新しい健康的な食品を探しているなら、カッテージチーズに注目しないわけにはいけません。カッテージチーズでタンパク質、カルシウム、ビタミンDを補給できるだけでなく、くせがないので様々な料理に使うことができ、レパートリーが増え、飽きずに食べることができます。カッテージチーズはそのまま食べることもできますが、食べ応えのあるトッピングや詰め物として使うことができます。また、他の乳製品は高カロリー、高脂肪ですが、より栄養豊富な代替食品になります。

方法 1 の 3:
そのまま食べる

  1. 1
    そのままを楽しむ  ボウルの中のカッテージチーズをスプーンですくって、そのまま食べます。何か味を足したければ、軽く塩とコショウを振ります。クラッカーなどサクサクしたものにカッテージチーズを載せると新しい食感が加わるため、多くの人に親しまれています。
    • タンパク質やカルシウムなどの栄養素が豊富なため、カッテージチーズは栄養バランスのよい間食として摂取することができます。
    • カッテージチーズは、グラノーラ、チョコレートや砕いたピスタチオなどを混ぜたり加えたりしてヨーグルトのように食べることができます。[1]
  2. 2
    果物や野菜と一緒に食べる  カッテージチーズにスライスした新鮮な桃、リンゴやトマトを添えたり、スティック状にしたニンジンやセロリにカッテージチーズをつけたりして食べます。果物の甘味や野菜の香りとカッテージチーズの滑らかな食感と繊細な風味が相まって、面白いコントラストを楽しむことができます。[2]
    • お皿に野菜とディップ用のカッテージチーズを乗せると、夏のプールサイドで楽しむことのできる爽やかな軽食の出来上がりです。
  3. 3
    トーストに塗る  朝食のトーストに塗るバターの代わりに健康的な乳製品を使いましょう。カッテージチーズを塗るとサクサクしたトーストが柔らかくなり、ほどよくしっとりします。いつも通りにパンをトーストし、香りのよいナッツバター、レーズンや蜂蜜などと一緒にトッピングします。[3]
    • ベーグルやトーストしたマフィンにカッテージチーズをのせてもよいでしょう。
    • カッテージチーズは牛乳やクリームチーズよりもタンパク質が多く、脂肪分が少ないことが特徴です。[4]
  4. 4
    サラダにたっぷり加える  例えば、ハーブ風味のクルトンまたはローストしたアーモンドを乗せたビーツのサラダに、スプーン1杯のカッテージチーズを加えると、立派な食事になる健康的なサラダに仕上げることができます。サラダはドレッシングで水っぽくなりやすいですが、カッテージチーズをサラダに加えれば、他の素材が十分に引き立ち、サラダが水っぽくなることもありません。こうした利点からカッテージチーズはサラダバーの定番のトッピングになっています。[5]
    • チキンサラダやツナサラダになど様々なサラダの具にカッテージチーズを一緒に加えることもできます。[6]
    広告

方法 2 の 3:
調理に使う

  1. 1
    ラザニアに使う  カッテージチーズは、人気のイタリア料理で使われるリコッタチーズの健康的な代替品として使うことができます。カッテージチーズを手でたたいてシートのように広げ、ラザニア用パスタとトマトソースとの間に重ねます。香りを足すため、重ねる際に粉チーズ、少量のニンニクのみじん切り、生のパセリとバジルを加えます。[7]
    • カッテージチーズの余分な水分を切り、フードプロセッサーに数秒かけてリコッタチーズのような質感にします。[8]
    • カッテージチーズがあまり好きでない人も、食事が台無しになってしまうと心配する必要はありません。一緒に調理されてしまえば、その違いさえわからなくなるでしょう。
  2. 2
    ソースに濃度をつける  ソースやシチューを煮込む際にカッテージチーズをほぐして加えます。また、肉を使わずに詰め物のかさを増やす際にも使います。カッテージチーズの柔らかい塊は加熱するとウオッカソースやストロガノフのようなとろみのあるものと特によく合います。[9]
    • 残り物にカッテージチーズを加えて温めると、乾燥を防ぐことができます。
    • キャセロールなどの煮込み料理を手早く作る際に、クリームスープ缶の代わりにカッテージチーズ1箱を使います。[10]
  3. 3
    焼菓子に加える  次回、パウンドケーキ、クッキー、コーンブレッドなどを作るときは、材料を混ぜ合わせる際に50~80gのカッテージチーズを加えてみましょう。焼き上がれば、驚くほど滑らかな食感、濃厚な味わいそしてよい香りを楽しむことができます。[11]
    • ビスケットやスコーンを作る時は、バターミルクの代わりにカッテージチーズを使ってみましょう。
  4. 4
    パンケーキに沿えて提供する  カッテージチーズを生地に直接加え、カッテージチーズの大きな塊を潰すように混ぜ合わせます。これをパンケーキに添えれば、食べ応えのある(でも胃もたれしない)朝食で、元気で健康的な1日をスタートすることができます。[12]
    • このほか、直接パンケーキの上に乗せ、メープルシロップ、薄切りバナナ、チョコレートチップなどお好みのトッピングを載せます。
    • パンケーキ(またはワッフル)の生地にカッテージチーズを混ぜ合わせれば、料理の風味を邪魔するプロテインパウダーに頼らなくてもタンパク質豊富な朝食を作ることができます。[13]
    広告

方法 3 の 3:
様々な使用方法を考える

  1. 1
    サワークリームやマヨネーズの代わりに使う  1~2カップのカッテージチーズと少量の酢またはレモン果汁をブレンドブレンダーに入れ、滑らかになるまで攪拌します。滑らかになったら、低カロリーの万能調味料の出来上がりです。脂肪分の多いサワークリームやマヨネーズと見た目も味もほとんど変わりません。[14]
    • サワークリームの代わりにカッテージチーズのペーストをナチョス、エンチラーダ、チリスープ、ハンバーガーなどにたっぷり乗せましょう。
    • デビルドエッグ(ゆで卵を縦に半分に切り、黄身をマヨネーズや調味料と混ぜ合わせたものを白身に盛りつけたもの)を作る際にカッテージチーズのペーストを使い、タンパク質豊富なオードブルの1品を作りましょう。[15]
  2. 2
    スムージーに使う  スムージーに使う牛乳をいつもの半量にして、減らした分をカッテージチーズで代用します。こうするとタンパク質摂取量が驚くほど多くなり、とろみがつくためスムージーが水っぽくなる心配がなくなります。[16]
    • 甘めの香料を加えると塩味のあるカッテージチーズとバランスがとれ、おいしくなります。
    • 作り置きの用スムージーにカッテージチーズを加えて冷蔵庫に保存します。こうすれば、ちょっと何か食べたい時や食事の代わり取りたい時に全ての材料をブレンダーにかけるだけで済みます。[17]
  3. 3
    ベークドポテトに乗せる  ベーコン、チャイブ、細切りチーズなどお好みの付け合わせを添えたふかし芋にカッテージチーズも添えるとさらに美味しくなります。実際、バターを加えなくても口当たりが良く、塩味も十分感じられます。カロリーや脂肪分の摂取量をさらに抑えることができます。[18]
    • 二度焼きポテト(焼いたジャガイモの中をくりぬいて中にチーズ、バター、クリームやベーコンビッツなどの様々な食材を詰めてオーブンで焼いた料理)を作る時もカッテージチーズを使うことができます。[19]
  4. 4
    お好みのディップに加える  ディップは通常、クリームチーズを使いますが、カッテージチーズを混ぜると味も食感もひと味違うものになり、健康的なディップができます。次のパーティーで、ほうれん草とアーティチョークのディップやクリーミーなブルーチーズのバッファローチキン・ディップをカッテージチーズで作ると、大人気の一品になることでしょう。[20]
    • ザジキという地中海料理を作る時に、カッテージチーズ、キュウリ、ディル、ミント、レモンを使えば、さらに健康的に作ることができます。[21]
    • ディップを作る時は、必ずカッテージチーズの水を切りましょう。
    広告

ポイント

  • カロリーが気になる人は、低脂肪のカッテージチーズを使いましょう。
  • カッテージチーズは新鮮なものが一番です。調理する前に、カッテージチーズの消費期限が切れていないかを確認しましょう。
  • カッテージチーズを自分で作れば、いつでもカッテージチーズを摂ることができます。
  • 賢く材料を選べば、何もかも諦めなくても、お気に入りの料理をアレンジしながら楽しんでダイエットを続けることができます。

広告

注意事項

  • 乳糖不耐症の人は、他の乳製品と同様にカッテージチーズを避けるか、控えめにしましょう。
広告

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

鶏肉を解凍する

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

傷んだ卵を見極める

How to

パンをおいしく温め直す

How to

アボカドを熟成する

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

腐った牛ひき肉を見分ける

How to

野菜を蒸す

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

アルカリ水を作る

How to

ビンのラベルをはがす

How to

自家製ワインを造る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,713回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 1,713 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告