キスマークを隠す方法

この記事には:キスマークを覆うメイクで隠す歯ブラシを使う氷を用いるマッサージをする6 出典

キスマークは通過儀礼である一方で目立つため煩わしいことも確かです。その時は楽しかったものの、翌日、あるいはそれよりももっと早く後悔するかもしれません。友人、同僚、両親といった身近な人からキスマークを隠す必要がある時は、この記事で紹介されている方法を試してみましょう。

1
キスマークを覆う

  1. 1
    シャツで隠す 最も簡単な方法として、シャツやセーターを着て隠すことができないか試してみましょう。男性、女性に限らず、下記を参考にしましょう。
    • タートルネックのセーター
    • タートルネックの長袖シャツ
    • 首元が隠れるような襟のついたジャケットやセーター:日常的にこのような衣服を着ていることが大切です。さもなければ、突然いつもと異なるファッションで現れたため笑われて人目を引き、結局気づかれてしまうかもしれません。
    • 真夏にタートルネックを着ないようにしましょう。かえって人目を首元に集めてしまうでしょう。女性の場合、流行りのスタイルであれば襟のついたタンクトップを着ても良いでしょう。
    • 首元から周囲の視線を反らす効果のあるトップスを着用しましょう。面白いロゴ、大胆なストライプ、あるいは個性的なチャックなどがついたシャツを着てみましょう。トップス全体が目立てば目立つほど、周囲の人も首元を見なくなるでしょう。
  2. 2
    簡単なアクセサリーで隠す シャツで隠しきれない場合はアクセサリーをつけてみましょう。下記を参考にしましょう。
    • アクセサリーの中でも特にスカーフが便利です。ただし、その季節に適したスカーフを着用し、屋内で着用したままでもおかしくないものを選ぶと良いでしょう。また、普段ほとんどスカーフを使わない人は、他のアイテムを検討したほうが良いかもしれません。
    • プレッピー(学生風)の着こなしを普段から好んでいる人は、セーターを肩からかけてみましょう。ただし、本当に普段からこのような着こなしをしている場合にのみ適しています。
    • 困った場合は、キスマークの上から絆創膏を貼り、適当な話をでっちあげましょう。男性の場合、虫刺されが悪化したと説明したり、女性の場合はヘアアイロンで火傷してしまったということにしましょう。猫を飼っている人は、猫に引っかかれたと言っても良いでしょう。ただし、作り話をすると逆に人の関心が集まりやすいという点にも注意しましょう。
    • 女性や髪が長い人は、髪で隠すのが最も適しています。髪の位置を調整して上手に隠しましょう。
    • 首元にジュエリーをつけると人目を引くのでやめましょう。女性は、ネックレスやイヤリングの代わりに指輪やブレスレットを着用しましょう。男性は、首元にドッグタグやチェーンをつける代わりに時計を着用しましょう。

2
メイクで隠す

  1. 1
    必要なメイク用品を集める 普段からメイクをしている女性でも、化粧品に関して全く知識のない男性でも(こうした場合はドラッグストアの店員に助けてもらいましょう)、必要なメイク用品を事前にまず集めることが大切です。下記をそろえましょう。[1]
    • コレクター(グリーン)
    • コレクター(パープル)
    • コンシーラー
    • メイクブラシ
    • ファンデーション(必要に応じて)
  2. 2
    キスマークの内側にイエローのコレクターを塗る カラーホイールの逆の色を用いてキスマークの色を中和させることがポイントです。キスマークの内側は紫色、その一方で外側はより赤みがかっています。そこで、キスマークの内側には黄色を用いましょう。[2]
    • 小さいメイクブラシを使って、イエローのコレクターをキスマークの内側に塗っていきましょう。
  3. 3
    それ以外の部分にはグリーンのコレクターを塗る ブラシを一度きれいにして、今度はグリーンのコレクターをつけて、残りの場所に塗っていきましょう。
  4. 4
    コンシーラーを塗る 自分の肌の色合いに合ったコンシーラーを見つけ、メイクブラシを使ってキスマークの上から塗っていきましょう。どの色合いが合っているのか分からない場合は、首の反対側に試し塗りをして、なじみ具合を確認しましょう。[3]
    • ブラシで塗ったあとは指を使ってさらになじませましょう。
    • 落ちてしまっても塗り直せるよう、終日メイク用品を持ち歩きましょう。
    • メイクができる限り長持ちするよう、コンシーラーの上から仕上げパウダーをつけて、メイク崩れを防ぎましょう。(粉っぽい見た目になってしまった場合はセッティングスプレーをさらにふきかけましょう。)
  5. 5
    ファンデーションを塗る より高いカバー力を求めている場合は、ファンデーションを重ね塗りし、キスマークを隠しましょう。
    • ファンデーションブラシを使ってファンデーションを肌にのせ、つぎにスポンジを使って肌になじませましょう。

3
歯ブラシを使う

  1. 1
    キスマークとその周辺をかための歯ブラシでこする 優しくこすり、キスマークの周りの血行を良くしましょう。力を入れすぎると逆に悪化するかもしれません。[4]
    • 新品の歯ブラシを用いましょう。
  2. 2
    15~20分待つ 赤みや腫れが一時広がりますが、徐々に落ち着くでしょう。
  3. 3
    冷湿布をあてる 15~20分待ちましょう。
  4. 4
    必要に応じて手順を繰り返す ここまで手順を行う、キスマークが少し目立たなくなっているように感じられた場合は、さらに同じ手順を繰り返してみましょう。逆に歯ブラシで強くこすりすぎて悪化したように感じられる場合、さらに冷やして鎮まるまで待ちましょう。

4
氷を用いる

  1. 1
    氷をあてる 氷あるいは何らかの冷たいものをキスマークにあてて腫れを和らげましょう。例えば下記を試してみましょう。
    • 冷湿布
    • ジップロックに氷を入れたもの
    • 冷水に浸した布
    • 冷やしたスプーン:スプーンを水で濡らし冷凍庫に入れて5分待ちましょう。
    • どうしても困った場合は冷凍庫に保存してあった食品を取り出してあてましょう。
  2. 2
    氷をあてたまま20分待つ しばらくあてて冷やしたら一旦離し、再び冷やしましょう。冷やし過ぎて痛みを感じた場合は氷をしばらく離しておきましょう。
    • 氷は直接キスマークにあてないようにしましょう。 必ず布やペーパータオルで包んだり、ジップロックに入れて用いるようにしましょう。
    • スプーンを使う場合は、5分毎に冷凍庫に戻して冷たさを維持するか、複数のスプーンを冷やしておけば、より手間がかかりません。

5
マッサージをする

  1. 1
    温める 温かいタオルやヒーティングパッドをキスマークにあてます。[5] 肌が温まるまで待ちましょう。ただし火傷をしないよう注意が必要です。パッドを電子レンジで温めて使う場合は使用方法に必ず従い、少し時間をあけて冷ましましょう。
    • 首元が充分に温まるまで熱をあてましょう。
    • 新しいキスマークには熱をあてないようにしましょう。 48時間が経過してから温めるようにしましょう。新しいキスマークの場合は、氷で冷やしてマッサージをしましょう。
  2. 2
    内側から外側に向かってマッサージする 首元が充分温まったら、指を使って円を描くようにキスマークをマッサージをしましょう。内側から外側に指を動かしましょう。
    • こうすることで血液の凝固が解消され、血行が良くなります。
  3. 3
    キスマークの中央を押す 指をキスマークに当てて、中央からふちに向かって動かしましょう。
    • 力を入れすぎないよう注意が必要です。強く押しすぎると悪化するかもしれません。
  4. 4
    1日2~3回繰り返す 少し時間を空けて、2~3時間後に同じ手順を繰り返しましょう。

ポイント

  • 普段全く着ることの無い服で隠すのはやめましょう。逆に人目を引きます。
  • メイクで隠すのであれば、メイク染みがついてしまう恐れのあるシャツやアクセサリーは着用しないようにしましょう。
  • どの方法を用いるにしても、キスマークがあることに気がついた時点で氷で冷やし腫れを和らげましょう。[6]
  • キスマークがついた後に氷をあてたり、マッサージをすることで腫れをある程度抑えられ、目立ちにくくなるかもしれません。
  • 薬を服用することで腫れが和らぎ、隠しやすくなる場合もあります。アスピリンを服用したり、ビタミンKやアロエベラを塗ってみましょう。
  • 母親には、クモに噛まれたと伝えて絆創膏を貼りましょう。
  • メイクを使う場合は上から仕上げパウダーをつけ、何かに擦れて落ちてしまうことがないようにしましょう。

注意事項

  • 48時間が経過するまで温めないようにしましょう。
  • 直接氷をあてないようにしましょう。

必要なもの

衣服で隠す方法

  • タートルネックや襟付きのトップス

メイクで隠す方法

  • コレクター(グリーン)
  • コレクター(パープル)
  • コンシーラー
  • メイク用ブラシ
  • ファンデーション(必要に応じて)

歯ブラシを用いる方法

  • 歯ブラシ1本

氷で冷やす方法

  • 氷、冷湿布、あるいは冷やしたスプーン

マッサージする方法

  • ヒーティングパッド1個

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: メイク

他言語版:

English: Hide a Hickey, Español: esconder un chupetón, Português: Esconder um Chupão, Italiano: Nascondere un Succhiotto, Deutsch: Peinliche Knutschflecke verbergen, Русский: скрыть засос, Français: cacher un suçon, 中文: 隐藏唇印, Bahasa Indonesia: Menyembunyikan Cupang, Nederlands: Een zuigzoen verbergen, Čeština: Jak zakrýt cucflek, ไทย: ซ่อนรอยจูบ, العربية: إخفاء أثر العضة الجنسية

このページは 351 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?