カーペットから犬のオシッコの臭いを取り除く方法

共同執筆者 Michelle Driscoll, MPH

この記事には:酢と重曹を使う過酸化水素ペーストを使う炭酸水を使う酵素系洗浄剤をスプレーする12 出典

愛犬や飼い始めたばかりの子犬がトイレを失敗してしまうことがあります。犬のオシッコを掃除するのは難しいことではありませんが、カーペットに浸みるとにおいが残ることがあります。カーペットに犬のオシッコのにおいが残ってしまったら、酢と重曹、過酸化水素(オキシドール)ペースト、炭酸水、酵素系洗浄剤などを使うと簡単に消臭できます。いずれかの方法でカーペットを掃除すると、においが消えてさっぱりするでしょう。

1
酢と重曹を使う

  1. 1
    スプレーボトルに水とホワイトビネガーを入れて混ぜます。ホワイトビネガー(蒸留タイプ)240mlと温水240mlをスプレーボトルに入れます。ボトルを振ってしっかり混ぜ、ホワイトビネガーを水で薄めます。カーペットに使う前にシンクでスプレーして、溶剤が出るか確認しましょう。[1]
    • 空のスプレーボトルを購入するか、使い切った洗浄剤のスプレーボトルを再利用します。
    • 使い切った洗浄剤のスプレーボトルを再利用する場合は、ボトルに入っている洗浄剤をきれいに洗い流してから使いましょう。成分がわからない洗浄剤が残っていると、カーペットにシミや汚れがつく恐れがあります。
  2. 2
    水で薄めたホワイトビネガーをオシッコのシミにスプレーして15分間そのままおきます。シミから7~10㎝離れた場所からスプレーしましょう。カーペットが十分に濡れるまでシミ全体にスプレーして、そのまま15分間おきます。
    • 酢は、ついたばかりのオシッコのシミだけでなく、乾いてしまったオシッコのシミにも効果があります。
    • においを完全に消すには、カーペットの裏側まで溶剤を浸み込ませる必要があるので、スプレーしてすぐに拭き取っては効果がありません。
  3. 3
    カーペットから余分な溶剤を吸い取ります。雑巾やスポンジをスプレーした部分にあて、溶剤を吸い取りましょう。シミ全体から余分な溶剤を吸い取ると、カーペットがやや湿った状態になります。吸い取った後、使った雑巾などは直ちに洗うか、処分します。
    • 掃除用の手袋を着用すると、酢やオシッコのにおいが手につきません。

    注意事項: シミをこすってはいけません。こすると酢やオシッコがカーペットの奥に浸みこんでしまい、浮き上がらせて取ることができなくなります。

  4. 4
    酢の溶剤の上に重曹をふりかけて、カーペットを消臭します。シミの表面全体に重曹を薄くふりかけて、上から雑巾で押してカーペットにつけます。重曹がカーペットの奥深くに浸みこんだ水分やにおいを吸い取ります。水分やにおいを吸い取った重曹は、カーペットの表面で薄くパリパリに固まります。
    • 酢や重曹でカーペットが変色する心配があれば、使用する前にカーペットの目立たない場所に少しつけて確認しましょう。
    • 重曹をシミに振りかける前に好みのエッセンシャルオイルを加えると、消臭効果が増します。ティーツリーオイル、ラベンダーオイル、レモングラスオイルなどのエッセンシャルオイルが適しています。
  5. 5
    重曹が乾いたら掃除機で吸い取ります。重曹が完全に乾いたら掃除機をかけて取り除きましょう。繰り返し掃除機をかけて、カーペットの奥に入った重曹も残らず吸い取ります。シミのにおいが残っているか確認しましょう。
    • においが残っていたら、繰り返し行うか別の方法を試します。
    専門家情報

    「シミを落とす部分的な掃除とは別に、年に1度カーペット全体をスチームクリーニングしましょう。ペットを飼っている場合は特に重要です」

    Chris Willatt
    Chris Willatt
    ハウスクリーニング専門家

2
過酸化水素ペーストを使う

  1. 1
    過酸化水素(オキシドール)、食器用洗剤、重曹を混ぜます。過酸化水素大さじ1.5杯(22ml)、食器用液体洗剤大さじ1杯(15ml)、重曹大さじ2杯(28g)をプラスチック製のボウルに入れてよく混ぜます。混ぜると硬めのペースト状になり、成分同士が反応して泡が出ます。均等に混ざるまでしっかりかき混ぜましょう。[2]
    • 過酸化水素は、薄い色のカーペットにとりわけ適しています。濃い色のカーペットに使う場合は、あらかじめ少量試してカーペットが変色しないか確認しましょう。
    • 過酸化水素は、ついたばかりのシミだけでなく乾いてしまったシミにも使えます。
  2. 2
    スプーンでペーストをシミに塗り、そのまま1時間おきます。スプーンでペーストをすくって、シミに広げるように塗りましょう。ペーストをシミに押し付けると、カーペットの裏側まで浸みこんだにおいが浮き上がります。シミ全体にペーストを塗ったら、そのまま少なくとも30分間、最長で1時間おきましょう。[3]
    • 重曹と過酸化水素が反応を起こしてオシッコのにおいに効果的に作用するので、カーペットを消臭することができます。
    • ペーストを塗ってから長くおくと、オシッコのにおいが消えるでしょう。
  3. 3
    濡らした雑巾でペーストを取り除きます。雑巾を熱すぎない程度の温水で濡らして絞り、適度に湿った状態にします。ペーストに雑巾を強く押しあてて、カーペットからペーストを取り除きます。雑巾が乾いたら再度濡らし、ペーストをできるだけ多く取り除きましょう。[4]
  4. 4
    キッチンペーパーでカーペットを乾かします。ペーストを取り除いたら、重ねたキッチンペーパーを濡れた部分に押し付けて水分を吸い取ります。キッチンペーパーを左右に動かして拭き取るのはやめましょう。カーペットの奥に水分が浸み込んでしまいます。[5]
    • キッチンペーパーの代わりに雑巾を使っても構いません。

    ポイント:カーペットにペーストが残っていたら、完全に乾かしてから掃除機で吸い取りましょう。

3
炭酸水を使う

  1. 1
    シミ全体に炭酸水をかけます。カーペットがずぶ濡れにならないように、1度に少しずつふりかけましょう。シミ全体に炭酸水を少しずつかけると泡がたち、カーペットに炭酸水が浸み込みます。シミ全体を濡らしたら、炭酸水がカーペットの裏側まで浸みるようにそのまま10~15分間おきます。[6]
    • 炭酸水はスーパーマーケットなどで取り扱っています。
    • 炭酸水はついたばかりのシミに効果があります。
  2. 2
    雑巾やスポンジで水分を吸い取ります。10~15分間おいてから、雑巾やスポンジでシミを強く押して、炭酸水を吸い取ります。雑巾がびしょ濡れになったら絞るか、別の雑巾を使ってにおいを吸い取りましょう。シミ全体から炭酸水を吸い取ります。[7]
    • 雑巾でシミをこすると、オシッコのにおいがカーペットの奥に浸み込んでしまいます。こすらないように気を付けましょう。
  3. 3
    キッチンペーパーで乾かします。2枚重ねたキッチンペーパーでシミを覆い、叩いて乾かします。手でキッチンペーパーを強く押し付けて、カーペットの奥まで浸み込んだ炭酸水を吸い取りましょう。シミ全体から水分が出なくなるまで、押し付けて吸い取ります。[8]

    ポイント:靴を履いてキッチンペーパーを踏むとより強い力で押せるので、水分をより多くカーペットから吸い取ることができます。

  4. 4
    カーペットに消臭スプレーを使うとさわやかな香りが残ります。炭酸水でにおいが消えますが、消臭直後はにおいが強くなることがあります。好みの香りの消臭剤やエッセンシャルオイルをカーペットにふりかけ、炭酸水の作用で表面に出たオシッコのにおいの残りを誤魔化します。オシッコのにおいがしなくなるくらいたっぷり振りかけ、数時間後にオシッコのにおいが残っているか確認しましょう。[9]
    • 香りをつけるだけでなく消臭効果のある消臭スプレーを使いましょう。そのような製品には、においの元になる雑菌を殺菌する効果があります。
    • オシッコのにおいが残っていたら、より効果の高い方法を試しましょう。

4
酵素系洗浄剤をスプレーする

  1. 1
    キッチンペーパーを使ってできるだけ多くのオシッコを吸い取ります。重ねたキッチンペーパーをシミにあて、強く押しつけます。オシッコがカーペットの奥に浸み込んでしまうので、シミをこすってはいけません。キッチンペーパーを押し付けてオシッコを吸い取り、できる限り乾かします。[10]
    • 酵素系洗浄剤はついたばかりのシミに効果があります。
    • キッチンペーパーを足で踏むと、オシッコをより多く吸い取れます。
  2. 2
    酵素系洗浄剤をシミに直接スプレーします。スーパーなどで取り扱っている市販の酵素系洗浄剤を使います。シミから7~10㎝離れた場所からスプレーしてシミを完全に濡らします。[11]
    • 多くのペットショップで、犬のオシッコに対応した酵素系洗浄剤を取り扱っています。
  3. 3
    洗浄剤でシミを濡らして、乾くまで待ちましょう。通常、酵素系洗浄剤が効果を発揮するには最長で24時間かかります。使用する洗浄剤の使い方をよく読んで、洗浄剤が効果的に作用するのにどのくらい時間がかかるか確認しましょう。洗浄剤がカーペットに浸み込むとにおいを完全に消すことができます。決められた時間が経過したら、カーペットからにおいが消えたか確認しましょう。[12]
    • においが残っていたら、カーペットシャンプーで洗浄することも検討してみましょう。

注意事項

  • 過酸化水素でカーペットが変色することがあります。使用前にカーペットの目立たない部分で試し、変色するか確認しましょう。

必要なもの

酢と重曹を使う

  • ホワイトビネガー(蒸留タイプ)
  • スプレーボトル
  • 雑巾
  • 重曹
  • 掃除機

過酸化水素ペーストを使う

  • ボウル
  • 過酸化水素
  • 食器用液体洗剤
  • 重曹
  • スプーン
  • 雑巾
  • キッチンペーパー

炭酸水を使う

  • 炭酸水
  • 雑巾
  • キッチンペーパー
  • 消臭スプレー

酵素系洗浄剤をスプレーする

  • キッチンペーパー
  • 酵素系洗浄剤

記事の情報

この記事はMichelle Driscoll, MPHが共著しています。 ミッシェル・ドリスコルはコロラド州にあるハウスクリーニングとメイドサービスを提供する会社、「Mulberry Maids」の社長を務めています。2016年にコロラド州の公衆衛生大学院、「Colorado School of Public Health」にて公衆衛生学の修士号を取得しています。ミッシェルは清潔な環境が健康にもたらす利益について、深い理解を持っています。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Get Dog Urine Smell out of Carpets, Español: eliminar el olor de orina de perro de las alfombras, Italiano: Eliminare l'Odore di Pipì del Cane dai Tappeti, Português: Remover o Odor de Urina de Cachorro do Carpete, Deutsch: Geruch von Hundeurin aus Teppichen entfernen, Русский: удалить с ковра запах собачьей мочи, Français: retirer l'odeur d'urine de chien sur les tapis, 中文: 去除地毯上的狗尿味, Nederlands: Hondenplas uit je vloerbedekking krijgen, Čeština: Jak dostat zápach psí moči z koberce, العربية: التخلص من بول الكلب العالق بالسجاد, हिन्दी: कालीन से कुत्ते के पेशाब से आने वाली बदबू हटायें, ไทย: กำจัดกลิ่นปัสสาวะสุนัขบนพรม, Tiếng Việt: Khử mùi nước tiểu của chó trên thảm, 한국어: 카펫에서 나는 개 오줌 냄새 없애는 방법, Türkçe: Köpek İdrarının Kokusu Halıdan Nasıl Çıkarılır

このページは 33,517 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?