この記事ではキーボードのべた付きや、くっ付いてしまったキーを元通りに直す方法をご紹介します。キーがくっ付いてしまう大半の原因として、キーボード上にこぼした液体や蓄積した埃が挙げられます。キーボードを掃除すればこの手の問題は解決されるはずです。キーボードのキーが物理的には作動するものの、コンピューター上で特定のキー入力ができない時もあります。そのような時はキーボードやドライバーを更新するか再インストールすることで大抵の場合は問題を解決できるでしょう。

方法 1 の 2:
キーボードの掃除をする

  1. 1
    必要な道具を準備する キーボードを適切に掃除する上で次の品々が必要になります。
    • 圧縮空気
    • イソプロピルアルコール
    • 清潔な布
    • 綿棒(任意で)
    • 爪楊枝
    • マイナスドライバー
    • ビニール袋
    • キーキャッププーラー(メカニカルキーボードの場合においてのみ任意で。デンタルフロスでも可)
    • キーボード潤滑剤
  2. 2
    キーボードを電源から切断する ノートパソコンの場合には、電源を切ってからコードを抜き、可能であればバッテリーを取外しましょう。独立型のキーボードの場合にはコードを抜く、またはバッテリーを取外す、もしくはその両方だけで十分です。
  3. 3
    キーボードに圧縮空気を吹きかける 圧縮空気をスプレーすることで、キーやキーボード基部の間に溜まった破片やほこりを吹き飛ばしましょう。
    • 各キーに圧縮空気をサッと吹きかけてもよいでしょう。仮に全てのキーがくっ付いていなくても、こうすることで今後くっ付いてしまう可能性を防げます。
  4. 4
    残った物体を爪楊枝で取り除く 何かしらの大きなもの(例えば残留物)がキーボードのキー付近やキーの下に残っているようであれば、爪楊枝を使ってこそぎ落としましょう。
  5. 5
    イソプロピルアルコールを使ってキーボードを拭く イソプロピルアルコールを清潔な布に軽く振りかけて、キーボードの表面を左から右にかけて拭きましょう。このようにして、べと付きや粘着性の残留物をキー付近から除去します。[1]
    • イソプロピルアルコールが無い場合には水を使用してもよいでしょう。その場合には、キーボードから軽く水気を取って次のステップに進みます。
    • コンピューターにUVコーティングや同様の処理が施されている場合には、イソプロピルアルコールを使用してはいけません。コーティングが除去されてしまう恐れがあります。その代わりにお湯を使用してみましょう。
  6. 6
    キーをテストする くっ付いてしまったキーを数回押してみましょう。くっ付いていた状態が解消されていれば、これ以上の処理は必要ありません。そうでなければ、次のステップへ進みましょう。
  7. 7
    キーボードの写真を撮っておく キーを取外す前にキーボードの写真を撮影しておくことでキーの場所を把握しておきましょう。
  8. 8
    キーボードからべた付いているキーを取外す メカニカルキーボード(デスクトップ用キーボード等)の場合には、もし手元にあれば、キーキャッププーラーを使用してもよいでしょう。そうでなければ、デンタルフロスをキーの基部付近に巻きつけてから、そっと上に引き上げてみましょう。マイナスドライバーを使ってキーを引き上げることもできます。
    • ノートパソコンの場合には、あらかじめノートパソコンの説明書かオンライン上の説明を参照してからキーを取外します(大抵の場合、外れ止め部分を破損しないように、特定の位置にてキーをてこの原理で上に持ち上げます)。
    • MacBookノートパソコンの場合には、キーを上からてこの原理で持ち上げることでキーを取外せます。
    • 大半のゴミは文字や数字キー部分に見受けられます。その他のキーは通常それほど汚れていないはずですが、取外した後、特にスペースキーは再度取付けるのが困難な場合があります。[2]
  9. 9
    キーの下を掃除する 圧縮空気を使って目に見える埃やゴミを除去しましょう。またイソプロピルアルコールを含んだ綿棒を使ってべた付きや染みを掃除しましょう。
    • ノートパソコンのキーボードや、繊細な内部部品を含むキーボードの場合には、綿棒のみを使用して優しく拭きとってみましょう。
  10. 10
    キーを洗い乾燥させる キーの下面が変色していたり汚れている場合には、水切り用ざるに入れて水で流すか、石鹸水を入れたバケツ内でもみ洗いしましょう。ペーパータオルの上に置いて完全に空気乾燥させます。
  11. 11
    メカニカルキーボードのキーを再潤滑する メカニカルキーボードの場合には、べた付いているキーのレバー部分を押し下げた状態で、キーの窪み部分の内壁に潤滑剤を垂らします。その後に、キーを離して、数回レバー部分を押すことで潤滑剤が行きわたるようにしましょう。
    • キーボードや繊細な合成樹脂専用の潤滑剤を使用します。WD-40等の一般的な潤滑剤を使用するとキーボードに悪影響が及ぶ恐れがあります。
    • この作業はメカニカルキーボードのレバー部分の洗浄後に、べた付いている状態が解消されない場合においてのみ必要です。
  12. 12
    使用する前に少なくともキーボードを2日間乾燥させる キーボードが完全に乾燥した後に、再度組立ててからコンピューターに接続してテストします。[3]
    • 特に古いメカニカルキーボードにおいて、キーボードのべた付きが取れないようであれば専門家に修理を依頼するという手段もあります。
    広告

方法 2 の 2:
ハードウェアとソフトウェア関連の問題を解決する

  1. 1
    キーボードが適切に接続されていることを確認する ソフトウェア関連の問題を防ぐために、キーボードをUSBハブにではなく、コンピューターに直接接続してみます。[4]
    • キーボードが電池駆動式の場合には、充電されていることを確認します(または新品の電池と交換)。
    • ノートパソコンに関してはこのステップを飛ばします。
  2. 2
    キーボードのドライバーを更新する 大抵の場合、キーボード関連の問題はドライバーかソフトウェアの期限切れが原因です。ドライバーが最新状態であるかを確認するために、コンピューターの更新ユーティリティーを使用しましょう。
    • Windowsスタートを開き、設定ギアをクリックし、更新とセキュリティをクリックします。次にWindows Updateをクリックして、更新の確認をクリックしてから利用可能な更新をインストールしましょう。
    • MacAppleメニューを開き、Appストア...をクリックします。更新タブをクリックして、利用可能であれば全てを更新するをクリックします。
    • メカニカルキーボードの場合には、別の方法としてキーボードの製造者のウェブサイトに行き、キーボードの型番を探します。ドライバーのダウンロード場所が見つかればキーボードのドライバーを更新できます。その後、キーボードのドライバーファイルをダウンロードしてからダブルクリックをして実行します。
  3. 3
    キーボードを再インストールする このための最も簡単な方法は、コンピューターをシャットダウンして、コードを抜いた後にキーボードを再度接続し、コンピューターを再起動させることです。[5]
    • ノートパソコンの場合にはこのステップを飛ばします。
    • Bluetooth対応のキーボードの場合は、Bluetoothメニューから削除した後に、再度コンピューターとペアリングすることで再インストールできます。
  4. 4
    キーボードが作動しないプログラムを見極める キーボードが特定のプログラムで作動しない場合には(例えばウェブブラウザーやMicrosoft社のWord)、そのプログラムをリストアップしましょう。
    • キーボードのキーや、一連のキーがコンピューター上の全てのプログラムにおいて作動しない場合には、このステップと次のステップを飛ばします。
  5. 5
    問題があるプログラムを更新する これでキーボード関連の問題が必ずしも解決されるわけではありません。それでもプログラムが最新の状態でないのであれば、更新しておいても損は無いでしょう。
  6. 6
    ノートパソコンの内部接続を修復する ノートパソコンのキーをいくつか押してみても何も入力されない場合には、内部で接続箇所に不具合がある可能性があります。ノートパソコンの型番に対応する説明書が手元に無かったり、自分で分解することに抵抗があれば、専門家に修理を任せましょう。
    広告

ポイント

  • ペーパータオルの代わりにコーヒーフィルターを使用することで、紙の繊維がキーボード上に残る量を軽減できます。
  • キーボード上に何かをこぼしてしまったら、直ぐに電源を取外して、逆さにしましょう。乾いた布で可能な限りふき取ってから一晩乾燥させます。その後に上述の方法で掃除します。[6]

広告

注意事項

  • 過酸化水素を含む洗浄スプレーやクリーナーの使用は控えましょう。
  • 液体を直接かけないように気を付けましょう。その代わりに湿った布か綿棒を使用するとよいでしょう。[7]
広告

関連記事

How to

USBメモリーに音楽を入れる

How to

パソコンにヘッドセットを接続する

How to

ノートパソコンのカメラで写真を撮る

How to

CPU温度を確認する

How to

ファンクションキーを解除する

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する

How to

Webページの画像を一括保存する

How to

ブート可能なUSBメモリを作成する

How to

パソコンのRAMを確認する

How to

パソコンのBIOS設定を変更する

How to

マウスの代わりにキーボードでクリックする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,369回アクセスされました。
カテゴリ: コンピューター
このページは 2,369 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告