オーブンでロンドン・ブロイルを調理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 26 出典

この記事には:肉をマリネするブロイラーを使用する一般的なオーブンを使用するフライパンで表面を焼く

誤解されがちですが、ロンドン・ブロイルは肉の種類ではなく調理方法を意味しています。フランクやトップラウンド等の固めの牛肉をマリネし、オーブンの中で高温で焼いていく方法です。柔らかい食感に仕上がり、一口ごとにジューシーな味わいを楽しむことができるでしょう。

材料

  • フランクまたはトップラウンドの牛肉675グラム
  • みじん切りにしたニンニク5片分
  • 塩小さじ1(5ml)
  • 辛口の赤ワイン1/4カップ(60ml)
  • バルサミコ酢1/4カップ(60ml)
  • 醤油大さじ1(15ml)
  • ハチミツ小さじ1(5ml)

およそ6人前の分量です。

1
肉をマリネする

  1. 1
    マリネ液を合わせる ガーリック、塩、赤ワイン、バルサミコ酢、しょうゆ、ハチミツを大きなボウルの中で混ぜ合わせましょう。重みのあるソースのような質感に変化するまで材料をしっかりと泡だて器でかき混ぜます。[1]
    • ニンニクは鋭いナイフを使用して手作業でみじん切りにするか、ブレンダーやフードプロセッサーにかけてペースト状にしましょう。[2]
    • 調理時間を少しでも短縮したい人は、液体状の材料と塩をニンニクと一緒にブレンダーにかけて、お好みの加減に仕上げても良いでしょう。
    • この作り以外のお気に入りのマリネ液のレシピを用いることも、もちろん可能です。一般的なサイズにカットされている肉一切れに対して240ml程の分量を用意しましょう。[3]
  2. 2
    フォークやナイフの先端を使って肉に穴を開ける フォークやナイフを使って肉の最も厚みのある部分に何列も穴を開けていきましょう。肉に貫通させることで、マリネ液がより浸透し、味わいと柔らかさが内側から増していきます。[4]
    • マリネする時間があまりない時は特に、この作業が役に立ちます。
    • マリネ液に浸す前に肉に穴を開けることは必須というわけではありません。そのままでも酸性の酢が固めの肉も徐々に分解していきます。
  3. 3
    マリネ液に肉を浸す 大きなボウル、あるいは頑丈な密閉式のプラスチック袋に肉を入れましょう。そして肉のすべての部分にマリネ液がつくよう、液を上からゆっくりとかけていきます。この処理が完了したら袋を閉じるか、ボウルの場合はラップをかけましょう。
    • 肉が完全に液に浸かっている状態にすると上手く仕上がります。完全に浸からない場合は容器を少し小さめのものに変えるか、さらにマリネ液を付け足しましょう。
  4. 4
    冷蔵庫で4~24時間漬け込む 一晩寝かせておくことができると理想的です。それが無理であっても、事前に肉に穴を開けておき4~5時間漬け込むことができれば味も染み込んでいます。寝かせる時間が長いほど、味がしっかりと染み込んでいきます。[5]
    • プラスチック袋に寝かせている時は、数時間ごとに袋の向きを変えて、マリネ液が均等に染み込むようにしましょう。
    • 24時間以上寝かせないよう注意しましょう。逆に肉が固くなったり、表面が食欲をそぐようなドロッとした食感になってしまうことがあります。[6]

2
ブロイラーを使用する

  1. 1
    ブロイラー(肉焼き器)を予熱する 肉を準備しながらブロイラーを温め始めましょう。ブロイラーの多くには、オン、オフの設定しかありません。高温、低温といった温度調節機能も備わっている場合は、高温に設定しましょう。[7]
    • ベーキング用の天板でなくブロイラー用の天板を使うようにしましょう。ブロイラー用の天板にはラックが備え付けられていて、肉から滴りおちる油で火事が起きないように作られています。
    • 天板に調理用オイルをスプレーがけしましょう。又は、肉がくっついてしまうことが心配であればアルミホイルを敷いておきましょう。[8]
  2. 2
    肉からマリネ液を落とす 肉を冷蔵庫から取り出し、マリネ液から引き上げます。マリネ液は捨てずにとっておき、焼いている肉の表面に一定時間おきに塗っても良いでしょう。
    • 液を再利用して調理済みの肉に塗りつけないようにしましょう。有害なバクテリアで肉を汚染してしまう恐れがありません。[9]
  3. 3
    肉をブロイラー用の天板に移動する マリネが完了した肉を注意深く天板のラックの上に置きましょう。肉が動いてしまうことを防ぎ、火が均等に通るよう、平らに寝かすようにしましょう。
  4. 4
    直火で4~6分焼く 天板をオーブンの中、ブロイラーの真下に配置しましょう。均等な焼き加減になるよう、両側それぞれに同じ時間をかけて加熱するようにしましょう。[10]
    • レアがお好みの人は、片側4分ずつ、合計8分を目安に調理しましょう。10分ブロイルすると、ほとんどの場合ミディアムレアに仕上がります。ミディアムウェルに仕上げたいという場合、ロンドンブロイルを12分間きっちり調理すると考えておいて良いでしょう。
    • 調理時間を把握できるようにタイマーをセットしましょう。
  5. 5
    肉を裏返し、さらに4~6分焼く 天板を部分的にオーブンの外まで引き出し、トングを使って肉を裏返します。そして面を焼いた時と同じ時間にタイマーをリセットします。
    • お好みで、このタイミングで残しておいたマリネ液を塗ると良いでしょう。
    • 天板に触れるときは鍋つかみを装着し、手を熱から守りましょう。
  6. 6
    出来上がっているか確認する 最も厚みのある部分に切り込みをいれ、中の色を見てみましょう。中心部分が濃い赤の場合はレア、マイルドなピンク色の時はミディアムレアからミディアムの焼き上がりを意味しています。中心部がドライで、茶色く焼きあがっている時はウェルダンの焼き加減です。[11]
    • ロンドン・ブロイルが食べられる状態になっているのか、より正確に把握したい人は、肉用の温度計を用いて内部の温度を測りましょう。赤身肉は最低でも63℃になるまで火を通すのが目安です。[12]
    • 焼きすぎに気をつけましょう。火を通すほどに出来上がった肉からジューシーさと味わいが奪われます。
  7. 7
    食べる前に10分ほど寝かす 天板をオーブンから取り出し、ガス台の上といった耐熱性のある平面に置きましょう。こうすることで肉汁が落ち着き、安全な温度まで下がります。この間、天板や肉自体に手で触れないよう注意しましょう。とても熱くなっています。[13]
    • ロンドン・ブロイルを食べる時は肉の繊維の方向に対して垂直にスライスするか、通常のステーキのように一口ずつ切りましょう。[14]
    • 最後に肉が残った場合は密閉式の容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう。正しく保管されていれば3~4日ほど日持ちします。[15]

3
一般的なオーブンを使用する

  1. 1
    オーブンを204℃に予熱する 「焼き調理」に設定するか「対流(コンベクション)」機能を利用して全体的な調理時間を5~10分短縮しましょう。時間を有効に使うために、肉の準備をしながら予熱を始めましょう。
    • コンベクション機能を使う場合は温度を191℃に落とし、より効率的に加熱調理を行いましょう。こうすることで中に火が通る間に外側が焼きあがってしまうことを防ぎます。[16]
  2. 2
    マリネが完了した肉をアルミホイルで包み、天板に置く 余分なマリネ液を落としたら、頑丈なアルミホイルを敷いて、その上から肉を置きましょう。アルミホイルで肉を包み閉じましょう。アルミホイルが小さな箱のように機能し、熱を閉じ込めるだけでなく、調理中に肉汁を逃がさないようにする役割を果たします。
    • アルミホイルは緩めに包みましょう。できる限り熱を閉じ込めたいと考えてしまいがちですが、アルミホイルのなかで空気を循環させることも重要です。
    • アルミホイルを閉じる前に、お好みで小さく切った野菜を一緒に中に入れても良いでしょう。ピーマンや玉ねぎといった野菜のスライスは火の通りも比較的早く、扱いやすいでしょう。[17]
  3. 3
    45~50分加熱調理する 天板をオーブンの中段にセットします。扉を閉め、調理時間を把握できるようタイマーもセットしましょう。
    • オーブンのコンベクション機能はブロイラーよりも均等に加熱することができるため、調理中に肉を裏返す必要はありません。
    • 45~60分加熱するとミディアム程度の焼き上がりになります。レアがお好みの人は12~15分短縮しましょう。同様にウェルダンがお好みの人は調理時間を10~15分追加すると良いでしょう。
  4. 4
    肉をオーブンから取り出し、アルミホイルを剥がす アルミホイルは、蒸気を反対側に逃がすために自分の方に向かって持ち上げるようにして、角から注意深く剥がしましょう。蒸気がほぼ外に逃げたようであれば、残りのアルミホイルも剥がしましょう。[18]
    • アルミホイルを剥がす際は、中から出てくる蒸気がとても熱くなっているので気をつけましょう。必要に応じてトングや鍋つかみを用意して手を守りましょう。
    • このタイミングで肉を切ってみて、お好みの焼き加減になっているか確認しましょう。
  5. 5
    食べる前に5~10分肉を休ませる 少し冷ました後でスライスしましょう。この時、繊維の方向に逆らって切るようにしましょう。アルミホイルの底に集まった肉汁を上からかけると、より味わいが増します。
    • 残った肉は密閉式の容器にいれて冷蔵庫で保管し、3~4日以内に食べきりましょう。

4
フライパンで表面を焼く

  1. 1
    オーブンを163℃で予熱する この方法で調理する時は、まず熱したフライパンで肉の表面に焼き色をつけ、次にオーブンで仕上げます。肉をフライパンで焼いている間にオーブンを適切な温度に熱しておくと良いでしょう。[19]
    • 4~5センチ以上の厚みがある肉を使う場合は、177℃まで予熱温度を上げましょう。
    • 並行作業は、厚めの肉を調理する際、時間短縮につながるので特に便利です。オーブンで焼く時間が短いほど、肉のジューシーさも増します。
  2. 2
    大さじ2杯の油を大き目のフライパンで熱する 油を流し入れ、フライパンを全方向に傾けて、均等に伸ばしましょう。ガス台で3~4分かけてじっくりとフライパンを温めましょう。油が少し揺らぎ始めたら肉を投入するタイミングです。[20]
    • 焼き色を付けるといった強い熱を活用するテクニックを用いるときは、エクストラバージンオリーブオイルやキャノーラ油のような煙点の高い油を使用しましょう。[21]
  3. 3
    肉の両面をそれぞれ3~4分ほど熱し、焼き色をつける 熱くなったフライパンに肉を投入し、フライパンの底に対して平らになるよう上から押しつけましょう。2~3分経過したころに焼け具合を確かめましょう。表面が少し固くなり赤みがかった茶色になっていれば、肉をひっくり返し、さらに反対側も2~3分焼いていきましょう。[22]
    • 油がはねてしまわないよう、調理を開始する前に肉は室温に戻し、フォークやトングを使ってフライパンの中に置くようにしましょう。[23]
  4. 4
    焼き色をつけた肉をオーブンで15~20分加熱調理する フライパンを火から下ろし、そのままオーブンの中段に移動させましょう。お好みの加減になるまでオーブンで焼いていきます。すでにガス台である程度の調理を終えているので、あまり時間はかからないでしょう。[24]
    • 使用するフライパンがオーブンで使用できるものであるか確認しましょう。調理器具の中にはオーブンでの使用を想定して作られていない製品もあります。
    • 肉の中心部に薄い切れ目をいれ、肉用の温度計で内部の温度を測りましょう。60℃未満はレア、68~71℃はミディアム、74℃以上はウェルダンに焼きあがっています。[25]
  5. 5
    肉を5分間休ませる オーブンをオフにします。フライパンを取り出し、ガス台や耐熱性のある平面に置いて冷ましましょう。数分で食べやすい温度まで下がります。キャラメリゼされパリッとした表面とジューシーな中の肉を楽しむことができます。[26]
    • 熱くなった調理器具をオーブンから取り出す際は必ず鍋つかみやタオルを使いましょう。
    • フライパンで焼き色を付けた料理は、出来たてを食べるのが一番です。それでも、密閉式の容器に入れて冷蔵庫で保管しておけば残り物でも十分に楽しむことができるでしょう。風味と食感が失われてしまわないよう、3~4日で食べきりましょう。
  6. 6
    完成 

ポイント

  • ローストポテト、グリルアスパラガス、サラダ、ディナーロール等のお好みのヘルシーな副菜と一緒にロンドン・ブロイルを食卓に並べましょう。

必要なもの

  • ブロイラー用天板
  • 通常のオーブン用天板
  • 大き目のフライパン
  • ブレンダー又はフードプロセッサー
  • トングまたは肉用フォーク
  • マリネ液を塗る刷毛
  • 大き目のボウル
  • 再密閉可能なプラスチック袋
  • アルミホイル
  • 鋭いナイフ

出典

  1. http://www.foodnetwork.com/recipes/cooking-live/grilled-marinated-london-broil-recipe/index.html
  2. https://www.cooksillustrated.com/articles/271-how-to-mince-garlic
  3. https://www.theseasonedmom.com/london-broil-marinade/
  4. https://www.gq.com/story/flank-steak-recipe
  5. https://www.tablespoon.com/posts/how-to-cook-a-classic-london-broil
  6. https://www.bonappetit.com/story/how-long-to-marinate-meat
  7. https://www.thekitchn.com/kitchen-basics-how-to-use-your-112585
  8. https://www.bhg.com/recipes/how-to/cooking-basics/how-to-broil/
  9. https://www.thespruceeats.com/marinating-dos-and-donts-1328687
続きを 表示する… (17)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 調理法

他言語版:

English: Cook London Broil in the Oven, Español: cocinar asado londinense en el horno, Italiano: Cucinare la Carne alla London Broil, Русский: приготовить мясо по лондонски, 中文: 用烤箱烹饪伦敦烤肉, Deutsch: Ein Steak nach London Broil Art im Ofen zubereiten, Français: préparer une viande marinée, Bahasa Indonesia: Memasak London Broil dalam Oven, Čeština: Jak připravit hovězí steak stylem London Broil, Nederlands: Vinkenlap of London broil bereiden, العربية: طهي لحم الستيك المشوي في الفرن, ไทย: อบเนื้อวัวส่วนคอถึงไหล่ (London broil) ในเตาอบ, Tiếng Việt: Chế biến thịt London Broil bằng lò nướng, 한국어: 런던 브로일 스테이크 만드는 법

このページは 343 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?