞬間を逃さずに群れの内側に侵入し、中心で守られている弱い雄牛を襲います。
  5. 5
    犬から目を離さない 犬を連れてオオカミの縄張りでハイキングをする際は、犬から目を離さないようにしましょう。犬の糞は放置せず、なるべく排尿やマーキングをさせないようにしましょう。排泄物はオオカミを引き寄せ、犬を侵入者だとみなすでしょう。オオカミと飼い犬のどちらも排泄物を使って(あるいは爪とぎや臭いを体にこすりつけたりすることで)自分の縄張りを示そうとする習性があります。自分の縄張りが侵害されていると感じたら、オオカミは飼い犬を襲うかもしれません。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
安全にキャンプする

  1. 1
    火を起こす キャンプ地の周辺をオオカミが徘徊している時は、煙の上がる焚火を利用して、オオカミを遠ざけておきましょう。緑色の葉や湿った薪を使い、できる限り煙を出しましょう。煙が出ている燃えさしがある場合は、木の近くに置いたり、複数の木々の間に分散させて配置しましょう。 枝に樹液や樹脂をつけ、火をつけます。オオカミの方向に煙を漂わせましょう。
    • オオカミは炎と煙を嫌います。身の危険を感じるためです。子オオカミが群れに含まれている場合は(春先の繁殖期に多く見られます)、火によって子供の安全が脅かされるとメスが判断し、別の巣穴に移動することもあります。
  2. 2
    身を守るための避難場所を作る 枝、石、鋭い棒といったものを使って自分の周りにバリケードを作りましょう。しっかりと作られていれば、オオカミの侵入を防ぐことができるかもしれません。ただし、いずれにしても臭いや音で存在が気づかれるということを覚えておきましょう。
  3. 3
    大きな音をたてる オオカミは縄張りを主張するために遠吠えをします。つまり、人間も大きな音をたてれば縄張りを主張していると思い込ませることができるかもしれません。集団で行動していたのであれば、一緒に歌ったり、大声を出してみましょう。できる限り騒がしく、そして強い音を発することがポイントです。
    • オオカミの遠吠えを真似るのはやめましょう。逆にオオカミを引き寄せる可能性があります。1匹で行動しているオオカミは、群れ仲間の場所を確認するために遠吠えをします。また、人間が遠吠えを真似るとその場所にオオカミが走って向かってくることも知られています。[6]
    広告

ポイント

  • 1匹で行動しているオオカミが人間を真っ向から襲うことは稀です。両腕を広げ、上着をバタバタと動かし、手に何かを持つなどして自分をできる限り大きく、恐ろしい存在であるかのように見せつけましょう。オオカミは生まれつき人間を恐れています。
  • オオカミが襲いかかろうとしている時は、走って逃げないようにしましょう。逃げる獲物を追うのがオオカミの習性です。逃げても、こうした狩りの本能を刺激してしまうだけでしょう。
  • オオカミの生息地へ出かける前にオオカミについて調べておくと良いでしょう。知識が豊富であるほど、生存できる確率が高まります。
  • オオカミは子オオカミを必死に守ろうとします。また、よそ者に子供が触れられることを好みません。(場合によっては、そのまま置いていくこともあります。)子オオカミに遭遇しても、そっとしておきましょう。
  • 飼いならされた犬のようにオオカミを扱わないよう注意しましょう。オオカミの噛む力は1平方センチメートルあたり、約113キロです。犬に噛まれた時のも何倍も痛むでしょう。
  • 冬から春の季節に、居住している地域でオオカミを見かけた場合、独り立ちしたばかりの若いオオカミである可能性が高いでしょう。こうしたオオカミは、まだ人間について何も知りません。好奇心を持たれるかもしれませんが、これは自然なことです。街なかに入り込んで大きな問題にならないよう、怖がらせて追い払っておくのが賢明でしょう。
  • オオカミから視線をそらさないことは大切ですが、絶対に目を覗き込まないようにしましょう。余計攻撃的になります。
  • 集団で行動しましょう。1人でいる時よりも身を守って生き延びられる可能性があります。
  • 捕食動物の多くがそうであるように、オオカミも獲物を確保することよりも自分の身の安全を優先します。あなたが危険な存在で、このまま襲っても自分の身を危険にさらすかもしれないとオオカミが判断すれば立ち去るでしょう。
  • 歩いていて眠っているオオカミを見かけた時は、ゆっくりと静かに、もと来た道を戻りましょう。絶対に近づかないようにしましょう。攻撃されたり噛まれる恐れがあります。オオカミは野生動物です。野生動物の行動は予測不可能です。
広告

注意事項

  • オオカミは1匹でも群れだとしても、走って逃げようとするのは禁物です。集団でその場で踏ん張り、子供を中央に隠して守りましょう。石を投げつけ、大きな音を発し、相手をできる限り威嚇しましょう。オオカミの5匹に1匹は、獲物が自分の立場を堅持する時、収穫がないまま狩りを終えます。
  • 「群れの強さがオオカミであり、オオカミの強さが群れである」という有名な言葉もあります。オオカミの群れが相手ではこちらが劣勢となり、追い払うことは難しいかもしれません。群れが大きければ尚のこと難しいでしょう。オオカミの群れは6匹までが一般的ですが、イエローストーンといった特定の生息地では最大30匹の大きな群れを形成していることもあります。
  • オオカミの生息地でのハイキングやキャンプの最中は子供たちだけで行動させないようにしましょう。子供は小さく力も弱いのでオオカミの前では無力です。また、危険を察知できないかもしれません。
  • オオカミに噛まれた時は救急車を呼び、すぐに病院へ向かいましょう。自分から挑発しない限り噛まれることはないと思われますが、全くないとは言い切れません。噛まれた場合は念のため狂犬病のワクチン、あるいはその効能促進剤を摂取する必要があります。
  • オオカミに食べ物を与えないようにしましょう。餌を与えると人間に慣れてしまい、人間に対する警戒が弱まり、行動が大胆になっていきます。手から直接餌を与えられたオオカミは、人間を恐れなくなるので、襲う可能性が高まります。[7]
広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
鶏の性別を見分ける鶏の性別を見分ける
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む69人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 452 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告