キスの練習をする方法

この記事には:手を使う果物を使う人間を相手にする

初めてのキスはワクワクするものですが、心の準備ができていないために、怖いと感じる人もいるかもしれません。話し方が人によって様々であるのと同様に、キスの方法も人によって十人十色です。最後までゆっくりとキスを交わす人もいれば、だんだんと強く情熱的なキスになっていく人もいます。慣れてくると、どの方法が自分にあったキスなのかがわかってきます。このwikiHowから得られる教訓は、自分の手や物を使って練習することは「可能」ですが、実際の人間を相手にする練習が最も実践的であるということです。(言うまでもなく、実際に人間とするキスは、練習よりもはるかに素晴らしいものです。)キスの技術を磨く方法を、ここで幾つか紹介していきます。

1
手を使う

  1. 1
    「O」の字を作るように、左手を軽く丸める 親指をひとさし指の爪に触れるようにします。
  2. 2
    左手の穴に右の親指を入れる 両方の親指を第二関節で曲げて、平行にすると、唇のような形になります。
  3. 3
    親指に優しく口をつける 「親指で作った唇」に向けて、軽くキスをする練習をしましょう。
  4. 4
    舌を使ってみる 親指が接合している部分に軽く舌を這わせてみましょう。接合部分に優しく舌を押し込みましょう。
  5. 5
    優しいキスとやや激しいキスの両方を練習する ちょうど良いと感じる力加減をつかみましょう。

2
果物を使う

  1. 1
    プラム、杏またはマンゴーのような熟した果物を用意する このような果物は柔らかく、甘い味がします。
  2. 2
    果物をかじり、口の大きさの小さい穴を作る
  3. 3
    これをキスをする相手の口に見立てて練習をする
  4. 4
    果物で作った唇に優しく口をつける キスにリズムをつけてみましょう。「上唇」にキスをした後に、「下唇」にキスをしましょう。くれぐれも、キスの相手を食べてはいけません。
  5. 5
    果肉の中に優しく舌を押し込む 舌の使い方は控えめにするように心がけましょう。舌を乱暴に動かしてはいけません。

3
人間を相手にする

  1. 1
    キスをしてもかまわないと思う人を見つける ファーストキスを特別なものにしたいと考えている人は、キスの相手に最もふさわしいと思う人を選びましょう。キスのやり取りにまだそれほど自信が持てない人は、なるべく恥ずかしさを感じない人を選びましょう。(そして、心配することはありません。コツさえつかんでしまえば、キスは楽しいものです。)
    • 実際に生身の人間とするキスに勝るものはありません。人間を相手にするとき、手や果物では得られない感触を、唇で味わうことができます。
    • キスは人間にとって自然な営みです。ゆえに我々はキスをします。実際にキスをする前の練習は、自転車やシーソーに乗るときの練習に似ています。実際にするキス以外の練習で得られるものには限界があります。自転車に乗ってはじめて、自転車の乗り方が上手くなるのと全く同様に、キスをしてはじめて、上手なキスができるようになります。
  2. 2
    さりげなく頼む、もしくは、唇を奪う 女性の場合、男性に会ったときにキスをしたいかどうかを聞くという手があります。(もしくは、男友達との仲を深めていき、親密な関係になってから、キスを迫るという手もあります。)男性の場合は、少し難易度が上がります。次に述べる方法で、キスをする機会を見つけましょう。
    • 自分に好意を寄せていそうな人とキスをしましょう。相手が自分に好意を寄せているかどうかがわかりづらい場合もあります。相手が自分を好き嫌いかがわかる場合には、状況に応じた行動をとりましょう。
    • キスをする状況を作りましょう。まずは色っぽい雰囲気を作って、キスを導きましょう。話をしているときに、相手の肩に優しく手を当て、瞳の美しさを褒めます。また、思いを込めて、その瞳をじっと見つめます。
    • 相手に体を寄せましょう。キスをしようとするときに1.5メートル離れていると、動きがぎこちなくなります。相手に接近しましょう。相手がその気になっているのを確信したら、腰に手をまわしても大丈夫です。
  3. 3
    キスのために唇の手入れをする キスをするときは唇をすべすべで、柔らかく、みずみずしい状態にしておきましょう。キスをする前には常に唇に潤いを与えましょう。乾燥したパサパサの唇だと、キスの機会を逃すこともありえます。以下のことに注意しましょう。
    • キスの前にリップグロスをつけてはいけません。リップグロスはべとつきがあり、キラキラ光り、そして甘い香りがします。キスをするときに、べとつきは邪魔なものです。また相手はキラキラの唇を求めてはいません。甘い香りも不要です。なぜなら、キスをすれば、十分に甘い雰囲気を楽しむことができるからです。
    • キスの前に口紅をつけてはいけません。口紅をつけると見た目は素敵になるかもしれません。しかし、それは大人の場合であり、若い女性は口紅をつけていなくても素敵です。キスをする時に相手に口紅をつけて、その跡が残ることもあります。
  4. 4
    徹底して息を爽やかに保つ キスをしようとする時に、歯磨きの道具を持っているのであれば、是非使いましょう。歯ブラシを持っていないときは、ブレスミントを使いましょう。玉ねぎやニンニクなどの臭いの強い食べ物は、キスの前に食べてはいけません。
  5. 5
    相手との距離を縮める 普通以上に相手との距離を縮めることで、相手にキスの準備をするように合図を送りましょう。息苦しくなるほどに距離を詰めましょう。相手が身を引くようであれば、キスの準備ができていません。相手がその場にとどまるか、さらに距離を縮めてくるようであれば、次の行動に移ってもいいという合図です。
  6. 6
    キスをするまで相手の目を見つめ続ける この瞬間が重要です。相手としっかりと見つめ合いましょう。目と目で相手と強く通じ合うことができます。目は口からでる言葉以上にたくさんのことを相手に伝えます。
    • キスに移ろうとするときに、相手の口元に目を向けましょう。相手の唇に自分の唇を合わせるときに失敗しないためには、唇の位置を自分の目で確認する必要があります。
    • 唇が重なり合ったら、目を閉じましょう。なぜかという理由はありません。しかし、キスの最中に誰かにじろじろ見られたら、少し怖いと感じるものです。目は完全に閉じましょう。
  7. 7
    わずかに顔を傾けてキスをする 真っ直ぐに相手とキスをしようとすると、鼻が邪魔になり、実際に唇を合わせられません。左か右に顔を少し傾けましょう。そうすれば、鼻が妨げにならないので、唇を合わせることができます。
    • 相手の隣に座る場合、左右のどちら側に座っているかによって、顔を傾ける方向が決まります。
      • 相手の左側に座っている場合、顔を左側に傾けましょう。
      • 相手の右側に座っている場合、顔を右側に傾けましょう。
  8. 8
    初めてのキスを持続する キスを初めてする場合、相手が唇を開いてもっと激しくキスしてこないのであれば、2秒間、唇を合わせ続けましょう。初めてのキスがしっかりできた後は、緊張をせずに、次のキスを続けましょう。
  9. 9
    相手の上唇と下唇にキスをしてみる もちろん、同時にではありません。2、3回相手の下唇に自分の唇を優しく合わせてみましょう。それから、相手の上唇に同様のキスをしましょう。
    • 優しくしましょう。たとえ心臓が胸から飛び出そうなくらいに自分が緊張していたとしても、優しさは相手に伝わります。そして、より官能的なキスをすることができます。
    • 敏感になりましょう。敏感になるとは、相手がしていることに反応を示すことを言います。キスはダンスのようなものです。相手の動き方に合わせて、自分の動きを決めていきましょう。
    • 慌てずゆっくりキスをしましょう。キスが下手な人は、矢継ぎ早にしようとします。まるで1秒間に1000回キスをするかのように、慌ててキスをしてはいけません。ゆっくりと、微妙な唇の感触の変化を味わいましょう。そして、目を閉じることを忘れてはいけません。
  10. 10
    すぐにフレンチキスをしない より親密なキスに一気に進もうとするとき、相手は心の準備ができていない場合もあります。無理にフレンチキスを迫ると、どぎまぎした雰囲気になります。ここでデートのひと時とキスの瞬間が台無しになる可能性もあります。

ポイント

  • 手で練習をする場合、終わったときに手の匂いを嗅ぎましょう。手が臭いのであれば、口臭の心配をする必要があります。もっとこまめに歯磨きをする、ブレスミントを使う、糸ようじを使う、そしてもっと水を飲むといった対策をしましょう。
  • 実際のキスの感触は練習とは全く違います。しかし、基本の動きは同じです。
  • 優しくゆっくりと始めて、だんだんと激しくしていくことがコツです。
  • 練習は必ず私的な場所で行いましょう。
  • 果物は人間のように文句を言わないので分かりづらいですが、歯を立てないようにしましょう。
  • 相手の動きと同じようにキスを繰り返しましょう。飽きてきたら、違う動きを試してみましょう。
  • 息が臭くなる食べ物を食べてはいけません。
  • キスの前にミントのガムやタブレットを噛みましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ティーン

他言語版:

English: Practice Kissing, Español: practicar para besar, Italiano: Esercitarsi a Baciare, Português: Praticar o Beijo, Français: vous entraîner à embrasser, Deutsch: Küssen üben, 中文: 练习接吻, Čeština: Jak si natrénovat líbání, Bahasa Indonesia: Berlatih Mencium, Русский: практиковать поцелуи, Nederlands: Zoenen, हिन्दी: चूमने का अभ्यास करें, Tiếng Việt: Luyện tập Hôn môi, العربية: التدرُّب على التقبيل, ไทย: ฝึกจูบให้เก่งๆ, 한국어: 키스 연습하는 법

このページは 736 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?