オーブンを予熱する方法

3 方法:電気オーブンを予熱するガスオーブンを予熱する標高の高い場所でオーブンの予熱をする

オーブンで調理をする前に、オーブンを適切な温度に予熱しておく必要があります。オーブンのスイッチを入れるのは数秒ですが、設定温度に達するまでには数分かかります。オーブンのスイッチを入れて、設定温度までオーブンを熱することを「予熱する」と言います。オーブンが設定温度に達するまで時間がかかるので、多くのレシピには料理を始める前に予熱するように勧めています。ここでは、電気オーブンとガスオーブンの予熱の手順を説明します。

1
電気オーブンを予熱する

  1. 1
    料理を始める前に、オーブンの予熱をします。電気オーブンは設定温度に達するのに10~15分かかることもあります。オーブンに入れる食材の下ごしらえをするのに充分な時間です。下ごしらえに15分以上かかる場合は、下ごしらえの途中でオーブンの予熱を始めましょう。
  2. 2
    オーブンを開けて、中に何も入っていないことを確認します。オーブンの中に収納している天版などを出しておきましょう。
  3. 3
    必要に応じて、オーブン内の棚の高さを調節します。オーブンの棚は中段においてあることが多いのですが、料理するものによっては高さの調節が必要です。レシピを確認し、適切な高さに棚を設置します。オーブンの内側面に棚をかけるちょっとした突起があります。
    • 表面を茶色くパリパリに仕上げる料理、例えばキャセロールやラザニアなどは通常オーブンの上段で調理します。[1]
    • レシピに特に記載がなければ、ケーキやクッキー、カップケーキなどは中段で調理します。
    • 底の部分を茶色くパリパリに仕上げる料理、例えばフラットブレッドやピザなどは下段で調理します。[2]
  4. 4
    オーブンのスイッチを入れて温度を設定します。レシピを確認し、適切な温度に設定しましょう。設定温度はレシピの初めのほうに記載されています。ノブを握り、押しながら印が設定温度を指す場所まで回します。
  5. 5
    オーブンが設定温度に達するのを待ちます。新しいオーブンには、庫内の温度を表示する箇所や設定温度に達するとブザーが鳴るものもあります。また、小さなライトが点灯して予熱の完了を知らせるオーブンもあります。このようなライトは通常オーブンの温度設定ノブの横に付いています。
    • 予熱に10~15分くらいかかるオーブンが多くあります。
    • 旧式のオーブンには温度設定のダイヤルがなく、オンとオフのスイッチだけのものもあります。その場合は、スイッチをオンにして、10~15分待ってから食材をオーブンに入れて調理しましょう。[3]
    • オーブンの温度計を確認します。実際のオーブン内の温度と設定温度に差がある場合もあります。オーブン内に付属のオーブン温度計を確認すると、正確な庫内の温度がわかります。予熱の完了を知らせるライトの点灯や、ブザー音を待つよりもオーブン温度計で温度を確認しましょう。
  6. 6
    オーブンに食材を入れ、レシピ通りに調理します。特に指示がなければ、オーブンの扉をしっかりと閉め、確認のために途中で開けないようにします。調理中にオーブンのドアを開閉すると、熱が放出され調理に時間がかかります。[4]
    • 多くを一度に焼くために棚を2段以上使用する場合は、食材が平行にならないように、ずらして置きましょう。そうすると、オーブン内の熱風が食材の周りを循環し、均等に熱が伝わります。

2
ガスオーブンを予熱する

  1. 1
    喚起に気を付けます。ガスオーブンはガスで熱をおこすので、電気オーブンに比べて煙が出ます。窓を開けるなどして、充分な喚起を心がけましょう。
  2. 2
    オーブンを開けて中に何も入っていないことを確認します。天版などを収納している場合は取り出しておきましょう。
  3. 3
    必要に応じて棚の高さを調節します。料理によっては、焼き加減が均等になるように棚の高さを調整する必要がある場合があります。レシピに従って適切な高さに設定しましょう。棚を引き出し、適切な高さに入れます。オーブン内には棚をかける突起があります。
    • キャセロールやラザニアのような、表面を茶色くパリパリに仕上げる料理は一般的に上段で調理します。
    • ケーキやクッキー、カップケーキなどはレシピに特に記載がなければ中段で調理します。
    • 底を茶色くパリパリに仕上げる料理、例えば、フラットブレッドやピザなどは通常下段で調理します。
  4. 4
    オーブンの点火方法がパイロットライトか電気かを見極めます。点火方法次第でスイッチの入れ方や温度の設定の方法が異なります。旧式のオーブンはパイロットライトを使用しており、比較的新しいオーブンは電気で点火する仕組みになっています。オーブンの点火方法を見極めるには
    • パイロットライトの場合はスイッチを入れる前に、温度によって大きさの変わる炎が見えます。
    • 電気での点火の場合は、オーブンのスイッチを入れ温度をセットするまで炎を見ることはありません。
  5. 5
    パイロットライトを使用するオーブンは、まずスイッチを入れ温度を設定します。ノブを軽く押してから回す必要があるかもしれません。
    • 温度の代わりにガスの温度レベルが表示してあれば、レベルを温度に変換して考える必要があります。インターネットの変換ツールなどを利用しましょう。
    • パイロットライトが消えたり、使用のたびにパイロットライトに点火しなくてはならないオーブンもあります。この場合は、温度設定のノブをオフにしてパイロットライトを探します。マッチに火をつけてパイロット穴のそばに炎を近づけます。パイロットライトに点火したらマッチの火を消します。パイロットライトが点火しなければ、設定温度を少し上げましょう。[5]
  6. 6
    オーブンにデジタル表示があれば、「オーブン」や「グリル」ボタンを押してから、温度設定をします。上矢印と下矢印を押して温度を調整しましょう。温度設定ができたら、スタートボタンを押します。温度の表示が次第に変わっていきます。表示は現在のオーブン内の温度を表しています。温度が上がり設定温度に達するまで待ちましょう。[6]
  7. 7
    オーブンが設定温度に達したら、食材を入れ調理します。ガスオーブンは電気オーブンに比べてかなり早く温度が上昇するので、予熱にかかる時間は5~10分ほどです。
    • レシピに指定されていないかぎり、オーブンの扉はきっちりと閉めましょう。オーブンから熱が放出し調理時間が長引くので、扉を開けて中を覗かないようにします。
    • 一度に多く調理するため天版などを複数使用する場合は、下段に多く入れないようにします。下段に食材が多くあると、上段に熱が伝わりにくくなります。
  8. 8
    ガスのにおいがしたら気を付けます。オーブンを使用中にガスのにおいがしたら、ガスが漏れている可能性があります。[7] 直ちにオーブンのスイッチを切ります。爆発を促す恐れがあるので、電気製品を使ってはいけません。窓を開け、家の外に避難します。隣人の電話か、携帯電話で緊急サービスに連絡します。家の中で携帯電話を使ってはいけません。[8]

3
標高の高い場所でオーブンの予熱をする

  1. 1
    標高を考慮します。標高が高いと、焼く時間や温度だけでなく材料にも影響を及ぼします。レシピは、標高の高い場所に設定されていないので、少し変える必要があります。標高900メートル以上だとレシピを調整する必要があります。
  2. 2
    調理温度を上げます。オーブンのスイッチを入れたら、調理温度をレシピの指定より高く設定しましょう。標高が900メートル以上なら、調理温度を10℃から15℃高く設定します。[9]
    • 標高が2100メートルから2700メートルの場合は、温度の代わりに調理時間を延ばします。[10]
    • 標高が2700メートル以上の場合は、レシピの温度より15℃高く設定します。そして、オーブンに食材を入れてからすぐにレシピ通りの温度に下げます。[11]
  3. 3
    調理時間を短縮します。温度を上げたので、調理時間はレシピより短縮しましょう。レシピの調理時間6分に対して1分ずつ短くします。
    • 例えば、レシピに調理時間30分とあれば、減らして調理時間25分にします。
  4. 4
    食材を熱源の近くに置きます。多くのオーブンは底の近くが高温になる傾向があるので、底のほうに食材を置くと、しっかりと火が通ります。[12]

ポイント

  • 複数の棚を使用するときは、食材を平行にならないようにずらして置くと、オーブン内の熱がより均等に循環します。
  • オーブンによって違いがあることを心にとめておきます。レシピより長く調理する必要があったり、逆に早く調理できてしまう場合もあります。
  • 電気オーブンを使用する場合は、オーブン温度計を使用します。内部の温度は必ずしも正確ではありません。設定温度に達したことを示すライトの点灯やブザーを待つより、オーブン温度計を使用して温度を確認しましょう。
  • オーブンのドアをしっかりと閉め、調理中には扉を開かないようにします。扉を開けるたびに大量の熱を失って、調理時間が長引きます。
  • 扉を開けると、オーブン内の温度が下がってしまうこともあります。

注意事項

  • 予熱をすること(もしくは適切な温度になるまで熱すること)は大切です。予熱をしないと加熱が不十分になったり、調理時間が長くなります。また、均等に火が通らない恐れもあります。
  • 中には、予熱を必要とせずにオーブンの温度が上昇している間にオーブンに入れてもよい料理もあります。レシピを参考にしましょう。
  • ガスオーブンを使用中にガスのにおいをかいだらガス漏れの恐れがあります[13] 直ちにオーブンのスイッチを切ましょう。爆発の恐れがあるので電気製品を使用してはいけません。窓を開け家の外に避難します。隣人の電話か携帯電話で緊急サービスに連絡します。家の中で携帯電話を使用してはいけません。[14]

記事の情報

カテゴリ: 家電製品

他言語版:

English: Preheat an Oven, Italiano: Preriscaldare il Forno, Español: precalentar un horno, Deutsch: Einen Ofen vorheizen, Português: Preaquecer um Forno, Русский: разогреть духовку, Français: préchauffer un four, Bahasa Indonesia: Memanaskan Oven, Nederlands: Een oven voorverwarmen, Tiếng Việt: Làm nóng lò nướng, ไทย: วอร์มเตาอบ, العربية: تسخين الفرن قبل الخبز, 한국어: 오븐 예열하는 방법, 中文: 预热烤箱

このページは 64 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?