「キスマーク」は、情熱的に盛り上がった瞬間に人の皮膚を吸ったり、キスしたりすることで生じるあざの俗語です。[1] キスマークは楽しくイチャイチャした時間の勲章のようなものになるでしょう。しかし、女性が両親や先生から隠さなければならないような恥ずかしいものにもなりえるのです。女性にキスマークをつけたい場合は、相手の女性が受け入れる意思があるか確認しましょう。キスマークは「所有」を表す印であり、最長2週間消えないこともあります。

パート 1 の 2:
準備をする

  1. 1
    キスマークとは何かを知る キスマークとは、情欲の熱によって残るあざです。皮膚の薄い部分を唇で吸うことによって、緩やかに血管を傷つけてキスマークを作ります。愛のしるしであり、あなたが誰かと関係を持ったことを目に見える形で表します。こうした意味合いがあることに注意しましょう。
  2. 2
    同意を得てからキスマークをつける 相手の首に目立つしるしを残すことになるので、キスマークをつける前に相手の女性が本当に乗り気であるかを確認しましょう。もちろん、「キスマークをつけてもいい?」などと聞いたら雰囲気を損なうこともありますが、女性がこの愛のしるしを恥ずかしいと感じる可能性も考えましょう。女性は友人や家族、先生などに自分が性行為や恋愛をしていることを知られたくなくて、化粧やスカーフで隠そうとするかもしれません。誇らしげにキスマークを見せびらかす人もいますが、恥ずかしいと思う人もいます。[2]
    • キスマークは、所有のしるしであり、情熱の証でもあります。一般的に、一夜を過ごすだけの相手よりも、彼女や恋仲にあるパートナーの方がキスマークを受け入れてくれます。
    • キスマークが必ずしもその女性との出会いの 「ゴール 」なのかどうかを考えてみましょう。キスマークをつけたり、つけられたりするのは、盛り上がっている瞬間には楽しいことかもしれませんが、あざを作ったり、相手の女性を「ブランド化」することに全てを集中させてはいけません。時間をかけて、女性をいい気分にさせてあげましょう。
  3. 3
    盛り上がりが最高潮に達した瞬間にキスマークをつける 前置きなく、ただ首を吸ってはいけません。最も官能的で、情熱が最高潮に達している、愛を交わす時間が盛り上がった時にキスマークをつけましょう。相手の女性に少なくとも数分間キスしてから行います。セックスをしている最中はキスマークをつけるのに最適だといえ、キスマークの痛みすらその時間の一部になるのです。
    • キスマークの痛みによって気分を害する人もいるので、全ての人が気持ちよくキスマークを受け入れるわけではありません。
  4. 4
    女性の首へと唇をゆっくりと動かす 愛を交わしているのか、ただ行為をしているだけなのかに関わらず、彼女の首を甘噛みして軽いキスをしましょう。ほとんどの場合、キスマークは首につけられ、これは皮膚の薄い部分へ、唇で絶妙な圧力をかけることで作られます。[3] 首で「正しい」部分や「間違った」部分というものはありません。ただし、鎖骨付近の低い位置、または髪に隠れるような首の高い位置であれば、女性がより簡単に隠すことができます。
    • 首は最も一般的な箇所かもしれませんが、皮膚の薄い部分であればどこにでもキスマークを作ることはできます。目立たず、より情欲の深いキスマークにするなら、胸の上部または太ももの上部につけるとよいでしょう。
    広告

パート 2 の 2:
キスマークをつける

  1. 1
    少し口を開ける 彼女の首にキスしながら、キスマークをつけたい箇所に唇を丸くしてあてます。よだれが垂れないように気を付けながらキスを続けて、彼女にキスマークをつける準備をしましょう。
    • キスマークをつける前に、どれくらいの時間をかけてムードを盛り上げるか、妥当な判断をしましょう。お互いが非常に親密であれば、ある程度の時間彼女の首にキスをしていても、特におかしくはないでしょう。
    • 同じ箇所に何分もキスをしてはいけません!首と顔全体にキスをし、彼女の肌を甘噛みしてみましょう。色んな箇所やキスを試して、楽しみましょう。
  2. 2
    キスマークをつける 決めた箇所にキスをしながら、軽く息を吸って、皮膚を吸います。鼻から息を吐き、口から吸うことで、吸引の力が少し強まります。キスマークをつけるには、最大30秒間、口を同じ箇所におきましょう。
    • 相手の女性の首を歯の先で、優しくそっと甘噛みしてみるもよいでしょう。首を甘噛みしながら程度を見極めて、相手を傷つけないように細心の注意を払いましょう。
    • 彼女に止めてほしいと頼まれたら止めましょう。同意は1回すればよいというものではなく、気持ちは常に変化します。彼女がその状況を不快であると感じ始めたのなら、 彼女の意思を尊重して手を引くのは、まともな人間として当然のことです。
  3. 3
    キスマークを確認する 吸った箇所は赤く、わずかに腫れているでしょう。その後1分で赤みが引いた場合は、もう一度行ってみましょう。今度は、皮膚の表面の血管を傷つけるように、少し強く吸い込みましょう。
  4. 4
    キスマークのことを女性に伝える 思いやりを持ちましょう。相手の女性はキスマークがあることを世間に知られたくないかもしれません。少なくとも、両親の前にいるときなど、特定の状況下ではキスマークを隠したいと思っているかもしれません。相手のため、そして自分のために、きちんと伝えましょう。そうすれば、相手の女性は化粧、スカーフ、高い襟でなどでキスマークを隠すことができます。
    広告

注意事項

  • ヘルペスやその他の経口感染性STIは、キスマークを介して感染する可能性があるので注意しましょう。キスマークをつけるということは、首の血管を傷つけることであり、口の中の雑菌を女性の血液中に放出していることになります。安全に気をつけて、思いやりを持ちましょう。[4]
  • キスマークをつけられるのが好きな人ばかりではありません。他の人に比べて情熱的になって愛のしるしを見せることが快感であるという人もいます。一方、キスマークそのものに気後れしてしまう人もいるかもしれません。恐れずに試してみましょう。ただし、必ずしも快く受け入れてもらえるとは限らないので注意しましょう。
広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

夢精を止める

How to

ずる休みをする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

学校を楽しむ

How to

親に怒鳴られた時に冷静でいる

How to

背を高くする

How to

宿題がしたくなる

How to

彼女を自分とセックスさせたくする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン | 性的関心
このページは 382 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告