ガレージが狭くて使いづらい、または使っていないガレージを別の目的に使いたいなどの理由でリフォームを検討することもあるかもしれません。大掛かりな工事になりますが、それだけの価値はあるでしょう。何から始めたら良いのかわからなければ、この記事を参考にして万全の体制を整えましょう。ここでは、ガレージの拡張に関する一般的な質問とその回答を紹介します。

方法 1 の 8:
1台用のガレージをどのように拡張するか?

  1. 1
    奥行きを広げて作業するスペースを作りましょう。ガレージで車の整備をよく行う場合に適した方法です。ガレージの奥行きを広げると、工具や機械を置く場所を確保できます。また、拡張したスペースを倉庫やリビングルームとして使っても良いでしょう。[1]
    • たとえば、ガレージの奥行きを広げて、そのスペースをジムとして使うことができます。
  2. 2
    駐車する車の台数を増やすにはガレージの幅を広げましょう。特に新しい車を購入する場合、駐車スペースは不可欠です。1台用のガレージを2台用のガレージに拡張したり、ガレージを使いやすくするために幅を少し広げたりしましょう。[2]
    • ガレージの幅を少し広げると、自転車や屋外で使う器具をガレージに収納することができます。
  3. 3
    大型車を駐車するためにガレージの天井を高くします。普通のガレージは、セダンやSUVなどの一般的な車に適していますが、車高が高い車やキャンピングカーには高さが足りないかもしれません。また、ガレージの天井が高ければカーリフトを収納できるので、整備作業がはかどるでしょう。[3]
    • ガレージの高さの拡張は、奥行や幅を広げられない場合に最適です。
    広告

方法 2 の 8:
ガレージに2階を増築できる?

  1. 1
    可能ですが、準備と工事に時間がかかります。初めに、専門業者に依頼して既存のガレージを現地調査してもらう必要があります。ガレージの基礎や壁の強度を確認してもらい、必要に応じて基礎の補強工事と2階の増築を業者に依頼しましょう。専門業者に任せれば、法律や規制に準じてガレージを拡張することができます。[4]
    • ガレージに2階を増築する場合は建築確認申請が必要になり、建ぺい率などを考慮する必要もあるかもしれません。

方法 3 の 8:
ガレージをリビングルームにリフォームできる?

  1. 1
    もちろん問題ありません。ガレージをワンルームマンションの部屋のようにリフォームしたり、ジムとして使ったりすることができます。中には、ガレージを仕事部屋や娯楽室にリフォームしたり、ガレージのスペースを利用してキッチンを拡張したりする人もいます。[5]
    • ガレージをリフォームして木工作業を行うスペースや趣味の空間を作っても良いでしょう。
    広告

方法 4 の 8:
ガレージの拡張に許可は必要?

  1. 1
    地域によって異なりますが、通常は建築確認申請が必要です。リフォームの規模や住んでいる地域によっては不要になることもあるので、自治体の窓口でリフォームの詳細を説明し、申請が必要になるか確認しましょう。
    • 建築確認申請には図面が必要になるので、通常は、建築士がいるリフォーム業者に代理申請を依頼します。[6]

方法 5 の 8:
敷地境界線の近くまでガレージを拡張できる?

  1. 1
    詳細は自治体に確認しましょう。民法では、建築物と隣地境界線との距離は50cm以上離すように定められており、これは屋根があるガレージにも適用されます。また、都市計画法に定められた用途地域によっても規制が異なるので、自治体の窓口で確認しましょう。
    • たとえば、都市計画によって外壁の後退が定められている第1種低層住居専用地域に住んでいる場合は、建物の外壁と敷地境界線の間を1~1.5m空ける必要があります。[7]
    広告

方法 6 の 8:
ガレージを自分で拡張できる?

  1. 1
    不可能ではありませんが、現実的ではありません。建築の経験が豊富な場合を除き、リフォーム業者などの専門家に依頼するほうが良いでしょう。ガレージの拡張には建築や工学の専門知識が必要です。ガレージの拡張を安全に行うために専門業者に依頼しましょう。[8]

方法 7 の 8:
ガレージの拡張にかかる費用は?

  1. 1
    平均的なガレージの拡張にかかる費用は、100~200万円ほどです。ガレージ拡張費用の内訳は主に材料費と人件費です。レンガや金属などの資材は、木材などの資材よりもはるかに高価です。また、1台用のガレージを2台用のガレージに拡張するような大規模な工事になると工期も長くなり、ちょっとした拡張工事よりも費用がかさむでしょう。[9]
    • ガレージの拡張にかかる費用は、依頼する業者によっても異なります。インターネットを利用して様々な業者の見積もりを取ってから依頼する業者を決めましょう。
  2. 2
    特殊な工事が必要になる場合は、さらに費用がかかります。ガレージを拡張して別の目的で使う場合は、電気工事や内装工事が必要になるかもしれません。ガレージに2階を増築するような大規模な拡張工事では、建築士や建築デザイナーに図面を作成してもらう費用もかかるでしょう。[10]
    広告

方法 8 の 8:
ガレージ拡張の工期は?

  1. 1
    1~2週間が目安です。工期は、拡張工事の規模と使用する資材によって左右されます。拡張工事が始まる前に、業者に工期を確認しましょう。[11]
    • たとえば、レンガを使うとコンクリートを使うよりも時間がかかります。

ポイント

  • ガレージの拡張工事が始まる前に近所へ挨拶まわりをしておきましょう。騒音で近所に迷惑が掛かることもあるので、トラブルに発展しないようにあらかじめ挨拶をしておきます。[12]
広告

関連記事

勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
取れなくなったネジを外す
壁紙(クロス)を剥がす壁紙(クロス)を剥がす
トイレの水位を調整するトイレの水位を調整する
ネジ穴が潰れた(なめた)ネジを外すネジ穴が潰れた(なめた)ネジを外す
コンクリートに付着した塗料を落とすコンクリートに付着した塗料を落とす
さびたネジを外すさびたネジを外す
フラッシュドア(中が空洞のドア)を修理するフラッシュドア(中が空洞のドア)を修理する
壁にホワイトボードを掛ける壁にホワイトボードを掛ける
コンクリートに穴をあけるコンクリートに穴をあける
屋外の排水溝の詰まりを解消する屋外の排水溝の詰まりを解消する
コンクリート床版の下の漏水を探知するコンクリート床版の下の漏水を探知する
ダクトテープの糊跡を取り除くダクトテープの糊跡を取り除く
刷毛や筆を洗う
広告

このwikiHow記事について

James Mansfield
共著者 ::
建築・設計スペシャリスト
この記事の共著者 : James Mansfield. 建築・設計スペシャリストのジェームズ・マンスフィールドは、ニューヨークにあるハイエンドでラグジュアリーな設計施工会社「WestVillage General Contracting」のCEOです。アパート、バスルーム、キッチンのリフォームをはじめ、高級キャビネット、照明、塗装、壁紙などを専門とし、「ラグジュアリー・ビルド・メソッド」と呼ばれる独自の建設システムを開発。同メソッドは、熟練したチーム、尊敬できるパートナーシップ、明確で透明性の高いコミュニケーションを基盤としています。同社は、David Scott Interiors社やフォックス・ネイヘム、ケリー・ビーハムなどのデザイナーとともに、ニューヨークで500件以上の商業施設や一般家屋を手がけてきました。また、ハドソンヤードをはじめとする関連建築物の優先請負業者でもあります。
このページは 133 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告