PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

食べこぼしやペットの臭い、長年の生活臭などでカーペットから嫌な臭いがするようになったら、重曹を使うと消臭できるかもしれません。[1] カーペットのシミや臭いを落とすために強力な化学物質を使うと、目や呼吸器が刺激される恐れがあり環境にも悪影響を及ぼしますが、重曹は安価で使いやすく、ペットや人間にも安全です。

方法 1
方法 1 の 2:
カーペットを重曹で消臭する

  1. 1
    まず初めに、カーペットに掃除機をかけましょう。カーペットが汚れていると、重曹の効果が十分に得られません。カーペットをできるだけきれいな状態にしてから、重曹で消臭しましょう。カーペットに掃除機をかけ、ゴミや糸くずなどを取り除きます。[2] スリッパの裏や靴下には汚れや油が付着しています。カーペットの上を歩くたびにそのような汚れが表面にこすり付けられ、繊維の奥深くに溜まっていきます。
  2. 2
    カーペットをできるだけきれいにしたら、重曹で消臭することを家族に伝え、その間はカーペットを踏まないように頼みましょう。
  3. 3
    カーペットが通り道にある場合は、1か所ずつ何回かに分けて作業する必要があるかもしれません。
  4. 4
    消臭する部分に重曹をたっぷり振りかけます。重曹を少なくとも1箱か2箱は使うつもりで用意しておきましょう。カーペットの色がわからなくなるくらいたっぷりと振りかけます。重曹はペットや人間に害を及ぼさないので、大量に使っても問題はありません。[3]
  5. 5
    重曹は固まりやすいので、大きめのシェーカーに入れると振りかけやすく、より均等に振りかけられるでしょう。
  6. 6
    冷蔵庫で保存していた開封済みの重曹があっても、それではなく新しい重曹を使いましょう。未開封の新しい重曹のほうが臭いをよく吸い取ります。[4]
  7. 7
    重曹をカーペットにすり込みます。重曹が繊維の奥に入り込み、カーペットの下まで届くように、乾いた掃除用ブラシまたはスポンジでカーペットをこすりましょう。特に、カーペットの毛足が長く毛羽立っている場合は、重曹を奥までしっかりとすり込む必要があります。表面だけでなく、カーペットの奥の繊維まで重曹が行き渡るようにしましょう。
  8. 8
    カーペットの肌触りが悪くなるのが心配なら、掃除用ブラシではなく古い靴下やTシャツでこすりましょう。
  9. 9
    ここから先は、消臭作業が終わるまでカーペットを踏まないようにしましょう。
  10. 10
    重曹をこすり付けたまま、数時間から1晩おきましょう。長くおくほど消臭効果が高くなるので、24時間放置できれば理想的です。重曹は臭いを隠すのではなく、臭いを吸収して自然に中和します。[5]
  11. 11
    重曹をこすり付けたカーペットを踏まないようにしましょう。重曹が足につくと家中に広がってしまいます。
  12. 12
    重曹が不足している部分があれば、足しましょう。悪臭の元になる箇所に重曹がかかっていないと、消臭効果はありません。
  13. 13
    掃除機で重曹を吸い取ります。大量の重曹を吸い取るには時間がかかるので、掃除機をゆっくりかけましょう。重曹を残らず吸い取るために、各部分に数回ずつ掃除機をかけます。[6] 重曹を濡らさなければ、きれいに吸い取れるでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
しつこい臭いに対処する

  1. 1
    重曹で消臭した後、カーペットの臭いをかいでみましょう。臭いは消えましたか?一般的に、どんな悪臭でも1回で消臭できますが、臭いがあまりにも強烈な場合は、もう1度重曹を振りかける必要があるかもしれません。重曹を振りかけてから長時間おくほど効果的に消臭できることを念頭に置いて、もう1度重曹を振りかけてみましょう。
  2. 2
    消臭する前に、カーペットを洗浄してみましょう。カーペットがあまりにも汚れていると、重曹だけでは十分に消臭できないかもしれません。重曹で消臭する前に、カーペットを徹底的に洗浄しましょう。事前にカーペットを洗浄すると、重曹の消臭効果が十分に発揮されるでしょう。
  3. 3
    市販のカーペットシャンプーの代わりに、ホワイトビネガーと水を同量ずつ混ぜて使いましょう。
  4. 4
    カーペットを洗浄した場合は、完全に乾かしてから重曹を振りかけましょう。[7]
  5. 5
    重曹に良い香りをつけて臭いを隠します。カーペットからひどい悪臭がする場合は、良い香りで悪臭を隠しましょう。重曹に香りをつけるには、大きなボウルに重曹を入れ、エッセンシャルオイル5~10滴を加えます。泡だて器を使って、エッセンシャルオイルと重曹をよく混ぜましょう。香り付きの重曹をスプーンでシェーカーに入れ、前の手順と同じ要領でカーペットに振りかけます。悪臭をうまく打ち消すには、次のような爽やかな香りのエッセンシャルオイルが適しています。
    • レモンまたはレモングラス
    • ラベンダー
    • ユーカリ
    • シダー
  6. 6
    注意:家の中にペットがいる場合は、使用するエッセンシャルオイルが犬や猫に害を及ぼさないことを確認してから使いましょう。
  7. 7
    数週間おきに消臭を繰り返しましょう。カーペットを消臭せずに長期間使っていると、すぐに嫌な臭いが戻ってきます。カーペットをきれいに保つために、数週間おきか少なくとも1か月に1度は重曹を振りかけて消臭しましょう。何か月または何年もしみついた臭いでなければ、重曹で完全に消臭できるでしょう。
    広告

ポイント

  • 重曹にレモンのしぼり汁数滴を加えて使ってみましょう。重曹の消臭効果でカーペットの臭いが消え、レモンの爽やかな香りが漂うでしょう。
広告

必要なもの

  • 重曹(重炭酸ナトリウム)
  • 掃除機

関連記事

紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
銅製品の汚れを落とす
キャンドルの蝋を落とす
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
濡れたカーペットを乾かす
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
服についたワセリンを落とす服についたワセリンを落とす
服についたバターを取る
ゴムを洗うゴムを洗う
クロムめっきの上から塗装するクロムめっきの上から塗装する
ステンレス冷蔵庫のへこみを直すステンレス冷蔵庫のへこみを直す
窓ガラスについた接着剤を落とす窓ガラスについた接着剤を落とす
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

Haim Shemesh
共著者 ::
カーペット・ラグクリーニング専門家
この記事の共著者 : Haim Shemesh. 敷物・カーペットクリーニング業界にて17年以上の経験をもつハイム・シェメッシュは、ニューヨーク市にて「Sunlight Fine Rugcare & Restoration」を経営しています。専門は東洋敷物、ペルシャ絨毯、手作り、アンティーク敷物のクリーニングと補修。また、焦げ跡などのダメージケアや敷物の復元も請け負っており、2017年と2018年にアンジーズ・リストより「優秀サービス賞」を獲得。Staples、エースホテル、モモフク(レストランチェーン)、バナナリパブリック他、多数のクライアントにサービスを提供しています。 この記事は2,862回アクセスされました。
カテゴリ: 掃除
このページは 2,862 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告