オムレツは朝食の定番ですが、柔らかくて折り返すのは難しく感じることもあるでしょう。フライ返しとフライパンを使って折り返すなどの方法を試せばすぐにコツをつかむことができ、きれいなオムレツが作れるようになります。

方法 1 の 3:
フライ返しを使う

  1. 1
    卵の周りが白くなるのを待つ オムレツは折り返すタイミングが重要です。流し込んだ卵の端が固まってくるのをよく見ておきましょう。端が白くなり始めたら、卵が固まるまで長くはかかりません。中火にし、中央が少し固まるまで待ちます。[1]
    • 端に焼き色がつき始めた時に折り返すと、外側は焼けているが内側は半熟の状態のオムレツになることがあります。
  2. 2
    卵の下にフライ返しを入れる 卵がよく固まっている方から、全体の1/3くらいのところまでフライ返しを差し込みましょう。中心部まで差し込んではいけません。オムレツが2つに割れてしまうことがあります。
    • 卵がフライパンからうまく剥がれない場合、油やバターの量が足らなかった可能性があります。あるいは、もう少し加熱して卵を固めてみるとよいかもしれません。
  3. 3
    卵の片側を少し持ち上げて折り目を見つける 折り返そうとして卵が破れてしまわないに気をつけましょう。フライ返しは卵の1/3以上は差し込まないようにします。[2]
    • 卵が破れそうになったら、反対側から折り返してみるか、あるいはもう少し加熱して固めましょう。
  4. 4
    卵を折り返す 卵の周りが白くなり中心部が固まり始めたら、折り返すタイミングです。フライ返しで片側をそっと持ち上げ、半分に折りましょう。そして上から押さえて、内部がくっつくようにします。
    • フライパンと接している面においしそうな焼き色がついたら、ひっくり返して反対側も同じように焼き色をつけましょう。
    広告

方法 2 の 3:
皿を使って折り返す

  1. 1
    フライパンより全体的に5cmほど大きな皿を用意する フライパンと同じサイズ、またはフライパンより小さい皿を使った場合、オムレツが皿に収まらずにはみ出してしまいます。
  2. 2
    フライパンを傾けてオムレツを半分だけ皿に移す オムレツの下側が固まっていたら、破れることなくスライドできるはずです。[3] オムレツが上のほうから落ちることがないよう、フライパンと皿を近づけておきましょう。落とすのではなく、スライドさせます。
    • このあとフライパンの端の部分を使ってオムレツを半分に折るため、オムレツ全体を皿に移さないようにしましょう。
  3. 3
    フライパンの端でオムレツを半分に折る オムレツの半分がフライパンに、もう半分が皿にある状態で、フライパンをゆっくりと皿の方へ寄せて被せるようにし、オムレツを半分に折ります。
    • フライパンを高く持ち上げすぎて、オムレツが引っ張られ皿から落ちてしまわないように気をつけましょう。ゆっくりと動かしてオムレツを折るようにします。[4]
    広告

方法 3 の 3:
フライパンの中で折り返す

  1. 1
    フライパンの取っ手側を上に30度持ち上げる こうすると手首を返しやすくなり、1度でオムレツを折り返せます。
    • 30度以上傾けてしまうとオムレツが滑り落ちてしまうことがあります。反対に30度以下だと、手首をうまく返せません。[5]
  2. 2
    フライパンをゆすってオムレツの下側を剥がす オムレツの下側が固まり、フライパンから完全に剥がれていることを確認します。フライパンを円を描くようにゆすって、卵を動かしてみるとよいでしょう。[6]
    • オムレツがフライパンから剥がれていない状態で折り返そうとすると、フライパンに残る部分と折り返る部分ができ、きれいなオムレツが作れません。
  3. 3
    フライパンを素早く前に振り上げて後ろへ戻す オムレツを半分くらい前に滑らせたら、手首を返してオムレツの半分を少し浮かせます。そしてフライパンの取っ手と反対側を上に上げながら素早く後ろに引き、フライパンの側面を使ってオムレツを半分に折りましょう。[7]
    • フライパンを強く返しすぎると、オムレツ全体がひっくり返ってしまいます。逆に弱すぎると、中途半端に折れることになります。
    広告

ポイント

  • テフロン加工が施された直径20cmほどのフライパンを使いましょう。どんなサイズのフライパンでもオムレツは作れますが、小さくて焦げつかないものを使うと、きれいな形に仕上げやすくなります。[8]
  • 具を入れる時は小さく刻み、考えているよりも使う量を減らします。具を入れすぎたり大きな塊のまま使ったりすると、オムレツをうまく折り返せません。
  • 卵に刻んだチーズを混ぜてから、フライパンに流し込みましょう。チーズがつなぎの役割をし、オムレツを折り返しやすくなります。[9]

広告

注意事項

  • オムレツを折り返す際は、油はねに気をつけましょう。油が多いようなら別の容器に余分な油を移し入れ、火傷を防ぎましょう。
  • 強火で調理を行うと、外側が早く焼けて内側が生の状態になります。オムレツ全体に火を通すには中火が適しています。[10]
広告

必要なもの

  • フライ返し
  • 直径20cmのテフロン加工フライパン
  • オムレツの材料(卵、チーズ、具)

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ご飯を温め直す

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

圧力鍋を使う

How to

スペアリブを温め直す

How to

ロブスターテールを茹でる

How to

自家製ワインを造る

How to

ソーセージを調理する

How to

フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 調理法
このページは 207 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告