キャスターオイルで髪を手入れする方法

2 パート:キャスターオイルを準備するキャスターオイルを使う

キャスターオイル(ひまし油)は、抜け毛や薄毛の対処法として古くから用いられてきました。その他にも、乾燥した髪に潤いを与えたり、髪の縮れをおさえたり、もつれを直したり等、様々な用途に使うことができます。さらに、キャスターオイルで髪を強く豊かにすることも可能です。単にオイルを髪に厚塗りするのではありません。オイルをどう下準備するかで、塗りやすさが変わります。髪に塗る前に、時間をとってオイルの下準備をしましょう。そしてそれを適当な方法で髪に塗り、最大の効果を得ましょう。

パート 1
キャスターオイルを準備する

  1. 1
    材料を集めましょう。キャスターオイルを髪に塗るのは単純なことのように見えますが、より塗りやすく、より効果を上げるためにできることがいくつかあります。以下は必要なもののリストです。[1]
    • キャスターオイル
    • その他のオイル(アルガンオイル、アボカドオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル等)
    • 熱湯
    • ボウル
    • シャワーキャップ
    • タオル
    • 古いシャツ(あれば尚良し)
  2. 2
    キャスターオイルを他のオイルで薄めます。キャスターオイルはかなり粘度が高いので、他のオイルと混ぜると塗るのが少し簡単になります。キャスターオイルと他のオイル(アルガンオイル、アボカドオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル等)を、1対1の割合で混ぜて試しましょう。[2]これらはどれも髪に良いオイルです。下記の組み合わせも試してみましょう。[3]
    • キャスターオイル 大さじ3杯(44ml)
    • ホホバオイル 大さじ1杯(15ml)
    • ココナッツオイル 大さじ1杯(15ml)
  3. 3
    香りづけにエッセンシャルオイルを数滴加えてもよいでしょう。キャスターオイルの匂いはあまりよくありません。気になる場合は、ローズマリー、ペパーミント、ティーツリー等の爽やかな香りのエッセンシャルオイルを2〜3滴加えましょう。[4]
  4. 4
    全てのオイルを小さい瓶に入れて全体が混ざるように振りましょう。蓋をしっかりと閉めて、数分間瓶を振ります。終わったら蓋を取ります。
  5. 5
    ボウルに熱湯を注ぎます。キャスターオイルを熱湯で温めてから使えば、ホットオイルトリートメントができます。温めることによって、より効果的で扱うのも簡単になります。キャスターオイルの瓶が入る大きさのボウルを選びましょう。キャスターオイルは電子レンジで温めないでください。
  6. 6
    キャスターオイルの瓶を熱湯につけ2〜4分間そのままにします。お湯がオイルと同じ高さになるようにします。また、瓶の中にお湯が入ってオイルと混ざらないように気を付けます。
  7. 7
    キャスターオイルが温まったら小さめのボウルに移します。髪に塗る際に、指にオイルを付けやすくするためです。
    • スポイト付きの小瓶にキャスターオイルを入れても良いでしょう。そうすれば、スポイトを使って頭皮にオイルを垂らすことができます。
    • スポイトがなければ、ノズル付きのボトルでも可能です。美容用品を扱うお店でたいてい購入できます。

パート 2
キャスターオイルを使う

  1. 1
    お好みで髪を濡らしましょう。キャスターオイルは乾いた髪にも塗れますが、髪を濡らすと、オイルの吸収がよくなる場合があります。手っ取り早いのは、スプレーボトルに水を入れて頭皮にだけ吹きかける方法です。髪はびちゃびちゃに濡らさずに、少しだけ湿らせるようにします。[5]
  2. 2
    肩をタオルで覆いましょう。そうすることで、服がオイルで汚れるのを防げます。オイルがタオルを通り越して服についてしまう場合のことを考えて、汚れてもよい服を着ると良いでしょう。お気に入りの服をオイルで汚さずに済みます。
  3. 3
    指をキャスターオイルに付けて頭皮を3〜5分間マッサージしましょう。[6]オイルは少量で効果があるので、つけすぎないようにします。指で、毛根と毛根の間、頭皮全体にオイルを塗ります。小さい円を描くように指先で頭をマッサージします。
    • スポイトを使って、頭皮の数か所にオイルを落とすこともできます。そのほうがより簡単で、汚れも少なくてすむかもしれません。5分ほど頭皮をマッサージしながらオイルを浸み込ませます。
  4. 4
    キャスターオイルを残りの髪の毛に塗りましょう。少量のオイルをさらに指で取り、両方の手のひらで擦り合わせます。その手で髪全体を撫でつけます。指先を使って髪をとかすと、オイルが行き渡りやすくなります。少量のオイルで始めましょう。つけすぎる必要はありません。
  5. 5
    髪にシャワーキャップをかぶせましょう。髪を緩く頭の上で束ねます。必要ならばヘアクリップを使いましょう。シャワーキャップを髪にかぶせます。シャワーキャップが熱を内部に閉じ込めて、髪が乾燥するのを防ぎます。
  6. 6
    頭とシャワーキャップの周りに熱いタオルを巻きます。タオルを熱湯につけて温めます。絞って余計な水分をとったら、頭の周りに巻き付けます。タオルの端を巻いた部分の下に入れ込むか、大きめのヘアクリップを使って固定します。タオルの熱がオイルの効果を高めます。
    • このテクニックは、ホットオイルトリートメントと似ていますが、ドライヤーは使用しません。
  7. 7
    30分〜3時間おいてからオイルを洗い流しましょう。一晩つけたままにしておくこともできますが、その方が効果的だという確証はほとんどありません。洗髪の時は、オイルを全部落とすのに時間がかかることを知っておきましょう。シャンプーを使わずに、コンディショナーだけで洗う方がより効果を感じる人もいます。
    • オイルトリートメントの後に、髪が過度にべたついたり重たく感じなければ、オイルを洗い流さずにそのままにしてしておくこともできます。
  8. 8
    週に1〜2回のトリートメントで最大の効果を得ましょう。ただし、トリートメントの翌日は何の効果も見られないかもしれません。他の方法を試す場合は、キャスターオイルのトリートメントを4週間続けてみてからにしましょう。効果を感じ始めるのは、オイルを使い始めて1か月程経ってからです。[7]
    • キャスターオイルは、お望みであれば毎日でも、必要に応じて何度でも塗ることができます。[8]

ポイント

  • キャスターオイルトリートメントは、サロンや美容製品を扱うお店で購入できます。こうした市販のものには他の原料が含まれており、温めずそのままで使用できます。[9]
  • できれば、非加熱圧縮で処理された未精製のキャスターオイルを選びましょう。100%純正のキャスターオイルには、最も多くの滋養成分が含まれており、より大きな効果が期待できます。精製されたものや、不純物の混ざったものは避けましょう。滋養成分がほとんど残っていないため、あまり効果が得られません。[10]
  • キャスターオイルは、乾燥してパサパサした髪を潤すのに最適です。縮れた髪を直すこともできます。
  • 絡まりやすい髪質の場合、このトリートメントをすると髪が滑らかになり、扱いやすくなるでしょう。[11]
  • キャスターオイルは、頭皮の痒みを和らげ、フケを抑える助けにもなります。
  • キャスターオイルで、髪が強く豊かになる可能性もあります。抜け毛対策としても使えるでしょう。

注意事項

  • 妊娠中の方や長期的に消化器官に問題がある方は、キャスターオイルを使用しないでください。[12]
  • キャスターオイルを過去に使用したことがなく敏感肌の方は、まずパッチテストを行いましょう。少量のキャスターオイルを腕の内側に薄く塗り、数時間待ちます。痒みやアレルギー反応がなければ、キャスターオイルを使用できます。[13]
  • キャスターオイルを使用すると、明るい髪の色が黒くなることがあります。一時的なもので、それほど目立つこともありません。[14]
  • キャスターオイルで、抜け毛や痒みなどの症状を改善できることがありますが、悪化させる場合もあります。[15]

必要なもの

  • キャスターオイル
  • その他のオイル(アルガンオイル、アボカドオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル等)
  • 熱湯
  • ボウル
  • シャワーキャップ
  • タオル
  • 古いシャツ(あれば尚良し)

記事の情報

カテゴリ: 髪とネイル

他言語版:

English: Apply Castor Oil for Hair, Español: aplicar aceite de ricino en tu cabello, Italiano: Applicare l'Olio di Ricino sui Capelli, Português: Aplicar Óleo de Rícino no Cabelo, Deutsch: Rizinusöl auf das Haar auftragen, Русский: наносить касторовое масло для волос, 中文: 给头发涂蓖麻油, Nederlands: Wonderolie in je haar smeren, Français: mettre de l’huile de ricin sur ses cheveux, Bahasa Indonesia: Menggunakan Minyak Jarak untuk Rambut, Čeština: Jak používat ricinový olej na vlasy, Tiếng Việt: Dưỡng tóc bằng dầu thầu dầu, ไทย: ชโลมผมด้วยน้ำมันละหุ่ง, العربية: استخدام زيت الخروع للشعر, 한국어: 머리카락에 피마자유 바르는 방법, हिन्दी: बालों में कैस्टर ऑइल लगायें, Türkçe: Hint Yağı Saça Nasıl Uygulanır

このページは 282 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?