オリンピックをオンラインで観戦する方法

2018年2月9日から25日まで、冬季オリンピックが韓国の平昌で開催されました。そして、次の夏季オリンピックは日本の東京で、2020年7月24日から開催されます。東京オリンピックに向け、近年日本国内ではインターネットのストリーミング配信が充実し、外出時でもスマートフォンなどでライブ中継を視聴できるようになりました。さらに、ライブ配信を見逃してしまった場合には、オンデマンド配信を利用すれば、自分の好きな時に競技映像を楽しむことができます。また、世界中のオリンピックファンにとって喜ばしいことに、日本以外でも多くの国でオンライン放送が利用可能です。一般的に、オリンピックをオンラインで観戦するためには、自国で放映権を持っているネットワークを特定し、そのネットワークにより提供されるウェブサイトやアプリを通してオンライン放送にアクセスします。

方法 1 の 5:
日本で観戦する

  1. 1
    gorin.jp(民放オリンピック公式動画サイト)および専用アプリを利用する ウェブブラウザでgorin.jpにアクセスします。gorin.jpは、民法テレビ局のオリンピック公式動画サイトです。オリンピック大会の各競技のハイライト動画や、ライブストリーミングを配信しています。また、競技映像のほか、競技日程などの大会情報も提供しています。さらに、iOSおよびAndroid端末向けの「gorin.jp」アプリを利用しても、ライブ配信、ハイライト映像、過去アーカイブといったコンテンツを楽しむことができます。
  2. 2
    NHKのオリンピック特設サイトおよび専用アプリを利用する 2018年平昌大会時には、特設サイト「ピョンチャン2018」および専用アプリ「NHKピョンチャン2018」でオリンピック動画が配信されました。また、NHKのYouTubeチャンネルでも配信が行われ、現時点でも多くのハイライト映像を視聴可能です。
    広告

方法 2 の 5:
アメリカで観戦する

  1. 1
    加入しているケーブルサービスのアカウント情報でオンラインにサインインする NBC(National Broadcasting Company:全国放送会社)は、2016年リオオリンピックを主として放送したアメリカの放送局です。加入しているケーブルサービスの契約内容に、NBCまたはNBCユニバーサルチャンネルの視聴が含まれている場合は、ケーブルサービスのログイン情報を使用して、NBCウェブサイトでストリーミング配信されるオリンピックのライブ放送をすべて視聴することができます。[1]このウェブサイトで初めてオリンピック放送を視聴する場合は、動画の下にある「Sign In(サインイン)」をクリックして、ケーブルサービスのログイン情報を入力します。
    • NBCにより、自分が接続しているネットワークを元に加入しているケーブルサービスを検知され、自動的にログインできる場合があります。
    • ケーブルサービスに加入していない場合でも、配信動画を30分間視聴することができ、さらに一日につき5分間のアクセスが許されています。また、オリンピックアスリートのインタビュー動画などの特典配信は、誰でも無料で視聴可能です。[2] 以下に常時アクセスを可能にするその他の手段を紹介します。
  2. 2
    NBCスポーツのアプリにログインする NBCスポーツのアプリを利用する際にも、ケーブルサービスのログイン情報を使用できます。このアプリは、以下のデバイス上で、ライブストリーミングと動画を配信します。[3]
    • iPhone、iPad、またはiOS 7.0以上を搭載したiPod Touch
    • Android 4.0以上
    • Windows 10、Windows 10 モバイル
    • AppleTV、Rokuデバイス
    • オリンピック放送のみ視聴したい場合は、NBCオリンピックのアプリをiOSまたはAndroid端末にダウンロードできます。[4]
  3. 3
    PlayStation Vueにサインアップする PlayStation Vueは、アメリカ全土で利用可能な、ケーブルサービスの加入を必要としないインターネットテレビサービスです。7日間の無料トライアルを利用して、気に入った場合は月単位の契約に加入しましょう。[5]
    • サービスに加入する前に、契約内容を確認しましょう。自分が持っているデバイスできちんと動作すること、そして自分が視聴したいイベントが含まれていることを確かめます。ゴルフチャンネルなどの放送は、別料金を支払う必要があるかもしれません。
  4. 4
    Sling TVを使う Sling TVは、アメリカの決められた都市部でのみ利用可能なサービスです。ほとんどのライブ放送を配信していますが、オンデマンドのサービスはありません。Sling TVもまた、7日間の無料トライアルを提供しています。よって、PlayStation Vueのトライアル期間が終了した後で、Sling TVのトライアルに申し込めば、オリンピックの全日程を無料で視聴できることになります。オリンピック放送を最大限に楽しみたければ、Sling Blueプランを選びましょう。[6]
  5. 5
    特定のイベントを調べる http://www.nbcolympics.com/live-stream-schedule にアクセスして、オリンピック競技の放送予定を確認します。契約内容に含まれていれば、上部にあるメニューから、オンデマンドサービスなどのオプションを利用できます。
    • スペイン語で放送を視聴したい場合は、ページの右上にあるEn Españolをクリックします。
  6. 6
    大きい画面でオンライン放送を視聴する この方法に適したテレビ(HDMI入力がある)、およびコンピュータ(HDMIによるビデオ出力、オーディオ出力がある)を使用している場合は、コンピュータをテレビに接続して、テレビの大画面でオリンピック放送を観ることができます。
  7. 7
    技術的な問題を解決する オリンピック放送を視聴できない場合は、以下のステップを試してみましょう。[7]
    • ログイン情報が分からない場合は、ケーブルサービスプロバイダーのウェブサイトにアクセスして、ログイン画面にある「パスワードを忘れた場合」のリンクを探します。もしくは、ケーブルサービスプロバイダーのお客様サポートに連絡しましょう。
    • 使用しているブラウザを最新のバージョンに更新します。NBCは、使用するブラウザとして、Internet Explorer、Firefox、Safari、またはChromeを推奨しています。[8]
    • Adobe Flash Playerを最新のバージョンに更新します。
    広告

方法 3 の 5:
イギリス、カナダ、オーストラリアで観戦する

  1. 1
    イギリスで観る BBC(British Broadcasting Corporation:英国放送協会)が、スポーツ専用のウェブサイトでオリンピックのライブ放送をストリーミング配信しています。ページ上部にある「Schedule」のリンクから、放送予定を確認できます。ここで配信されるオリンピック放送は、イギリス国内にいる誰もが無料で視聴可能です。
    • BBC iPlayerを使って、オリンピック放送の多くをそのイベントがあった日から30日間視聴することができます。日毎のハイライト動画を視聴したい場合は、iPlayerでオリンピックプレイリストをダウンロードしましょう。[9]
  2. 2
    カナダで観る CBC(Canadian Broadcasting Corporation:カナダ放送協会)は、カナダの主要な放送局です。カナダに住んでいれば誰でも、いくつかのオンラインソースより、CBCのオリンピック放送を無料で視聴することができます。
    • コンピュータのウェブブラウザで、http://olympics.cbc.ca/index.htmlにアクセスします。このサイトでは、2016年リオオリンピックのライブ配信や、オンデマンド配信を提供していました。
    • スマートフォンやタブレット端末で、CBCのオリンピック用アプリを無料でダウンロードできます。iOS 8.0以上、Android 4.2以上で利用可能です。[10]
    • 上記以外のウェブサイトやアプリ(例:Radio-Canada、Sportsnet、RDS、Shaw On Demandなど)でも、フルまたはショートバージョンのオリンピック映像を視聴することができます。[11]
  3. 3
    オーストラリアで観る セブン・ネットワークのオリンピックウェブサイトにアクセスし、オーストラリアの郵便番号を含めた自分の位置情報を入力して、オンラインでオリンピック放送を視聴できます。モバイル端末を利用したい場合は、iOSおよびAndroid向けの「Olympics on 7」アプリをダウンロードしましょう。このアプリは無料ですが、一回の課金により「プレミアム」コンテンツが追加で視聴可能です。[12]
    • Telstra TVまたはAppleTV(第4世代)のユーザーであれば、「PLUS7」アプリをダウンロードしてオリンピックの無料コンテンツを視聴することができます。ただし、これらのプラットフォームからは、プレミアムコンテンツは視聴できません。
    広告

方法 4 の 5:
上記以外の国、またはケーブルサービスを使用せずに観戦する

  1. 1
    公式放送を調べる ここでは、参考として2016年リオオリンピックの放送ページを紹介します。このページにアクセスして、自分が住んでいる大陸、国を選択し、その国でオリンピック放送を提供しているネットワークを調べることができます。オンラインソースは、「インターネット」または「VoD」、アプリは「モバイル」と表示されます。
  2. 2
    ブラウザのVPN拡張機能をインストールする 自分が住んでいる国ではオリンピックの公式オンライン放送が提供されていない場合、または公式放送にアクセスするために必要なケーブルサービスに加入していない場合は、VPN拡張機能を利用する方法があります。この機能により、日本にいながら外国からアクセスしているように認識させることができるため、他国のオリンピック放送を行っているウェブサイト(カナダのCBC、イギリスのBBCなど)にアクセスすることが可能になります。
    • FirefoxおよびChromeの両方で、VPN拡張機能をインストールすることができます。これらの拡張機能は無料で利用可能ですが、広告が表示される可能性があります。
    • こういった行為は、政府により厳しく検問されている国も数カ国ありますが、ほとんどすべての国において合法です。ただし、サービス利用規約に反しているため、その行いが見つかってブロックされる可能性がわずかながらあることに注意しましょう。[13]
  3. 3
    ブラウザを対象の国に切り替える 例として、カナダのCBCにアクセスして視聴する場合は、ブラウザの拡張機能のアイコンをクリックして、カナダのサーバーを選択します。該当のサーバーを経由してCBCのサイトへ通信が行われ、カナダ国内からアクセスしているように認識されます。
    • BBCサイトのオリンピック放送を視聴する場合は、イギリスのサーバーを利用します。
  4. 4
    ストリーミング動画を観る 上記の設定により、VPNを使用せずに該当のウェブサイトを利用する人と同じように、ストーリーミングコンテンツにアクセス可能となるはずです。この方法では、データはプロキシサーバーおよびウェブサイトを介して自分のコンピュータへと転送されてくるため、ストリーミングの遅延やインターネット接続の遅さを感じる可能性があります。接続が極端に遅い場合は、VPN拡張機能の設定を変更して別のサーバーに切り替えてみましょう。
  5. 5
    テレビ放送のストリーミングウェブサイトを使う インターネット上には、ユーザーがスポーツイベントをストリーミング配信できるウェブサイトがたくさんあります。これらは公式サイトではないため、視聴可能なストリーミングを探すことが少し困難であるかもしれません。しかし、この手法の利点として、ストリーミングを視聴するためにブラウザの拡張機能、またはプラグインのインストールが不要であることが挙げられます。ただし、国によってはこのようなウェブサイトにアクセスすることが違法とされているか、大体の国では法的にグレーゾーンとされているため、注意が必要です。
    広告

方法 5 の 5:
その他のツールを使って観戦する

  1. 1
    NBCのYouTubeチャンネルで再放送を視聴する IOC(International Olympic Committee:国際オリンピック委員会)およびNBCのYouTubeチャンネルで、オリンピックのハイライト映像を配信しています。IOCのYouTubeチャンネルでは、これまでのオリンピックの歴史的瞬間を捉えた動画も観ることができます。
  2. 2
    ソーシャルネットワークでオリンピックをフォローする FacebookやTwitterではライブ放送を提供していませんが、NBCや世界中のオリンピックファン、そして様々なニュースソースによって、常に更新されています。
    • FacebookではNBCのオリンピックのページを発信しており、登録者専用のコンテンツやファンのコメントなどを閲覧することができます。
    • 競技の速報アップデートをその時々に受け取りたい場合は、Twitterで「NBCOlympics」をフォローしましょう。
  3. 3
    アプリを入手する オリンピック大会についての詳細情報やガイドを備えているアプリを、iPhone、Android、Blackberry端末にインストールすることが可能です。IOCやNBC、その他の信頼できるソースから提供されている公式アプリを探しましょう。
  4. 4
    IOCのアーカイブにアクセスする 以前のオリンピック大会のハイライトを観たい場合は、IOCが所有する過去のオリンピック大会の「アーカイブ」にアクセスして、ハイライト映像を観ることができます。
    広告

ポイント

  • ライブ放送を視聴する際には、時差を考慮しましょう。2016年オリンピック開催地のリオは、万国標準時(グリニッジ標準時間帯)から3時間遅れ(UTC-3)でした。2020年オリンピック開催地の東京は、万国標準時より9時間進んで(UTC+9)います。各放送局は、競技によってライブ中継ではなく時間を遅らせて録画放送を配信する可能性があるため、自分のタイムゾーンに向けた放送予定を確認することが大切です。

広告

注意事項

  • オリンピック放送を配信すると謳っている、得体の知れないウェブサイトには注意しましょう。個人情報を提供してダウンロードリンクをクリックした瞬間に、コンピュータウィルスやスパムメールの被害に遭ってしまう可能性があります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む65人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 580 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告