PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ゆで卵をゆでて作るのは、今や古いやり方です。この記事で紹介する方法は、単純に「オーブンに入れる」だけとはいきませんが、始めから終わりまで誰にでもできる簡単な作業のみで、美味しいゆで卵ができあがります。お湯を沸かす、タイマーをセットする等、手のかかる作業はもうやめて、まずはこの記事を読んでみましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
オーブンで卵を焼く

  1. 1
    オーブンを160ºCに予熱する オーブンの焼き加減が弱い場合や、大きいサイズの卵を10個ほど一気に焼く場合は、予熱温度を180ºCに上げます。
  2. 2
    卵をマフィン型に入れる 小さいサイズのマフィン型があれば、そちらを使いましょう。卵が大きく揺れ動く心配がなくなります。
    • マフィン型の全部に卵を入れるのでない場合は、卵を中央に集めて配置します。型全体の重さのバランスがとれているほど、成功しやすくなります。
  3. 3
    予熱が完了したら、マフィン型をオーブンに入れて、タイマーを30分にセットする オーブンをスタートしたら、卵を固ゆでにする作業は完了です。焼き上がりの時間まで、お気に入りのテレビドラマを見たり、読みかけの本を読んだり、家の周りを一周ジョギングするなどして待ちましょう。
    • 卵をオーブンで焼く際に、殻に茶色の点々が出てくることがありますが、不安になる必要はありません。次に続く手順で卵を水に浸したときに、この茶色の点々はすべて消えてなくなります。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
固ゆで卵を仕上げる

  1. 1
    卵の焼き時間が終わる前に、卵が全部入る大きさのボウルに氷水を入れて準備しておく 卵が余熱で熱せられて黄身の周りが緑っぽく変色するのを防ぐためです。同時に、殻をむく前に卵が冷るのを待つ時間も短くなります。
  2. 2
    卵をオーブンから取り出したら素早く氷水に入れる オーブンから出したばかりの卵はとても熱いため、トングを使うなどして指を火傷しないようにしましょう。冷水に10分間浸しておきます。
  3. 3
    卵を冷水から取り出して殻をむく 卵の殻は「滑り落ちる」ように簡単に剥がれるはすです。このできあがりの良さを知ったら、今後はもう卵をゆでようと思わなくなるかもしれません。そのまま食べたり、デビルドエッグ(アメリカ料理)にしたり、サラダに使ったりして、残ったゆで卵は保存しておきます。
    • この方法は、イースター(キリスト教圏の祭日)の準備に役立つかもしれません。色付け用の卵を大量に準備する際に、このオーブンで焼く方法を使えば、ストレスを感じることなく固ゆで卵を作ることができるしょう。
    広告

ポイント

  • これは、ゆで卵を使った料理を作る際に、とても役に立つ方法です。実際にゆでてゆで卵を作るときよりも、崩れてしまう卵が少なく済むはずです。
  • この方法を使うと、卵の薄皮をむく必要もなく、とても簡単殻をむくことができます。(ゆでて作る場合はこうはいきません。)
  • オーブンから取り出して直ぐには、卵の殻に茶色の点々が現れている場合がありますが、冷水に浸したときに消えてなくなります。
広告

必要なもの

  • マフィン型
  • 氷水を入れる容器
  • トング

関連記事

卵に火が通っているかを確認する
むきにくいゆで卵の殻をむく
電子レンジでベーコンを調理する
プロテインパンケーキを作る
ワッフルメーカーを使う
電子レンジでスクランブルエッグを作る
パンケーキを作る
ベーコンを調理する
ピーナッツバター&ジェリーサンドを作る
牛乳を使わずにスクランブルエッグを作る
卵を割る
シリアルを食べるシリアルを食べる
牛乳を使わずにフレンチトーストを作る牛乳を使わずにフレンチトーストを作る
卵3つでフワフワのオムレツを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,240回アクセスされました。
カテゴリ: 朝食 | 食・おもてなし
このページは 1,240 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告