カーペット洗浄剤を作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 15 出典

この記事には:カーペットクリーナーを作るカーペットを手で洗浄するカーペット洗浄機を使う

専門業者によるカーペットクリーニングや、市販の洗浄剤は高くつくことがあります。しかし、ホームメイドの洗剤を自分で作り、洗浄機や一般的な掃除道具を使い、カーペットをきれいにすることができます。ホームメイドの洗剤は、シミ抜き、部分汚れ、人がよく通る場所の洗浄、または普段の掃除に最適です。ここでご紹介する数種類の洗剤の中から、頑固なシミに効果的なお気に入りの洗剤を見つけましょう。

パート 1
カーペットクリーナーを作る

  1. 1
    コンディショナー入りカーペットクリーナーの作り方 これは市販の洗剤に最も近い洗剤で、カーペットが清潔で柔らかくなるとともに、香り良く仕上がります。この洗剤を作るには、以下の材料をバケツで混ぜ合わせます。[1]
    • 洗濯用液体洗剤 大さじ2杯(30 ml)
    • 多目的液体洗剤 ¼カップ(50 ml)
    • オキシクリーン 1杯
    • 柔軟剤 小さじ1杯(5 ml)
    • お湯 4リットル
  2. 2
    非中毒性の香りつき洗剤の作り方 家庭に子供やペットがいる場合、特にカーペットのように毎日触れる物の洗浄には、毒性のない洗剤が必需品です。香りの良い非毒性の洗剤は、以下の材料を混ぜ合わせて作ります。[2]
    • ホワイトビネガー 1カップ(200 ml)
    • 水 2カップ(400 ml)
    • 塩 小さじ2杯 (12 g)
    • エッセンシャルオイル 15滴(レモン、ラベンダー、松など)
  3. 3
    ガラスクリーナーを使う簡単な洗剤の作り方 ガラスクリーナーを窓の掃除以外にも活用できます。水と混ぜるだけで、家の中や車などのあらゆる場所のカーペットに使える、安価で効果的な洗剤を作ることができます。
    • 作り方は、同量のお湯とマジックリンなどのガラスクリーナーを混ぜ合わせるだけです。[3]
  4. 4
    強力なアンモニアベースの洗剤の作り方 アンモニア入りの洗剤は、一般的な洗剤より洗浄力がありますが、アンモニアは腐食性のため、皮膚、目、肺、または特定の素材にダメージを与える恐れがあります。手袋を着用し、次の材料をバケツで慎重に混ぜ合わせましょう。[4]
    • 食器用液体洗剤 大さじ1杯(15 ml)
    • アンモニア ¼カップ(50 ml)
    • 酢 ¼カップ(50 ml)
    • 水 11リットル
  5. 5
    簡単にできるレモンと過酸化水素水の洗剤の作り方 オキシドールなどの過酸化水素水には強い洗浄力があり、香りの良いレモンには油を分解する作用があります。この2つの材料を組み合わせて、簡単にホームメイドのカーペットクリーナーを作ることができます。材料は以下の通りです。[5]
    • ¾カップ(150 ml)の過酸化水素水をバケツに入れます。
    • 1½カップ(300 ml)の水を加えます。
    • レモンのエッセンシャルオイルを5滴加えます。
    • 材料を混ぜ合わせます。
  6. 6
    基本的な粉末クリーナーを作る 粉末のカーペットクリーナーは、何かをこぼした時や、油染みに効果的で、家庭でも作ることができます。基本の粉末クリーナーは、以下の材料を小さなボウルに入れて作ります。[6]
    • ベーキングパウダー 1カップ
    • コーンスターチ 1カップ
    • 砕いたローリエ(月桂樹の葉)5枚(香りづけ)
    • 砕いたドライポプリ 少々(任意)
  7. 7
    ホウ砂と重曹の洗剤の作り方 さらに強力で消臭効果のある粉末クリーナーは、重曹とホウ砂を混ぜて作ります。ハーブや花のオイルを使って、お好みの香りにカスタマイズすることもできます。下記の材料を混ぜ合わせて作ります。[7]
    • ホウ砂 1カップ
    • 重曹 1カップ
    • ドライハーブまたはドライフラワー 大さじ1杯(5 g)
    • エッセンシャルオイル 20滴

パート 2
カーペットを手で洗浄する

  1. 1
    クリーナーをスプレーボトルまたはシェイカーボトルに入れる 手でカーペット全体または部分的に洗浄する際、洗剤を薄く均等につける必要があります。液体洗剤はスプレーボトルに、粉末クリーナーはシェイカーボトルに移すと、カーペットに均等にまくことができ、作業が楽になります。
    • 材料をよく混ぜ合わせてから、洗剤をボトルに移しましょう。
  2. 2
    部分的にテストをする 初めて使う洗剤は、広い範囲につける前に部分的に試すことが大切です。特にカーペット、布地、家具などを洗浄する場合は必ずテストを行いましょう。部分テストをして、洗剤によるカーペットの傷みや変色の有無を確かめます。テストは次の手順で行います。[8]
    • カーペットの隅や家具の下になる目立たない箇所を選びます。
    • カーペットのごく一部に洗剤を吹き掛けたり、振り掛けてみましょう。
    • 24時間そのままにしておきます。
    • その後、テストした部分に色落ち、変色、その他のダメージがないかを調べます。
    • ダメージが見られなければ、洗浄を続けましょう。
  3. 3
    汚れた部分に洗剤を吹き掛けるか、または振り掛ける 部分的なシミを落とすには、汚れた部分に洗剤を薄く均等につけます。[9]カーペット全体を洗浄する場合は、カーペットを3~4つのセクションに分け、1セクションずつ洗浄します。
    • カーペット全体をセクションごとに洗浄する際、最後に行き場がなくならないように、ドアから最も離れた個所から始め、ドアに向かって作業をしましょう。
  4. 4
    洗剤を浸み込ませる 洗剤をカーペットにつけた後、10分ほどおきます。こうすると、液体洗剤は繊維に浸み込み、粉末洗剤は臭いや汚れを吸収します。
    • 時間がない場合は必ずしもつけ置きをする必要はありませんが、つけ置きすることで洗浄効果が増します。
  5. 5
    擦り作業をする カーペットブラシまたは硬い毛のブラシを使い、洗剤をつけた個所を擦ります。こうすると、洗剤がカーペットにより深く浸透し、繊維の奥に入り込んだホコリやゴミなどを浮かせます。[10]
    • カーペット全体にブラシをかけたら、液体洗剤が完全に乾くまで30分ほど待ちます。
  6. 6
    掃除機をかける 液体洗剤が完全に乾き、粉末洗剤が臭いと汚れを吸収したら、カーペットにていねいに掃除機をかけます。すべてのホコリ、ゴミ、余分な粉末を吸い取るまで、掃除機を2~3回かけましょう。[11]
    • カーペット全体を洗浄する場合は、掃除機をかけ終わった後、次のセクションに進み、上記の手順を繰り返します。

パート 3
カーペット洗浄機を使う

  1. 1
    最初に洗剤を試す 初めての洗剤を使う際、カーペットにダメージを与えないかを部分的に試す必要があります。カーペットの目立たない部分に液体または粉末洗剤をつけ、そのまま24時間おきます。[12]
    • 24時間後、テストした部分に変色や傷みがないかを調べます。目に見えるダメージがなければ、洗浄を続けます。
  2. 2
    洗浄機のタンクに洗剤を入れる 大抵の洗浄機は、ひとつのタンクに水と洗剤を入れる仕組みになっています。タンクにお好みの手作り洗剤を入れます。タンクに蓋が付いている場合は、カーペットを洗浄する前に忘れずに閉めましょう。
    • 洗浄機によっては、清水と洗剤を別々のタンクに入れるタイプもあります。その場合は、それぞれのタンクを水と洗剤で満たしましょう。[13]
  3. 3
    カーペットを洗浄する 洗浄機のスイッチを入れてハンドルのレバーを握り(付いている場合)、洗浄を開始します。ドアから最も離れたコーナーから始め、掃除機をかける要領で前後に洗浄機を動かします。カーペットに洗浄液が浸透し、汚れをこすり落とせるように、各セクションを2~3回くり返して洗浄します。[14]
    • 最後に行き場がなくならないように、ドアに向かって洗浄しましょう。
  4. 4
    カーペットを乾かす 洗浄機はカーペットに多量の洗浄液を噴射するため、洗浄後は24時間そのままにしておきます。こうすることで洗浄液がカーペットによく浸透した後、蒸発して乾燥します。[15]
  5. 5
    カーペットに掃除機をかける カーペットが完全に乾き、手で触れて洗浄液が残っていると感じなければ、カーペット全体に掃除機をかけます。掃除機で繊維の中のホコリやゴミを吸い取れば、カーペットの洗浄は完了です。
    • カーペット洗浄機には、掃除機としても使える機種もあります。掃除機として使う場合は、ハンドルのレバーを握って洗浄液をうっかり噴射しないように注意しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

Deutsch: Teppichreinigungslösung herstellen, Español: hacer una solución para limpiar alfombras, Italiano: Preparare delle Soluzioni Detergenti per il Tappeto, Русский: приготовить средство для чистки ковров, Français: préparer un produit nettoyant pour les tapis et la moquette, Bahasa Indonesia: Membuat Larutan Pembersih Karpet, Nederlands: Zelf tapijtreiniger maken, العربية: عمل محلول تنظيف للسجاد, 中文: 制作地毯清洁液, ไทย: ทำสารทำความสะอาดพรม, Tiếng Việt: Pha chế dung dịch làm sạch thảm

このページは 528 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?