カーペットにカビが生えると不快な臭いが生じ、カーペットは劣化し、またぜんそく患者にとっては喘鳴の原因になります。定期的に家具の下をチェックして、カーペットの表面にカビがないか確認しましょう。カビがカーペットの裏地にまで広がっているケースは、落とすのが非常に難しいですが、方法はいくつかあります。カーペット清掃業者は特別な処置や機械を使用しますが、そういった機械は機器レンタルサービス会社でレンタルでき、プロに清掃を頼まずに自分で清掃することができます。

方法 1 の 3:
家庭にあるものでカビを落とす

  1. 1
    カーペットを調べる カビがカーペットの基材の裏地にまで広がっている場合、落とすのには相当な努力が必要です。こういったケースでは、カーペット清掃業者に依頼した方が良いかもしれません。カビが裏地の大部分を占めていたら、カーペットを交換しましょう。
  2. 2
    部屋を換気する カビが生えたカーペットが置いてある部屋の、全ての窓とドアを開けましょう。空気が流れることで、カビを増殖させる湿気が減り、カビ臭さも軽減されるでしょう。また換気をすると、化学薬品が含まれた洗剤を使用する際の肺や目への刺激も軽減されます。
    • 部屋に窓がない場合、扇風機を出入口の方に向けて回しましょう。
  3. 3
    可能ならカーペットを天日干しする カーペットが取り外し可能なら、屋外の丈夫な物干しロープに干しましょう。直射日光に24~48時間当てるとカビ胞子が死滅し、カビの繁殖を促進する湿気を取ることができます。
    • カーペットの上部の繊維だけでなく裏地まで水に浸かった場合、乾くのに時間がかかります。直射日光の当たる換気の良い場所に数日置いておきましょう。
  4. 4
    重曹で水分を取る この処置で湿気を吸い取り臭いを軽減します。完全にきれいにするには更なる努力が必要ですが、カビの範囲が小さい場合に限ります。カビの上に重曹をそっと撒き、一晩放置したら掃除機で吸いましょう。
    • [1]タルクが含まれていないベビーパウダーを代用しても良いでしょう。タルクが含まれているベビーパウダーを吸い込むと非常に危険なため、使用しないようにしましょう。
    • 猫のトイレ用の砂も代用品として使用可能です。
  5. 5
    ホワイトビネガーで擦り洗いする 酢で全てのカビ類を殺すことはできませんが、安価で効果的な方法です。シミが残らないようにホワイトビネガーを使用します。スプレーボトルで軽くスプレーし、毛の硬いブラシで擦ります。そして、よく換気された場所でヘアドライヤーを使用するか自然乾燥で完全に乾かし、カビが再発するような湿気を残さないようにしましょう。
    • ホワイトビネガーに同量のメタノール変性アルコールを混ぜて使用しても良い効果が期待できるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
市販の薬剤を使用するかプロに依頼する

  1. 1
    防カビ剤を使用する 防カビもしくは抗菌スプレーはほとんどのドラックストアやスーパーで手に入ります。使用方法をよく読み、カーペットに使用しても安全かを確認しましょう。キッチンや浴室用の抗菌スプレーは、カーペットに損傷を与えたり変色を招く可能性があります。
    • 「カプセルタイプ」や「カビをバリア」と謳っている商品はカーペットの繊維にバリアを張ってカビの繁殖を防ぎます。湿気が多い環境にあるカーペットに使用すると良いでしょう。
    • 市販の製品の代わりにブリーチと水を混ぜたものを使用しても良いでしょう。ブリーチ120mlと水4リットルを混ぜましょう。[2]色あせ防止タイプのブリーチを使用し、カーペットの隅で試してみて変色がないか確認しましょう。
  2. 2
    カーペットクリーナーを使用する 脱臭剤が含まれたカーペットクリーナーを使用するとカビ臭さが無くなり、カビ自体を取り除く効果があります。様々な商品が販売されているため、ラベルの使用方法をよく読みましょう。
    • 酸素系漂白剤入りの洗剤を使用するときれいになるというケースも報告されています。
  3. 3
    二酸化塩素系の製品を慎重に塗布する カビ取り剤には二酸化塩素系のものがありますが、カーペットに使うと変色することがあります。製品ラベルの使用方法に従い、普段家具で隠れる場所でまず試してみましょう。製品にもよりますが、カビ取り剤を使用した後に水掃除機で吸い取らなければならない場合があります。
    • 二酸化塩素系の製品からは目や肺を刺激するガスが発生するため、作業する際は換気を良くしましょう。息苦しくなったり咳が出だしたら、部屋を移動しましょう。[3]
  4. 4
    スチームクリーナーをレンタルする 特別なスチーム洗浄掃除機はホームセンター等でレンタルでき、頑固なカビを落とすのに効果的です。使用した水がカーペットに残っていると再びカビが繁殖するため、掃除をしたあとは直ぐに乾かすことが極めて重要です。ヘアドライヤーを使用したり、直射日光が当たる場所に置いて扇風機の風を送ると良いでしょう。
    • 専用の機械以外でスチーム洗浄を試みるのは止めましょう。蒸気やお湯を間違った方法で使用すると、カーペットが縮んだりダメージを与えてしまいます。
  5. 5
    業者に依頼する プロの清掃業者は豊富な経験からカビの種類を特定し、特別な機械や薬品を使用して処置してくれるでしょう。自分でスチーム洗浄をしたのなら、業者にはドライアイス洗浄等の違った処置を依頼してみましょう。
  6. 6
    問題の部分を取り除く カーペットの裏地に大きなカビのコロニーがある場合、その部分を交換した方が時間とお金を節約できるケースもあります。カビの部分を切り取る際は、完全にカビを取り除くためにカビの周りを30cm余計に切り取りましょう。
    • こういったケースでは、カーペットの下の床部にカビが生えていることがあります。カーペットを交換する前に床のカビをしっかりと処理しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
カーペットのカビを防ぐ

  1. 1
    カビの原因と湿気を排除する 湿気の多い床下スペースや下張り床には防湿ポリウレタンシートを敷いたり業者に頼んでカビの繁殖を防ぐ対策が必要です。通気口、クローゼット、ソファの下等をチェックしてカビの見落としがないか、全てきれいになっているかを確認しましょう。カーペットの下も確認すると尚良いでしょう。
    • ソファにカビが生えている場合、カーペットと同様の方法で処理できますが、端で試してみて変色がないか確認しましょう。
  2. 2
    換気を良くする 空気が流れていると湿気が蒸発しやすくなり、カビが生えやすい湿った場所が乾燥します。1日に2時間以上窓を開けるか、扇風機を回しましょう。
    • 早朝に窓を開けて夜の間に溜まった湿気を取り除きましょう。
  3. 3
    除湿器を使用する 湿気の多い地域に住んでいたり、部屋の換気が難しい場合、除湿器を購入すると良いでしょう。夜の間作動させて空気中の湿気を取り除き、湿気がカーペットに吸い取られるのを防ぎましょう。
  4. 4
    定期的に掃除機をかける ほうきで掃くのも効果的ですが、埃やカビ胞子はカーペットの繊維に深く絡まるため、掃除機をかけた方がきれいになります。シャーク社の掃除機を使用するとより効果的ですが、本体価格はかなり高いでしょう。
  5. 5
    明りを消さない カビは暗い所でよく育つため、明るくするとカビの繁殖を抑えることができます。省エネタイプのライトを一定期間つけっぱなしにしてみたり、寝るときは常夜灯を点けたりしてみましょう。[4]
    • 平均的な蛍光灯でカビの繁殖を抑えることができますが、特別な殺菌灯を使用するとカビ胞子を検知し殺すことができます。[5]
  6. 6
    主なカビのコロニーを取り除いた後にへパフィルター掃除機を使用する カビが集中している部分を取り除いた後は、へパフィルター搭載掃除機をレンタルしてカビ胞子を残らず取り除きましょう。掃除機を使用する前に全ての通気口や窓を閉めて、カビ胞子が他の部屋に移動するのを最小限に抑えましょう。
    • へパ(HEPA)とは高性能微粒子エアの略で、ブランド名ではなく性能の一部で、様々な製品紹介の評価に使用されます。
    広告

ポイント

  • カーペット清掃業者への依頼を考えている場合は、非営利団体の第三者機関による認証を得たハウスクリーニング技能士等の有資格者がいるかをチェックしましょう。

広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

紙に付着した染みを取り除く

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

タイルの床の目地を掃除する

How to

カーペットの臭いを消す

How to

クモの駆除

How to

家庭でのノミ駆除

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

冷凍庫の霜取り
広告

このwikiHow記事について

Mike Kapur
共著者
認定カビ査定業者、家屋調査士
この記事の共著者 Mike Kapur. マイク・カプアはニューヨーク州ウエストチェスターにある家屋調査会社「Sonic Home Inspections」の経営者です。家屋調査士として15年以上の経験を持ち、カビ、ラドン、石綿、危険物、害虫、水質や空気環境の検査、赤外線サーモグラフィ検査、一般家屋調査を専門に行っています。同会社を設立する以前は集合住宅の家屋調査を行っていました。クイーンズ・カレッジにて会計学の学士号を取得。ニューヨーク州より認定カビ査定業者として認められています。
カテゴリ: 掃除
このページは 145 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告