一杯の絞りたてオレンジジュースほど心が満たされるものはありません。自家製オレンジジュースは多少時間がかかりますが、その味には時間をかける価値があります。さっそく試してみて、市販のオレンジジュースに戻りたいかどうかを確かめてみましょう。

方法 1 の 3:
手でオレンジ果汁を絞る

  1. 1
    オレンジを柔らかくする  オレンジを強く握るか、手のひらで押しながらカウンターやテーブルの上で転がして、オレンジを柔らかくします。
  2. 2
    オレンジを切る オレンジを半分に切り、種を取り除きます。ネーブルオレンジならもともと種なしです。
  3. 3
    オレンジを絞る オレンジの片側をしっかりと手で握り、果汁絞り器にオレンジを押し当てて果汁を絞り出します。
  4. 4
    パルプ(繊維質)を加える 果汁を絞ったらスプーンでオレンジをこそぎ、果汁に直接パルプを加えます。透明なジュースのほうがよい場合は飲む前にジュースをこし器に通します。風味付けに黒塩か砂糖を少々加えます。
  5. 5
    飲む 冷たくて新鮮で「無殺菌」の絞りたてジュースで、オレンジジュース本来の味を楽しみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
電動ジューサーでオレンジ果汁を絞る

  1. 1
    オレンジを準備する オレンジの皮を剥いて4等分に切ります。みかんなどの小さな柑橘類は半分で十分です。
  2. 2
    ジューサーの投入口からオレンジを入れて、ジュース作りを開始します。
    • 必ず反対側のジュースの注ぎ口に容器を置いて、出来上がったおいしいジュースを受け止めるようにしてください。
    • ジューサーには果汁と一緒に抽出するパルプの量を調整できる機種もあります。
    広告

方法 3 の 3:
ブレンダーかフードプロセッサーでオレンジ果汁を絞る

  1. 1
    オレンジをブレンダーにかける準備をする オレンジの皮をむき、2.5cm程度の大きさに切るか手で割ります。種つきのオレンジを使うときは、種を取り除きます。
  2. 2
    ブレンダーを数回まわしてオレンジを細かくします。オレンジがピューレ状になるまで続けます。
  3. 3
    ジュースの味見をする 水分が少なければ水を加え、甘みが足りない時は甘味料を加えます。
  4. 4
    もう一度ブレンダーをまわす 液状になるまでブレンダーをまわします。
  5. 5
    数分置いてなじませてから飲む 
    広告

ポイント

  • 色々な種類のオレンジを試して、ジュース向きの種類を探りましょう。バレンシアオレンジは種がありますが、とてもジューシーです。ネーブルオレンジは大きくて種のない手に入りやすいオレンジです。カラカラは甘く、サンキスト社によると「クランベリーのような特有の風味」があるそうです。
  • 新鮮なオレンジを選びましょう。新鮮なオレンジを使うと風味が増します。
  • 「ブラッドオレンジ」と呼ばれるモロオレンジを使うと、一般的なオレンジジュースとは異なる風味が楽しめます。しっかりとした色合いと風味がスパイシーなオムレツとよく合います。

広告

注意事項

  • フロリダ産のオレンジはカリフォルニア産のオレンジよりジューシーです。皮がとても薄いので、オレンジを切るときにその違いがわかります。
広告

必要なもの

  • オレンジ3個(240mlサイズのグラス)
  • 包丁
  • ジューサー
  • グラス
  • スプーン



関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

自家製ワインを造る

How to

傷んだ卵を見極める

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

腐った牛ひき肉を見分ける

How to

鶏肉を解凍する

How to

アボカドを熟成する

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

オートミールを作る

How to

パンをおいしく温め直す

How to

野菜を蒸す

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

水の浄化

How to

アルカリ水を作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む74人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は11,522回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 11,522 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告