PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

写真にきれいに写りたいと誰もが願うものですが、具体的にどうしたら良いのかわからないこともあるでしょう。幸い、どんな写真を撮る場合でも、いくつかの簡単なテクニックを使えば、写真写りが良くなります。自分を撮影するにしても正式な写真を撮影するにしても、事前にポーズを少し練習しておけば、自信を持ってカメラの前に立てるでしょう。

方法 1
方法 1 の 4:
スナップ写真を撮る

  1. 1
    背景がすっきりとした場所でポーズをとりましょう。自分の後ろをざっと見回し、被写体より目立つ余計なものがないことを確認します。そのようなものがあれば、写らないようにカメラのアングルを変えるか、別の場所で撮影しましょう。被写体がどんなに素敵でも背景に目立つものがあると、写真を見る人の目はそこに引き付けられます。[1]
    • たとえば、自分の頭から飛び出したように見える道路標識や木の枝が後ろにないか確認しましょう。さらに、他の人やごみ、散らかったベッドなどが写り込まないように気を付けます。
    • 芸術的な雰囲気のおしゃれな写真を撮りたければ、明るい色の壁の前に立ちましょう。ただし、壁に複雑な模様があると、被写体が目立たなくなるので避けましょう。
  2. 2
    光のほうを向きましょう。写真を撮る前に体の向きを変え、柔らかな光が顔にあたるようにすると顔が輝いて見えます。逆に光が後ろからあたると、顔に濃い影がかかってきれいに写りません。[2]
    • たとえば、室内では部屋の中央を向くか、窓辺に立って顔を外に向けましょう。
  3. 3
    カメラを下に向けて撮影すると顔立ちがはっきりします。目の高さより高い位置でカメラを構えるように、撮影する人に頼みましょう。カメラを見上げ、美しい目元が映える角度で撮ってもらいます。[3]
    • この方法は、アップだけでなく全身写真にも有効です。
  4. 4
    口と顔をリラックスさせましょう。唇はそっと閉じ、口角だけを上げてかすかに微笑むようにすると、顔の筋肉がほぐれます。目の表情も加えると、見る人の目を引き付ける謎めいた表情の写真になります。[4]
    • 片側の口角だけを上げて微笑むと、小悪魔的な雰囲気が出ます。
  5. 5
    肩を後ろに引きましょう。写真を撮る前に背筋と首をまっすぐ伸ばし、肩を後ろに引きます。顔写真か全身写真かに関わらず、姿勢を正すと堂々と見え、その雰囲気がそのまま写真に写ります。[5]
    • 肩を後ろに引くと首が長く見え、顎とその周りの輪郭がはっきりします。[6]
  6. 6
    細く写るには、カメラに向かって30~45度の角度で構えましょう。正面を向くと肩や胸、ウエストの幅が強調されます。これらの部分を細く見せるには、少し斜めの角度でカメラに向かいましょう。[7]
    • 顔の左右で写りが良いほうがあれば、そちらがカメラに向くような角度でポーズをとりましょう。
  7. 7
    片足を外側に向けましょう。両足が同じ方向を向いていると体のほかの部分が固くなり、ぎこちない印象になります。片足がもう一方の足に対して斜めになるように、少し外側に向けましょう。[8]
    • 好みに応じて脚を交差させてもかまいません。歩いているような足の位置でポーズをとっても、素敵な写真になるでしょう。[9]
    • かかとを少し持ち上げ、つま先で立つと背が高く見えます。
  8. 8
    肘を少し曲げます。肘を少し曲げると、力が抜けて自然に見えます。好みに応じて、片手または両手を腰にあててもかまいませんが、リラックスして見えるように肘を後ろに引きましょう。[10]
    • 腕を体にぴったりとつけると腕の筋肉が強調されます。腕を細く見せたければ、体から少し離しておきましょう。[11]
    • 腕を組む場合は、ゆるく組むと緊張しているように見えません。
  9. 9
    何人かで写真を撮る場合は、自然に振舞いましょう。カップルやグループで写真を撮る場合はくつろいだ雰囲気を出し、全員が少し異なるポーズをとります。一緒に写る人たちと自由に触れ合いましょう。視線を合わせる、手をつなぐ、お互いの体に腕を回すなどのポーズをとると、温かみのある写真になります。[12]
    • たとえば、友達とグループ写真を撮る場合は、隣の人の肩に腕を載せます。カップルで写真を撮る場合は、抱き合いながら視線をカメラに向けましょう。
    • ポーズに迷ったら、リラックスして自然に見えるポーズを選びましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
自分をきれいに撮る

  1. 1
    きれいに写るために、目の高さより上でカメラを構えましょう。自分を撮影する場合は、カメラを持ち上げて下に向けて撮ると、ほとんどの場合一番きれいに写ります。カメラを見上げ、眉毛を少しだけ持ち上げましょう。目がぱっちりして生き生きとした表情になり、完璧な写真が撮れるでしょう。[13]
  2. 2
    様々なアングルの写真を撮って、フィードに変化を持たせましょう。ほとんどの人は、高い位置から撮ると最もきれいに写りますが、特に自撮り写真を投稿する場合は、様々な角度で撮影しましょう。体の横でカメラを構えたり、鏡の前に立っておしゃれなファッションを撮影したりします。[14]
    • 毎回まったく同じアングルの写真を投稿すると、フォロワーが飽きてしまいます。
  3. 3
    向きを変えて、顔に光があたるようにします。写真を撮ってもらうときと同じように、身近な光に顔を向けると顔が輝いてきれいに写ります。ただし、直射日光を浴びると顔に濃い影がかかってしまうので避けましょう。[15]
    • 直射日光があたる場合は、近くの日陰に移動して撮影しましょう。
    • 明るさが足りなければ、カメラのフラッシュを使います。どこでも自分をきれいに撮影するために、ポータブルの自撮り用リングライトを購入しても良いでしょう。
  4. 4
    座るにしろ立つにしろ、背筋と首をまっすぐに伸ばしましょう。頭のてっぺんに紐がついていると考え、その紐に引っ張られるように体をまっすぐに伸ばします。首を伸ばして頭を持ち上げ、肩を下ろしましょう。[16]
    • 背筋と首を伸ばすと縦のラインが強調され、首と肩の曲線が際立ちます。
  5. 5
    ゆっくりと息を吐き、口の力を抜いて唇をふっくらと見せましょう。撮る表情が笑顔、ふくれっ面、しかめっ面に関わらず、自分の写真を撮ることに集中すると口をきつく閉じてしまいがちです。シャッターを押す前に、口からそっと息を吐きだして唇の緊張をほぐしましょう。[17]
    • このとき頬を膨らませると、実際より顔が丸く見えしまうので気を付けましょう。

    ポイント:自然に笑った時の目じりのしわを再現するために、目を少し細めてみましょう。

  6. 6
    たくさんの写真を撮り、その写真をじっくり研究して自分にとって最高のアングルを見つけましょう。顔や体の角度、表情などを少しずつ変えながら、できるだけ多くの写真を撮ります。カメラロールで写真を1枚ずつ確認し、写りが良いものとそうでないものを研究しましょう。経験を積むと、顔がきれいに見える角度が少しずつわかるようになります。自撮り写真のポーズも、より自然な雰囲気になるでしょう。[18]
    • 完璧なアングルは人それぞれです。自分にとって完璧なアングルを見つけるには、いろいろと試して確認する必要があります。たとえば、えらが張っている人は上から撮るほうがきれいに写りますが、額が広い人は、横や下から撮ったほうが写りが良くなるでしょう。
  7. 7
    自撮り写真の背景も工夫しましょう。同じような場所ではなく、様々な場所で自分の写真を撮り、背景が少しだけ写るようにします。背景が異なると見る人にとっても目新しく、自分の思い出の記録にもなります。
    • たとえば、お気に入りのフードトラックの前で自分の写真を撮ったら、次の日には親友と映画館の列に並んでいる姿を撮って投稿しましょう。

    ポイント:動きのある写真や全身写真を撮る際、背景を多く写したい場合には、自撮り棒を使いましょう。

    広告

方法 3
方法 3 の 4:
社会人としての写真を撮る

  1. 1
    単色またはシンプルな背景を選びましょう。社会人としての写真は、被写体に焦点があたらなくてはいけないので、無地の背景で撮影してもらいます。もしくは、会社などの職場で撮影しても良いでしょう。被写体に焦点をあてるために、周りに余計なものが写らないように撮影します。[19]
    • たとえば医師なら、診察室での撮影を検討してみましょう。ただし、背景が雑然としないように、販促用品やサンプルを片付けて棚をすっきりさせておきます。
  2. 2
    深呼吸を数回繰り返して緊張をほぐします。カメラの前で緊張したり神経質になったりすると、撮影した写真の体や表情に表れます。長い深呼吸をして落ち着くと、力が入っている部分の緊張がほぐれるでしょう。[20]
    • たとえば、4つ数えながら息を吸い、4つ数えながら息を止め、4つ数えながら息を吐きます。これを2~3回もしくは落ち着くまで繰り返しましょう。
  3. 3
    身近な光に顔を向けます。正式な顔写真や社会人としてふさわしい写真を撮る場合は、室内の一番明るい場所に顔を向けて立つか座りましょう。こうすると顔に影がかかることもなく、顔がはっきり写ります。[21]
    • プロのカメラマンに撮影してもらう場合は、照明が用意されているかもしれません。もしくは、レフ板を使って被写体の顔に光を反射させることもあります。
  4. 4
    本物の笑顔のように見せるために、舌を歯にあてましょう。楽しそうな雰囲気を出すには、満面の笑みを浮かべ、上の前歯の裏側に舌をあてましょう。頬が持ち上がるので、より自然な笑顔に見えるでしょう。[22]
    • もっと自然な笑顔を作るには、心から好きな人や物を思い浮かべながらポーズをとりましょう。
  5. 5
    カメラを見つめたり遠くを見たりして、目線を変えましょう。カメラを見つめると、堂々として大胆な印象になります。目元の柔らかさを保ちながらも、まっすぐにカメラを見つめましょう。より自然な雰囲気を出すには、カメラを直視する代わりに中間地点に目線を向けましょう。

    写真撮影の予定があるのなら、次の方法で準備をしておきましょう:カメラの前で緊張しないように、鏡を見ながらポーズや表情を10分間練習し、最高の角度を見つけましょう。

  6. 6
    手の位置に困ったら小道具を持ちましょう。コーヒーカップ、携帯電話、バッグの持ち手などを持って撮影します。何かを持てば手をどうするか迷うこともなく、より自然なポーズで撮影できるでしょう。[23]
    • 小道具として使えるものが身近になければ、片手で反対の手首を軽く握りましょう。
    • 袖口や襟元に触れたり、髪を耳の後ろになでつけたりするポーズも良いでしょう。
    • 手をポケットに入れる場合は、肘を少し後ろに引きます。
  7. 7
    肩を後ろに引いて姿勢を正しましょう。姿勢が良いと背が高く見えて写りも良く、自信があるように見えます。自分に自信を持っていると優秀な人材に見えるので、取引先の信用も増すでしょう。[24]
    • 背骨の下から頭のてっぺんまで紐が通っていると考えます。頭の上の紐が引っ張られて、体がまっすぐ伸びる様子を想像しましょう。
  8. 8
    痩せて見えるように、カメラに向かって斜めに構えましょう。正面を向くと幅が広く見えるので、カメラから30~40度逸らした角度で構えます。姿勢を正したうえで体を斜めに向けると背が高く痩せて見え、堂々とした雰囲気が出るので、社会人としての印象が良くなります。[25]
    • 正面を向いたほうが好みでも細く見せたい場合は、体を斜めに向けて肩をカメラのほうに回しましょう。こうすると、ウエストとヒップが細く見えます。

    ポイント:威厳を出すために広い胸と筋肉質の腕を強調したければ、胸の前で腕を組み、まっすぐカメラに向かいましょう。

  9. 9
    より自然に見えるように、腕と脚を曲げましょう。腕と脚をまっすぐに伸ばして立ったり座ったりしていると、体がこわばってぎこちなく見えます。片方の膝を少し曲げて手を腰にあてたり、脚を組んで座ったりして、腕と脚が自然な角度になるようなポーズをとりましょう。[26]
    • 腕を体から少し離すと細く見え、体の横にぴったりつけると腕の筋肉が強調されます。[27]
    • 手のポーズに困ったら、自分の職業に関連する小道具を持ちましょう。たとえば、教師であればペンを持ち、シェフであればフライ返しを持ちましょう。
  10. 10
    力強さを強調するには、少し上向きに撮ってもらいましょう。全身写真で背を高く体を細く見せるには、目の高さのすぐ下でカメラを構えるようにカメラマンに頼みましょう。そこからカメラを上に向けて全身が入るように撮ってもらいます。このアングルで撮ると威厳と力強さを感じさせる写真になるので、堂々としたポーズをとりましょう。[28]
    • この方法で撮影する際は、カメラから少し離れましょう。
    • このアングルは顎から下の部分が強調されるので、頭を上に向けましょう。

    ポイント:このアングルで撮影すると素敵な写真になりますが、すべての人にとって写りが良いとは限りません。何枚か撮ったらカメラロールを見て、写真写りを確認しましょう。

    広告

方法 4
方法 4 の 4:
屋外で撮影する

  1. 1
    直射日光の下で撮影するのは避けましょう。目を細めるほど太陽がまぶしい場所で撮影すると、顔に影がかかってしまいます。少し日陰になった場所に立ち、間接的な光に顔を向けましょう。
    • まぶしい日差しを避けられない場合は、太陽から顔を背けて日差しが間接的にあたるようにします。レフ板(白いボール紙でも可)があれば、それに反射させた日光が被写体にあたるようにすると、顔に影がかかりません。[29]
    • 撮影に最適な時間帯は、日の出と日の入りの時刻です。柔らかな光で温かみのある写真が撮れるでしょう。
  2. 2
    自然の風景を背景に入れましょう。屋外で撮影する大きなメリットの1つは、趣のある様々なものを写真に収められることです。美しい景色を背景にした写真を撮りましょう。たとえば木の隣に立つだけでも、自然の美しさを取り入れたシンプルな写真になるでしょう。[30]
    • ゴミや電線のような、自然の美しさを損なうものが背景に写らないようにしましょう。
  3. 3
    周りのものと触れ合いましょう。屋外で撮影する際は、大自然を写真に収める絶好のチャンスです。たとえば、美しい花のにおいをかぐ様子や大きな岩によじ登る姿を撮影しましょう。
    • 常に安全を第一に考えましょう。写真を撮るために、ガードレールや防護柵を乗り越えてはいけません。人や車の往来、動物などの周囲の状況に、常に気を配りましょう。
  4. 4
    スペースを最大限活用した、大きく大胆なポーズをとりましょう。室内で撮影する際は動き回るスペースも限られており、ポーズにも制約があるかもしれません。しかし、屋外で撮影する際は、走る、ジャンプする、腕を高く上げるなどのポーズを自由にとることができます。のびのびと自然を楽しむ姿をカメラに収めましょう。外に出て様々な場所に移動し、感性が刺激される場所で撮影しましょう。[31]
    • まず初めに、無難なポーズで数枚撮影しましょう。きちんと撮れた写真があれば安心感があり、撮影が進むにつれてより工夫を凝らしたポーズをとれるようになるでしょう。
    広告

ポイント

  • できれば撮影の前に、鏡やスマートフォンのインカメラを見て、自分の姿を確認しておきましょう。
  • 肌の色と対照的な色を身に着けるときれいに写ります。[32]
  • 1度に何枚かの写真を撮って、その中から一番写りが良いものを選びましょう。[33]
  • 写真を撮ってもらう場合は、きれいに見えるポーズについて撮影する人にアドバイスを求めましょう
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告
  1. https://www.marieclaire.com/culture/a25425793/how-to-pose-for-pictures/
  2. https://blog.photofeeler.com/pose-flattering-profile-photos/
  3. https://www.emmasedition.com/2019/05/how-to-pose-with-friends.html/
  4. https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/a12378/take-the-best-selfie/
  5. https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/a12378/take-the-best-selfie/
  6. https://www.dpmag.com/how-to/shooting/classic-portrait-light-2/
  7. https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/a12378/take-the-best-selfie/
  8. https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/a12378/take-the-best-selfie/
  9. https://www.seventeen.com/life/g747/tips-perfect-selfie/
  10. https://www.seventeen.com/life/g747/tips-perfect-selfie/
  11. https://stylecaster.com/how-to-pose-for-pictures/
  12. https://www.dpmag.com/how-to/shooting/classic-portrait-light-2/
  13. https://www.elle.com/beauty/tips/a26495/celebrity-photographer-posing-secrets/
  14. https://www.marieclaire.com/culture/a25425793/how-to-pose-for-pictures/
  15. https://stylecaster.com/how-to-pose-for-pictures/
  16. https://blog.photofeeler.com/pose-flattering-profile-photos/
  17. https://www.marieclaire.com/culture/a25425793/how-to-pose-for-pictures/
  18. https://blog.photofeeler.com/pose-flattering-profile-photos/
  19. https://stylecaster.com/how-to-pose-for-pictures/
  20. https://www.dpmag.com/how-to/tip-of-the-week/shooting-portraits-in-bright-sunlight/
  21. https://www.seventeen.com/life/g747/tips-perfect-selfie/
  22. https://expertphotography.com/natural-light-photography-portrait-tips/
  23. https://www.elle.com/beauty/tips/a26495/celebrity-photographer-posing-secrets/
  24. https://stylecaster.com/how-to-pose-for-pictures/

このwikiHow記事について

Traci Halvorson
共著者 ::
モデル事務所代表
この記事の共著者 : Traci Halvorson. モデルエージェントであり、元モデルのトレイシー・ハルヴォーソンは、カリフォルニア州サンノゼにある、300人以上のプロのモデルや俳優を抱える認可タレント事務所「Halvorson Model Management (HMM)」の経営者です。モデル業界での25年以上の経験を活かし、ベイエリアにおけるモデルのスカウト、管理、アドバイス、立ち上げを専門としています。サンノゼ州立大学で広報・ビジネス管理学の学士号を取得し、マーケティング、イメージコンサルティングにも精通。ライフキャリアコーチ資格も保持。 この記事は2,763回アクセスされました。
このページは 2,763 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告