PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

オクラは健康的で低カロリーの野菜で、カリブ海料理、クレオール料理(複数の食文化が混合して形成された独特の料理スタイル)、ケイジャン料理、インド料理、南部料理などによく使われます。オクラの調理法は数多くありあますが、茹でるのが最も簡単な方法の1つです。一方で、オクラは茹ですぎると粘り気が出る場合があるため、フォークが刺さる程度に柔らかくなったらすぐに火を止めることが重要です。沸騰している湯にリンゴ酢を加えると粘り気を抑えることができます。調理済みのオクラに塩、胡椒、バターを少々加えれば、次の食事の副菜としておいしく食べられるでしょう。

材料

4人分

  • 水、2L弱
  • オクラ、約450g
  • 塩、小さじ1杯(5g強)
  • 味付け用の黒胡椒
  • リンゴ酢、60mL弱
  • バター、60g弱

パート 1 の 3:
オクラの下準備をする

  1. 1
    オクラをすすいで余分な部分を切る シンクで冷水を出してオクラを優しく洗い流し、表面の汚れやゴミ屑などを全て落としましょう。清潔なキッチンタオルで軽く拭いて乾かし、切れ味のよい包丁で茎を1cm程度切り落としましょう。[1]
  2. 2
    オクラを大きい鍋に入れ、水を入れる オクラを鍋に入れた時に3/4を超えない大きさの鍋を使用します。丁度オクラが浸る程度の冷水を鍋に入れましょう。[2]
    • オクラを茹でるには、容量が3L程度の鍋が適しています。
  3. 3
    水に塩を入れる 茹でたオクラができるだけ風味豊かになるように、水を沸騰させる前に塩で味付けをすることが重要です。水に塩を加えておくと、オクラに火が通る際に塩が浸透します。塩小さじ1杯(5g強)を鍋に振り入れて軽くかき混ぜ、均一に行きわたるようにしましょう。 [3]
    広告

パート 2 の 3:
オクラを調理する

  1. 1
    鍋の水を沸騰させる オクラを入れた鍋を調理コンロに置き、強火にして水を沸騰させます。5~7分程度かかるでしょう。[4]
  2. 2
    鍋に酢を入れる 水が沸騰したら、リンゴ酢60mL弱を鍋に入れます。かき混ぜるとオクラの加熱の進行が止まる場合があるため、かき混ぜてはいけません。[5]
    • リンゴ酢の代わりに、どの種類の酢でも使用できます。レモン汁でも代用可です。
  3. 3
    フォークが刺さる程度に柔らかくなるまでオクラを茹でる 酢を入れたらオクラを3~5分間茹でます。3分が経過した時点で、フォークでオクラを刺して火の通り具合を確認しましょう。フォークが刺さる程度に柔らかくなったら、茹で上がっています。[6]
    • オクラを茹で過ぎると粘り気が強くなって形が崩れる可能性があるため、茹で過ぎに注意しましょう。
    広告

パート 3 の 3:
オクラに味付けをして仕上げる

  1. 1
    オクラの湯を切り、鍋に戻す オクラが茹で上がったら、鍋を火から外します。オクラをザルに入れて湯を切ってから鍋に戻しましょう。[7]
  2. 2
    バターと胡椒を入れて混ぜる バター60g弱と黒胡椒をオクラに加えて味付けをします。好みに合わせて塩を追加して味を整えましょう。[8]
    • 好みにより、バターの代わりにベーコンの油やオリーブオイルを使用することもできます。
    • 胡椒の代用として他の調味料を使用するか、胡椒と他の調味料を一緒に使用してもよいでしょう。ウコン(ターメリック)、クミン、チリパウダー、コリアンダーなどは全てオクラによく合います。
  3. 3
    バターが溶けるまで弱火でオクラを調理する 鍋を調理コンロに戻し、弱火にかけます。バターが溶けるまで約3分間調理します。頻繁にオクラをかき混ぜ、バターを全体にからめましょう。[9]
  4. 4
    鍋からオクラを出して盛り付ける バターが溶けてオクラに行きわたったら、火を消します。トングなどでオクラを鍋から大皿に移し、温かいうちに食卓に出しましょう。[10]
    • 残ったオクラは密閉容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう。最大3日間は新鮮に保つことができます。
    広告

ポイント

  • オクラの旬は通常6~9月頃ですが、日本では南国からも輸入されているため、年間を通して市場に流通しています。
  • 最高の状態の茹でオクラを作るには、オクラを選ぶ際に明るい緑色で茶色い斑点や傷のないものを選びましょう。
広告

必要なもの

  • ざる
  • キッチンタオル
  • 包丁
  • 大きい鍋
  • 木製のスプーン
  • トング

関連記事

牛乳からクリームを作る
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ロックキャンディを作る
オートミールを作る
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ご飯を温め直すご飯を温め直す
ミントティーをいれるミントティーをいれる
牛乳からバターミルクを作る
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 調理法
このページは 151 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告