PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

CDに引っ掻き傷や擦り傷がつくと厄介です。お気に入りのCDの大好きな曲が飛んだり、大切な文書やプログラムが紛失する可能性もあります。インターネットで検索すると、この問題を解決する様々な方法を見つけることができますが、選りすぐりの方法をここで3つまとめて紹介します。少量の歯磨き粉で磨くだけですが、もしこの方法で修復できない場合は、研磨剤を使用したり、CDにワックスをかける方法を試しましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
歯磨き粉を使う

  1. 1
    シンプルな歯磨き粉を選びます。光沢や渦巻き模様、ちょっと変わった風味の口腔ケア製品は必要ありません。シンプルな白い歯磨き粉を使ってCDを磨きます。どの歯磨き粉にもCDを磨くのに十分な量の研磨作用のある鉱物が含まれています。
    • シンプルな歯磨き粉は様々な効用のあるものよりは安価なので、特に修復するCDが複数枚ある場合は節約できます。[1]
  2. 2
    CDの表面に歯磨き粉を塗ります。キズついたCDの表面に少量の歯磨き粉をつけ、指でまんべんなく広げてのばします。
  3. 3
    CDを磨きます。歯磨き粉を放射状にゆっくりとのばしましょう。中心から外側へ向け、直線に磨きます。
  4. 4
    CDをきれいにして乾かします。CDを温かい流水の下ですすぎ、歯磨き粉をきれいにおとします。その後、柔らかく清潔な布でCDを拭いて乾かし、歯磨き粉やお湯が残っていないことを確認します。
    • CD を洗って乾かしたら、柔らかい布で表面を磨きます。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
研磨剤で磨く

  1. 1
    使用する研磨剤を選びます。家庭にある様々な製品を使ってCDを磨くことができますが、3Mコンパウンド研磨剤やピカールが使われることが多く、効果もあります。また、車や硬質表面用の微粒子研磨剤を使うこともできます。[2]
    • 研磨剤を使用する際は換気の良い場所で行い、煙霧を吸い込まないように気を付けましょう。消毒用エタノールをはじめとした化学製品は引火性で、皮膚、目、呼吸器に害を及ぼす可能性があります。このような製品を使用する際は、安全対策や注意事項をよく読んで指示に従いましょう。[3]
  2. 2
    研磨剤を布につけます。柔らかく清潔なリントフリーの布に、3Mコンパウンド研磨剤やピカールを少量つけます。着なくなったTシャツや眼鏡拭き用の布が適しています。[4]
  3. 3
    CDを磨きます。キズに研磨剤をそっと放射線状に塗ります。中心から外側に向かって、ちょうど車輪のスポークを描くように磨きます。10~12回繰り返してCD全体を磨きましょう。目に見えるキズを集中的に磨きます。
    • CDを磨く際は、平らで硬くCDにキズをつけない場所に置いて行います。データはCDのラベル側の表面のアルミ層や色素層に記録されており、その上の保護面は簡単にキズ付いたり穴が開くことがあります。柔らかすぎる場所にCDを押し付けると、ヒビ割れや層がはがれる恐れがあります。
    • 円を描くように(放射状ではなく)こすると、細かなキズをつける可能性があり、プレーヤー内のレーザー追跡システムに支障をきたす恐れがあります。
  4. 4
    研磨剤をCDから取り除きます。お湯でCDををすすぎ乾かします。研磨剤をきれいに洗い流し、CDが完全に乾いたことを確認してからCDを試します。ピカールを使用した場合は、残った溶剤を拭いて乾かします。その後、あらためて清潔な布でCDをやさしく拭きます。
  5. 5
    CDを試します。再生できなければ、キズがほとんど消えるまでまたは、15分を限度として再度磨きましょう。キズ周りの表面は細かい無数の擦り傷によって輝き始めます。磨き始めて数分たっても磨く前と違いが見られない場合は、キズがかなり深いか、間違った箇所のキズを磨いていることが考えられます。
    • これまでの方法でCDの修復ができなかった場合は、ゲーム店やCDおよびDVDの修復専門店などに依頼しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
ワックスで仕上げる

  1. 1
    ワックスをかけるかどうかを判断します。CDの樹脂層を磨いて剥がす必要がある場合もあります。ただし、樹脂層を多く剥がしてしまうとレンズの屈折性に影響を及ぼし、データが読み取れなくなる恐れがあります。目に見えるキズがあっても、レーザーはキズの周囲やキズを通り抜けてデータを読み取ることができるので、キズにワックスをかけることは効果があるでしょう。[5]
  2. 2
    キズにワックスをかけます。ワセリン、リップクリーム、車用の液体ワックス、中性の靴磨き剤、家具用のワックスなどを、CDの再生面に薄く塗ります。ワックスがキズに染み込むまで数分待ちましょう。ワックスでキズを埋めて、CDを読み取れるようにするのが狙いです。[6]
  3. 3
    余分なワックスを拭き取ります。清潔で柔らかいリントフリーの布を使って放射線状に(中心から外に向かって)拭きましょう。ワックスを使用した場合は、製品によって乾いてから拭き取るタイプのものと濡れた状態で拭き取るタイプのものがあるので、取扱説明書に従って拭き取ります。
  4. 4
    CDを再度試します。ワックスやワセリンで修復できたら、直ちに新しいCDを作りましょう 。ワックスを使って修復する方法は、データを新しいCDやコンピューターに移すまでの暫定的な措置でしかありません。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
マスキングテープを使う

始める前に、CDのアルミ層にできた穴は、プロでさえも修復不可能だという事実を受け入れる必要があります。そのため、穴に関してはあきらめ、残ったデータにのみアクセスし、どこかに保管することを目標としましょう。

  1. 1
    明るく、よく見える場所で、CDの光る面を上にして持ちます。
  2. 2
    光る面に穴がないかどうか探します。
  3. 3
    CDを裏返し、穴のある場所に油性ペンで印をつけます。
  4. 4
    マスキングテープを2片小さく切り取り、印の上に重ねて貼り付けます。
    • 注意:CDを再生したときにノイズが発生するかもしれませんが、これで少なくとも7割程度のデータにアクセスできるはずです。
    広告

ポイント

  • キズを予防するために、必ずCDの側面を持ちましょう。
  • CDのキズが酷い場合は修復できないこともあります。CDのアルミ層にまで達するほどの深いキズや裂け目がある場合は、もはやCDとして役に立ちません。実際、ディスクイレイサーはCDやDVDのアルミ層を傷つけて読み取れないようにしています。
  • 大切なCDのキズを修復する前に、破損しても構わないCDで修復の仕方を練習すると安心です。
  • 乾いた「ミスタークリーン マジックイレーサー」を使ってキズを消す方法もあります。軽く力を入れて、前述の方法で用いた磨き方と同様に、CDの内側から外側に向かって拭きます。研磨剤で磨く方法やワックスの方法と同様に、キズが研磨され修復すると輝くでしょう。
  • キズ付いた時のために、あらかじめデータディスクのバックアップを取っておくと安心です。
  • CDが修復不可能な場合は、飲み物用のコースターとして再利用することができます。
  • 歯磨き粉の代わりに、ピーナツバターを使う方法もあります。油性で粘り気があり、効果的な研磨剤として利用できます。ただし、スムースなすりつぶしタイプを使いましょう。
  • 歯磨きを使って磨く場合は、結晶や鉱物が含まれていない、シンプルな白いものを使います。
  • 眼鏡拭きの代わりに、iPadやiPhone用のクリーニングクロスを使うこともできます。
広告

注意事項

  • 研磨剤やワックスが完全に落ちているか、しっかり乾いているかを確認してからCDを試すと、CDプレーヤーを傷つける心配がありません。
  • CDの表面に溶剤をかけないように気を付けましょう。ポリカーボネイト基盤の化学組成が変化し表面がくすみ、読み取れなくなります。
  • CDを修復する方法を行って、さらにディスクを損傷することもあります。手順に従って注意しながら行いましょう。
  • CDを照明にあててアルミ層の穴などを確認する際は、長時間照明を見つめないように気を付けましょう。小さな穴を見つけるのに、60~100ワットの電球の明るさで十分です。日光を利用するのはやめましょう。
広告

必要なもの

  • 清潔で柔らかいリントフリーの布(マイクロファイバー布が最適です)
  • 水(又は、消毒用エタノール)
  • ピカール金属研磨剤、微粒子研磨剤、歯磨き粉
  • 車用液体ワックス又はワセリン
  • コットンの手袋又は、使い捨てビニール手袋(CDに指紋がつかず便利です)

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
XMLファイルを開くXMLファイルを開く
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
隠しカメラを見つける隠しカメラを見つける
JPGをPDFに変換する
ロジクールのワイヤレスマウスをPCやMacに接続するロジクールのワイヤレスマウスをPCやMacに接続する
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
アレクサでアラームを止めるアレクサでアラームを止める
YouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼るYouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼る
デスクトップパソコンをノートパソコンに接続するデスクトップパソコンをノートパソコンに接続する
電気の配線のプラスとマイナスを見分ける電気の配線のプラスとマイナスを見分ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は273,924回アクセスされました。
記事のサマリーX

キズの付いたCDを修復するには、まず重曹配合の歯磨き粉をCDに塗り、綿棒を使って深い傷に擦り込んでいきます。次に、ペーパータオルかマイクロファイバークロスを使って、円を描くようにして歯磨き粉を拭き取ります。それから、水で歯磨き粉を洗い流します。他にも、金属研磨剤を使ってCDのキズを消すこともできます。まず、清潔なマイクロファイバークロスに金属研磨剤を少々付けます。円を描くようにCDを拭いて、研磨剤を塗り広げます。それから、清潔な乾いた布で余分な研磨剤を拭き取りましょう。さらに、ワセリンを使うこともできます。指を使って、傷が完全に埋まるように、CDにワセリンを塗り広げます。それから、清潔なマイクロファイバークロスで、余分なワセリンを拭き取りましょう。同じように、リップクリーム、家具用ワックス、靴磨き剤なども使用できます。

このページは 273,924 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告