キューリグを使っていると外側と内側の双方に汚れが徐々に蓄積します。まず、外側の汚れを拭き取り、取り外し可能なパーツは酢を用いた洗浄液で毎週洗いましょう。また、酢と水を同量混ぜ合わせたものをタンクに注ぎ、コーヒーを抽出する時の様に作動させ、水垢(スケール)を取り除きましょう。こうして年に2~3回は徹底的に手入れをすることで、キューリグの性能が良くなり、より清潔な状態でコーヒーを抽出できるようになります。

方法 1 の 3:
表面の汚れを落とす

  1. 1
    コードを抜く まず電源を切りコードを抜きましょう。水を用いるので機械が故障してしまわないよう注意する必要があります。[1]
  2. 2
    取り外し可能なパーツを取り外す キューリグの種類によって違いはありますが、水を注ぐタンクや、フタ、ドリップトレーとカバー、Kカップホルダー、ファネルは取り外せるはずです。Kカップホルダーやファネルを取り外す際は鋭い針に注意しましょう。ホルダーの両端を手で持ち、優しく揺すると外れるでしょう。[2]
  3. 3
    取り外した部品を洗う シンクにぬるま湯を溜め、洗剤液を作ります。小さじ1の食器用洗剤を加えれば十分でしょう。この中に取り外した部品を浸し、表面の汚れを落とします。キューリグをしばらく手入れしていなかった場合は、柔らかい清潔なスポンジや布でこすり洗いをしても良いかもしれません。[3]
    • タンクに水が残っている場合は、シンクに浸す前に水を捨てましょう。また、このタイミングで捨てていなかった空のKカップも片づけましょう。[4]
  4. 4
    パーツを乾かす 洗剤水に浸した後は、1つずつ水で洗い流し、清潔なタオルの上に並べて自然乾燥させましょう。急いでいる人は、けばの残らないタオルでパーツの水気を拭き取ります。ただし、けばがタンクやフタの表面に残ってしまうことを防ぐためにも、自然乾燥が最も適しているでしょう。[5]
  5. 5
    針の手入れをする カップの中の液体を流し出すために穴をあける針も見えているはずです。大き目のペーパークリップを用意して、力を加えて直線上に伸ばします。伸ばした先端を針の穴に差し込みます。ペーパークリップを少し動かし、内部の汚れを浮かし、ゆっくりと引き抜きましょう。[6]
  6. 6
    届きにくい部分は歯ブラシでこする 同量の酢と水を混ぜ合わせた液体の中に、やわらかめの歯ブラシを浸します。コーヒーかすが付着している箇所を軽くこすりましょう。針の周りは特に重点的に行いましょう。[7]
    • コーヒーかすは徐々に蓄積し詰まりの原因となるので、しっかりと取り除くことが大切です。[8]
  7. 7
    外側を拭く 柔らかめの布を用意し、同量の酢と水を混ぜた液体に浸します。余分な水分は絞り、キューリグの外側の汚れを拭き取りましょう。白くなってしまっている部分は水垢が蓄積していることを意味しているので、力を込めてしっかりとこすります。[9]
    • 少なくとも週1回は、このようにして外側の拭き掃除を行うと良いでしょう。[10]
    広告

方法 2 の 3:
水垢(スケール)を落とす

  1. 1
    電源を入れる コードを差し込み、電源が入っていることを確認します。洗浄中に突然電源が切れてしまわないよう、オートオフ機能を止めましょう。[11]
  2. 2
    酢の混合液をタンクに注ぐ 同量の酢と蒸留水をタンクに注ぎます。最小の水位目盛に達するまで注ぎ続けます。この段階でKカップは取り付けないようにしましょう。タンクから直接抽出されるので、この場合は必要ありません。スタートボタンが点滅するので抽出する準備ができたことがわかります。[12]
    • 必ず蒸留水を用いましょう。普通の水道水を用いると洗浄中も水垢が蓄積してしまうかもしれません。[13]
    • カップが設置されていない状態では作動しない場合は、空のカップをホルダーに設置しましょう。これによって洗浄効果が変わってしまうことはありません。[14]
  3. 3
    水をマグカップに抽出する 陶器のマグカップをトレーの中央に設置します。抽出量を最大に設定し、スタートボタンを押しましょう。液体がマグカップに注がれます。かなり熱いので火傷に注意しましょう。[15]
  4. 4
    必要に応じて手順を繰り返す タンクが空になるまでマグカップに抽出し続けましょう。空になったようであれば、酢と水をさらに加えても、一旦2~3時間置いた後にもう一度抽出をして、すすぎ洗いを行っても良いでしょう。[16]
  5. 5
    ろ過された水で最後の抽出を行う タンクに残っている酢の混合液は捨てましょう。タンクに新たに蒸留水を注ぎ満たします。マグカップをトレーに設置し、もう一度抽出を行いましょう。こうすることで、酢の臭いが機械から取り除きやすくなります。[17]
    • 酢の臭いがまだ残っているように感じられる時は、一つまみの重曹をマグカップに入れて抽出してみましょう。重曹が反応してブクブクと泡立ってきた場合は、酢が残っていることを意味しているので、もう1度抽出を行いましょう。[18]
  6. 6
    3~6か月に1度、この方法で掃除する 3~6か月に1度の頻度で行っていれば、水垢の蓄積や雑菌の繁殖も防ぐことができるでしょう。その結果、キューリグの寿命も伸びるほか、コーヒーの味が良くなるかもしれません。スマホに予定を記憶させたり、カレンダーにメモをしておくなどして、水垢を落とす日を決めておきましょう。
    専門家情報
    James Sears

    James Sears

    ハウスクリーニング業者
    ロサンゼルスとオレンジ郡を拠点とする清掃業者「Neatly」のカスタマーハピネスチームを率いるジェームス・シアーズは、一般的な掃除方法から整理整頓による模様替え、そして居住空間の改善まで、掃除に関するあらゆるノウハウに精通しています。現在、南カリフォルニア大学の特別奨学生でもあります。
    James Sears
    James Sears
    ハウスクリーニング業者

    専門家も同じ意見です。 少なくとも6か月に1度は水垢を取り除きましょう。3~6か月に1度、あるいは水垢の蓄積に気づいたタイミングで行いましょう。白く石灰化したような汚れが見られるようになったら合図です。蒸留水やボトルのミネラルウォーターでコーヒーを飲んでいる場合を除き、水が硬質であるほど、より頻繁に水垢を取り除かなければならないでしょう。

    広告

方法 3 の 3:
キューリグを大切に使う

  1. 1
    取扱説明書の内容に従う キューリグを初めて使う場合は、まず取扱説明書をよく読みましょう。お手入れする際の注意事項なども必ず確認します。また、キューリグ社のホームページから電子版の取扱説明書を確認することもできます。[19]
  2. 2
    使うごとに掃除する 抽出し終えたのであれば、空のカップを取り外し、すぐに捨てましょう。こぼれてしまったコーヒーは湿らせたふきんで拭き取ります。定期的にタンクの水を取り替えていると、使いやすいでしょう。
  3. 3
    定期的に徹底的な掃除をする キューリグのほとんどは、6か月に1度、水垢を取り除く必要があります。3か月に1度行うと尚良いでしょう。頻度を守り、清潔な状態でコーヒーを楽しめるようにしましょう。[20]
  4. 4
    必要に応じて汚れを落とす 汚れが付着してしまった時は、ふきんを湿らせ、すぐに拭き取りましょう。このように小まめに手入れをしていれば、外側の掃除がぐっと楽になります。[21]
    広告

ポイント

  • 1週間以上使わない状態で放置する場合は、水垢を防ぐためにも、タンクの水を空にしておきましょう。[22]
  • 酢の臭いを和らげるために、酢と水の混合液に、さらにエッセンシャルオイル(レモンやオレンジなど)を加える人もいます。[23]

広告

注意事項

  • 水垢が落ちにくい時は、酢を希釈せずに使えば良いように感じられるかもしれませんが、キューリグの種類によっては、強い酸によって機械が破損する場合があります。
広告

必要なもの

  • 蒸留水
  • 食器用洗剤
  • けばがつかないタオル
  • 歯ブラシ
  • マグカップ
  • ペーパークリップ
  • スポンジ
  • 重曹(必要に応じて)

関連記事

How to

キロワット時(kWh)の計算

How to

食器洗い機の水を抜く

How to

冷凍庫の霜取り

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

電子レンジでお湯を沸騰させる

How to

ワッフルメーカーを手入れする

How to

エアコンを自作する

How to

アイロンを掃除する

How to

スキレットをシーズニングする

How to

冷蔵庫を移動する

How to

薄型テレビを掃除する

How to

食器が電子レンジ対応かどうかを確認する

How to

冷蔵庫を掃除する

How to

冷蔵庫の臭いを取る
広告

このwikiHow記事について

James Sears
共著者
ハウスクリーニング業者
この記事の共著者 James Sears. ロサンゼルスとオレンジ郡を拠点とする清掃業者「Neatly」のカスタマーハピネスチームを率いるジェームス・シアーズは、一般的な掃除方法から整理整頓による模様替え、そして居住空間の改善まで、掃除に関するあらゆるノウハウに精通しています。現在、南カリフォルニア大学の特別奨学生でもあります。
カテゴリ: 家電製品
このページは 386 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告