ペットがカーペットに嘔吐した時は、すぐに嘔吐物を拭き取り、カーペットにシミが残らないように素早く行動しましょう。嘔吐物に含まれている酸がカーペットを傷つけてしまう場合もありますが、いくつか簡単な方法で汚れを取り除くことができます。 シミや汚れの多くは、自家製またはお店で売っている嘔吐物用の掃除用洗剤で処理できますが、頑固な汚れには業務用のカーペット用掃除機が必要になることもあるでしょう。

方法 1 の 3:
自家製洗剤を使う

  1. 1
    ペーパータオルでできるだけ早く嘔吐物を取り除きましょう。[1] 乾いたペーパータオル数枚を折って、嘔吐物を取り除きます。その際、カーペットに嘔吐物を擦り付けないようにしましょう。
  2. 2
    汚れた部分を冷たい水で洗いましょう。冷たい水をスプレーボトルに入れて、汚れた部分に吹き付けます。タオルを使い、嘔吐物と水気がなくなるまで、水を吸い込むように押し拭き、またはトントンと叩いて掃除します。[2] 押し拭きまた叩き拭きする際には、常にタオルの汚れていないきれいな面を使いましょう。汚れが広範囲の場合はタオルをいくつか用意しましょう。
  3. 3
    500mlのぬるま湯と大さじ一杯の塩を混ぜます。[3] 今までの手順で、嘔吐物はほとんど取り除かれている状態です。次は自家製洗剤を使ってカーペットを掃除しましょう。電子レンジ対応可能な大きなボウルかカップに500mlの水を入れ温めます。そこに大さじ1杯の塩を入れ、塩が溶けるまで混ぜ合わせます。
  4. 4
    お酢125ml、洗剤大さじ1杯、アルコール大さじ2杯を混ぜます。混ぜ合わせた溶液を塩水と混ぜます。ボウルかカップの中で混ぜましょう。
  5. 5
    台所用スポンジを、混ぜ合わせた溶液に浸し湿らせます。 自家製洗剤の成分が染み渡るように、スポンジを繰り返し溶液に浸します。溶液に浸したスポンジをカーペットの掃除に使用します。汚れが広範囲の時は、いくつかスポンジを用意しましょう。
  6. 6
    スポンジを使って残りの嘔吐物を拭き取りましょう。手を小さく動かしながら、溶液を浸した台所用スポンジで、残りの嘔吐物とシミを取り除きましょう。タオルの時と同様、擦ったり叩き拭きする度に、スポンジの汚れていないきれいな部分を使いましょう。
    • スポンジで汚れた箇所を擦れば擦るほどきれいになるでしょう。
    • 汚物でスポンジがかなり汚れてしまったら、ぬるま湯で洗いましょう。
    • 使用後はスポンジを捨てた方が良いでしょう。
  7. 7
    重曹をカーペットに撒きましょう。[4]嘔吐物を取り除いた後に、スポンジで掃除した箇所を覆うように重曹を撒きます。重曹を撒くと、嫌な臭いが消え、カーペットが早く乾きます。
  8. 8
    重曹が乾いたら掃除機で吸い取りましょう。重曹が乾くまで数時間かかることもあります。乾くとボソボソとした塊になります。[5]カーペットが乾くまでペットを部屋にいれないようにしましょう。カーペットが完全に乾いたら、掃除機で重曹を完全に吸い取りましょう。
    広告

方法 2 の 3:
市販のカーペット用洗剤を使う

  1. 1
    ペーパータオルで嘔吐物をできるだけ取り除きます。[6]ペーパータオルを数枚折り曲げて嘔吐物を取り除きます。その際、カーペットに嘔吐物を擦り付けてしまわない様に気をつけましょう。スプーンやナイフを使うのも良いでしょう。
  2. 2
    ペーパータオルや古い雑巾を使って湿っている箇所を拭き取ります。[7] 嘔吐物の残骸や湿り気がなくなるまで、押し拭きまたは叩き拭きします。その際、常にタオルのきれいな面を使うようにしましょう。汚れが広範囲の場合はタオルをいくつか用意しましょう。
  3. 3
    重曹または片栗粉を汚れた部分に撒きます。こうすることで、カーペット深部に残っている湿気を吸い取ることができます。汚れた部分を覆うように重曹または片栗粉を撒きましょう。
  4. 4
    重曹または片栗粉が乾いたら、掃除機で吸い取ります。撒いてからだいたい2時間程で乾き、ボソボソとした塊になります。乾いたら、掃除機で完全に吸い取ります。
  5. 5
    酵素入りのカーペット用洗剤を塗布しましょう。[8]この種類の掃除用洗剤はお店の掃除用品棚もしくはペット用品コーナーで売られています。購入する前に、酵素入りかどうか確認しましょう。酵素には、臭いの元となるたんぱく質を分解して取り除く作用があります。酵素入りの洗剤の例としてネイチャーズミラクルがあります。酵素入りカーペット用洗剤はシミを取り除く効果もあります。カーペットがしっかり湿るくらい、汚れた部分にスプレーしましょう。
  6. 6
    カーペット用洗剤を塗布したら1〜2時間置きましょう。洗剤によって、放置する時間がもっと長いまたは短い場合もあります。洗剤の容器の裏の説明書をよく読みましょう。通常1〜2時間置くとカーペットに薬剤が浸透し、シミや臭いが取れるようになるでしょう。
  7. 7
    カーペットが乾くまで、そのエリアにペットを入れないようにしましょう。[9] 掃除をしている間は、ペットを別の部屋に入れておくのもよいでしょう。カーペットが完全に乾いたら、入っても大丈夫です。
    広告

方法 3 の 3:
業務用カーペット用掃除機を使う

  1. 1
    業務用のカーペット用掃除機をレンタルしましょう。[10]シミが深部に入りすぎて自家用洗剤や店頭にある掃除用洗剤では取り除けない場合もあります。そのような頑固な汚れには、業務用カーペット用掃除機を使うと良いでしょう。カーペットクリーニングの業者に来てもらうか、カーペット用掃除機をレンタルして自分で掃除しましょう。カーペット用掃除機のレンタルについてはインターネットで調べてみましょう。[11]
    • カーペット用掃除機は1日$25(北米)からレンタル可能です。日本では業者によって異なります。インターネットで調べるか、直接電話で問い合わせてみましょう。[12]
    • カーペット用掃除機をレンタルして自分で掃除できるか不安な場合は、業者に依頼しましょう。
    • カーペット用掃除機はやや重く、家具を動かしたりする必要もあるため、友人に手伝ってもらいましょう。
  2. 2
    メーカーが推奨している専用洗剤を購入しましょう。[13] カーペット用掃除機のメーカーの多くは、掃除機に適した専用洗剤の銘柄を指定しているはずです。カーペット用掃除機をレンタルする際に、メーカーが推奨する専用洗剤を購入しましょう。どの洗剤を使用したら良いかわからない場合は、レンタル業者に問い合わせましょう。
  3. 3
    掃除をするにあたって家具や邪魔な物を移動しましょう。カーペット用掃除機を家に持ち帰ったら、掃除するエリアにある家具などを移動しましょう。カーペットが乾くまでの24時間の間は、家具もそのエリアに置くことができないので注意しましょう。
  4. 4
    カーペット用掃除機に専用の洗剤を入れます。[14] カーペット用掃除機は通常、水を吸い取る方式またはスチーム方式になっています。カーペットに洗剤を吹き付けた後に、汚れた水を掃除機で吸い取る仕組みです。カーペット用掃除機のタンクが一杯になるまで専用洗剤を入れましょう。
    • きれいな水専用の2つ目のタンクが装備されていることもあります。
    • メーカーによってカーペット掃除機の使い方が微妙に異なるので、使用前に説明書をよく読みましょう。
    • 広範囲を掃除する場合は、タンクに吸い込んだ汚れた水を全部捨てなければならないでしょう。
  5. 5
    カーペットが色落ちしないか、目立たない箇所で最初にテストしましょう。[15]小さい目立たない箇所を選び、カーペット用掃除機をオンにし、小さくひと擦りしてみましょう。掃除機の電源を切り、カーペットの色が変わっていないか確認しましょう。数分待って、色落ちが見られない場合はそのまま使用して大丈夫です。
  6. 6
    シミと臭いが取れるよう、カーペット用掃除機をしっかりかけましょう。掃除をする部屋のコンセントにカーペット用掃除機を差し込み、電源をオンにしましょう。まっすぐ一直線に掃除機をかけながら、部屋を往復しましょう。[16] 1秒につき50cm動くペースで進みます。大抵の場合、シミに対して1度掃除機をかければ十分です。同じ場所に何度も重ねて掃除機をかけないようにしましょう。
  7. 7
    状況に応じて汚れた水を捨て、専用洗剤と水を追加しましょう。[17]水がかなり汚い場合は、タンクを取り外し、汚れた水を捨てましょう。その度に専用洗剤を追加し、掃除を続けましょう。部屋が狭い場合はこの手順を踏まなくても十分かもしれません。
  8. 8
    掃除が終わったら、洗剤と汚れた水を両方とも捨てましょう。シミのある箇所全てを掃除したら、カーペット用掃除機の電源を切り、コンセントを抜きます。その後、タンクに残った水、または洗剤を捨てましょう。
  9. 9
    カーペットが早く乾くように窓やドアを開けましょう。夏であればエアコンを、冬であれば暖房をかけましょう。カーペットが乾くまで通常24時間かかります。
  10. 10
    カーペット用掃除機をレンタル業者に返却しましょう。これで掃除は終わりです。レンタル業者に返却して大丈夫です。
    広告

ポイント

  • 嘔吐物をできるだけ早く取り除きましょう。シミになる確率が減ります。

広告

必要なもの

  • 重曹
  • ペーパータオル 1ロール
  • お酢
  • 消毒用アルコール
  • 食卓塩
  • スプレーボトル
  • 業務用カーペット用掃除機
  • カーペット用洗剤

関連記事

How to

脱走したハムスターを捕まえる

How to

カメの性別を見分ける

How to

金魚の性別を見分ける

How to

犬の軟便を治す

How to

カメを幸せにする

How to

家庭でのノミ駆除

How to

ハムスターに噛んではいけないことを教える

How to

キャットフードに蟻を寄せ付けない

How to

ハムスターの繁殖

How to

犬の傷を洗浄する

How to

ペットのウサギとの絆を深める

How to

ペットのセキセイインコに好かれているか知る

How to

ウサギをきれいにする

How to

ウサギの妊娠を見分ける
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告