オッズ(賭け率)を理解する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:オッズを理解する競馬場でオッズを読むマネーライン(Moneyline)オッズを読むポイントスプレッド(ポイント差)を理解するオーバー・アンダーを理解する6 出典

スポーツで賭け事に参加するのであれば、オッズ(賭け率)を理解して読めるようになることが大切です。また、競技が進行している間もオッズが変わり続けることもあるので、賭け金に対する払戻金額も素早く計算できるようになる必要があります。オッズとは、あなたが賭けた内容(例えば、特定のチームが勝利する、ボクサーが最終ラウンドまで試合を進める等)が実際に起こる可能性と、実現した際に手にする配当金の額を示す情報です。ただし、オッズには複数の計算方法があります。注意)海外のブックメーカーを日本から利用することには様々な見解がありますが、2019年6月現在、それを禁じる法律はありません。ただし、個人でブックメーカーを主宰することは賭博罪違反に当たります。

パート 1
オッズを理解する

  1. 1
    オッズとは特定の結果が実際に起こる可能性を意味している オッズとは、どのチーム、競走馬、あるいは選手の勝利する確率が最も高いのかを示します。オッズを把握する方法は複数あるものの、他の起こり得る結果と比較して、特定の結果が実現する可能性がどの程度あるのかという、相対的な関係性は共通しています。
    • 例えば、コイントスを行う場合、表が出る可能性と裏が出る可能性は同一です。つまり1:1の見込みとなります。
    • 降水確率が80%であれば、雨が降らない確率が20%となり、80:20となります。言い換えると、雨が降る可能性は、このまま降らない可能性の4倍ということを意味しています。
    • 状況が突然変わるように、オッズも変わります。オッズは一つに決定されるわけではありません。
  2. 2
    スポーツのオッズ(特定のチーム、アスリート、馬が勝つ確率)を読む オッズが実際に用いられる身近な例として、スポーツの勝敗を予測する賭けが挙げられます。ブックメーカーが過去の結果や参加チームのデータを元に誰が勝つかを予測します。
    • オッズが最も高い選手やチームが「1番人気」となります。オッズの低い予想結果は、あまり見込みがないということを示しています。
  3. 3
    オッズが低いほど、勝った時に手にする利益が上がる 勝ち目のなさそうな人やチームに賭けるというのはリスクの高い選択ですが、リスクが高い分、勝った時の見返りも高いというのが大きな特徴です。
    • 見込みが低いほど、獲得する払戻金が大きくなります。
  4. 4
    基本用語を学ぶ 多くの場合、競馬場のように賭け事が行われる場では、用語が説明された小冊子やパンフレットが配布されていますが、オッズを読む前に自分でも勉強しておくようにしましょう。例えば下記の基本用語を理解しておきましょう。
    • アクション:あらゆる種類、金額の賭け
    • ブックメーカー:賭けをとりまとめオッズを決定する役割を担う人物
    • チョーク: 人気の選手やチーム
    • 賭けつなぎ:高いオッズ、低いオッズ両方に賭け、損失を最小限にする
    • ライン:現時点のオッズやポイント差
    • 賭け金:特定の結果や展開に賭けるお金

パート 2
競馬場でオッズを読む

  1. 1
    賭ける金額100円あたり、いくら獲得するのかを意味している 例えばオッズが0.6倍となっている場合、賭けた金額の100円の6割が賞金として返ってくるということを意味しています。つまり500円賭けて、利益が300円ということになります。
    • こうした利益率は、賭け額とオッズを掛け算することで算出されます。例えば1500円を賭けたのであれば、勝利したときの利益は1500×0.6で900円となります。
    • つまり、この条件で特定の競走馬に1500円賭けた場合の払戻金は2400円となります(1500+[1500×0.6])。
  2. 2
    1倍以上のオッズが設定されている選手やチームは負けると予想されている 勝つ見込みのない相手に賭けるのはリスクが高く、勝った時の配当金も上がるので理にかなっています。
    • オッズの率がなかなか理解できない場合は次のように考えましょう。一覧表の最上部あるいは最下部に大きな数が書かれていたら、それは勝つ見込みがないとされているチーム(あるいは馬)です。
    • 見込みのないチームなどに賭ける行為を「予測に反する」行為と呼びます。例えば、週末のアメリカンフットボールの試合で、特定のチームのオッズが3倍と記載されている場合、勝つよりも負ける確率の方が3倍高いということを意味しています。
    • 3倍というオッズで1万円賭けて勝った場合、賭け額と利益を合わせて4万円を払戻金額として受け取ることになります。逆にオッズが0.3倍で1万円を賭けて勝った場合、利益は3000円となり、1万3000円が払戻金額となります。

パート 3
マネーライン(Moneyline)オッズを読む

  1. 1
    マネーラインは、どのチームが勝つのかということだけに着目している この場合、オッズは正の数あるいは負の数として各チーム名の横に掲載されています。負の数の場合、そのチームが勝つと見込まれていることを意味し、逆に正の数がつけられたチームは負けると見込まれていることを意味しています。
    • 例えば、ダラス・カウボーイズが-135、シアトル・ホークスが+135と書かれている場合、カウボーイズの方が勝ち予想で人気があり、その分、賭けに勝っても払戻金が低いということになります。
    • 実際に賭けに参加する前にインターネット上の情報などを活用して自分の数学の知識を確かめましょう。すぐに本能的に理解できるようになりますが、慣れるまでは友達と確認したり、電卓を使ったりして無理のない賭けを行うようにしましょう。
  2. 2
    正の数のオッズは、賭け金1万円あたりの利益を意味している 利益と共に賭けた金額も戻ってきます。つまりシーホークスに1万円賭けて、オッズが+135である場合、勝った時の払戻金は2万3500円です。
    • 2万円を賭けた場合は利益も倍になります。100円あたりの利益を算出したいのであれば、賭け金を100で割る必要があります。
    • この数字とマネーラインのオッズを掛け算し、利益を予測しましょう。例えば5000円の掛け金の場合、まず5000÷100で50となります。オッズを掛けるので+135の場合、6750円となります。
    • +135のオッズでシーホークスに2万5000円を賭けた場合の配当金は58750円となります(25000+13500[25000÷10000])。
  3. 3
    負の数のオッズは1万円獲得する為にいくら賭ける必要があるのかを意味している 勝ち予想の人気チームに賭ける場合、リスクが低くなる分、利益も下がります。この場合、マネーラインのオッズは利益として1万円獲得するために、いくら賭ける必要があるのかということを意味しています。既出のアメフトの例の場合、カウボーイズに賭けて1万円の利益を獲得するには、1万3500円賭けなければならないということになります。正の数のオッズと同様に、賭けが的中すれば、お金が戻ってきます。
    • 100をマネーラインのオッズで割ると、賭け金100円あたりの利益を算出することができます。例えば-150であれば、100÷150で100円あたりの利益が0.66円ということになります。
    • ニューヨークジャイアンツ勝ち予想の人気が高く-150というオッズで9000円を賭けた場合、およそ1万5000円の払戻金となります(9000+9000×[100÷150])。

パート 4
ポイントスプレッド(ポイント差)を理解する

  1. 1
    ポイントスプレッドによって人気チームが獲得する必要のある得点が決まる この特徴は例を用いたほうが理解しやすいでしょう。例えばニューヨーク・ニックスとボストン・セルティックスが試合を行うと仮定しましょう。この時、ボストンが4ポイント差で勝つと予想されていれば、ボストンに賭けた金額はボストンが5ポイント以上リードして勝たなければ回収することができません。ニューヨークに賭けた金額は、ニューヨークが勝利するか、4ポイント差未満で負けると回収することができます。
    • 人気のチームがスプレッド通りに勝利すると「プッシュ」と呼ばれ、賭け金が返金されます。上記の例の場合、ボストンが88対84で勝利するとプッシュとなり、誰もポイントを集められません。
    • 「ハーフオッズ」の状態(4.5ポイント差でリードしている、など)であればプッシュは不可能です。[1]
    • オッズにおけるポイント差が小さい場合、勝負予想の差も縮まるのでマネーライン方式では好条件と言えるでしょう。[2]
  2. 2
    ブックメーカーに手数料について尋ねる これは「ジュース」ともよばれていて、賭けをするために発生する手数料を指します。-110が一般的で、マネーラインのオッズと同じような仕組みとなっています。
    • -110の手数料とは、1万円の利益を手にするためには11000円を賭けなければならにということを意味しています。
    • ボストンに対して1万1000円を賭け、ボストンが96対90で勝利したとしましょう(ポイント差は4)。ポイント差のルール通りに勝利したので、2万1000円(1万1000+10000)獲得することになります。
    • 手数料は賭けるチームごとに異なる場合もあります。例えば、「ボストン:-6、-125、ニューヨーク:+6、-110」と記載されているとしましょう。リスクの低いボストンに賭ける場合1万2500円賭けなければ、勝利したときに1万円獲得することができないということを意味しています。[3]

パート 5
オーバー・アンダーを理解する

  1. 1
    オーバー・アンダーは両チームの合計得点に対して設定される ブックメーカーがオーバー・アンダー(O/U)を設定します。賭ける側はその得点を上回るか、下回るかを予測します。この方法は他の方法よりもリスクが比較的低く、分かりやすいという点が特徴です。
    • O/Uが198.5となっていて、オーバーで賭けるとしましょう。これは、実際の結果が199以上になると、賭け金を回収することができるということを意味しています。
    • 実際の結果とO/Uが全く同じになった場合、「プッシュ」となり、全員に賭け金が返金されます。
  2. 2
    O/Uの場合、利益と賭け金は同額であることが多く、1万円を賭けた際の利益は1万円になる 
    • 念のため仕組みについてはブックメーカーに確認しましょう。

ポイント

  • 米国では、ネバダ州を除き、ブックメーカーを介した賭け事は違法です。英国といった諸外国では合法であるものの、規制されています。政府の運営するブックメーカー以外は違法であると法律で定められている国もあります。スポーツ以外の事柄に対しても(例えば選挙)ブックメーカーが賭けをとりまとめることもあります。
  • マネーラインは、ポイント差が関わらないためシンプルです。双方の勝つ見込みにのみ基づいています。マネーラインが発表するオッズは1万円が基準となっています。
  • ここで説明した仕組みは、どの通貨にも当てはめることができます。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 数学

他言語版:

English: Read Odds, Русский: разобраться в коэффициентах ставок на исход спортивного события, Italiano: Leggere le Probabilità, Español: interpretar probabilidades en las apuestas, Português: Interpretar Probabilidades, Bahasa Indonesia: Membaca Taruhan, Français: lire les cotes, Deutsch: Wettquoten lesen, 한국어: 확률 읽는 법

このページは 109 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?