オーブンでティラピアを調理する方法

この記事には:ホイル焼きオーブン焼き直火焼き出典

ティラピアは味付けがしやすい淡白な白身魚です。短時間で調理ができて、下ごしらえも比較的簡単です。オーブンで焼いたりアルミホイルで包み焼きにしたりと、様々な方法で調理できます。ティラピア調理の際は、家にある器具や好みに適した調理方法を選ぶことが大切です。

材料

4人分

  • ティラピア 4切れ
  • レモン汁 30 ml
  • 溶かしバター、またはマーガリン 15 ml
  • 黒コショウ 2.5 ml
  • 粉チーズ 60 ml(お好みで)
  • 輪切りにしたミニトマト 2個(お好みで)

1
ホイル焼き

  1. 1
    オーブンを230ºCに予熱します。切り身を包むのに十分な大きさの厚めのアルミホイルを4枚用意します。
    • 焦げつき防止加工のされたアルミホイルを使えば、アルミホイルに魚の皮がこびりつきません。
  2. 2
    溶かしバターを塗りましょう。バターをまんべんなく塗って焦げつきを防ぎ、同時に風味を加えます。
    • ホイル焼きにすると魚に直接火が当たらないために焼き色はつきません。そのため、必ずしもバターを使う必要はなく、バターの代わりにオリーブオイルを使うと健康にもよいでしょう。
  3. 3
    味付けをします。レモンのしぼり汁と黒コショウを切り身に均等に振り掛けましょう。
    • お好みでバジルなどの新鮮なハーブ(15 ml以下)を刻んで使ってもよいでしょう。
  4. 4
    トマトを乗せます。スライスしたトマト3、4切れを切り身の上に並べます。
    • トマトは加えなくても構いませんが、ホイル焼きでは野菜の風味が魚に移ってより深い味を作り出すため、何かしらの野菜を加えるとより風味よく仕上がります。
    • みじん切りにした青ねぎやタマネギ、ピーマンなどを載せてもよいでしょう。
  5. 5
    アルミホイルで魚を包みます。アルミホイルでティラピアと野菜をゆるめに包み、浅めのベーキングシートに載せます。
    • 包みの上部に小さな隙間を残し、蒸気が内部に溜まりすぎないようにしましょう。
  6. 6
    20分間焼きます。[1]切り身が完全に白くなり、フォークでほぐれるようになるまで火を通します。
  7. 7
    温かいうちにいただきましょう。アルミホイルを開けて蒸気を外に逃がしてから、お皿に盛りつけます。
    • お好みで粉チーズを振りかけましょう。

2
オーブン焼き

  1. 1
    オーブンを190ºCに予熱します。[2]ベーキングシートの上にクッキングシートを敷いておきましょう。
    • 焦げつき防止用のスプレーや焦げつき防止加工のされたアルミホイルを使うこともできます。その場合、レモンのしぼり汁(酸性)とアルミホイルが化学反応を起こさないように、なるべく良質なアルミホイルを使いましょう。
  2. 2
    切り身をすすぎます。ティラピアを冷水で洗いましょう。
    • 清潔なペーパータオルの上に切り身を置き、軽く叩いて水気を取ります。水分はしっかりと拭き取りましょう。
    • 上記の作業は必須ではありませんが、切り身が完全に解凍できていなかったり、新鮮な魚のぬめりが残っていたりする場合には、水洗いをしたほうがよいでしょう。
  3. 3
    レモンのしぼり汁と溶かしバターを混ぜます。ラメキン皿などの小さな器に入れてほぼ完全に混ざり合うまでかき混ぜます。
    • この調理法ではバターを使うときれいな焼き色がつきます。
    • レモンの風味を強調したい場合は、レモン汁を大さじ3、4杯(45~60 ml)まで加えることができます。
  4. 4
    切り身をベーキングシートの上に置きましょう。ティラピアは重ねず、等間隔に並べます。
  5. 5
    味付けをします。切り身の上にバターとレモンジュースを混ぜたものを均等にかけ、黒コショウを振ります。
    • このときにお好みの調味料を追加することもできます。レモンの風味を引き立てるものとしてはオニオン、ガーリック、パセリ、ディル、バジル、オレガノなどがあります。ガーリックパウダーやオニオンパウダーなどの濃縮パウダーを使う場合には小さじ1/4(1.25 ml)以下、ハーブの場合は乾燥ハーブで小さじ1(5 ml)以下、生のもので大さじ1(15 ml)以下を目安に使いましょう。
  6. 6
    オーブンで焼きます。190ºCで焼けばおよそ20分から30分ほどで焼き上がります。[3]
    • ティラピアの身全体が完全に白くなってフォークで簡単にほぐれるようなら、しっかりと焼き上がっています。
    • 焼き上がる5分から10分ほど前にお好みで粉チーズをかけるのもよいでしょう。
  7. 7
    温かいうちにいただきましょう。熱々のままでも常温に冷ましてからでもおいしく召し上がれます。

3
直火焼き

  1. 1
    ブロイラーを予熱します。焦げ付き防止のオイルスプレーをブロイラーの網に軽くかけておきましょう。
    • 予熱時間は5-10分程度です。
    • 「高温」と「低温」に調節できるブロイラーの場合は「高温」を選択してください。
    • ティラピアは肉類ほど脂質分が多くないため、油脂があまり溶け出しません。そのため、ブロイラー内の網にティラピアが焦げ付かないように、オイルスプレーを使う(または油を塗る)必要があります。
  2. 2
    ティラピアをすすぎます。流水でティラピアの切り身を軽く洗い、ぬめりをよく洗い落とします。
    • 清潔なペーパータオルでしっかりと水気を切ります。
  3. 3
    レモンのしぼり汁とバター、黒コショウを小型の器に入れて、よく混ぜ合わせます。
    • 刻んだハーブやオニオンパウダーなどの調味料をお好みで加えるのもよいでしょう。濃縮パウダーを使う場合には小さじ1/4(1.25 ml)以下、ハーブの場合は乾燥ハーブで小さじ1(5 ml)以下、生のもので大さじ1(15 ml)以下を目安に使いましょう。
  4. 4
    ティラピアの切り身をブロイラーの網に載せます。切り身は重ならないように等間隔で並べ、先ほど作ったレモンとバターを混ぜたものを薄く塗ります。
  5. 5
    4~6分ほど加熱して1度裏返します。[4] 切り身を載せた網はブロイラーの上段に置き、切り身がブロイラー上部の発熱部から10cm以内にくるようにしましょう。2,、3分経ったら切り身を裏返して再び加熱します。
    • 切り身を裏返す際は魚用または平たい耐熱性のヘラを使いましょう。トングを使うと切り身が崩れてしまう場合があります。
    • 両面を均等に加熱するために切り身は必ず裏返しましょう。
  6. 6
    粉チーズを切り身の上に散らして、再び加熱します。チーズを乗せた後は、2分間またはチーズが溶けて少し焼き色がつくまで加熱しましょう。
    • この時点で魚にはしっかりと火が通っているはずです。色が完全に白くなってフォークで簡単にほぐれるようになったら、完全に火が通っています。
    • お好みで粉チーズを載せます。チーズを載せない場合でも、さらに2分間加熱する必要があります。
  7. 7
    温かいうちにいただきましょう。ブロイラーから出して2、3分ほど冷ましたら食べ頃です。

必要なもの

  • ラメキンやカスタード皿など小さめのボウル
  • 浅めのベーキングシート
  • ブロイラーの網
  • 焦げ付き防止用オイルスプレー
  • クッキングシート
  • アルミホイル
  • 耐熱性のヘラ
  • フォーク

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 魚介類・海鮮

他言語版:

English: Cook Tilapia in the Oven, Italiano: Cuocere la Tilapia al Forno, Español: cocinar tilapia en el horno, Português: Cozinhar Tilápia no Forno, Deutsch: Tilapia im Backofen zubereiten, Français: cuisiner du tilapia au four, Русский: приготовить тилапию в духовке, Nederlands: Tilapia bereiden in de oven, 中文: 烤罗非鱼, Bahasa Indonesia: Memasak Ikan Tilapia di Oven, Čeština: Jak upéct tilapii v troubě, العربية: طهي السمك البلطي في الفرن, Tiếng Việt: Chế biến Cá rô phi Bằng Lò nướng, ไทย: อบปลานิลด้วยเตาอบ, 한국어: 틸라피아 오븐 구이 만드는 방법

このページは 1,255 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?