Windows 7を30日過ぎた後も使用するためには、アクティベーション(ライセンス認証)を実施しなければなりません。「rearm」というコンソールコマンドを使用して、アクティベーションの猶予期間を更新することができます。rearmコマンドは3回までのみ使用可能であり、それによりアクティベーションの猶予期間は最大120日まで延長することが可能です。

ステップ

  1. 1
    Winを押下して検索バーに「cmd」と入力する 検索結果にコマンドプロンプトが表示されます。
  2. 2
    表示されているコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選択する これにより、管理者権限でコマンドプロンプトのアプリケーションが起動されます。
  3. 3
    コマンドラインに「slmgr -rearm」と入力して Enterを押下する スクリプトが実行され、しばらくするとコンピュータの再起動を促すメッセージが表示されます。
  4. 4
    コンピュータを再起動する
  5. 5
    アクティベーション状態を確認する 「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選択します。「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。アクティベーションの猶予期間が30日にリセットされているはずです。
    • このコマンドは3回まで使用でき、合計で120日のアクティベーション猶予期間を取得できることを覚えておきましょう。
    広告

ポイント

  • rearmコマンドは恒久的な解決策ではありませんが、Microsoftにより備えられたWindowsの完全に合法な機能です。[1]
広告

注意事項

  • この手法を使用した際に、購入したWindows 7のインストーラーでアクティベーションを実施する必要があるとなった場合は、不正コピーされたソフトウェアである可能性があります。
  • Windows Loader(ウィンドウズローダー:ライセンスを回避してWindowsをアクティベーションするソフトウェア)は、Microsoftの利用規約に違反する可能性があります。
広告

関連記事

DLLファイルを開くDLLファイルを開く
BIOSを初期化するBIOSを初期化する
macOSをWindowsパソコンにインストールするmacOSをWindowsパソコンにインストールする
Windows10で管理者(Administrator)としてログインするWindows10で管理者(Administrator)としてログインする
Windowsのライセンス認証の通知を停止するWindowsのライセンス認証の通知を停止する
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
Internet Explorerを完全にアンインストールするInternet Explorerを完全にアンインストールする
Windows 10でActive DirectoryをインストールするWindows 10でActive Directoryをインストールする
DNSサーバーが応答しない問題を解決するDNSサーバーが応答しない問題を解決する
コマンドプロンプトで前のディレクトリに戻るコマンドプロンプトで前のディレクトリに戻る
Windows 8のプロダクトキーを確認するWindows 8のプロダクトキーを確認する
Intel® Core i5のターボブーストを有効にするIntel® Core i5のターボブーストを有効にする
コマンドプロンプトでディレクトリを変更するコマンドプロンプトでディレクトリを変更する
Microsoft Storeでダウンロードできない不具合に対処するMicrosoft Storeでダウンロードできない不具合に対処する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: PC/Windowsシステム
このページは 108 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告