PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

肌寒い日はオーバーサイズトレーナーが最適です。正しい着こなしをすれば、お洒落さを損なうことなく快適に過ごすことができます。普段よりも2~3段階大きなサイズを選び、体型を強調できるようなボトムスと合わせましょう。最後に、靴とお気に入りのバッグも添えて完成です。

方法 1 の 3:
服装を考える

  1. 1
    ジーンズと合わせてストリート風の着こなしにする オーバーサイズトレーナーは、タイトなボトムスと合わせれば簡単に今風の着こなしになります。体型が強調されるので、楽をしようとしたのではなく、意図的にトレーナーが取り入れられているような印象を与えます。スキニージーンズやスリムフィットジーンズが特に合うでしょう。あるいは、穴あきのダメージジーンズを合わせると、よりトレンドを意識した着こなしになります。
    • 週末は、中間色のトレーナー、スキニータイプのダメージジーンズ、Timberlandのブーツという着こなしで、友達と遊びに出かけましょう。
    • ジーンズが好きでないという人は、チノパンや麻素材のパンツを試してみましょう。
  2. 2
    スポーツスパッツやレギンスでスポーティーな着こなしにする スポーツスパッツやレギンスは着心地が良いだけでなく、オーバーサイズトレーナーとの相性も抜群です。様々な種類を用意することで、着こなしのマンネリ化を防ぎましょう。様々な色や柄を組み合わせ、お洒落上級者になりましょう。[1]
    • スポーツの練習や試合に向かう日は、スニーカー、スポーツスパッツ、トレーナーという着こなしを試してみましょう。
  3. 3
    楽に着こなしたいのであればバギーパンツを合わせる オーバーサイズトレーナーにゆったり目のボトムスを合わせると、体が実際よりも大きく見えますが、1日中家で過ごす時はとても楽で、ブランケットに包まれているような気分でくつろげるでしょう。[2]
  4. 4
    ワンピースや丈の長いシャツの上から合わせ洗練された着こなしにする トレーナーの下から裾が見えるような丈のワンピースやシャツを選びましょう。ワンピースの上からトレーナーを重ねると、女性らしい見た目の快適な着こなしになります。あるいは、丈の長いシャツの上からトレーナーを合わせると、お洒落な重ね着ができあがります。寒い日でも素敵に着こなせるでしょう。[3]
    • トレーナーの色や柄と対照的なワンピースやシャツを選びましょう。明るく目を引く着こなしになります。
    • ワンピースが好みではないという人は、短パンと合わせてみましょう。
  5. 5
    トレーナーの上からジャケットを羽織る 着こなしにアクセントが加わります。また、ジャケットを合わせることで見た目が引き締まり、体型が強調されます。レザー、スエード、あるいはデニムのジャケットを試してみましょう。[4]
    • オーバーサイズトレーナーの上から羽織るので、ジャケットも普段よりサイズを1つ大きくしましょう。トレーナーを着た状態でジャケットを試着したうえで購入すると良いでしょう。
  6. 6
    トレーナーと同じ色のボトムスを合わせモノトーンにまとめる 流行の最先端の着こなしですが、決して難しくはありません。トレーナーと同じ色のボトムスさえあれば準備は完了です。少し違いを加えたいという場合は、色は合わせつつ素材の異なるボトムスを合わせてみましょう。[5]
    • 例えば、コットン生地のトレーナーとコーデュロイパンツなどを合わせみることができます。
  7. 7
    トレーナードレスで女性らしい着こなしにする 十分な丈の長さがあり、ワンピースとして着ることのできるトレーナー、あるいはトレーナードレスとして仕立てられているトレーナーを選びましょう。可愛らしく快適なので、部屋着や楽な着こなしとして最適です。丈を重視して通常のトレーナーのサイズの大きなもの選ぶと袖が余ってしまうという場合は、元から丈が長いトレーナーを選びましょう。「ロング」といった言葉が商品名に含まれているれば、袖は通常のままで丈が長くなっているはずです。[6]
    • キャンバス生地のスニーカーやアンクル丈のブーツと合わせると、素敵な外着になります。
    • 気温が低く脚が寒く感じられる日はレギンスも加えましょう。
    広告

方法 2 の 3:
小物を加える

  1. 1
    スニーカーやキャンバス生地の靴を合わせてスポーティーに着こなす スポーツのチームロゴなどがプリントされているトレーナーを着るのであれば、同じようにスポーティーな靴で揃えましょう。快適に過ごすことができるだけでなく、お洒落さも醸し出されるので、気楽な外出やスポーツの練習といった目的の外出にも適しています。[7]
    • 黒のトレーナー、黒のスポーツスパッツとスニーカーという組み合わせにすると、モノトーンのお洒落さが加わります。
  2. 2
    ブーツを合わせ、より今風にする お気に入りのブーツを組み合わてみましょう。着こなし全体がぐっと華やぎます。アンクル丈、ニーハイ、あるいはワークブーツを試してみましょう。最近人気を集めているブーツで、オーバーサイズトレーナーとの相性も抜群です。好みのブーツが靴屋さんで見つからなかった時は、ネットショッピングも試してみましょう。[8]
    • アンクル丈のブーツと合わせるのであれば、短パンと柄の入ったレギンスも取り入れてみましょう。お洒落かつ着心地の良い着こなしになります。
  3. 3
    気温が高い時はサンダルを合わせる 気温の高い中、沢山歩く予定がある日は、サンダルやオープントウのぺったんこ靴を履いてみましょう。夏場に適しているだけでなく、ゆったりとして楽なトレーナーとは対照的なアイテムを足元に合わせることで、お洒落度が高まります。[9]
    • トレーナードレスとお気に入りのサンダルという組み合わせにすると、快適さと可愛らしさの両方を取り入れることができます。
  4. 4
    バッグを添えて洗練された雰囲気を醸し出す オーバーサイズトレーナーを部屋着に見せないようにしたい時は、バッグがかなり役立ちます。すっきりとしたデザインのハンドバッグ、本革のブリーフケース、あるいはクラッチバッグなどを用意しましょう。バッグを持つことがあまり好きでないという人は、お気に入りのバックパックを合わせてみましょう。[10]
    • オーバーサイズトレーナーはとても目立ちます。バッグを取り入れることで視点を分散させ、その日のお洒落を際立たせましょう。
  5. 5
    外出時はサングラスを着用する サングラスは外出時に実用的な役割を果たすだけでなく、お洒落の要素としても優れています。トレーナーの着こなしにアクセントを加えたい時にも最適です。ディアマンテで装飾されたものできらびやかに見せても、スポーティーな着こなしに合わせてスポーツ用のものを着用しても良いでしょう。[11]
    • 洋服やアクセサリーを取り扱っている店舗でサングラスを探したり、オンラインショップを見てみましょう。顔の形にあったものを選ぶことがポイントです。
    • 偏光サングラスは目の保護機能に優れています。
  6. 6
    帽子も加える その日の服装に個性を加えたい時は帽子を試しましょう。日光を遮る役割も果たします。服装と相性の良い帽子を選ぶことがポイントです。例えば、スポーティーなトレーナーを着ている日は野球帽が似合います。普段着のトレーナーであれば中折れ帽を試してみましょう。[12]
    • 帽子を変えると、簡単に雰囲気が変わります。
  7. 7
    ジュエリーを着用して豪華に見せる お気に入りのブレスレット、ネックレス、あるいはイヤリングなども着用しましょう。カジュアルな着こなしに豪華さや個性が加わります。ブレスレットを着用するのであれば、袖をまくり、あえて見せるようにしましょう。[13]
    広告

方法 3 の 3:
トレーナーを選ぶ

  1. 1
    袖をまくり上げたい時は長袖のものを選ぶ オーバーサイズトレーナーは袖をまくった着方がいわば鉄板です。普段よりも袖が6~7センチほど長くなるようトレーナーを選びましょう。長さに余裕を持たせることで、まくり上げたり折り曲げることが可能になります。[14]
    • 袖口があるトレーナーであれば、折り曲げやすいでしょう。
  2. 2
    「オーバーサイズ」という文言が商品名に含まれているトレーナーを選ぶ 洗練された着こなしを目指しているのであれば、ゆったり目に着こなすことを想定して仕立てられているトレーナーを選びましょう。腕や肩がだらしなくなることもなく、それ以外の部位がゆったりとした作りになっています。[15]
    • このような表記はシールやタグなどに含まれていることが多いので探してみましょう。オーバーサイズトレーナーが見つからない場合は、店員に尋ねてみても良いでしょう。
  3. 3
    普段よりもサイズを2つ大きくする 背が高い人はサイズを3~4つ大きくしましょう。必ず試着をして着心地を確認してから購入しましょう。ゆったりとした見た目で、袖口が普段よりも長くなっているトレーナーを目安としましょう。[16]
    • 普段より1つしかサイズが変わらないトレーナーでは、オーバーサイズというよりも「ダサい」という印象を与えてしまう可能性があります。
  4. 4
    着回しを重視する場合は中間色のトレーナーを選ぶ パステルカラーや黒系、灰色系、あるいは白系の色はどれも着回しがしやすく、色も合わせやすいでしょう。自分のスタイルに合った色合いを探しましょう。[17]
    • 既に持っている衣類の色を確認し、相性の良いトレーナーを考えて選びましょう。例えば、パステルカラーの服が多いのであれば、灰色や黒系のトレーナーがあると便利です。
    広告

ポイント

  • 自分のスタイルに合うトレーナーを見つけましょう。大胆さと遊び心があるものにも挑戦してみましょう!
広告

関連記事

噛んだファスナーを直す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
絞り染めTシャツを作る
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
革に付いた油染みを落とす
衣類のゴムを伸ばす衣類のゴムを伸ばす
色褪せた黒の衣類を復活させる色褪せた黒の衣類を復活させる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 218 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告