キスをする方法

5 パート:キスへと導くキスのテクニック生まれて初めてのキスをするデート後にキスする恋愛以外のキス(欧米での場合)

遂にあの人と感動の初キスができそうだと喜んだのもつかの間、「あっ、キスの仕方、誰か教えて!今すぐに!」と我に返った人はいませんか?この記事を見ているということは、おあつらえ向きの場所を探し当てたということです。ここではキスのイロハを懇切丁寧に説明しています。さあ、唇をすぼめて、楽しみましょう!

パート 1
キスへと導く

  1. 1
    その気があることをほのめかす 単刀直入に言わずとも、キスしたいと思っているサインを微かに出してみましょう。ロマンチックにほのめかす方法は以下の通りです。
    • 相手が気付くように相手の唇を一瞬見つめましょう。
    • 自分の唇をぎゅっとむすんだり、すぼめないようにしましょう。上下の唇の間から普通に呼吸でき、上の歯で下唇を楽に噛めるくらいの隙間を開けて唇を離します。
    • 口元を魅力的にしましょう。唇がカサついているのであればリップクリームやリップグロスを塗って滑らかにし、ミントや口臭スプレーで爽やかな息を保ちましょう。相手がキスをしようと近づいたときに、口から吐き出さないといけないガムは雰囲気を壊してしまうので控えましょう。
  2. 2
    相手の警戒心を解く (任意)  一気に唇に直行する勇気が足りないときは、相手の手や頬へ軽いキスをして様子を見ましょう。相手が好意的な反応を示したら、次は唇へのキスでも大丈夫でしょう。
    • 女性にキスするのであれば、彼女の手を取り、優しく自分の唇に近づけます。彼女の手の甲に自分の唇を2〜3秒間当ててから離しましょう。
    • 男性にキスするのであれば、彼の方に身体を傾けて、彼の頬に2〜3秒間キスしてみます。柔らかい唇を保ち、家族とのキスのように唇をすぼめないようにしましょう。キスしたい気持ちをはっきりと伝えたいのであれば、彼の口角に近い箇所にキスします。
  3. 3
    ロマンチックな褒め言葉でムードを作る 思いつく限りの本気の褒め言葉を堂々と相手に伝えましょう。自分の本心が相手に正しく伝われば、相手がキスへと促してくれるかもしれません。
    • 親密な雰囲気を出しながら伝えましょう。声の音量とトーンを少し下げて、相手の目を真っ直ぐに見ます。この仕草で恋心の本気度が相手に伝わるだけでなく、声をよく聞こうと相手が近づいてくることでしょう。
    • 甘く魅惑的な雰囲気作りに集中しましょう。相手が最高のバスケットボール選手だと本気で思っていても、ここでその話題を出すのは場違いかもしれません。その代わりに、自分の恋人としてどれだけ魅力的かを言葉で表してみましょう。具体例は以下の通りです。
      • 「君はとてもきれいだよ。」
      • 「あなたの目で見つめられるとメロメロになってしまうわ。」
      • 「あなたの笑顔が大好きなの。」
      • 「今ここに君といられるなんて、信じられないくらいラッキーだよ、僕は。」
  4. 4
    キスしてもいいかと聞くことも考えておく 上の方法が全部不発に終わった場合は、一か八かで相手にキスしたいことを伝えてみましょう。思いつく限りのサインを送っても相手がまったく気付かないとは言え、今、絶対にキスしたいのであれば、ストレートに「キスしてもいい?」と聞いてみてもいいでしょう。ロマンチックな雰囲気を壊さずに、魅力的かつはっきりと伝える方法があるので、心配はいりません。言葉に詰まったら、次のフレーズを試してみましょう。
    • 「今、本当に、君とキスしたい。」
    • 「まだ早すぎるかもしれないけど、あなたとキスしたいの。」
    • 「君とキスしたくて、他のことが考えられないんだよ。」
  5. 5
    キスする 相手からゴーサインが出たら、もたもたせずにすぐに行動開始です。目を閉じて、相手に近づき、キス! 相手との初キスが成功したら、その先のことが知りたくなることでしょう。この後のセクションではキスのテクニックや異なる状況下でのキスについてお話します。

パート 2
キスのテクニック

  1. 1
    ソフトな唇を保つ 唇をぎゅっとすぼめるキスは、家族や義務的にキスする相手に対するものです。一方、軽く唇を開いてするソフトなキスはオープンな感覚を相手に伝えます。
  2. 2
    ソフトなキスを数回する 最初はソフトで優しいキスから始めましょう。ここではまだ舌や歯は使いません。ただ、相手の受け入れ体制ができているのであれば、フレンチキスに進んでも構わないでしょう。
    • 唇でチュッと音を出さないようにしましょう。音が邪魔になり、集中力や情熱が途切れる可能性があります。音を出していることに気付いたならば、唇をもう少し開けて、ゆっくりキスしてみましょう。
    • 最初は軽いキスにします。この時点では、相手の唇に自分の唇を押し付けるのは控えましょう。ソフトに優しくキスすると、相手の気持ちを推し量ることができるだけでなく、相手がキスをやめたいときに唇を離す余地を作ることもできます。
  3. 3
    対処可能な唾液の量に抑える キスの最中に、よだれを垂らす子犬のイメージが相手の頭に浮かぶことは絶対に避けたいはずです。そんな結果にならないように、余計な唾液をときどき飲み込みましょう。自分の唇が少し濡れすぎていると感じたら、相手に見えないように唇をすぼめて、余計な唾液を口の中に戻しましょう。
  4. 4
    唇をロックする 最初のキスが成功したのであれば、唇をロックしてみましょう。これは唇を閉じ気味で行うフレンチキスへの入り口です。基本的には自分の唇を相手の唇に積み上げる感じになり、唇の下からの順番は次のようになります。
    • 自分の下唇
    • 相手の下唇
    • 自分の上唇
    • 相手の上唇
    • 初めて行うときは、相手の下唇を自分の唇で挟むのが最も安全です。大抵の人は下唇の方が大きいので、下唇を自分の両唇でそっと挟む方が簡単です。
  5. 5
    息をとめない 理想的な呼吸法はキスの最中に鼻で息をすることです。それが難しいようであれば、一瞬唇を離して、その間に呼吸するようにしましょう。
    • 息継ぎや息切れを意識する必要はありません。緊張や興奮で呼吸が荒くなるのは自然なことです。きっと相手はその姿を好意的に捉えることでしょう。
  6. 6
    手を使う キスの最中に、糸の切れた操り人形の腕のように両手を垂らしていてはもったいないので、両手を上手く使いましょう。
    • 両手を相手の肩に置いたり、腰に回したりしましょう。 (欧米では女性が男性の肩に手を置き、男性が女性の腰に手を回すのが一般的です。)
    • 手で相手の身体を自分に寄せて親密度を上げましょう。
    • 両手を相手の顔の両側に添えて、親指で頬骨を撫でたり、片手で相手の顎を軽く持ち上げてみましょう。
    • 相手の頭に両手を置いて指に髪の毛を絡ませると、とても官能的な動きになります。
  7. 7
    舌を使うテストをする 相手の下唇を自分の両唇でロックできたら、今度は相手の唇の上に自分の舌先を軽く這わせてみます。できるだけゆっくりと這わせましょう。
    • 相手の反応を見ましょう。相手が身体を押し付けてきたり、舌先を這わせてきたら、もっと情熱的なキスをしても良いという合図です。相手が身体を離したら、今はまだ舌はしまっておいた方が賢明です。唇だけのキスで我慢しましょう。
  8. 8
    フレンチキスを試してみる (任意) 欧米では舌を使うキスをフレンチキスと呼んでいます。フランス式キスと呼ばれる所以は置いておくとして、方法は以下の通りです。
    • 相手の下唇の内側に沿って自分の舌を這わせましょう。最初は軽くゆっくりと動かし、相手が受け入れる反応をしたときだけ、徐々に速さと強さを上げて行きます。
    • 相手の口の中に自分の舌先を滑り込ませ、相手の舌先を優しく触るように自分の舌先を動かします。そして舌を軽く回すような動きを続けます。相手の口の中で舌がまったく動かないようでは、アピール度に欠ける上にすぐにキスが終わってしまうでしょう。
    • 相手の反応が良ければ、さらに深く、強く舌を絡ませてみましょう。
  9. 9
    キスに変化を持たせる 舌を入れたからといって、永遠に舌技を続ける必要はないでしょう。優しいキス、強引なキス、ゆっくりしたキス、素早いキス、ディープキス、浅いキスなど、変化を持たせましょう。
    • 様々なテクニックを使うと、相手は次にどんなキスがくるのか予測できないでしょう。このような意外性と自発性があれば、キスがマンネリになることはないはずです。
  10. 10
    相手の唇を優しく噛んでみる (任意) キスにとって歯は必要不可欠な部位ではないのですが、相手の唇を歯で優しく刺激すると、相手にとって予想外の驚きになることでしょう。歯を使うコツは以下の通りです。
    • できるだけ力を抜きます。軽く噛むだけです。誤って相手の唇をかじらないようにしましょう。
    • ゆっくりと動かします。しつこいようですが、優しさを保ちましょう。間違って相手の唇を傷つけてしまっては大変です。
    • 相手の下唇をロックしているときに、前歯で軽く下唇を噛み、下唇が離れる寸前まで軽く引っ張ってみます。一瞬動きを止めたあと、普段のキスをします。
    • 歯を使いすぎないようにします。歯を使うのはキスのメインイベントではないので、たまにするスパイス程度に留めましょう。
    • 拒否されることも覚悟しておきます。キスのときに歯を使われるのが好きではない人もいます。相手の反応が良くないときは、拒絶された、自分が下手なせいだと考えるのではなく、相手のキスの好みが違うだけと捉えましょう。
  11. 11
    ときどき間を入れながら情熱を増して行く 一瞬唇を離して、相手の目を見たり、相手の耳に優しい言葉を囁いたり、呼吸を整えたり、改めて自分の幸運を噛みしめたりしましょう。
    • このようなちょっとした間は、キスに水を差すことはなく、逆に親密さを増幅させます。また、自分をただのキスする相手ではなく、完璧な恋人と見てくれているという印象を相手に与えます。

パート 3
生まれて初めてのキスをする

  1. 1
    信頼できる相手を選ぶ 自分が信頼している相手であれば、生まれて初めてのキスという緊張感もかなり緩和されます。また、相手にとって自分が人生で最初のキスの相手となるのであれば、辛抱強く、相手への理解を示しましょう。相手もそうしてくれるはずです。
    • 不器用な初キスだとしても、相手との関係が (世界も) そこで終わるわけではないと覚えておきましょう。二人だけの秘密であるその経験が、逆に二人を親密にすることでしょう。不器用さを笑い飛ばせたら大丈夫です。
    • 誰もが初キスという山を超えたことを覚えておきましょう。みなさんが知らないだけで、ほとんどの人の初キスはみなさんよりも下手で、不器用だったかもしれません。
  2. 2
    口の準備をしておく リップクリームやリップグロスで唇を保湿し、歯と舌を磨いておきます。口の中が臭いと感じたら、ミントを食べたり、口臭スプレーを吹きかけておきましょう。
    • 口の中が清潔で、口臭がないと思うだけで、キスをする自信が増します。
    • しかし、口の中を清潔に保つことに固執しすぎないようにしましょう。匂いの強いもの (玉ねぎやニンニクなど) を食べた後や、朝の寝起き直後でない限り、大抵の人の口は「温かい」味しかしません。
  3. 3
    焦らない 生まれて初めてのキスはたった一度きりです。自分と相手が今ここでどうしてもキスしたいという欲望を抑えきれない場合や、世界がここで終わってしまう場合以外は、できるだけ引き伸ばしましょう。実際にキスをする前の相手との駆け引きは非常に官能的でドキドキするものです。常に互いに相手から目を逸らさないようにしましょう。
  4. 4
    相手にリードさせる (任意) キスのテクニックを知らないことが不安であれば、相手にキスをリードしてもらいましょう。自分の直感で動けると思えるまでは相手の動きを真似ても良いでしょう。
  5. 5
    想定内のリスクを犯してみる 気楽にキスできるようになったら、自分がリードしてみたり、新しいテクニックを使ってみたりしましょう。相手の反応が良くない場合は、それは自分の好みとして横に置いておき、他のことを試してみましょう。

パート 4
デート後にキスする

  1. 1
    近づく キスを求めている側にとって、お別れのキスの時間が迫ってくると、今すぐにでも相手との距離を縮めたいと思うでしょう。相手と距離を保ったままなら、その場で挨拶し、その後でいきなりキスをするのはちょっと異様で、不器用に見えてしまいます。
    • 男性諸君にとって、ここは別れ際に彼女が「あなたって私の兄みたい」という言葉の後に、振り返って頬にキスするという最悪のエンディングに向かう可能性のある、とても恐ろしい時間帯です。彼女の車や自宅の玄関などに向かう途中で、彼女の肩や背中に手を添えるか、上着をかけてあげましょう。これで真横を歩ける上に彼女に近づけるので、歩きながら優しく自分の気持ちを伝えましょう。
  2. 2
    相手の反応を見る 自分と逆の方向に身体を反らしたり、急いで距離を取ろうとした場合には、さよならのキスはおあずけにして、自分のエゴに負けないようにしましょう。満面の笑みを浮かべて、一緒に過ごした楽しい時間への感謝を伝え、その場を立ち去りましょう。相手はまだキスをする心の準備ができていないだけかもしれません。
  3. 3
    いつも互いの目を見る 身体を寄せた状態で、相手の目を見つめるという動作は、デート後にキスをすることを予感させる普遍的な行動です。
    • 見つめ合う時間が長すぎるときは、一度目線を外し、もう一度見つめるようにします。警察の尋問のように目を凝視するのではなく、ときどき目以外を見るようにしましょう。ロマンチックな雰囲気を保ったまま目線を逸らす方法の一つが、相手の唇に目線を下げることです。
    • 自分の欲求を相手に知らせることに気まずさを感じるかもしれませんが、事前に予告しておくことで、スムーズにキスできて、二人の仲を深める最高のきっかけになる可能性も高まります。予告もなく突然キスすると、鼻や歯がぶつかってしまう恐れもあります。そこで驚いて撤退すれば、気まずさが倍増するだけでしょう。
  4. 4
    お喋りをやめる 緊張のあまり、何でもいいからとにかく喋って緊張感をほぐそうとすると、キスするタイミングを逃してしまいます。
    • 唐突にお喋りをやめると、あなたが早く帰りたがっていると誤解されるので気をつけましょう。また、相手が長々とお喋りするに任せないようにします。
    • 親しみを込めて最低限の反応を維持しながら、言葉数を減らしていって会話を終わらせましょう。
  5. 5
    キスへの壁を乗り越える方法を考える すべてが上手く行っていても、まだロマンチックなキスに踏み出せないときは、相手をハグして、頬にキスしましょう。
    • このキスと、頬の真ん中でチュッと音を立てる友だち同士の軽いキスとを混同しないようにしましょう。相手の耳や唇に近い部分に1秒くらい唇を当てて自分の気持ちを示します。唇を当てたままでロマンチックな言葉を囁いてもいいでしょう。これであなたのキスがプラトニックな意味合いではないことを相手も気付くはずです。
  6. 6
    シンプルを心掛ける これが相手との初キスや初デートの場合、過剰にならないようにしましょう。力を抜いて少し隙間のある唇で相手の唇にストレートにキスするか、進んでも相手の唇を優しくロックする程度にしましょう。
    • 相手を長い間ずっと追いかけていた場合を除いて、強いキスや舌を使いたい衝動は抑え込みましょう。あまりに早急すぎると、将来的な可能性を断ち切る結果にもなり得ます。
  7. 7
    相手のリードに任せる キスの最中は、相手の反応に注意しながら動きましょう。あなたに身体を預けたり、長くキスをする場合は、ロマンチックなキスに進んでもよいでしょう。そうでない場合は、優しく身体を離してキスを終えて、再び目を開けて相手を見て微笑みます。

パート 5
恋愛以外のキス(欧米での場合)

  1. 1
    唇をすぼめる 唇をすぼめて固くし、唇は閉じたままにして、口を開けてこれ以上の親密さを表す気はないことを示します。大抵の人が口をすぼめたキスはプラトニックな意味合いだと理解します。
    • 口のすぼめ方が十分か確認するには、空中でキスしてみます。そのときに出るチュッという音の大きさを聞きましょう。空気を吸いながら上唇と下唇を離すため、チュッという音がクリアに聞こえるはずです。ロマンチックなキスの場合は唇の力が抜けているため、このような音がほとんど出ません。
  2. 2
    自分の意志をはっきりと表す 誰かの頬にキスしたいが、その人がそのキスを誤解する恐れがある場合、相手に身体を寄せる前に頭を横にずらして、口にキスするつもりがないことを示しましょう。頬の真ん中にキスして、耳や唇の近くのロマンチック・エリアに近づけないようにします。
    • 相手の肌に唇をつけるのが嫌なときは、顔の横でチュッという音を出すエアキッスにしてみましょう。相手の頬に自分の頬がくっつくように身体を寄せて、口をすぼめて空中でチュッと1〜2度音を立てます。効果を上げたい場合は、一度身体を離して、もう一方の頬でも同じことをしてみましょう。
  3. 3
    短くする あなたの唇が相手の頬に接している長さは、前のステップで述べたチュッという音が出ている瞬間だけです。唇が頬に付いている時間が長いとロマンチックなキスと誤解を受ける可能性があります。
  4. 4
    尊敬や崇拝のキス 相手の前でお辞儀をするか、跪きます。尊敬の眼差しで相手を見上げ、そのままの態勢で相手の手を優しく取り、自分の唇に引き寄せてからキスします。.

ポイント

  • その瞬間を楽しみましょう。心ここにあらずという状態でキスすることはないはずですが、「この人は今どんな気持ちなのだろう?」や「今夜の自分はカッコいいかな?」などと、余計なことは考えないようにしましょう。また、自意識過剰にならずに、可能な限りキスだけに集中します。相手の唇の感触に意識を集中してみましょう。
  • 期待していたキスでなかったとしても、キスに関する記事を参考にして良いキスになるように頑張ってみましょう。

注意事項

  • キス (特にディープキス) で単純ヘルペスや感染性単核球症などの病原菌に感染することがあります。注意しましょう。

記事の情報

カテゴリ: 対人関係 | 恋愛関係維持 |

他言語版:

English: Kiss, Français: embrasser, Español: besar, Deutsch: Richtig küssen, Português: Beijar, Nederlands: Iemand kussen, Italiano: Baciare, Русский: целоваться, Čeština: Jak líbat, 中文: 接吻, Bahasa Indonesia: Mencium, ไทย: จูบ, हिन्दी: चूमें (How to Kiss), 한국어: 키스하는 법, Tiếng Việt: Hôn, العربية: التقبيل

このページは 218 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?