PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

カマンベールはフランス原産のチーズで、中はバターのように柔らかく、外側の皮は白かびで覆われたチーズです。カマンベールを食べたことがない人は、まずは室温に戻したカマンベールをジャムやパン、クラッカーと一緒に楽しみましょう。カマンベールをオーブンやグリルで温めたり、お気に入りのレシピに加えたりすることもできます。

方法 1
方法 1 の 3:
カマンベールチーズをそのまま食べる

  1. 1
    カマンベールチーズを室温に戻す 冷蔵庫から出した直後より、カマンベールチーズは室温にすると最も美味しくなります。冷蔵庫から取り出して30分ほど室温に置き、チーズの温度が上がったら食べます。[1]
  2. 2
    カマンベールチーズをくし形に切る ピザを切る時のように、カマンベールをくさび形に切ります。一番簡単な方法は、よく切れる包丁を使って中心から切る方法です。[2]
    • 刃の部分に穴が開いたチーズ用ナイフを使うと刃にチーズがくっつきません。しかし、よく切れる包丁なら問題ありません。
  3. 3
    好みで皮の部分を味わう カマンベールの皮の部分は食べることができますが、独特の強い香りがします。皮の部分を食べるか食べないかは好みによりますが、少しだけ味見してみてもよいでしょう。[3]
    • 皮がついている部分とついていない部分を食べてみましょう。
    • 皮の部分が好きでないなら、皮の部分を取り除いて中のチーズだけを食べます。
  4. 4
    パンやクラッカーにカマンベールチーズとジャムや蜂蜜のせて楽しむ チーズを薄切りにしたらナイフを使ってクラッカーかスライスしたフランスパンに塗り広げます。そのまま食べるか、蜂蜜やジャムをのせて食べます。[4]
    • ラズベリージャム、チェリーのジャム、イチジクのジャム、アプリコットのジャムなど好みのものを使います。
    • ジャムの代わりに、生の果物(モモ、洋ナシ、リンゴなど)をのせてもよいでしょう。
  5. 5
    切ったカマンベールは数日以内に食べきる 切ったカマンベールは数日たっても食べることはできますが、皮のついていない断面から香りが漏れ出します。皮にはチーズの防護壁のような役割があり、中のチーズの味と鮮度を保ちます。[5]
    • カマンベールは切らなければ通常冷蔵庫で1~2週間、冷凍庫では6ヵ月保存することができます。 [6]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
温かいカマンベールを試す

  1. 1
    カマンベールの木箱に入れて焼き、簡単に温める チーズを箱から取り出し、包装紙をはがしたらチーズを箱に戻します。蓋をせずに天板の上にのせます。200℃のオーブンで10分間温めます。10分後、チーズが溶けたかどうかを確認してからオーブンから取り出します。[7]
    • トーストしたパンを溶けたチーズにディップすれば美味しい軽食になります。
  2. 2
    グリルの炭火でカマンベールを溶かす グリルの炭がすでに温まっている場合は、カマンベールを炭の中で調理して前菜やデザートを作りましょう。カマンベールをアルミホイルでしっかり包み、炭の中に20~30分入れます。トングを使って取り出し、チーズが入っていた丸型の木箱に戻します。[8]
    • 付け合わせとして、チーズを温める時に一緒にガーリックブレッドを包んで温めるとよいでしょう。
  3. 3
    食事の1品としてカマンベールにハムを巻き付けてフライパンで焼く 薄切りにしたハムをいくつも重ねながらカマンベール全体に巻きます。バターまたはオリーブオイルを入れたフライパンを温めます。ハムを巻いたカマンベールをフライパンに置き、ハムを巻き付けた面とチーズの面の両方を焼きます。[9]
    • それぞれの面を数分焼いていると、中のチーズがいい具合に溶けてきます。
    • 焼き上がったチーズをパンやクラッカーを添えて提供します。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
レシピにカマンベールを使う

  1. 1
    カマンベールを切ってサラダに加える ピリッとした味わいのルッコラなどを混ぜたサラダに、切ったカマンベールを加えます。さらに、薄切りにしたリンゴや洋ナシを加え、ペカンナッツやクルミを振りかけます。薄切りにした玉ねぎを加えると風味が豊かになります。[10]
    • ドレッシングはシンプルなビネグレットソースやハニーマスタードなどが合います。
  2. 2
    炭水化物の多いメニューにカマンベールを溶かして使う カマンベールをクリームや牛乳の代わりに使います。例えば、マカロニチーズやキノコとカマンベールのパスタなどのパスタ料理に溶かしたカマンベールを使います。[11] マッシュポテトに使うこともできます。作り方はジャガイモを潰す時に室温に戻したカマンベールを加えるだけです。[12]
    • こうした料理でカマンベールをソースとして使う場合は、皮は取り除いて中のチーズだけを使います。
  3. 3
    手軽なパニーニやグリルチーズのサンドイッチを作る 適度な厚さの食パン2枚を用意し、片面にバターを塗ります。温めたフライパンまたはパニーニメーカーにバターを塗った面を下にして置きます。パンの上に切ったカマンベールをのせ、さらにその上に好みのジャムをかけるか塗り広げます。もう1枚のパンをその上にかぶせ、両面を焼きます。[13]
    • パニーニメーカーを使う場合は、サンドイッチを組み立てたら、パニーニメーカーで挟んで焼きます。
  4. 4
    カマンベールを揚げる カマンベールをくさび形に切り、塩と少量の乾燥タイムを加えた小麦粉をまぶします。良く溶いた卵液にチーズをくぐらせ、パン粉をつけます。深さ2~3cmの揚げ油に入れ、きつね色になるまで揚げます。[14]
    • 甘酸っぱいフルーティーなビネグレットソースが合います。
  5. 5
    出来上がり。
    広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
チーズを溶かすチーズを溶かす
牛乳からバターミルクを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 531 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告