オーバーサイズのブレザーやトレンチコート、デニムジャケットなどを、都会的なストリートファッション風にコーディネートすることができます。しかし、オーバーサイズジャケットのコーディネートが初めての場合は、何を合わせるときれいにまとまるのかわからないかもしれません。ここでは、オーバーサイズジャケットをコーディネートする方法をいくつか紹介します。これを参考にして、完璧なコーディネートで出かけましょう。

方法 1
方法 1 の 11:
ジャケットが際立つように無地の服を合わせる

  1. 1
    オーバーサイズジャケットはそれだけでも目立つアイテムです。[1] デニムジャケットにははっきりとした色の服、柄のジャケットにはニュートラルカラーの服、トレンチコートやコートにはパステルカラーの服を合わせましょう。[2]
    • もしくは、全体をモノトーンでまとめると、すれ違う人が振り返るほどおしゃれなコーディネートになるでしょう。
    • 柄物でアクセントをつけたければ、長いスカーフやヘアバンドなどを使いましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 11:
ベルトでウエストを強調する

  1. 1
    メリハリがなくなってしまう場合は、ウエストを引き締めましょう。ジャケットの上にレザーや布のベルトを巻いて、くびれを作ります。[3]
    • 大きめのブレザー、トレンチコート、コートに適した方法です。
    • 黒の太いベルトでウエストを強調するか、コートと同じ色の布のベルトでさりげなくウエストを引き締めましょう。
    • ストリートファッション風にまとめる場合は、ベルトの代わりにポップなウエストポーチを使いましょう。

方法 3
方法 3 の 11:
バランスよく見えるように袖をまくる

  1. 1
    袖が長すぎると手が隠れてしまうかもしれません。バランスよく見えるように、袖を数回まくって腕を見せましょう。[4]
    • ジャケットの袖をまくり、下に着ている長袖の袖口を見せると斬新なファッションになるでしょう。
    • ブレザー、コート、デニムジャケットをはじめ、あらゆる種類のオーバーサイズジャケットに適した方法です。
    広告

方法 4
方法 4 の 11:
短い丈のジャケットには体にフィットしたタンクトップやTシャツを合わせる

  1. 1
    ウエスト丈のジャケットには、体にフィットしたトップスがよく合います。[5] ジャケットの下に、ぴったりとフィットしたTシャツ、キャミソール、スポーツブラ、ブラレットなどを着てみましょう。[6]
    • 肌を少し露出するには、クロップトップやバンドゥトップを選びましょう。
    • シャツが少し大きい場合は、体にフィットして見えるように、ウエストを引き締めてヘアゴムで留めましょう。

方法 5
方法 5 の 11:
タイトなボトムスと合わせてコントラストをつける[7]

  1. 1
    シンプルですが、おしゃれに見えるコーディネートです。オーバーサイズジャケットにレギンスや脚にぴったりしたジーンズを合わせると、頭からつま先までのシルエットがきれいに見えるでしょう。[8]
    • オーバーサイズブレザーにレギンスを合わせると、遊びにぴったりのビジネスカジュアルなスーツ風コーディネートになります。
    • オーバーサイズのデニムジャケットをおしゃれにコーディネートするには、デニムのボトムスを合わせてデニムでまとめましょう。
    広告

方法 6
方法 6 の 11:
ジャケットにオーバーサイズボトムスを合わせてストリートファッション風にまとめる

  1. 1
    人目を引く都会的なストリートファッション風のコーディネートです。オーバーサイズジャケットにワイドパンツやストレートジーンズを合わせ、エッジの効いたおしゃれなコーディネートに仕上げましょう。[9]
    • デニムジャケットとジーンズを合わせる場合は、ウォッシュ加工が同じように施されたものを選びましょう。
    • このコーディネートは、ブレザーやトレンチコートなどの体に少しフィットした上着に適しています。

方法 7
方法 7 の 11:
ワンピースにジャケットを合わせてメンズライクなアクセントを加える

  1. 1
    オーバーサイズジャケットと対照的なミニワンピースやミディ丈のワンピースを合わせてみましょう。ひらひらのワンピースやAラインのワンピースにジャケットを合わせて、ガーリーな装いにメンズライクなテイストをプラスします。[10]
    • 花柄のワンピースを合わせると、さらにガーリーな雰囲気になるでしょう。
    • このコーディネートには、ヒールが高いブーツやアンクルブーツを合わせましょう。
    • 寒い日には、脚が冷えないように黒いタイツやレギンスを穿きましょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 11:
上品なパンツを合わせる

  1. 1
    ブレザーやコートをスーツ風に着るコーディネートです。体にフィットしたパンツとブラウスを着て、オーバーサイズコートを重ねましょう。[11]
    • 存在感のある大きいネックレスをつけると女性らしさが増します。
    • このコーディネートには、ヒールが高いブーツやパンプスを合わせてビジネスカジュアルにまとめましょう。

方法 9
方法 9 の 11:
現代風のカジュアルなコーディネートとしてショートパンツを合わせる

  1. 1
    オーバーサイズジャケットにショートパンツを合わせると、コントラストが印象的なコーディネートになります。ストラッピーキャミソールを着てデニムのショートパンツを穿き、その上にジャケットを重ねましょう。[12]
    • オーバーサイズブレザーをこのように着ると、夜のデートにぴったりの少しドレスアップしたコーディネートになります。ストラッピーハイヒールやバレエパンプスを合わせ、小さいクラッチバッグを持ちましょう。
    • デニムのジャケットとデニムのショートパンツは相性が抜群です。厚底スニーカーとスリークォーターソックスを合わせてカジュアルにまとめましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 11:
存在感のあるアクセサリーを合わせる

  1. 1
    オーバーサイズコーディネートに女性らしさをプラスする方法です。存在感のあるネックレス、ぶら下がりイヤリング、時計、太いブレスレットなどは、どれもオーバーサイズジャケットによく合います。[13]
    • 顔に視線を集めるには、大きめのサングラスをかけましょう。

方法 11
方法 11 の 11:
厚底スニーカーやハイヒールを合わせてバランスをとる

  1. 1
    オーバーサイズコーディネートに厚底スニーカーやハイヒールを合わせると、頭からつま先までがきれいにまとまります。ヒールが高いブーツ、コンバットブーツ、厚底スニーカー、パンプスなどは、すべてオーバーサイズジャケットとの相性が抜群のアイテムです。[14]
    • 小柄な人は、厚底ブーツを履くと背が少し高く見えるかもしれません。
    • 色付きのスリークォーターソックスを合わせるとポップな雰囲気になります。
    広告

ポイント

  • オーバーサイズの服をコーディネートする場合はバランスが重要です。上にオーバーサイズジャケットを着たら、下は細めのボトムスを合わせてバランスをとりましょう。
広告

関連記事

ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
防犯タグを外す防犯タグを外す
噛んだファスナーを直す
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
縮んだ服を伸ばす
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
スウェットシャツを縮ませるスウェットシャツを縮ませる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
広告

出典

  1. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  2. https://www.youtube.com/watch?v=bHbUxFzStKI&feature=youtu.be&t=149
  3. https://www.youtube.com/watch?v=8oeschCDhho&feature=youtu.be&t=599
  4. https://www.youtube.com/watch?v=bHbUxFzStKI&feature=youtu.be&t=72
  5. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  6. https://www.youtube.com/watch?v=6YQlkTisEjI&feature=youtu.be&t=64
  7. Dina Scherer. ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー. 専門家インタビュー. 24 August 2021.
  8. https://womens-fashion.lovetoknow.com/What_Is_a_Boyfriend_Blazer
  9. https://www.youtube.com/watch?v=njqTCTBQySY&feature=youtu.be&t=185

このwikiHow記事について

Dina Scherer
共著者 ::
ワードローブスタイリスト、パーソナルショッパー
この記事の共著者 : Dina Scherer. イメージスタイリスト、ワードローブスタイリストのディナ・シェラーは、ニューヨーク市を拠点とする「Modnitsa Styling」の創設者です。カラー分析、スタイル開発、クローゼットの再編成、パーソナルショッピングを専門とし、経験は10年以上。クライアントのパーソナルスタイルの向上と、ライフスタイルに合ったワードローブ作りのお手伝いをしています。ファッション工科大学にて、広告・マーケティング、ファッション・マーチャンダイジングの学位と、イメージ・コンサルティング学の修了証を取得。
カテゴリ: 衣服
このページは 104 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告