カメがいつ餌を食べたのかを見極めるのには、カメの腹部にある輪の模様を数えるという良い方法がある一方で、カメがいつ生まれたのか知らなければ、その年齢を知るのはほぼ不可能に近いでしょう。あなたのペットのカメの年齢がまだ若いようなら、同じ種類の他の個体と大きさを比べることで年齢を予想することは可能です。

パート 1 の 2:
成長線を数える

  1. 1
    カメの亀甲を見てみましょう。カメの年齢を推定するため、亀甲にある成長線を数えてみましょう。亀甲とはカメの甲羅にとっての鱗のようなものです。成長線はカメの食事や栄養状態によって時とともに変化をするため、この方法では大変大まかかな推定年齢しかわからないということを心に留めておきましょう。言い換えれば、成長線は季節的に変化するというよりも、カメが食料不足に陥ったり、反対に豊富に食料を得られることにより変化を遂げます。[1]
  2. 2
    成長線を数えます。亀甲の成長線にははっきりとした太い線と、それとは異なる色の細い線の2つがあります。理論的には、太い線は豊富に食料のある温暖な時期にできます。一方で細い線は、食料が不足する冬の時期に現れます。そのため線を数えて、その数字を2で割れば、カメの大まかな年齢を推定できます。[2]
    • 成長線を見ましょう。亀甲の六角模様の数を数えてもカメの年齢はわかりませんので、模様の中の線の本数を数えます。[3]
  3. 3
    年齢を推定します。成長線を数え終わったら、カメの年齢を推定します。例えば、成長線が14本あれば、線2本につき1年経っていると考えられるので、カメは7歳であると推定できます。
    • 飼育であれ野生であれ、カメには成長線があります。
    • カメの年齢が15歳を超えると、成長線の間隔がどんどん狭くなるため、年齢を推定するのが困難になります。[4]
    広告

パート 2 の 2:
カメの大きさをチェックする

  1. 1
    カメの大きさを測ります。特に極めて若いカメの場合、体の大きさが年齢の指標となります。カメの大きさを把握するため、まずは 頭頂から尾までの長さを測りましょう。カメが動かないようにして、定規で測ります。カメの喜ぶ餌を見せることで、甲羅からカメが頭を出すように仕向けます。[5]
  2. 2
    その種類のカメの標準的なサイズを調べます。その種類のカメの成長曲線を探します。同じ名称のカメでもサイズが異なる場合もあるので、自分のカメと全く同じ種類のカメの成長曲線を見つけるようにしましょう。インターネットで検索したり、図書館で調べたりして、自分のカメの種類に関する情報を見つけましょう。[6]
    • 例えば、ニシキガメは基本的に15cm以上大きくなることはありませんが、大型のセイブニシキガメは20cmまで成長することがあります。
    • 飼育環境下で繁殖されたカメは野生の場合よりも成長速度が速い傾向にあります。この体のサイズの増加により、カメの年齢の推定には誤差が生じる可能性があります。
  3. 3
    カメのサイズ一覧で自分のカメの大きさを比べてみましょう。サイズ一覧を見つけたら、自分のカメを表と比べてみます。カメがまだ最大サイズに達していなければ、年齢を推定できるかもしれません。[7]
    広告

ポイント

  • 甲羅の状態があまり良くないカメは、実際の年齢よりも歳をとって見えるかもしれません。例えば、何年にも渡り、栄養状態があまり良くなかったカメの甲羅は、でこぼこして表面がざらついていることがあり、年齢の推定に誤差が生じます。カメの年齢を調べるときは、あまり見た目を重要視しない方が良いでしょう。

広告

関連記事

How to

ハムスターをお風呂に入れる

How to

最期の近いモルモットの世話をする

How to

ヤモリを駆除する

How to

子ウサギに餌を与える

How to

飼い犬にウサギを引き合わせる

How to

シーモンキーの世話をする

How to

家にいるコウモリを捕まえる

How to

モルモットを入浴させる

How to

屋根裏のリスを退治する

How to

餌を食べないカメに対処する

How to

サメから身を守る

How to

狼や狼犬を飼う

How to

クロコダイルとアリゲーターの違いを見分ける

How to

オタマジャクシを飼育する
広告

このwikiHow記事について

Audra Barrios
共著者 ::
海洋生物学者、爬虫類専門家
この記事の共著者 : Audra Barrios. オードラ・バリオスは爬虫類と飼育用品、テラリウム用の植物を取り扱う店「Lick Your Eyeballs」を経営する海洋生物学者です。 爬虫類、エキゾチックアニマル、環境保護教育、海洋生物学、自然保護問題、畜産に関し15年以上の経験を保有。カリフォルニア大学サンタクルーズ校にて海洋生物学の学士号を取得。カレッジオブマリンにて自然科学を学びました。教育を通じて爬虫両生類の保護に注力している非営利団体「Things That Creep」の設立者及び最高責任者でもあります。ここ6年は生物学者としてカリフォルニア科学アカデミーに勤務。 この記事は3,890回アクセスされました。
カテゴリ: 動物
このページは 3,890 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告