PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

手作りできるソースの中でガーリッククリームソースほど印象的なものは数多くありません。また、これほどコクがあり万能なソースでも意外なほど素早く簡単に作ることができます。一般的なガーリッククリームソースを作ったり、ニンニクを事前に焼いてまろやかなガーリック風味を出してもよいでしょう。手早くまとめてソースを作り、ピザやパスタからステーキ、シーフードまで、様々な料理にかけて使いましょう。

材料

ガーリッククリームソース

  • バター、大さじ1杯
  • オリーブオイル、大さじ1杯
  • 小麦粉、大さじ2杯
  • ニンニク、数片(みじん切りが大さじ2杯用意できる程度)
  • ヘビークリーム(乳脂肪分が36%~40%のクリーム)または生クリーム、470mL強(注意:ホイップクリームは不可)
  • 野菜、ビーフ、またはチキンブイヨン、小さじ1杯
  • 細切りパルメザンチーズ、半カップ強
  • 好みに合わせて塩と胡椒

ローストガーリッククリームソース

  • ニンニク、1玉
  • オリーブオイル大さじ3杯半(1杯半と2杯分に分けて用意)
  • 小麦粉、大さじ3杯
  • チキンまたは野菜ブイヨン240mL
  • ヘビークリームまたは生クリーム、470mL強(注意:ホイップクリームは不可)
  • 好みに合わせて塩と胡椒

方法 1 の 3:
ガーリッククリームソースを作る

  1. 1
    バターとオリーブオイルを溶かす バターとオリーブオイル各大さじ1杯をソテーパンに入れて中火で温めます。
  2. 2
    ニンニクをみじん切りにする ニンニクの皮を剥きます。大さじ2杯分になるまでニンニクを細かく刻みます。
  3. 3
    ニンニクをバターとオリーブオイルに加える バターとオリーブオイルが溶けて合わさってから、ニンニクのみじん切りを慎重に加えてかき混ぜます。
    • ニンニクが柔らかくなり、よい香りがするはずです。ニンニクが茶色くなるまで熱するのは控えましょう。
  4. 4
    ルーを作る バター、オリーブオイル、ニンニクを混ぜ合わせたものに小麦粉を直接加え、よくかき混ぜます。小麦粉が完全に混ざるようにします。中火で材料を1分間程熱してかき混ぜ続けましょう。
    • ルーにとろみがつき、色が少々濃くなるのがわかるはずです。
  5. 5
    ヘビークリームとブイヨンを熱する この液体状の材料を電子レンジで温めるか、鍋に入れて調理コンロで熱します。液体が沸騰しないように注意しましょう。
  6. 6
    ヘビークリーム470mL強とブイヨンをルーに加える 温めたクリームとブイヨンを慎重にルーに加え、同時にもう片方の手で混ぜ合わせます。中火で煮立つまで、または軽く沸騰するまで熱して混ぜ続けましょう。
  7. 7
    時折かき混ぜて味付けをする ソースを頻繁にかき混ぜて鍋につかないようにします。好みに合わせて塩と胡椒を加えます。数分後にはソースにとろみがつき始めるはずです。
    • ソースは軽く沸騰している状態のはずです。どの段階でもソースを沸騰させてはいけません。
  8. 8
    パルメザンチーズを加え、火から外す よくかき混ぜてチーズを溶かします。特に濃いめのソースを好む場合は熱し続けます。そうでなければソースを火から外し、盛りつけましょう。
    広告

方法 2 の 3:
ローストガーリッククリームソースを作る

  1. 1
    オーブンの電源を入れる オーブンを200℃強に設定して温めます。アルミホイルを約30cm四方の大きさに切って用意します。
  2. 2
    ニンニクを準備する ニンニク1玉分を丸ごとアルミホイルの中央に置きます。オリーブオイルを大さじ1杯半振りかけます。次にニンニクをアルミホイルで包んで密閉し、袋状にします。
  3. 3
    ニンニクをローストする ニンニクを入れた袋状のアルミホイルをオーブンのラックに直接置き、30分間オーブンで調理します。調理後はニンニクが柔らかくなっているはずです。ニンニクをオーブンから出してアルミホイルを外し、冷ましましょう。
  4. 4
    ローストしたニンニクを絞り出し、オリーブオイルと一緒にソテーパンに入れる それぞれのニンニク片は鍋に直接絞り出せる程度に柔らかくなっているはずです。ニンニク1玉分を全て絞り出します。残りのオリーブオイル大さじ2杯分を加えて中火で1分間熱しましょう。
  5. 5
    ルーを作る ソテーパンに小麦粉を加えて鍋全体をよくかき混ぜ、小麦粉が完全に混ざり合うようにします。材料やルーの調理中は常にかき混ぜ続けましょう。ルーの色が徐々に濃くなるはずです。
  6. 6
    チキンまたは野菜ブイヨン240mLを温める ルーの調理中にブイヨンを電子レンジにかけるか、鍋に入れて調理コンロで温めましょう。沸騰させてはいけません。
  7. 7
    ブイヨンをルーに入れて混ぜる ごく少量ずつブイヨンをルーに注ぎ、同時にもう片方の手で混ぜ合わせます。これは非常に時間のかかる工程ですが、この間にブイヨンとルーがよく混ざり合い、ダマになって分離することもないでしょう。
  8. 8
    ソースをかき混ぜながら調理を続ける 沸騰し始めるようであれば、中火または弱火~中火程度に温度を保ちましょう。ごく短時間でソースにとろみがつき始めるはずです。
    • ソースが煮詰まるにつれて水分が大量に蒸発し、量が半分程度になるはずです。頻繁にかき混ぜると焦げ付きを防げるでしょう。
  9. 9
    ヘビークリームまたは生クリームを入れてかき混ぜる ブイヨンとガーリックの材料とクリームを混ぜ合わせ、ソテーパンを火から外します。
  10. 10
    ソースをミキサーにかける ハンドブレンダー、または一般的な卓上タイプのミキサーのどちらでも使用できます。ハンドブレンダーを使用する場合は、ソースを深いボウルに入れ替えます。そしてソースが滑らかになるまでハンドブレンダーで混ぜます。一般的な卓上タイプのミキサーを使用する場合は、ソースをミキサーに入れ替えて滑らかになるまでよく混ぜます。
    • ソースをミキサーにかけると、完全に混ざらなかったルーのダマが滑らかになります。
  11. 11
    ソースの味見をして味付けをする 好みに合わせて塩と胡椒を加えます。ソースはすぐに食卓に出すか、ソテーパンに戻して弱火で温かさを保ちましょう。
    広告

方法 3 の 3:
ガーリッククリームソースを使う

  1. 1
    ピザ用のホワイトソースとして使う トマトソースの代用としてガーリッククリームソースを使えば、ピザの風味が豊かになります。
    • 赤玉ねぎ、マッシュルーム、ほうれん草、ベーコン、アーティチョークの中心部分、チキン、ブロッコリーなどをトッピングとしてのせてもよいでしょう。
  2. 2
    様々なパスタ料理に使う フェットチーネ、ペンネ、リングイーネと和えたり、ラザニアにも使用できます。
    • パスタで使用する場合は、ソースにレモンの皮をすりおろして入れるのもよいでしょう。こうするとレモンの風味が加わり、濃厚さを少々抑えることができます。
  3. 3
    グリルしたステーキにかける ステーキにはハーブ入りのバターや濃厚なソースを添えるのが一般的です。ガーリッククリームソースは代用のソースとしてぴったりです。
  4. 4
    シーフードにソースをかける エビ、ホタテ貝、アサリは特に、ガーリックとクリームの組み合わせとの相性が抜群です。
    • シーフードパスタにソースを少々かけると、さらによい組み合わせになります。
  5. 5
    ディップソースとして使う ブレッドスティック、クラッカー、野菜などをディップしましょう。前菜やパーティー用にパン、野菜、ソーセージをのせた器を用意し、ディップしやすいようにガーリックソースをボウルに入れましょう。
    広告

ポイント

  • ガーリッククリームソースは、蓋がきつく閉まる容器に入れると最長1週間保管できます。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
ご飯を温め直すご飯を温め直す
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
固ゆで卵をひびを入れずに茹でる固ゆで卵をひびを入れずに茹でる
オートミールを作る
生アーモンドをローストする
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
オーブンでステーキを調理するオーブンでステーキを調理する
フロスティングを作る
ソーセージを調理する
ロックキャンディを作る
牛乳からバターミルクを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作るアイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 342 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告