インターネットで恋の相手をいつも見かけてはいるものの、話しかける勇気がない。変なことを言ってしまいそうだし、話題がなくなってしまったらどうしよう、などと悩むことがあるでしょう。でも、それ程神経質になる必要はありません。インターネット上なら、ストレスなしに相手に思わせ振りな態度を示して楽しむことができます。人の気を惹くテクニックを上手に使えば、相手の顔をほころばせたり、大声で笑わせたり、「実際に会ってみたい」と思わせることも可能です。

方法 1 の 6:
初めから相手を射止める

  1. 1
    相手がログインした瞬間には話しかけない 相手がログインしたと分かると、心が弾み、すぐにでも話しかけたくなるでしょうが、そこは抑え、冷静に振る舞いましょう。「相手を待っていた」と思わせないように振る舞うのが賢いやり方です。
    • 相手の傾向として、ログイン後1分間ほどブラウズしてログオフしてしまうなら別ですが、そうでない限り、少なくとも10〜15分間は何もせずにいましょう。実際には、相手とおしゃべりしたいと思っていても、「他に夢中になることがある」と相手に思わせることができます。この方法を使えば、「かまってもらいたい」「注目してもらいたい」という印象を与えません。
    • ただし、会話を切り出すまで待ち過ぎてもいけません。相手に興味があることを分かってもらえません。
  2. 2
    楽しく軽快に切り出す 挨拶でアプローチしたら上手に会話を切り出し、相手が長くおしゃべりしたいと思うように運びましょう。ここで重要なのは、冷静に振る舞うことですが、冷静さを装いすぎてはいけません。
    • 初めに「調子どう?」「何してるの?」などと挨拶すると効果的です。相手に「すごい!」と思わせようと、頑張りすぎてはいけません。
    • 最近の愉快な出来事、以前触れた話、ニュースで聞いてかっこいいと思ったことをネタに、会話を切り出しましょう。繰り返しますが、話は簡潔にまとめ、必死感を出し過ぎないようにしましょう。
  3. 3
    毎回自分から話しかけない 2人の関係のバランスをとることが重要です。常に自分から声をかけるのは良い方法とは言えません。相手の「あなたとおしゃべりしたい」という気持ちが薄れてしまう可能性があるからです。
    • ただ、相手が恥ずかしがり屋で、常にあなたにリードしてもらうのが心地良いと思っている場合もあるでしょう。しかし、そうだとしたら、仮に2人の関係を次の段階に進めることができても、相手は常にあなたに全てを任せることになり、あなた自身、嫌気がさしてくる可能性があります。
    広告

方法 2 の 6:
楽しく振る舞う

  1. 1
    相手をからかう 互いが互いを少しずつ理解できてきたら、相手を少しからかってみましょう。相手の気を惹くのに非常に効果的です。相手の奇妙な癖をポジティブに受け取っていることを示せると同時に、人生をあまり真剣に受け止めていないことも示せます。効果的なからかい方をいくつか紹介しましょう。
    • 相手に珍しい趣味がある、または、夢中になっているバンドや活動があるなら、それらについてからかってみましょう。相手がギターに夢中になっているなら、「今日は『恋人』とどのくらいの時間、過ごしたの?」などと尋ねてみましょう。
    • 互いが応援するスポーツチームがライバル同士で、両チームの試合が予定されている時に、相手のチームがどう負けるかなどを占って、からかってみましょう。ただし、相手が嫌な気分になるような言い方をしてはいけません。
    • からかいすぎは禁物です。からかいは相手を侮辱することではありません。特に、インターネット上ではその違いを見分けるのは難しい場合があります。
    • 相手にからかわれても全く問題ないという姿勢を見せましょう。自分の弱点を指摘されても大丈夫だという自信たっぷりな態度に、相手は感動するはずです。
  2. 2
    機知に富んだ発言をする 相手はあなたの素早い切り込みや、ユーモアのセンスに感銘を受けるでしょう。インターネットでユーモアのセンスを光らせるのは難しいかもしれませんが、やってのけることができれば、相手はすごい、と感動するに違いありません。ウィットで感動を与える方法をいくつか紹介します。
    • 素早く切り返しましょう。相手の巧妙な発言には、即、反応を示して会話を弾ませましょう。
    • 賢く切り返しましょう。相手がよく知っているテーマについて冗談を放ち、世の中の出来事を常に追って理解していることを示しましょう。
    • 多少の皮肉を込めてみましょう。皮肉も使い方によっては、大いに役立つ可能性があります。生物の授業が苦手なら、カエルの解剖がどれだけ好きかを、喋りまくってみましょう。適切なトーンを使えば、皮肉めいたユーモアに相手は魅了されるでしょう。
    広告

方法 3 の 6:
魅力的に振る舞う

  1. 1
    興味深いトピックを取り上げる 相手を引き付けておくには、話す価値のあるトピックを見つける必要があります。自分だけが面白いと思う内容は控えましょう。次にいくつかそのアイディアを紹介しましょう。
    • ニュースで興奮を呼ぶようなことを聞いたら、特にそれが「ちょうど今」起こっているなら、その話を持ち出しましょう。「ねえねえ、聞いた……?」などと話しかけましょう。相手を十分に理解できるまでは、議論は控えた方が無難なため、死刑問題など、物議を醸すものは話題に選ばないように注意しましょう。
    • いつもとは違う体験をしたら、相手に伝えてみましょう。有名人に出くわした、街中で奇妙なことを見かけた、大きなニュースを知ったなど、これらは全て、話す価値があることだと言えます。
    • 他人のある1日の出来事を一から十まで「すべて」聞くことほど退屈なことはありません。秘密工作員や、スーパーヒーローでない限り、一般人の1日はかなり平凡です。自分の朝食のメニューなどを、世界の誰もが興味津々であるかのように話せば、ナルシストだという印象を与えます。
  2. 2
    共通点を見つける 思わせ振りな態度で相手の気を惹く段階から次のステージに進めたいと思っているなら、2人の共通点を見つけることが、相性の良さと同じくらい重要だということを覚えておきましょう。互いへの特別な気持ちの他に、共通して情熱を注ぐものがあれば、2人の愛情はより長く続くこと、請け合いです。次のような共通点があると理想的です。
    • 音楽は人と人を繋ぐのに非常に効果的です。音楽の話題を取り上げましょう。 相手が好きな曲をBGMでかけいたら、その曲を調べて「そのバンド、 私(僕)も好き!」などと伝えましょう。バンドがコンサートを開く時に、一緒に見に行けるかもしれません。
    • アウトドアスポーツも共通する趣味として素晴らしいアクティビティです。双方がハイキング、サイクリング、キャンプが好きなら、それらを一緒に実践すれば、2人の絆は更に強くなるでしょう。アウトドアスポーツは万人向けではないため、その熱意を伝えれば、相手から尊敬の眼差しで見られるでしょう。ハイキングに誘ってくれる可能性もあります。
    • 読書の趣味も2人の絆を深める手助けをします。双方共に名作を読むのが好きなら、話すことはたくさんあります。感動的な本を勧めたり、相手が言及した本を読んだりすれば、相手を嬉しい気持ちにさせることができます。会話が上手く続いている時に、「この間、勧めてもらった本、すごくよかったわ。いつかコーヒーを飲みながら話さない?」などと伝えてみましょう。
    • 映画鑑賞もプラスに働きます。 両者共映画好きなら、話すことはたくさんあるはずです。見るのを楽しみにしている新しい映画に軽く触れ、相手が一緒に見に行こうと誘ってくれるのを待ちましょう。
  3. 3
    インターネット以外でも楽しい趣味があることを示す パソコン以外にも趣味があることを相手に示しましょう。友達や家族はもちろん、趣味についても語り、インターネット上のおしゃべりは、自分の世界のほんの一部に過ぎないと伝えましょう。趣味はインターネット上のおしゃべりだけではない、と示す方法はいくつかあります。次のような手段を使いましょう。
    • 相手を退屈させずに、趣味について語りましょう。サイクリングが好きなら、サイクリングの話をし、「あ!サイクリングに出かけなきゃいけないから、そろそろ準備しないと」などと伝えましょう。
    • 好きな友達について語った後で、「その友達と夕食の後コンサートに行く(あるいは他のものでも良い)約束をしているから、もう行かなきゃ」などと伝えましょう。そう聞けば、相手は、楽しい人だという印象を持ち、一緒に行きたくなるかもしれません。
    • 勉強全般や特定の科目が大好きなら、躊躇せずにそう伝えましょう。オタクだという印象を与えずに、例えば、詩や物理などが大好きだと伝えることは可能です。興味深い人は色々なことに興味を持っていますが、つまらない人は何をしてもすぐに飽きてしまうものです。
    広告

方法 4 の 6:
恋心を示す

  1. 1
    さり気なく褒める 相手の素晴らしい所を伝える方法を見つけましょう。相手を特別な気持ちにさせる気配りができること、また、思慮深い人間であることを示すことができます。その方法を次に紹介します。
    • 堅苦しさを取り去り、普段通りに振る舞いましょう。「わあ、賢い!私、そんなこと知らなかった」「それ、すごく面白い。そんな風に考えたことはなかった」などと相手を褒めましょう。 このような言い方をすれば、あからさまのお世辞とは異なり、相手の洞察力に感銘を受けたという本心が伝わります。
    • 相手に「自分は特別だ」と思わせる方法を見つけましょう。相手がマラソンが好きなら、「マラソン走れるなんて、すごいな」などと褒めてみましょう。
    • 相手の業績を称えましょう。「詩を出版したの?信じられない!すごく苦労したんじゃない?」などと、感じた通り素直に褒めましょう。
  2. 2
    相手からのアドバイスを受け入れる 相手の話を聞いていることを示しましょう。相手の意見を尊重している、パソコンを離れても相手のことを考えている、と示すことができます。次は、その方法です。
    • アーティストのアルバムを推薦されたら、早速聴いてみましょう。話したいことが見つかるかもしれません。
    • 特定のスマートフォンや靴などの購入を勧められ、そのアドバイスが適切だと思ったら、その通り受け入れましょう。購入後、アドバイスをもらったことに感謝することができます。
    • ただし、相手の話を聞いてすぐに、実行に移すのは避けましょう。良い映画の話を聞いたからと、即見に行き、翌日感想を報告するのは避けた方が良いでしょう。少なくとも1〜2週間経ってから、「話してた映画、本当に良かったよ」などと報告するようにしましょう。
  3. 3
    相手の生活全般に興味を示す 自分が楽しい人間だとアピールするだけでなく、相手の近況も気にかけていることを伝えましょう。自分の話、2人の共通の趣味、相手のこと全てをバランスよく話題に取り上げて会話を進めましょう。次にその方法を紹介します。
    • どんな1週間を過ごしているかを尋ねましょう。今起こっていることを話してくれるかもしれません。
    • コンサートを見に行った、テニスの試合を観戦した、レストランに行った、などと教えてもらったら、感想を尋ねましょう。
    • 特定の話題について相手の意見を尋ねましょう。相手の意見を重視していることが示せます。
    • 詮索してはいけません。趣味や興味ごと、友達、更に家族について何気なく尋ねてみましょう。ただし、あまりにも多くを尋ねてはいけません。プライバシーの侵害だととられたり、相手を面接しているような印象を与えます。
  4. 4
    誘って一緒に出かける 物事が順調に進んでいて、タイミングも良いと思たら、躊躇なくインターネットを超えた付き合いを提案してみましょう。相手を理解できるようになったら、大事にせずに軽く尋ねることができるでしょう。次にその方法を紹介します。
    • 週末の予定を尋ねましょう。予定がない、と返事があったら、一緒に出かけないかと軽く誘ってみましょう。「あ、そう。私(僕)も特に予定ないんだ。ランチでも一緒にどう?」などと返しましょう。
    • 相手の好きなバンドやお笑い芸人が地元でパフォーマンスをする予定があるなら、一緒に見に行かないか、と尋ねましょう。
    • パーティーや大勢の友達との外出を計画している場合は、相手を誘いましょう。大勢の集まりなら、プレッシャーも少なく、実際のデートに出かける前に、互いの感触を掴むことができるでしょう。
    広告

方法 5 の 6:
冷静に振る舞う

  1. 1
    相手との話に熱心になりすぎない 冷静な態度を維持するには、相手との話を楽しみつつ、それが自分の生活の中心ではないことを知らせる必要があります。次にその方法を紹介しましょう。
    • ログインするたびに、相手とおしゃべりするのは避けましょう。2〜3回に1回の割合で、おしゃべりしましょう。そうすれば、相手とのおしゃべりだけを目的にログインしたのではない、と示せます。
    • 相手のメッセージ全てに即返信してはいけません。相手からの質問にすぐ返信すれば、「相手との会話が命だ」という印象を与えます。時間を空ければ、他の人と話している、他の用事をしている、という印象を与えることができます。
  2. 2
    別のユーザーネームでログインするのも効果的だと認識する 誰にも知らせずに別のユーザーネームを作成し、あなたがログインしていないと思っている時の相手のインターネット上での行動を探ってみましょう。相手のあなたに対する気持ちを知る手がかりになり、相手とのやりとり中も冷静に振る舞う手助けとなるでしょう。
    • あなたがログインしていないと判断すると相手はすぐにログオフしてしまう、と分かれば、相手がログインする理由は、あなたと同じだと考えられます。気のある態度を示し続けましょう。
    • 相手が常にログイン状態でいるなら、機会があれば誰とでもおしゃべりをする、と考えられるでしょう。つまり、彼にはインターネット以外に趣味がないとも言えます。
    • 相手とのおしゃべりを切り上げた後で、別のユーザーネームで再びログインしましょう。相手は、あなたとのおしゃべりの後、すぐにログオフしたでしょうか。そうであれば、相手がログインする目的は、あなたとおしゃべりをするためだ、と考えられます。
  3. 3
    会話中、夢中になり過ぎない 相手が魅力的で、刺激的で、話していて楽しい人だという気持ちを示すのは素晴らしいことですが、やり過ぎると、取り憑かれた人だと見られる可能性があります。次に避けるべき事柄を紹介しましょう。
    • 「笑」や「ハハハ」などを使うのは必要最小限度に留めましょう。使い過ぎれば、面白い人に見せようと必死だと見られるでしょう。
    • 絵文字の使い過ぎも避けましょう。相手には煩わしく、幼稚な人だという印象を与えます。
    • 相手から返信がすぐに来ないからと、疑問符をたくさん連ねたり、「どこに行ったの?」などとメッセージを送ってはいけません。相手の返事中心に自分の世界が動いているように見えてしまいます。
    広告

方法 6 の 6:
好印象を与えたままログオフする

  1. 1
    会話が盛り上がっている時にログオフする 適切なタイミングでログオフすることが重要です。そうすれば、相手は「もっと話していたい」という気持ちになります。あまりにも早くログオフするのは論外ですが、盛り上がっている最中に退出できると理想的です。そのやり方を次に説明しましょう。
    • 面白い話題で盛り上がりを見せたところで、「もう行かなきゃ」とログオフの意思を伝えましょう。新しい話題に一言二言付け加えてからの「さよなら」は、相手に「もっと話していたい」という気持ちを起こします。通常、1時間くらいおしゃべりをすると、双方に言うことがなくなり、長い間ぎこちない空気が流れる場合がありますが、この方法を使えば、それをある程度防ぐことができるでしょう。
  2. 2
    相手が「致し方ない」と思うような理由を説明してログオフする 冷静でかっこいい態度を維持するには、ログオフの理由をあまり明確にせず、自分を「楽しくて神秘的な人」だと思わせることです。その方法を次に紹介します。
    • さり気なく「もう行かなきゃ」と伝えましょう。相手は、どこに行くのだろう、誰と会うのだろう、などと色々考えるでしょう。物事を曖昧にしておきましょう。友達がたくさんいて、活動的に動き回っている印象を与えられます。
    • ログオフする理由がなくても、その通りに伝える必要はありません。「ベラベラとおしゃべりするのは、この辺でやめた方がいいかな」や「あ、植物に水をやらなきゃ」などと言うのは控えるべきです。他にワクワクすることが何もなく、至って平凡な生活を送っていると思われるでしょう。
  3. 3
    楽しいおしゃべりだったことを伝える 必ずしも明確に伝える必要はありませんが、楽しかったこと、次の機会も楽しみにしていることを伝えると良いでしょう。次のような台詞を言ってみましょう。
    • 「おしゃべり、楽しかった」または「......についてのアドバイスありがとう」などと言って締めましょう。大げさにせずに、会話が有意義だったことを伝えましょう。
    • 「また近いうちにおしゃべりしよう」も良いでしょう。 次のおしゃべりを心待ちにしていることをサラッと伝えているだけで、相手のユーザーネームが画面に表示されるのを何時間も待つという印象にはなりません。
    • 気味悪い印象を残さない「人生で最高の会話だった」や「次は、いつ、何時にログインする?またおしゃべりしたいから!」などと言うのは避けましょう。
    広告

ポイント

  • 相手と実際に話しているようにリラックスしましょう。即返信してはいけません。必死感が出てしまいます。
  • 即返事がないからと、相手を突いてはいけません。パソコンやスマートフォンから離れている場合もあります。
  • 相手と毎日会話するのは避けましょう。話すことが次第になくなり、人生を楽しんでいないような印象を与えるでしょう。
  • 最も重要なのは、自分らしくいることです。頑張り過ぎないようにしましょう。また、頑張らないように頑張るのもいけません。最終的には、相手に、本当の自分ではない自分を好きになって欲しくはありません。
  • 1秒おきに相手に質問を投げかけないようにしましょう。相手に取り憑かれているように見えます。
  • 最も重要なのは、意地悪をしないことです。悪い雰囲気を引き起こす可能性ががあります。
  • 相手が最も気に入っている物事を称えましょう。ただし、興奮し過ぎは禁物です。

広告

注意事項

  • オンラインでしか会話したことがない人と対面で会う場合は、公園や喫茶店などの公共の場所で会うようにしましょう。相手が「変人」ではないことが確認できます。相手のアパートや、問題が起こった時、即助けが得られない場所で会うのは避けましょう。
  • 相手をオフラインでも知っている場合、これらのヒントは大いに役に立つはずです。しかし、インターネット上で知り合い、惹かれて行った場合は、まず彼が、本人が話している通りの人物だと確認できるまで、自分の電話番号や住所など個人情報を開示してはいけません。
  • インターネット上で相手にどんどんと惹かれて行き、実際に会ってみたら失望する、というケースがあります。インターネットでは、魅力的な性格を打ち出すのが得意でも、実際には期待外れという可能性もあり、また、そのようなケースは頻繁に起こります。
広告

必要なもの

  • Instagram(インスタグラム)のアカウント
  • パソコンまたはスマートフォン
  • 相手のInstagram(インスタグラム)のアカウント
  • インターネットへのアクセス

関連記事

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

チャットで会話を盛り上げる

How to

酔っぱらっても吐かない

How to

授業中にお腹が鳴るのを止める

How to

別人になる

How to

話題が無い時に会話を始める

How to

口数を減らす

How to

人を良い気分にさせる

How to

楽しく会話する

How to

挨拶をする

How to

心を鬼にする

How to

物静かな人になる

How to

女の子からメッセージを返してもらう

How to

女性と会話を始める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む39人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交
このページは 341 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告